藤村阿智 さん プロフィール

  •  
藤村阿智さん: 漫画の感想ブログ ホンヨンダ
ハンドル名藤村阿智 さん
ブログタイトル漫画の感想ブログ ホンヨンダ
ブログURLhttp://honyonda.seesaa.net/
サイト紹介文マンガ、小説などの読書感想。オススメの本、レビューを書いています。
自由文少年漫画、少女漫画、青年漫画とジャンルを問わず読んでいます。エッセイコミックも好き!小説はSF中心です。図鑑やノウハウ本の紹介も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/10/15 13:32

藤村阿智 さんのブログ記事

  • ハーモニー(原作:伊藤計劃 漫画:三巷文)
  • 伊藤計劃の小説、「ハーモニー」のコミカライズ。漫画は三巷文さん。現在2巻まで。ハーモニー1巻ハーモニー 2巻原作が好きなので、映画も楽しみにしていた。でもちょっと2時間の映像にするには、原作が長かったかな。結構2時間ぐらいになりそうなボリュームなんだけど……映画のほうは原作を見てないと補間できなそうだったり、でも描写としてはちょっと物足りなかったり。小説のほうで感じていた、ミァハのカリスマ性とか魅力、 [続きを読む]
  • まんが親5巻(吉田戦車)
  • まんが親 5巻「まんが親」5巻読了。最終巻。すっかり大きくなっちゃって、子どもゆえの突飛な感じは無くなって立派に自分で考えて行動して影響されたりされなかったりして楽しそうに暮らしているね。どのエピソードも良かったけど、誕生日プレゼント(のイベント)が気に入らなくて「来年はそうだんしてね」って言いながら親に付き合ってくれるところとかがいいな〜って。 [続きを読む]
  • 【この世界の片隅に】すずさんと劣等感
  • 最近思いついて、だんだん「ああ〜そうなのかもな」と深まっていた考えを忘れないうちにメモしたいと思う。ほんとに個人的な、思い付きなので、「全然そんなことないだろ」とか考えすぎているところとか的外れなこともあると思います。こういった見方もあるんだな〜ということで読んでみてください。----------------------------------------その他の関連長文メモ映画「この世界の片隅に」感想(随時加筆)http://honyonda.seesaa [続きを読む]
  • 逃げるは恥だが役に立つ9巻(完結) 感想
  • 逃げるは恥だが役に立つ 9巻9巻にて完結!面白かったです。ドラマのほうも全部見たんですけど、やっぱりドラマはイマイチ納得がいかないというかこんなもんかな?という感じだったので、原作のほうがばっちりまとめてくれてよかったです。Twitterで海野先生が「ドラマでこないだ書いたセリフが出てきてびっくり」と言うようなことを言っていたのはどの辺かしら。ゆりちゃんにかかった、そして説いて解いた「呪い」あたりかな。も [続きを読む]
  • まんが道大解剖
  • 買いました!読みました!まんが道大解剖 (SAN-EI MOOK) 購入するときは、勝手に「A5サイズぐらいだろう」と思いもせず思った(?)のですが、発売日当日に書店で見かけて「でかい!!」とびっくり。読むのを楽しみにしてるため書店では手に取らず、届くのを待つ……そして届きました!発注時に納期の長い本を一緒に注文しちゃってて、ちょっと届くのが遅れたのですが、無事入手です。すごいボリューム!表紙をめくったところから [続きを読む]
  • 王妃マルゴ5巻(萩尾望都)
  • 王妃マルゴ5巻フランスを舞台にした、王家の姫が時代と性に翻弄されつつも強く生きている物語。ただ時代を嘆くだけでなく、自分の手で動かしたいと強く思うお姫様だからマルゴは好きだなあ。それにしても5巻は最初から最後まで人が死にすぎ。マルゴに近い人もどんどん死んでいく。敵も味方も死んでいく。愛する人もにくい人も死んでいく。もう誰が生きるのを許されているのかわからない、というか、まあ生きるのを許された人など [続きを読む]
  • 道士郎でござる(西森博之)1~8巻【完結】
  • 年末年始にかけて「道士郎でござる」を読み返していました。西森博之先生の漫画で今のところ一番お気に入りの漫画です。道士郎でござる まとめ買い(amazon)1巻だけ0円だったりもするので(今日現在)、試し読みもできますよ。でも1巻より2巻以降のほうがテンポよく、エンジンかかってる感じがするかな?内容を紹介しましょう。幼いころ母のもとを離れ、父親と一緒にアメリカ・ネバダへ渡った道士郎。その道士郎が日本へ帰国 [続きを読む]
  • ずっと独身でいるつもり? (おかざき真理・雨宮まみ)
  • ずっと独身でいるつもり? (おかざき真理・雨宮まみ)こちらのエッセイが原案の漫画作品。結婚してないというだけで周りから言われる言葉。言われなくても、だれよりも、一番自分が考え続けてぐるぐるしている言葉、「ずっと独身でいるつもり?」私はいまは結婚しているんで、言われてないですけど、結婚してないときはずっと似たような言葉を言われましたよ。結婚しないの?とか 結婚とか興味なさそう とかつい言っちゃうのも、 [続きを読む]
  • 一人交換日記(永田カビ)
  • 前作に引き続き新刊も購入。一人交換日記前作が話題になって、それからどうした?という話。エッセイなんだけど、一人で交換日記をやっている体でつづられていく。(過去に一人で交換日記をやっていたというエピソードも)本当に「日記」というか、過去の体験じゃなくて現在進行形の話なんだと思うとつらい気持ちになったり。私も共感するところ多いし……実際には体験していないところでも、わかんないな~って思う感想はあまりな [続きを読む]
  • 妻に恋する66の方法(福満しげゆき)1巻 感想
  • 妻に恋する66の方法(福満しげゆき)1巻発売を楽しみにしてた本が出ました。いや、発売からすぐに購入してたんですが……感想書くまでに時間がかかってしまいました。最近再読したのでこの機会に書いておこうと。内容としては、アクションの「うちの妻ってどうでしょう?」系。4コマではないのに4コマっぽくコマ割されてて、とくに4コマじゃなくても終わる。4コマ好きなので、「うち妻」が始まったときは「なんじゃこりゃ!みとめ [続きを読む]
  • 進撃の巨人(諫山創)21巻 感想
  • 買いました!読みました!進撃の巨人 21巻20巻の終わり方は衝撃的で、アアア〜!!って感じで「次巻が気になる!!」と思いましたよ……21巻はその後なんですが、この「死」は舐りますね。うん。わかります……後半はとうとう、いままでずっと謎だったエレンの家の地下室にたどり着き、そこからこの世界の仕組みが語られ始める。21巻はドラマあり謎解きありでずっと興奮して読めた。ダークファンタジーとはいえサスペンス要素も強 [続きを読む]
  • げんしけん 21巻(木尾士目)
  • 「げんしけん」も21巻でとうとう完結!!好きな漫画です。とうとう終わってしまいました。私としては、ダラダラしてると不人気でもあった斑目ハーレムすら楽しかったのだけど(結局ただの斑目好き)最後まで「ウンウン」とにやにやうなずきながら見守ってしまった感じでした。まだまだ見守りたい気もするんですが……やっぱ素直になった瞬間が押しどころですね。春日部さんわかってるなあ〜で?どうなってこのあと「Spotted Flower [続きを読む]
  • 映画「この世界の片隅に」11月12日より公開開始!
  • 映画「この世界の片隅に」が11月12日より公開されます!地域によっては日程が違いますが、順次公開されていく予定です。劇場情報など詳しくは公式サイトをどうぞ!11月12日(土)全国公開 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイトhttp://konosekai.jp/私もメッセージカードを配ったりして直前の応援をがんばりました……少しでも多くの人が見に行ってくれたらいいな〜。けっこう漫画を読んでいる方だと思うのですが、 [続きを読む]
  • Spotted Flower 2巻(木尾士目)
  • Spotted Flower 2巻2巻が出ていたので買いました。いや〜ニヤニヤしながら読みましたよ。しかしナマナマしいですね……男性はどう思うかわかんないけど、いちおう女性であるわたしは、エッセイの出産シーンはいいけどフィクションの中で語られる出産シーンはけっこう苦手です。あ〜でも女性作家の描く(フィクション内での)出産シーンはそうでもないかな。っていうか木尾先生はどっちだ。女性でも意外じゃないけどそういえば考え [続きを読む]
  • 3月のライオン12巻(羽海野チカ)
  • 3月のライオン 12巻3月のライオンも12巻。12巻はストーリーが進むというより、キャラクターたちのエピソードを重ねる巻だったかな。面白いと思うし、好きな人がいるのもすごくよくわかるのに自分にはそんなに入り込んでこないのはキャラクターは好きだしストーリーも好きなんだけど、決定的に「面白い」のツボが違うんだろうと思う……前半のコメディパートは私には合わなくてつらかったな……うーむ三姉妹関連のギャグやコメディ [続きを読む]
  • 団地ともお28巻(小田扉)感想
  • 団地ともお 28巻届いてさっそく読んだ。28巻にもなってまだまだ面白い。1話完結でこういう面白いのを続けるのって大変なことだと思うけど、1巻まるまる笑いっぱなしでした。1話、ともおのおかあさんが作ってくれる「ストーリーのあるキャラ弁(っていうかマンガ弁)」の話もよかった。2話を読んだら根津とともおは、「すっごく仲が良かった時ってのはないけどなんかずっと友人関係が続いてる」って感じでオトナになるのかもな〜と [続きを読む]
  • 「この世界の片隅に」公式アートブック
  • 「この世界の片隅に」公式アートブック映画「この世界の片隅に」と、こうの史代さんの原作コミック「この世界の片隅に」の公式アートブック。広島・呉の呉市立美術館へ、11月まで開催中の「この世界の片隅に展」を見にいったんですよ。そこで予約するとオリジナル描きおろしはがきがもらえる。ということで、注文してきました。それが届きました……!はがきもちゃんと同封されていて、しっかりがっちり届きましたよ。内容も、も [続きを読む]
  • はんなりギロリの頼子さん2巻(あさのゆきこ)
  • web連載も追いかけてる、「はんなりギロリの頼子さん」2巻がでた!はんなりギロリの頼子さん|WEBコミック ぜにょんhttp://www.zenyon.jp/lib/top.php?id=16はんなりギロリの頼子さん舞台は京都、主人公の頼子さんは路地の角でタバコ屋さんを営んでいる。道に迷った観光客、よそから引っ越してきたご近所さん、昔からの顔なじみ……などなどいろんな人とのふれあい、が見所なんだけど、とにかく頼子さんは人付き合いが苦手そう!! [続きを読む]
  • 進撃の巨人20巻(諌山創)感想
  • 進撃の巨人20巻進撃の巨人も20巻〜。20巻は19巻から続く、巨人たちとの決戦の様子。物語は進まないけど人の心に変化が見られた巻でしたね……急激な変化に見えても、今までのキャラクターの積み上げがあるからこそ違和感がなく受け入れられるというか。……というか20巻は人が死んだなあ……名前のあるキャラが、そしてここまで20巻一緒にいたキャラが最後を迎えるのは「戦いだからそういうこともあるだろうけど、つらい!!!」っ [続きを読む]
  • 絵本 とりがいるよ(風木一人、たかしまてつを)
  • とりがいるよ最近絵本を良く買う。甥っ子が3人いるのよ!!昔から自分のために絵本を買ったりするタイプでしたが、最近は子どもにあげるために絵本をよく買っている。この「とりがいるよ」は、まさにとりがいる絵本。とりのいろんな姿をみて、小さな子どもが「どういうとりか」、「なんのとりか」と考えて遊べる絵本。もっといろんなとりを見れてもたのしかったかな〜と思うけど、子どもが飽きないちょうどいいボリュームかな。サ [続きを読む]
  • プラチナエンド1巻(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)感想
  • プラチナエンド1巻「デスノート」「バクマン。」のコンビによる新作。ようやく1巻を買った。品切れ長かった気がするんですけど……中学校は卒業したけれど、生きる希望を失ってしまい死のうとする主人公・架橋明日(かけはしみらい)の元へ天使がやってきて、どこへでもいける翼とだれからも愛される矢をあげるから生きてみないかといわれる。成り行きでもらっちゃったものの、ちからに戸惑いながら高校に進学する明日くん……け [続きを読む]