Sasha38 さん プロフィール

  •  
Sasha38さん: 初めての真空管アンプ作り
ハンドル名Sasha38 さん
ブログタイトル初めての真空管アンプ作り
ブログURLhttp://sasha3.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文電気回路が分からなかった私の真空管アンプ&スピーカー作りの奮戦記を紹介します。
自由文全く電気回路の分からなかったズブな素人のオーディオアンプ制作の始め方と、6BM8・6BQ5・6V6の超三結アンプの制作記、その勝手な評価を載せております。
長岡鉄男先生設計のスピーカーとそのユニット(FE108EΣ、FE88ES-R)の勝手な評価・調整方法の紹介と、タダで行う音響測定も紹介しております。
今後は自作レコードプレーヤー・CDプレーヤー・スピーカー制作も予定しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/10/17 12:21

Sasha38 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • インシュレーターのテスト
  • 2017-03-27インシュレーターのテスト付録に付いてきたインシュレーターをテストして大きく音の変化があったので4種インシュレーターを比較試聴してみた。試聴は、スピーカーの大きさ・重さ・床強度・床からの距離・天井の高さ等の条件で違いがでるので、ある傾向と思って読んで戴きたい。試聴は、床にインシュレーターを直置きにした場合と床に2.2×300×300mmゴムシート上にインシュレーターを置く2種類で傾向をみた。インシュレ [続きを読む]
  • Brother プリンターDCP-J567Nの購入
  • 2017/03/09Brother プリンターDCP-J567Nの購入7年間使用したCanon PIXUS iP4700が息絶え、修理を試みるも如何せん精密機械、小生の手におえる輩ではなかった。早々に白旗を上げAmazonからBrother DCP-J567N(¥ 7,893 )の購入となった。他のインクジェット複合機と比較しても、スキャナー/両面印刷/無線LAN対応でこの価格は魅力的である。この価格ではメーカーさんの利益は殆ど無いと感じる。 トナーで儲ける??   其れにしても [続きを読む]
  • DENON PRA-2000RGの購入
  • 2016/11/23DENON PRA-2000RGの購入このプリアンプは、ヤフーオークションで落札したもので内部の劣化情報は無かったので、経年変化と諸々の機能チェックから確認したい。購入目的は、勿論レコード再生でありMCトランスとMMフォノイコライザーの音色も最後にチェックしてみたい。一見綺麗に見えるが、上部に2箇所とサイドパネル角に傷あり。しかし四半世紀余の歳月を考えれば、このくらいは擦り傷とみた。電源トランスのケースに腐 [続きを読む]
  • Alpair10P & ATL-Ver3の2ウエイ化
  • 2016/11/05Alpair10P & ATL-Ver3の2ウエイ化Alpair10P+TW4_SilkAlpair10P+FT90HATL-speakerを初めて2ウエイ化してみた。ツィーターは、MarkAudio 製 TW4_Silk (ペア)5,681円と30年間休眠中であったFostex FT90Hを試した。前回調査したCoral H105は、周波数特性より今回除外した。フィルターの検討フィルターは、一番簡易的なコンデンサーのみの6dB/oct -3dB落ちハイパスフィルターとした。Alpair10Pの周波数特性を見ると、軸上で [続きを読む]
  • TweetterFT90H &H105 &TW4Silkの調査
  • 2016/06/12TweetterFT90H &H105 &TW4Silkの調査 前々回のBlogでVer.3&Alpair10Pで高域をもう少し欲張りたくなり、ツィーターを探してみた。押入から30年間休眠中のジャンク ホーンツィーター2機種を見つけた。動作可能かどうか判らないが一様テスターで抵抗を測ってみると、FT90H(6.9Ω・7.2Ω)、H105(双方7.3Ω)でありボイスコイルはOKである。ダイアフラムが経時変化でどうなっているか分からないが動作を期待して・・・その [続きを読む]
  • Windows10 ネットフリーズ対策
  • 2016/5/14Windows10 ネットフリーズ対策Intel NUC症 状Windows7よりWindows10に変更して10ヶ月が立ったが、ネットサーフィンしている時にフリーズすることが多く、実用上問題と感じ対策をしてみた。この症状は、ネット表示のグラフィクスの読込時に起きる事が多く、特殊な方法を使えば回復可能であったが多大な時間の無駄と感じていた。対 策最初にグラフィクボードを疑ってみた。小生のコンピューターは、Inteチップ&マザーボ [続きを読む]
  • Alpair10P & ATL-Ver3の調整
  • 2016/04/23Alpair10P & ATL-Ver3の調整Alpair10Pを購入して2年以上となったが、ATL-Ver.3に合わせて調整してみた。共鳴菅であるATL-Speaker(Acoustic Transmission Line Speaker) は、一般的に1/4λと3/4λの音圧調整が必要となる。FFTの測定結果(a)からも見て取れるが、63Hz〜80Hz(1/4λ)と200Hz〜300Hz(3/4λ)にピーク・ボトムが見て取れる。これをターゲットに平滑化を試みた。今回は、共鳴菅の上面から43.5cm(φ3.5cm)と75cm [続きを読む]
  • Ver4.1+PS95-8 の置台を造る
  • 2016/2/25Ver4.1+PS95-8 の置台を造るVer4.1+Dayton Audio PS95-8は気に入ったが、スピーカー位置が少々低いので高さ調整と低音域の締まりを狙って置台の製作をした。10cm程度の高さである程度の除振が出来るものを考えた。昔から行われている方法で 砂・砂利・鉛等を台の中に入れる手法であるが、今回は砂利を1台に5kgを入れた。塗装無しで完成ではないが、砂利を入れ設置した。置台の中に補強も入れた。当初TV用にと考えていた [続きを読む]
  • Dayton Audio PS95-8 をVer4.1 で聴く
  • 2015/12/27Dayton Audio PS95-8 をVer4.1 で聴く今回、またまた浮気心がでて、Ver4.1+TANGBAND W3-881sjf をDayton Audio PS95-8に交換して試聴してみた。このユニットは、フレームに厚みのあるダイキャストを使い剛性も高い。またユニット後部の高さも充分にあり、背圧の抜けも良さそうである。ネットでは、最新のテクノロジーで開発されたと書いてある。然しながら、設計手法は新しいと思われるが、素材等はオーソドックスな、紙 [続きを読む]
  • リモコン制御できるヴォリュームをつくる Ⅱ
  • 2015-12-26リモコン制御できるヴォリュームをつくる Ⅱ工 作当初、真空管アンプ(SV-2A3)内に配線を考えたが、グチャグチャになりそうなのでRCAケーブルを介してCDとアンプ間にヴォリュームを接続する。普通、真空管パワーアンプの前段入口にヴォリュームが配置されているので外部に付けるのも粗同じである。このことでケーブルの引き回しが多少気掛かりであるが、妥協することとした。ケース作成の穴あけが結構大変で、ドリルを [続きを読む]
  • Dayton Audio PS95-8 をVer4.1 で聴く
  • 2015/12/13Dayton Audio PS95-8 をVer4.1 で聴く今回、またまた浮気心がでて、Ver4.1+TANGBAND W3-881sjf をDayton Audio PS95-8に交換して試聴してみた。このユニットは、フレームに厚みのあるダイキャストを使い剛性も高い。またユニット後部の高さも充分にあり、背圧の抜けも良さそうである。ネットでは、最新のテクノロジーで開発されたと書いてある。然しながら、設計手法は新しいと思われるが、素材等はオーソドックスな、紙 [続きを読む]
  • リモコン制御できるヴォリュームをつくる
  • 2015-12-5リモコン制御できるヴォリュームをつくるSUN AUDIO SV-2A3は非常に良いアンプであるが、如何せんヴォリューム操作が大変である。そこで2A3のヴォリュームを家庭用リモコンで操作出来ればと考えた、小生の能力ではリモコンの信号を変換してヴォリュームを制御するなど夢の中の夢!! しかしネットを開いてみると有りました。ヤフオクでピッタシの商品が¥1,380で・・PIC(Peripheral Interface Controller)と呼ばれ [続きを読む]
  • ATL-Ver5&W4-930SGの再々調整
  • 2015/10/20ATL-Ver5&W4-930SGの再々調整最終的に、更に20cm共鳴管(明るい緑部)を伸ばしたが背面はゴチャゴチャとなった。ショートホーンでスタートした共鳴管であったが、最終的には40cm伸ばす事となった。人間の欲とは、終わりのないものである・・・・一時は満足していたVer.5であるが、若干の低域不足を感じで共鳴管を延長してみる事とした。シミュレーションでは、共鳴管を20cm延長し開口部50c?で比較的良い値を得ていた [続きを読む]
  • Windows7 to 10
  • 2015/8/9Windows7 to 10久しぶりに、コンピューターの話題を取り上げてみたい。Windows10が最近無償配布されるとのことで、興味本位でアップグレードしてみた。アップグレードWindows7から10へのアップグレードは予約が必要、Windows7のツールバー内のWindowsマーク(白旗)からできる。http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade今回、2日で準備が出来たと連絡がはいった。早速、アップグレードを試みたが全く出 [続きを読む]
  • FaitalPRO 3FE25 3 をVer.4.1 で聴く
  • 2015/07/30FaitalPRO 3FE25 3 をVer.4.1 で聴くこのユニットは、最近注目のユニットである。  と言っても極々僅かなマニアの中の話です・・・3FE25 3の取付このユニットのメカ設計は、残念な点が多い。バッフルに開ける穴径とマグネットフェライトの大きさが非常に近く、全てがギリギリで窮屈な設計である。又、一般的な8cmユニットとビス位置が干渉する部分にある為、やむを得ずユニットを十字位置に付けた。このユニットで低音 [続きを読む]
  • Ver.5(W4-930SG)の最終調整
  • 2015/07/22Ver.5(W4-930SG)の最終調整最終チューニングユニットは、W4-930SG使用で下記した(1)(2)(3)の組み合わせで聴感を優先してFFTでチューニングをした。(1) 吸音材は、極力少なくする予定であったが高域の反射波を押さえる為、最終調整ではグラスウールを比較的多く使った。(2) 背板の開口部の面積であるが、シミュレーションでは55c?と出たが試聴の結果48c?まで絞った。(3) 前面のⅠのφ7cmは開放、ⅡⅢの2孔φ2.8cmを開放 [続きを読む]
  • Ver.5(W4-930SG)を試聴
  • 2015/07/08Ver.5(W4-930SG)を試聴試 聴スピーカー(Ver.5 W4-930SG)・アンプ(PMA-50)・CDプレーヤー(Azur351C)で試聴。今回のCDは、全て1000円であるが音質的にはどれも素晴らしいものである。Fauré : Requiem by Michel Corboz & Berne Symphony OrchestraGabriel Faureが1880年代後半に作曲したレクイエム集である。1972年5月カジノ・ドゥ・ベルンの録音でMichel Corbozが指揮している。Michel Corbozの音楽センスは、細かいと [続きを読む]
  • 過去の記事 …