かわせみ さん プロフィール

  •  
かわせみさん: 笑うかわせみ〜俳句手帳〜
ハンドル名かわせみ さん
ブログタイトル笑うかわせみ〜俳句手帳〜
ブログURLhttp://waraukawasemi.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文日々の出来事をカメラの目を通して日記風に綴り俳句を添えています。厳しいコメント待っています。
自由文ブログを立ち上げてあっという間に6年が過ぎました。今年の10月で満7年になります。日記風に毎日俳句を考えてきました。時間があるときも、時間が無いときも何とか毎日継続するというポリシーで頑張ってきました。これからもよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/10/17 16:16

かわせみ さんのブログ記事

  • ナニワの日セミの声聞きカンナ咲く
  • 真っ赤なカンナの花が咲き始めました。おそらくこの森之宮のURの緑地の中で一番に咲いたのではないでしょうか?真っ赤な色が遠くからでも目につきます。7月28日の朝、昨日の夜の驟雨が少しだけ街を冷やしているような気がして、歩きました。 大阪砲兵工廠跡の石碑の周りには黄色い花が咲いていました。もうすぐ、8月14日の空襲の日がやってきます。この石碑を知ってから、インターネットでいろいろ調べてみるうちに72年前の出来事 [続きを読む]
  • 虫が見るショッピングモール風ぬくし
  • 箕面キューズモールの駐車場で撮影しました。イースト駐車場から中央付近を撮影しているのですが、鳥よけの網に大きな虫がしがみついていました。昔、まだこのショッピングモールをカルフールと呼んでいた時に初めてきた知り合いが「おとぎの国みたいやね!」と感動していたのを思い出しました。カラフルな窓枠を見てその時の言葉を思い出しました。それにしてもこの大きな虫は何なのでしょう。  クマゼミも カナブンもいる 駐 [続きを読む]
  • ひまわりの花を見上げてご挨拶
  • 7月26日、朝方の雨が嘘のようなカンカン照りの元、大阪市内を歩きました。砲兵工廠跡のお地蔵さんの横のひまわりが立派に咲いていました。そのひまわりを見つめるように百日紅の花が元気良く咲いていました。このUR団地の緑地内にはいろいろな花が咲いているのですが、百日紅はこれが一番立派でした。 UR団地の入り口にあるノウゼンカズラもまたまた花が増え始めました。リズムがあるのでしょうね。 これが一番立派だと思われ [続きを読む]
  • 朝六時目覚ましの音蝉の声
  • 上賀茂神社の手作り市でブックカバーを買ってしまいました。箕面のキューズモールの広場での手作り市でこのSRINGという革製品のお店がよく出店していたので、時々顔を出していたのですが、5月ぐらいにお店をのぞいたときにブックカバーを置いていなかったので訊ねると「上賀茂の時に作って出します」おいう返事でした。それでこの7月の第4日曜日に箕面から京都まで手作り市のお店を訪ねました。新作のブックカバーが出ていた [続きを読む]
  • 汗を拭くエアコンの風鯖煮喰う
  • 上賀茂神社の駐車場の出口から歩いて出て、クルマがたくさん走る道を賀茂川に架かっている橋の方向に少し歩くと今井食堂の暖簾が風になびいていました。京都産業大学の学生さんのために大盛りのご飯と大盛りの大根と薄揚げの味噌汁、そして真っ黒な鯖煮、この鯖煮が食べたくてまたまた扉を開けてしまいました。たまたま外には並んでいませんでしたが、中には数人の人が立って席が空くのを待っていました。真っ黒な鯖煮が三個と味噌 [続きを読む]
  • 上賀茂の手作り市も夏盛り
  • 上賀茂神社の手作り市に一年ぶりに行ってきました。このブログで調べると去年の7月24日に出かけていて、1月には初詣に行っています。この暑さの中でボーッとしながらお店を見て回りました。まず駐車場横のトイレが新しくなっていました。和式の立派なトイレでした。 御手洗川で遊ぶ子どもたちです。去年も子どもが遊ぶのを見たのですが、みんな楽しそうでうらやましかったです。 川辺に腰掛けて対岸のお店を眺めました。フラン [続きを読む]
  • 太陽が雲まで暖め雲動く
  • 阪急茨木駅前の献血ルームに行ってきました。かなりの人出で約一時間待ち時間があり、存分に読書をすることができました。帰りのクルマの中から撮影しました。夏の空です。 箕面のキューズモールの川の畔の桜の木に蝉がとまっていました。近寄るとピタッと泣き止んでじーっと身を潜めるように桜の木にとまっていました。  木の幹に しがみついてる 蝉鳴かず  (きのみきに しがみついてる せみなかず)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 九時前に阪神勝利夏の夜
  • 神座(かむくら)のおいしいラーメンです。545円だったような気がします。他のお店のラーメンに比べて少し安い料金ですが、味はおいしかったです。この前、食べたときは冷たいラーメンをいただきました。きょうはチャーシューがたくさん入っていたような気がしました。  よく冷えた ショッピングモール 本に入る  (よくひえた しょっぴんぐもーる ほんにいる)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 上り坂蝉のシャワーを浴びながら
  • 50年ぐらい前に友達と二人で兵庫県のたぶん姫路市だと思うのですが、白浜の宮海水浴場に泳ぎに行き、大きなタイヤにあおむけに乗ってプカプカ波に揺られていると、ついうとうとと眠ってしまい気が付けば体の前半分がみみずばれのような火傷を負ってしまいました。その時にサングラスも無くしてしまい、失意のうちに我が家に帰るとテレビではアームストロングさんが月面を歩いている映像が流れていました。今日7月20日は、月面 [続きを読む]
  • 眼の前にセミの抜け殻しがみつき
  • セミの抜け殻と凌霄花(のうぜんかずら)の小さな実です。空蝉というきれいな名前がついているのですが、実際このような場所でこの蝉が孵化したのが不思議に思いました。 中央大通りには夏祭りの幟が出ていました。7月15,16日と地車(だんじり)が出たそうです。  街中に だんじり保存の 幟あり(まちなかに だんじりほぞんの のぼりあり)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 辛口のラーメンすする汗を拭く
  • 宝塚のやまとラーメンへ久しぶりに行ってきました。白菜がいっぱい入った少しからいラーメンですが、久しぶりに食べるとおいしかった。やはりこのラーメンは夏が合いますね。  アツアツの 白菜の汁 夏ラーメン  (あつあつの はくさいのしる なつらーめん)にほんブログ村 [続きを読む]
  • ネジバナが緑の茎を登ってく
  • ピンクのネジバナがたくさん咲いていました。たくさん咲いて上へ上へと真っ直ぐに茎を伸ばしていました。 下から撮影してみました。なかなかピントが合いにくくて全部の花をはっきりと写すのは難しいですね。 今朝のマツバギクです。今までに一番多い4つの花が咲いていました。  じわじわと 領土広げる マツバギク (じわじわと りょうどひろげる まつばぎく)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 藪入りにガーデンズにて読書かな
  • 西宮ガーデンズで『酔いどれ小籐次 青春抄』を読破しました。これで酔いどれ小籐次シリーズ完全読破することができました。8月に発行される新作を待つことになります。金曜日に続いてまたまた映画を見てきました。小栗旬主演の『銀魂』という映画です。コミックを原作にした実写版の映画で、原作を知らずに見ると荒唐無稽な話がどう展開するのか全くわからない感じで始まりました。時代劇のような現代劇のようなこれまであまり経 [続きを読む]
  • 単館の映画で冷える約二時間
  • シネ・リーブル梅田へ久し振りに行ってきました。鑑賞した映画は「ありがとうトニ・エルドマン」というドイツ・オーストリア合作の映画です。父親役の人がかなり面白い着ぐるみで登場するシーンが気に入って画像を探したのですが、見つけられずにこのポスターを使うことにしました。わかりにくい写真ですが、毛むくじゃらの怪物の着ぐるみを着たお父さんと娘が抱き合っているところです。 映画館は梅田スカイビル タワーイースト [続きを読む]
  • 焼肉で夏バテ解消パリ祭前夜
  • めったに行くことがない『不二家レストラン』に行きました。駐車場でお店の人が幟の準備をしていてそれを眺めると「北海道産ビーフのジュージュー焼肉」と書かれていました。お店に入ってポスターを見ると7月13日までの限定メニューと書かれていました。昨日はちょうど最終日だったようです。 やってきたのがこれです。すごい量のお肉でした。この下に焼かれていた玉ねぎがおいしくて、もちろんお肉もおいしかったのですが。ご [続きを読む]
  • ひまわりの大きな葉っぱご挨拶
  • 森之宮砲兵工廠跡のお地蔵さんの横の花壇にいつの間にか大きなヒマワリがすっくと立っていました。まだ花はついていませんが、大きな花が付きそうです。夏の花として有名な朝顔とひまわりの登場でそろそろ夏休みも近づいていることが分かりました。  向日葵が すっくと伸びて 影伸ばす(ひまわりが すっくとのびて かげのばす)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 初蝉に山を見上げて坂上る
  • 今年初めてセミの鳴き声を聞きました。大阪の豊中市にある小さな山、刀根山で鳴いていました。まず耳にするのはクマゼミかなと聞き耳を立てたのですが、はっきりと「シャワシャワシャワ」と聞こえなかったので確信が持てませんでした。ニイニイゼミの鳴き声も混ざっていたように思います。ワッシャワッシャと聞こえる山を撮影しました。 どんよりと 灰色の雲 広がって午後から雨と    メールが届く(どんよりと はいいろの [続きを読む]
  • 花の下ランタナぶどうあちこちに
  • コバノランタナの花がまた咲いていました。花に交じってブドウのような実がありました。この写真でわかるでしょうか? マツバギクの花が暑さに負けそうな色になって咲いていました。咲き始めのようなきれいなピンクではなくて少し色あせた色に見えたのは朝の太陽のせいでしょうか?  いつの間に 花壇いっぱい マツバギク (いつのまに かだんいっぱい まつばぎく)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 電車降りじわじわ暑さよみがえる
  • 今朝、北大阪急行の千里中央駅でホームの柵作りが着々と進行しているのを目にしました。この白い壁のようなものから柵が出てきます。御堂筋線の心斎橋の駅や鶴見緑地線の心斎橋の駅に設置されているのと同じような設備が付くのでしょうね。この柵の動きは電車のドアの動きと連動しているのでしょうか?ましてや鶴見緑地線の電車などは運転手さんだけでドアのスイッチもマイクもすべて行っているので、ホーム柵の開閉ボタンまで動か [続きを読む]
  • マツバギク折り鶴ランに立ち向かう
  • マツバギクの花が今朝二つ咲いているのに気がつきました。水をあげるのを忘れると棒のような葉っぱが細く細くなってやせ細った感じになるのですが、、たっぷり水をあげるとこんな風に花を咲かすこともできるのですね。隣のオリヅルランもたくさんの小さな星のような花を付けました。 今朝は園芸作業としてゼラニュームの挿し木に挑戦しました。小学校高学年の時にゼラニュームの団子差しというのを習った覚えがあります。今回は挿 [続きを読む]
  • 宴跡七月八日の笹飾り
  • 尼崎のキューズモールのドコモショップで撮影しました。ドコモポイントに引っかけて『ポインコ』という名前のインコらしいです。小さな子どもたちがしがみついて離れなかったのですが、しばらく待って一人になったときに撮すことができました。お腹の丸みは子どもたちにとって魅力的なのでしょうね。ぐっとハグして嬉しそうでした。 中に入っている人が膝を曲げているのか、途中でギューッと背が伸びるのが面白かったです。いろい [続きを読む]
  • むくげ咲く汗を拭き拭き小暑なり
  • 槿(むくげ)の花が咲きました。葉っぱの大きさから判断して芙蓉の花ではなく、むくげの花だと思います。これからひと夏けなげに咲き続けることでしょう。  七夕や むくげの花の 赤い星 (たなばたや むくげのはなの あかいほし)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 凌霄花(のうぜん)や昔に思い馳せて見る
  • 『小籐次の言葉に駿太郎はなにも答えず、卒塔婆の後ろから咲きかけた橙赤色の凌霄花を見ていた。凌霄花はのうぜんかずらとも呼ばれる。』新・酔いどれ小籐次(四)姉と弟より森之宮のUR団地の入り口に咲く凌霄花の赤い花です。 ”酔いどれ小籐次”の住む江戸時代にもこの花が咲いていたと思うと、花を見る目が違ってきました。そろそろ凌霄花も終わりかなと思って森之宮を歩くとまだ花が咲いていました。  ラッパ咲き  [続きを読む]
  • 凌霄花(のうぜん)や昔に思い馳せて見る
  • 『小籐次の言葉に駿太郎はなにも答えず、卒塔婆の後ろから咲きかけた橙赤色の凌霄花を見ていた。凌霄花はのうぜんかずらとも呼ばれる。』新・酔いどれ小籐次(四)姉と弟より森之宮のUR団地の入り口に咲く凌霄花の赤い花です。 ”酔いどれ小籐次”の住む江戸時代にもこの花が咲いていたと思うと、花を見る目が違ってきました。そろそろ凌霄花も終わりかなと思って森之宮を歩くとまだ花が咲いていました。  ラッパ咲き  [続きを読む]
  • 雨やんでつかの間青い空見上げ
  • 今年の5月に訪れたはりま焼生野総本店で撮影した藁ぶき屋根です。昨日、今日の雨でふと思い出したのがこの藁ぶき屋根の古民家風のお店でした。美山の萱葺きの里の屋根の風情とはちょっと違った感じがありました。わらぶきの屋根というのは萱葺きと違って水を吸うらしいのですね。以前ネットで調べたときに知識として残っていたのか、雨が降ればわらぶきの屋根のことを思い出します。耐久性がわらぶきの場合は10年ぐらいだそうで [続きを読む]