ことだま師/丸田みどり さん プロフィール

  •  
ことだま師/丸田みどりさん: 〜心まぁるく、幸せ人生は自分で創る〜
ハンドル名ことだま師/丸田みどり さん
ブログタイトル〜心まぁるく、幸せ人生は自分で創る〜
ブログURLhttp://kotonoha0401.jugem.jp/
サイト紹介文名前からミッションを筆跡から心をひも解く専門家/丸田みどりの毎日更新blogです。
自由文名前の鑑定と筆跡のアドバイスをベースに
その人らしさを引き出し心の可動域を
ふんわり広げるセッションをやっています。
「わたし」らしく幸せに、しなやかでまぁるい
生き方のヒントを一緒に見つけましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供379回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2009/10/17 17:06

ことだま師/丸田みどり さんのブログ記事

  • [香りの効用〜鎮静]
  • 暑い時期はそれだけで少し心騒がしくなったりするもの。イライラする人も多いですよね。かく言う私も、すこしばかり心ざわつくことがありまして今日はお香を焚いてみました。ふわ〜っとした香り、深呼吸お盆明け、いきなりの慌ただしさでしたがうまく気分をリセットできました。今日の香りはフランキンセンスエッセンシャルオイルを使わない樹脂香。イメージは治癒、祈り、月(山河HPより)sanga HPはこちら自然光に興味のある方 [続きを読む]
  • [「私」が「私」をしばらないために]
  • pola化粧品のCMは、時に挑戦的であったり共感を得るものであったりします。最近ながれているこの台詞から始まるCMはご存知ですか?「この国には幻の女性が住んでいる」例えば自分の言葉や、誰かに「こうあるべき」と言われた言葉によって自分をしばり、身動きできなくなる時があります。また、知らず知らず刷り込まれた思い込みが深くて抜けないことも。「あなた」は「あなた」その本質と心のありようを知って鎖をほどくことができ [続きを読む]
  • [その「冠」は必要ですか?]
  • 「冠」例えば役職や企業名など。その「冠」はいつか外れるもの。外れてもなお、しがみついているのはいかがなものかと。という、現実を目の当たりにしまして。いや、必要な場もあるにはあるんですよ。そうでなくて、「冠」があっても外れても「人」は「人」人間力があるか無いか、育ててきたか こなかったかの問題。 「あなた」はどこまでいっても「あなた」のはず。いつまでも「〇〇の私」のままでは、「あなた」自身がかわいそう [続きを読む]
  • [果樹やペットから学んできた生と死]
  • 今年初の「生ハムイチジク」中にクリームチーズかサワークリームを一緒に巻き込むといっそう美味しくなります。我が家のこの季節の楽しみです。かつて実家の庭には、、、↓イチジク、グミ、ザクロ、時には桃、ブドウまで植わっていました。一番最後まで残ったのはイチジクだったかな、父が好きだったのです。それで、今年のお盆もイチジクを買ってお供えしました。いまは世話をするには果樹はたいへんなので、花や家で使える程 [続きを読む]
  • [セミの声で暦を知る]
  • 2017年 8月12日からは二十四節気 立秋もはや次候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」に入りました。セミの鳴く声がお盆前と少し変わった?と感じた今日の夕方。残念ながらヒグラシではありませんでしたが。アブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシそれぞれに特徴的な鳴き声です。この区別がつくのも、日本人とポリネシア人だけかな?http://tocana.jp/2017/04/post_12883_entry.html耳触れる音で知る季節の変化「音」で感じ [続きを読む]
  • [誰も、何も 否定しない]
  • 休暇中のブログですが、、今日は私が気になった(良い意味で)言葉を一つご紹介しましょう。このコピーご存知でした?ネット上でもかなり話題になったのでご存知の方も多いでしょうか。それは「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」結婚情報誌ゼクシィのキャッチコピーです。多くを語らず、しかし説得力のある言葉。このコピーは誰のことも否定していないんですよね。かといって意思の在り処も [続きを読む]
  • [「〜らしい」「〜らしくない」それ誰基準?]
  • 「銀魂」観てきました。最初に言っておきますが、私は原作を読んでいません。観たかった理由は監督の作品が好きだからです。「銀魂、観に行くんですよ」と、ある方に話したら「へ〜、らしくないですね。ああいうの観るんですか?」って。ん??「らしい」「らしくない」それは誰基準でしょう?少なくとも私基準ではありませんね。「〜らしくないからダメ」「〜らしいからいい」自分が決めたことであれば、もしそれがマイナスに働い [続きを読む]
  • [2017年 夏休暇のお知らせ]
  • 2017年 夏休暇のお知らせです。8月11日から14日までの4日間、夏休暇をいただきます。セッションや講座のお問い合わせに関しましては15日以降のお返事となりますことをご了承願います。また、下記フォームに関しましては2017年8月11日(金) 〜 2017年8月16日(水)の期間フォームメーラー自体が休業しておりますので送信いただくことができません。あわせてご了承願います。https://ssl.form-mailer.jp/fms/5a7292ab344855よろしくお [続きを読む]
  • [じわじわと迫る、そして増える]
  • 10月1日 ハートフルコンサートに向けて今日はメンバーのご家族が電子ドラムを持ち込んで参加いただくというまさにじわじわ外堀が埋まっていく感じ。さらに、一曲増えたわけで、、ふむむ、ぶつぶつ独り言のように歌詞をなぞる時間が増えそうです。楽譜の上にちらっと写っているのはダンシングクーンの歌詞カード。メンバーの方が作ってくださいました。ありがたいことです。これを携帯していつでも練習できます。 個々に工夫あり、 [続きを読む]
  • [空いている椅子がひとつある]
  • 以前なにかの雑誌のインタビューで読んだ記憶があるのですが「世の中に出てくるミュージシャンは数多くいる、でもその中に“空いている椅子がひとつある”と感じた」といったニュアンスのインタビュー記事でした。その発言好きなミュージシャンだったので、うろ覚えでも覚えていたのですが発言を思い出したときに「あ、誰しも自分のための“空いている椅子”があるんだな」とふと思い、その言葉の意味がいきな [続きを読む]
  • [手探り、感覚探り]
  • 人間誰しもどこか痛みがあると(物理的に、身体にという意味で)動作に制限がかかるもの。今の私がまさにそうで、ちょっとした痛みがあるために少々活発さに欠けております。とはいえ、いつもが早すぎるのかこれで普通かと。周りからは違和感持たれていないようで良かった。で、いろいろ探ってみるわけです。「こうしたら痛い?こうしたら痛くない?」とまさに手探り感覚探り。身体の痛みというのは避けられるに越したことがないの [続きを読む]
  • [2017〜立秋に台風]
  • 二十四節気 2017年の立秋は本日から 七十二候は「涼風至(すずかぜいたる)」しかしながら今日はこんな写真とは無縁の台風5号による雨風が非常に強くなっております。大潮タイムは夕方、明日開ける前に満月天候の変化が重なりましたので、威力もさらに増しているかと。 私は和歌山市出身ですので、子供のころから台風直撃は何度か体験してきました。 このような状況は「起こる、起こりうる」として暮らしていましたが大阪にいる [続きを読む]
  • [誰かの分も?まず自分ができることから]
  • 昨日、自治会のお祭りがありまして今朝はその片付け作業なのですが、ちょっとしたハプニングで私が参加できず、夫に託しました。(荷物運びができなくて)「まあ、二人分がんばってくるわな」という夫に「一人分でええから」と答えた私。片一方が何かできないとき、「あなたの分も」ってよくあること。それは素晴らしいことなんですよ。みんなで協力して誰かを補えるのであればね。でも、前提として自分が自分のできることをできる [続きを読む]
  • [7月によく読まれた記事ベスト3は?]
  • 月初めの恒例、先月の記事ベスト37月にご訪問いただいた記事のベスト3を調べてみました。3位は[人間関係の妙は「抜け」にあり]http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1163557奇数(3人、5人。。)のグループは解散しにくいそれは何故?人間関係に関するそんな「抜け」の秘密。「抜け」という言葉が気になった方が多かったようです。2位は[音が振動する、私と共鳴する、クリアな音に癒される]http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1 [続きを読む]
  • [あるとき、ないとき]
  • 「551」ではありませんが今日見かけた看板↓はい、その通りです。自分の中にないものをどれだけアピールしても無駄。無いものはどうしたって出てきません。対してコツコツと積み上げてきたもの、誰かの幸せを描きながら頑張ってきたことはしっかり身についています。「これ何の役に立つの?」と、その時は思ってたとしてもです。あなたにとっての強みになっているかもしれません。練習はうそをつかないという言葉があります [続きを読む]
  • [夏の雨は涼を運ぶ?]
  • 集中豪雨のことを「ゲリラ豪雨」と呼ぶようになったのはいつ頃か?と、調べてみましたら2008年には流行語大賞トップ10に選出されていたようです。「ゲリラ豪雨」何とも不安を誘うようなこの言葉が流行語というのもなんだか、、という気がするのは私だけでしょうか。2017年8月2日からは七十二候 大暑の末候「大雨時行(たいうときどきふる)」に入りました。あら、もうすぐ立秋ですよ。とてつもなく暑い夏なので、そしてもうすぐ甲 [続きを読む]
  • [「趣味」なのか「仕事」なのか]
  • 暑い中、さらに暑い京都まで行ってきました。(とはいえ、今日は若干まし?吹き抜ける風が意外と涼しく)「技を極める〜ヴァン・クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展がもうすぐ終わってしまう!(8月6日まで)ということで慌てて時間を作り行ってきました。まさに目の保養、ヴァン・クリーフ&アーペルといえばハイクラスのブランドとして有名ですので、展示物の美しさは当然のこと。まばゆい煌めきと細工のすばら [続きを読む]
  • [コンサート、いよいよ二か月先に迫ってきました(-_-;)]
  • 今日が8月1日ということは、、私たちコーラスSUVACOのステージまでちょうど二か月です。お話を聞いたのはずいぶん前だったような気がするのにもう二か月、、日時等のご案内を、、日時 :2017年 10月1日(日)13時開演(12時半開場)場所は柏原市民文化会館 リビエールホール(レセプションホール)http://www.kashiwara-bunka.jp/【交通アクセス】ホームページより〜詳しい地図はhttp://www.kashiwara-bunka.jp/access/からご確認 [続きを読む]
  • [手話は価値を持った言語]
  • 先週、ふうちゃんの手話うたコンサート「真夏の太陽Vol.4 きらめき」を楽しんできました。Vol.1から毎年、夏といえばふうちゃん。私の中の「夏」の象徴となりました。「手話はひとつの価値を持った言語」これは坂本九さんの言葉価値ある言語はうたとなって広がる。聞こえる、聞こえない、聞こえにくいにかかわらずひとつの言語がひらひらと舞って、そこにいるすべての人の心に届く。どの言語も価値ある言語心と心が通じ合えば素敵 [続きを読む]
  • [歩こう、歩く、歩いて、歩けば]
  • かつてアナログカメラを好んで使っていたことがありました。LOMOというトイカメラ今でも使える状態ですが、iPhoneやiPadを使い慣れてしまうとついつい、、ですね。私はどちらかというと普段の行動は早め早めに片づけるほうですが、日常では歩きながら目に留まる何かを観察するのも好き。乗り物に乗るより、むしろゆっくり歩いて街観察をしてみたいのです。好きなミュージシャンの書く詞には「歩こう、歩く、歩いて」という言葉がか [続きを読む]
  • [ブレスレットの寝床ができました]
  • コーラス番外編 その2ブレスレットの寝床って何?それはね、、まずこちらの写真から帯をリメイクして作られた、私の名刺入れです。とってもきれいでしょう?ずっと使い続けたい名刺入れ。人から褒めていただくことも多々あります。その作家さんはおかもと衣里さん(ハンドメイドの丘 衣里〜ころもり)やはりコーラスの仲間です。彼女の丁寧な仕事と感性に惚れこんで今回お願いしたのは(スクロールしてね)↓ブレスレットの [続きを読む]
  • [音が振動する、私と共鳴する、クリアな音に癒される]
  • コーラス番外編、本日はその1です。コーラスSUVACOのメンバーは、なにかと多彩にして多才。いろんな顔を持っています。今日はそのお一人、ラーナさんをご紹介しましょう。パステル・マクラメアーティストであり、ヒーラーでありベリーダンスも!のラーナさん。ヒーリングライアーというドイツの弦楽器を自ら彫って製作されたということで(木を彫って製作するWSがあるそうです、楽しそう)その響きを体験させていただきました。な [続きを読む]
  • [お気楽真面目だからうまくいく(きっと)]
  • 不思議ちゃん活動ではありません(笑)手話うたの練習風景です。10月の発表に向けて、一つ一つ確認&改善コツはもう楽しむことだけ。みんな一所懸命なのですが、なんだかんだ言って笑いも止まらず。だからいいんですよね。↓もし何か達成したいことがあったとして、顔をゆがめて眉間にしわを寄せてため息ついてばかりなら、イメージ力も下がる気がします。「うまくいく」ってイメージもとても大事。そんなお気楽なって言われて [続きを読む]
  • [間引き〜自分の内側のリセット]
  • 今朝Facebookで「大切とは大きく切る」という意味もあるという投稿をしました。大きくバサッと切る自分にとって、誰かにとって、現状にとって本当に大切にしたいものは何か、そして切ることで進むものは何か。と、その投稿に友人が「大きく育てるには間引く、自分の中のこと」というコメントを返してくれました。バッサリ切る、大事なものを育てるために間引く。必要ないもの(ある種の無駄もありといえばありですが)を切る、間引 [続きを読む]
  • [様式美と精神と〜祭り]
  • 大阪天神祭り、今年は行けなかったので素材写真をお借りして。↓祭りは地元愛?大阪での祭りと聞くと「だんじり祭り」を思い浮かべる方も多いでしょう。大阪南部の人は特に熱いのか、だんじりの時は休暇をとるという人も。冗談じゃなく、本当に毎年休暇取ってる人を知っています。理由は「だんじりやんか!」これだけ(笑)祭りというと神事ですが、これだけコミュニケーションが希薄になったと言われる時代でも、祭りの作法は [続きを読む]