ことだま師/丸田みどり さん プロフィール

  •  
ことだま師/丸田みどりさん: 〜心まぁるく、幸せ人生は自分で創る〜
ハンドル名ことだま師/丸田みどり さん
ブログタイトル〜心まぁるく、幸せ人生は自分で創る〜
ブログURLhttp://kotonoha0401.jugem.jp/
サイト紹介文名前からミッションを筆跡から心をひも解く専門家/丸田みどりの毎日更新blogです。
自由文名前の鑑定と筆跡のアドバイスをベースに
その人らしさを引き出し心の可動域を
ふんわり広げるセッションをやっています。
「わたし」らしく幸せに、しなやかでまぁるい
生き方のヒントを一緒に見つけましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供382回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2009/10/17 17:06

ことだま師/丸田みどり さんのブログ記事

  • [再生と相性]
  • ほぼ、私的なことですが、、先日突然PCがシャットダウンいたしまして。以前からバッテリーに問題があったのですが、そういうのって突然に「もうダメ」って言ってくる(いや、黙り込む)ものですね。幸いデータはクラウドに保管していますので、そちらは無事でしたが焦りますね〜。MacとWindowsの両方を使っていますが、Macの丈夫なことと言ったら。長年使い慣れているというのもありますが。ともあれ、急遽新しいPCを購入していま [続きを読む]
  • [二十四節気 小満にはいります]
  • 2017年5月21日二十四節気は今日から「小満(しょうまん)」です万物の気が天地に満ち始めるとき、それが小満活気も暑さも満ちてくるという、、暑い日が増えてきます。七十二候では 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)「お蚕さま」と呼ばれ大事にされてきました。戦前は日本の農家の4割は蚕に携っていたようです。養蚕は主要産業だったのかもしれません。京都に蚕神の社と呼ばれる神社があります。正式には木嶋坐天照御魂 [続きを読む]
  • [どんな暮らし(生き方)がしたいの?]
  • 「住宅」と「住まい」は違う今朝ふとテレビから耳にした言葉。「住宅」それはいわば「箱」そこにどういう暮らしがしたいのか?を実現させるのが「住まい」今回のメインテーマは高齢者の住まいについて。どのライフスタイルを採用するのか、できるのか。リロケーションダメージのことなど。高齢者だから知っておくというより、早めに考えておかないといけないことでもありますね。「どんな暮らしがしたいのか」「どんな生き方がした [続きを読む]
  • [褒められて伸びるタイプ?]
  • 先日来より、ちょこちょこっと褒めていただくことがありました。「声がいいですね」(自分では全く意識の外でしたが、時々こう言っていただくことがあります)「肌ツヤ良くなりましたね、顔色も明るくなっているみたい」(メイクを変えたわけではなく、少し生活が変わったからかな?)その言葉を素直にうれしいと受け取ってもいい。前はなかなかそういうことできませんでしたが、年齢を重ねてあつかましくなったのか(素直になった [続きを読む]
  • [人は複雑な生き物という前提]
  • 筆跡診断のゼミを受講する中で、さまざまな人の筆跡に触れます。ひとりの人からいろんな特徴が読み取れることで、どんな人なのかどんな人生をおくってきたのか、つい空想してしまいます。考えてみれば私だって単純ではなく、おそらく複雑なのです。そう、人は皆複雑な存在という前提(だからといって、それが間違いとかややこしいとかいう意味ではなく)でみれば、どの人もまた精一杯に「自分」の人生を生きているのですね。「○〇 [続きを読む]
  • [特別なスキルって何ですか?]
  • 「たいしたことできません」「ただの〇〇だから」「得意なことなんて数えるほどで」 そう言ってしまうと、身も蓋もないわけで。 「私は何も持っていない」という人ほど、実はたくさんのものを持っています。たとえ何かに特化していなくても、そのすべてはあなたが経験して自分の中に育ててきたスキルなのです。 何ができたら特別、何ができなければただの〇〇。特別なことってなんですか? 私はOL経験もありま [続きを読む]
  • [筍の旬〜時期と言葉の関係]
  • 筍が出回る季節は?ここ関西ではオンシーズンはすでに来ています。しかし2017年の七十二候では今日から竹笋生(たけのこしょうず)に入るのです。立夏も末候に入るこの時期に筍に関する季節言葉。時期的に少しずれている気がしませんか?それには理由があります。七十二候が作られた当時は、いまのような温暖化ではなかったという説。もともと旧暦と新暦は異なります、違いがでることもありますね。また、竹そのものの種類が違うと [続きを読む]
  • [誰の言葉なら受け取るの?]
  • 「言葉」は不思議なもので同じことでも語る相手が違うと、例えそれがいまの自分にフィットしていても受け取れないことがあります。耳に入る前に何かのバリアに弾かれるように。「誰」の言葉なら受け取れるのか受け取るのか、それとも「誰」でもないのか。まるで問答のようですが、そう感じることがありました。人は見たいものを見たいようにしか見ないのと同じく聴きたいことを聴きたいようにしか聴かない。つくづく「言葉(言の葉 [続きを読む]
  • [継がれるもの〜祭]
  • 全国に「東照宮」と名の付く神社は多くありますが当然と言えば当然ですが、紀州東照宮も(紀州和歌山は御三家です)今日、母の日はその東照宮のお祭でした。東照宮創建の次の年からの伝統的なお祭、時に忘れられながらも地味に継続され、保存会も結成されています。大河ドラマ「直虎」では、やがて徳川と井伊の関係性が結ばれていきますが、その徳川由来のお祭です。伝統と継承、その重みは計り知れませんが今日はただ母と祭を楽し [続きを読む]
  • [継がれるもの〜祭]
  • 全国に「東照宮」と名の付く神社は多くありますが当然と言えば当然ですが、紀州東照宮も(紀州和歌山は御三家です)今日、母の日はその東照宮のお祭でした。東照宮創建の次の年からの伝統的なお祭、時に忘れられながらも地味に継続され、保存会も結成されています。大河ドラマ「直虎」では、やがて徳川と井伊の関係性が結ばれていきますが、その徳川由来のお祭です。伝統と継承、その重みは計り知れませんが今日はただ母と祭を楽し [続きを読む]
  • [継がれるもの〜祭]
  • 全国に「東照宮」と名の付く神社は多くありますが当然と言えば当然ですが、紀州東照宮も(紀州和歌山は御三家です)今日、母の日はその東照宮のお祭でした。東照宮創建の次の年からの伝統的なお祭、時に忘れられながらも地味に継続され、保存会も結成されています。大河ドラマ「直虎」では、やがて徳川と井伊の関係性が結ばれていきますが、その徳川由来のお祭です。伝統と継承、その重みは計り知れませんが今日はただ母と祭を楽し [続きを読む]
  • [継がれるもの〜祭]
  • 全国に「東照宮」と名の付く神社は多くありますが当然と言えば当然ですが、紀州東照宮も(紀州和歌山は御三家です)今日、母の日はその東照宮のお祭でした。東照宮創建の次の年からの伝統的なお祭、時に忘れられながらも地味に継続され、保存会も結成されています。大河ドラマ「直虎」では、やがて徳川と井伊の関係性が結ばれていきますが、その徳川由来のお祭です。伝統と継承、その重みは計り知れませんが今日はただ母と祭を楽し [続きを読む]
  • [継がれるもの〜祭]
  • 全国に「東照宮」と名の付く神社は多くありますが当然と言えば当然ですが、紀州東照宮も(紀州和歌山は御三家です)今日、母の日はその東照宮のお祭でした。東照宮創建の次の年からの伝統的なお祭、時に忘れられながらも地味に継続され、保存会も結成されています。大河ドラマ「直虎」では、やがて徳川と井伊の関係性が結ばれていきますが、その徳川由来のお祭です。伝統と継承、その重みは計り知れませんが今日はただ母と祭を楽し [続きを読む]
  • [お・と・し・ご・ろ]
  • 笑脳セラピスト、藤本マリアさんのお茶会に参加しました。会いたい人には会いに行く、会いたい人だから会いに行く私の主義です。あと、「なんか面白そう」っていう感覚ね。いきなり「お年ごろ」ネタから、お茶会終わってもさらなるマシンガントーク(笑)「お年ごろ」それぞれの年齢で、それぞれのお年ごろ「○〇のお年ごろ」という言葉。「○〇だから仕方ない?」「みんな同じだから」いやいや、人それぞれだしまずは自分に暗示を [続きを読む]
  • [何もしない日(好きなこと以外)]
  • ブログを書いている時点で「何もしない」とは言えないかもしれませんが、、今日は本当に好きなことしかしてませんでした。読みたかった本(ビジネス書ではない)を読んで、録画していたドラマを見てCDから順繰りに聴き放題して、時に同じナンバー(Lullaby byキリンジ)をリピートして、ぼや〜〜〜〜っと。夕方からは野球を観て。歯痛はおさまったのですが、今日ぐらいは自分を休ませてあげようかなと。なので、今日のブログはここま [続きを読む]
  • [制限をかける言葉]
  • 免疫力って落ちるんですね、、無理をすれば当然ですが。ここ数日の歯痛を昨日治療したのですが、根本には免疫力が落ちているのでは?とのアドバイス。う〜〜ん、確かにGWも慌ただしかったなと。免疫力アップには心身の休養も必要と、今日はゆったり過ごしました。誰にもありがちですが、体調が万全でないと「でも」「だって」「まだまだ」など自分に制限をかける言葉もつい増えてきませんか?そりゃ、使いたい時もあります。そし [続きを読む]
  • [立夏も次候へと・・]
  • 今日からは七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」二十四節季「立夏」の次候です。 ミミズというと、リアルな画像はちょっと、、ということでイメージ写真を選択。この土の下から生命が上がってくるのねっていう。ミミズは「大地の腸」「大地の鍬」と呼ばれることもあるそうです。大地の中で活躍する、いわば益虫といったところですね。裏方として、凄く活躍している存在なのですよ。と言いつつ、私もちょっと苦手ですが、、活躍には [続きを読む]
  • [〇〇〇焼き?〇〇焼き?それとも]
  • 質問です↓のお菓子、あなたの町ではなんと呼びますか?私は、、「大判焼き」夫は「回転焼き」その他「今川焼き」「しばらく」関西人ならわかる「御座候」元はと言えば大型の小判状の型を使ったところから始まっているそうで、ならば正統派は「大判焼き」?素朴なお菓子ですが、いろんな地方で呼び方を変えてそれでも愛されているっていいですね。あなたの町ではなんと呼んでいますか? JUGEMテーマ:〃言霊〃JUGEMテーマ [続きを読む]
  • [幸せな時間は与えられるもの?]
  • 木香薔薇が好きなんです。でもさすがにマンションのベランダには、、ですが来年用に実家の庭に植えてみようかと密かに計画中。その花言葉は「初恋」「幼い頃の幸せな時間」「素朴な美」など 「幸せな時間」の記憶、優しい色合いからのイメージでしょうか。 では「幸せな時間」って与えられるもの?創り出すもの?感じ取るもの?あなたならどれですか?私は・・↓私は「感じるもの」だと考えています。その上で「もっ [続きを読む]
  • [ハネ、トメ、ハライを意識して字を書く〜]
  • あなたはこんなチェックを簡単にクリアできますか?5つの言葉を覚える↓引き算(暗算)をする(100−7=・・・一桁になるまで順に7を引く)↓さっきの5つの言葉を覚えているか問診。そんな簡単なチェックだったのですが、40代以降になると意外と戸惑う人が多いとのこと。先日見たテレビ番組内でのクリニック取材によると、予防や対策についても言及されていました。その一つの提案が「字を書く」ことです。クリニックで推 [続きを読む]
  • [Japanと呼ばれる器]
  • 昨日購入した紀州漆器のカップ焼酎にとありましたが、下戸の私は甘酒(ノンアルコール)や夏場のアイスティーなどに活用したいです。とても軽くて、手にしっくりと収まります。シンプルな器ほど、これと決めつけることなく自由に使ってみたいですね。日本三大漆器の町ということで(海南市の黒江)和歌山の伝統産業です。陶磁器はChina(チャイナ)に対して漆器はJapan(ジャパン)と呼ばれます。歴史の深さを感じますね。歴史の中 [続きを読む]
  • [蛙の歌が聞こえてくるよ〜立夏]
  • 蛙のビジュアルが苦手な方もいらっしゃるのでクレイアートの画像をチョイスちなみに私も実物は少々苦手。。七十二候、子供の日5月5日からは 蛙始鳴(かわずはじめてなく)かわず=蛙です。蛙の歌合戦、都会ではほとんど聞かれなくなりました。蛙の歌、声、それを声として捉えるのも日本人ならでは。人の声、虫の声、風の音、雨の音、動物の声、そういったものを言語脳で受け取る日本人。だから情緒ある言葉の表現があるのです。風 [続きを読む]
  • [4月によく読まれた記事トップ3]
  • 2017年4月にアクセスの多かった記事、トップ3です。季節がら、やはり桜のお話は人気がありますね。[何故桜は下向きに咲いているの?]http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1163445心のハーモニーという言葉で検索もありました。コミュニケーションの時代。[心のハーモニーはとれています、歌は?]http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1163466数のことだま、おそらく紅茶ネタでもあったからかと思われます。[「一」「二」「三」 [続きを読む]
  • [言葉は時代とともに、業界とともに]
  • ウサギ好きさんに捧ぐ、うめきたガーデンでのひとコマ。(作りものですが)ゴールデンウィーク、大阪梅田はかなりの人出。とはいえ、少し歩いてのうめきたガーデンは朝早くならそれほど混み合っていないようです。しかも女性(大人チケット)には5月7日まで(2017)先着100名にこんなサービスが。--*****美味しいし、なかなかお得ですよ。しかし完全な和製英語である「ゴールデンウィーク」実はもともとは映画会社の宣伝用語なので [続きを読む]
  • [自分をせっついていないか?]
  • 「せっつく」「せっつかれる」好きで聴いている楽曲の中、ひらっと出てきた「せっつかれて」の言葉。言葉に関することって、気になるセンテンスが出てくると気になるのは職業病?(笑)「みんな愛の歌にせっつかれて、与えるより多く奪ってしまうんだ」この楽曲から--** 鋭い歌詞が多くて時々ギクッとするんですけれど。確かに何かにせっつかれることってありますね。人の言葉書籍のフレーズ歌詞ドラマの台詞あとSNSでの他人の [続きを読む]