ことだま師/丸田みどり さん プロフィール

  •  
ことだま師/丸田みどりさん: 40代からの人生リセットをナビゲート
ハンドル名ことだま師/丸田みどり さん
ブログタイトル40代からの人生リセットをナビゲート
ブログURLhttp://kotonoha0401.jugem.jp/
サイト紹介文名前からミッションを筆跡から心をひも解く専門家/丸田みどりの毎日更新blogです。
自由文名前の鑑定と筆跡のアドバイスをベースに
その人らしさを引き出し心の可動域を
ふんわり広げるセッションをやっています。
「わたし」らしく幸せに、しなやかでまぁるい
生き方のヒントを一緒に見つけましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供377回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/10/17 17:06

ことだま師/丸田みどり さんのブログ記事

  • [その「好き」はどこから?]
  • 10月に向けての練習、手話うたパートごとの確認写真。この後全員で合わせてみたら、笑っちゃうくらい不揃いだったり。自分一人で練習すると思い込みが強くなりますね。動画をもらったので、再度思い込みを外して自主練します。次はうまくいきますように。追い込みは得意ですが、、普段も大事なので。昨日の記事で「好きなものは好きだ」という内容を書きましたが、じゃあ、その好きってどこからくるのかと。単純に「心が喜ぶから」 [続きを読む]
  • 「寝苦しい夜の暑さ対策、どうしてる?」
  • 寝苦しい夜の暑さ対策、どうしてる? ただでさえ蒸し暑い、大阪の夏 好きな音楽を聴く暑苦しくないのが好ましい、私の場合はキリンジなどテンション上がりすぎないのがいい。 そしてアイスノン枕を使うシーツも夏用のヒンヤリタイプできるだけ眠りに入りやすいように。 あと、寝不足は昼間のちょっと寝で補うことにしている。15分以上寝てはいけないそうです。帰ってダルくなるから。 そんなところでしょうか。 JUGEMテーマ:日々 [続きを読む]
  • [美しいものは美しく、好きな人は好き]
  • ヘレンドの磁器、その美しさを目にしたくて大阪東洋陶磁美術館へ。美しい器の数々にため息が出そうでした。「これこれこういう歴史があって」「この影響を受けていて」(伊万里や柿右衛門の影響も)「こんな素晴らしいもので」という理屈はともあれ(歴史的には大事なところですが)私自身が「美しい」と思えることがいまはとても大事。自分の感覚で感動できたらそれでよいのです。「○○だから」の理由はいらないいまは「これが好 [続きを読む]
  • [蓮、開く時期]
  • 2017年7月12日〜 小暑の次候 七十二候では「蓮始開(はすはじめてひらく)」に入ります。蓮の花を撮影しようと思うなら早朝がポイントですよね。なかなかそれができなくて、、、咲いてから4日間で散ってしまう蓮の花。「蓮は泥より出でて泥に染まらず」清らかさの象徴としても捉えられていますね。数年前、行田市の古代蓮を鑑賞する機会を得ました。あわただしく、過ぎ去る時間とタスクに追われていた時期でしたがいっときの清涼 [続きを読む]
  • [「自分を好きになる」ことができたら]
  • 大きく育った入道雲に「いつ暴れるの?」とヒヤヒヤしつつ、、この夏の風景にも見とれています。 今日は私にしては珍しくSkypeセッションで↓ 「名前の鑑定」単体だったので、クライアントさまからのご希望もあってメールではなくSkypeになりました。 「自分を好きになる」って難しい。それは本当?「好きになりたい」から難しいと思っているのでは?というところからゆっくりお話ししました。 名前の鑑定の部分のほうがあっ [続きを読む]
  • [奉納花火に託す願い]
  • 大阪の7月25日といえば「天神祭」の本宮奉納花火が打ち上げられます。奉納花火のページはこちら-----☆☆☆ この奉納花火に一般でも協賛できるってご存知でしたか? 一口5000円で願い事をひとつ、写真は3号玉のレプリカですが記念にもらえます。境内にも名前が掲げられます。(申し込みリミットなど詳しくは大阪天満宮までお問い合わせください) 願いを花火に託して、、天神祭りの日に夜空に打ちあがる。なんだかロマンを感じませ [続きを読む]
  • [まぜるな危険〜煮詰まり注意]
  • 塩素系と酸素系を混ぜれば有毒ガスが発生する。だから「まぜるな危険」それはね、よく聞くお話。ここでは違う「まぜるな危険」事実と感情これも「まぜるな危険」何かを決断する時、余計な感情(しかもほぼ空想だったりする)が入り込むと判断がつかなくなります。まさに有毒ガスの発生。ということをね、昨日友人の相談に乗るカタチで話したのです。その相談事項は混ざりに混ざって彼女の中で沸騰して(煮詰まって)ある意味化学反 [続きを読む]
  • [言葉ひとつで「その気」になる]
  • 最近ですね数名から「瘦せた?」「もう夏バテ?」と尋ねられます。はい、確かに若干痩せました。理由はハッキリしていて、しばらく前に歯痛で苦しみ(歯茎が腫れて)その時はもう痛くて固形物が食べられずにいたのと、自然とゆっくり食べるようになったからでしょうか、食事の量が減ったのですよ。べつに夏バテしたわけでもありません。もともと夏バテしない体質だし、、自分でも自覚はありますし、数字にもあらわれているのですが [続きを読む]
  • [夏のバレンタインには素麺を??]
  • デパートの「スイーツフェア」ポスター「夏のバレンタイン」え?何?と思えばそれは七夕なんとでも言えるものです。ところで七夕は素麺を食べる習慣があるというのはご存知でしたか? 歴史でいうなら平安時代から宮中でお供えとされていたそうです。そのころは中国から渡来した素餅(さくべい)という麺料理を食したもの。 中国では「素餅を供えると流行病にかからない」という言い伝えがありそれが七夕に根付いたということです。 [続きを読む]
  • [悩みと筋トレの関係?]
  • 「とことん筋トレすると、些細な悩みはどうでもよくなる」夕方のラジオから流れてきた言葉。ミスワールド日本代表にもなったことがある女優 田中道子さんの言葉です。美しい人ですよね、しかも建築士の資格を持ちDIYも得意とか。最初の発言の意味は、この図式筋トレ〜強い身体作り〜メンタル強くなる〜些細なことはどうでもよくなる。だからとにかく筋トレしましょう、身体動かしましょう!と。確かにこれ言えてますよね。トレー [続きを読む]
  • [6月は人間関係がテーマの記事が、、]
  • 6月に多く訪問いただいた記事のベスト3です。3位「心地よい関係と、ほどよい距離」http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1163530コーラスの仲間との関係について記した内容。2位「夏至〜昼の長さは」http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1163527季節と暮らしの話題1位「頭の整理は一人じゃできぬ」http://kotonoha0401.jugem.jp/?eid=1163529元コーラスの仲間にコンサルをお願いした日の記事以上がベスト3ですが、ランク以外の記事で [続きを読む]
  • [テリトリー〜境界線(TA交流分析)]
  • 大阪に台風直撃?それもどんどん足早に近づく?というニュース流れる中、TA交流分析応用編「バウンダリー(境界線)」へと。あるグループ、組織の中で「うまくいっているケース」と「なんだかモヤっとするケース」人と人が関わるところにはなんらかの境界線が存在する。(例えば家庭でも、家庭こそが身近なグループですからね)今回も図式化して、身近な例(私が関わる例)をテストケースとしてワークもできました。ひとつひとつで [続きを読む]
  • [暑さ負け、暑気中り、隠れ脱水]
  • いきなりの気温上昇、今日の大阪は33℃と発表え?それ以上に感じる?そうですね、だいたい昼間は外に出る気もしませんでした。「暑さ負け」「夏バテ」同義語です。俳句の季語で言えば「暑気中り(しょきあたり)」といったところでしょうか。疲れも相まって、いきなりの暑さにダウンしている方も多いようです。夜も寝苦しい時候となりますが、なるべく休めるときは休んでバランスを取りたいですね。家族のための豆知識としてこの時 [続きを読む]
  • [今日は何の日?タコの日?]
  • 2017年7月2日 七十二候 今日から「半夏生(はんげしょう)」に入ります。夏至から11日目「半夏生」の由来のひとつに「半夏生の花」が咲くからという説があります。表側だけ白く半分化粧をしているように見えるところから「半化粧」それが転じて「半夏生」となったというもの。農家にとっても田植えは半夏生前に終わらせろという節目の日でした。半夏生にはタコを食べる。これは関西を中心にした慣習。タコの足は八本、稲がしっか [続きを読む]
  • [秘密のレストランは麗しの、、]
  • 7月朔日 京都へ京都は今日から祇園祭、ここから徐々に徐々に盛り上がっていくのですね。 そんな中、今日は私にとってもスペシャルな日で。。 メゾン・ド・イリゼさんの「イリゼの秘密のレストラン Vol.1」にご招待いただきました。いつもは堺のカフェ、しかし今日は特別秘密のレストランat京都否が応でも期待が高まります。 京都の有機野菜をたっぷり使った美しいお料理の数々動物性の素材を使わないデザート最後のハーブティー [続きを読む]
  • [2017年、前半の終わりに]
  • 2017年、今日で半年が終わります。あっという間でしたか?充実の半年でしたか?予想通り?想定外?1月に決めたこと、立春に決めたことそれぞれ思い通りに叶っていますか?昔、祖母が言ったものです「なんもかんも思い通りにはならん、思い通りにならんから面白い」祖母の世代は戦争もあり、また継母に育てられたり病気の祖父の代わりに倒れるまで働いたり、泥棒に入られて撃退したことも。若いころの祖母の苦労といったら、ひと言 [続きを読む]
  • [先入観なんて簡単に外れる]
  • 今日の感想「スコーンは想像以上に懐が深い」枦元妃史さんのお家をカフェに変える紅茶教室にてスコーンに合いそうな食べ物をお試ししてみるという趣旨の「スコーンラボ」研究員してきました。この日のために甘さ控えめのプチスコーンを用意していただいていろいろ試してみます。え?これと?これも?なるほど!食事と考えたら、いろんな可能性があって当然ですよね。先入観を外したら、可能性の幅は広がります。で、これが案外簡単 [続きを読む]
  • [敵と味方はうつろいやすい]
  • 「敵は味方のふりをする」先日終わったドラマ「小さな巨人」のキャッチコピーですね。ドラマを見ていると「なんで騙されるんだ」って突っ込みたいシーンも多々ありましたが(笑)おおむね楽しめるドラマでした。なにより主役の二人のスーツ姿がカッコいい(そこ?)「昨日の敵は今日の友」という言葉もあります。そうすると「敵」「味方」の概念もうつろいやすいものだなと。私は甘いと言われるかもしれませんが、「裏切り」という [続きを読む]
  • [願いをかなえる鍵は、素直であること]
  • 本日奄海るかさんからアロマジカルオイル講座を受講して、アロマジカルオイリストになりました。アロマ+マジカルオイル アロマジカル(るかさん命名)叶えたい願いを叶えるための、アロマジカル中世の魔女のごとく魔術を掛けるためにオイルをブレンドする。願いの成就をアロマオイルにサポートしてもらうのです。以前一度体験させてもらって、その効果に「おっ」となった私。自分が叶えたいこと、もちろん。セッションと組み合わ [続きを読む]
  • [いずれアヤメかカキツバタ]
  • 2017年 6月26日からは夏至の次候 「菖蒲華(あやめはなさく)」このアヤメは花菖蒲(ハナショウブと読みますが、ショウブの花とは別物)を意味します。「いずれアヤメかカキツバタ」という言葉があります。区別がつきにくい よく似た花アヤメ、ショウブ、カキツバタ実際の咲き順はアヤメカキツバタハナショウブ(「菖蒲華(あやめはなさく)」)少しずつ時を重ねながら、5月〜6月に咲く花々の美しさと儚さ。湿度の高くなる梅雨 [続きを読む]
  • [一見地味な仕事の中にも財産はある]
  • 書棚の奥に眠っていた書籍夫と私が個人事業〜法人化するにあたっての参考書でした。付箋もいっぱい貼ってあります。古い書籍ですが、なんとなく処分できないまま書棚に。私たちが会社を起ち上げたころは情報量も少なく、この書籍が頼りだったんですよ。おかげで公的文書作成含め、いろんなことができるようになりました。会社員時代の検索業務や営業補佐、契約書作成などもそう。思えば実地で勉強させてもらったことは、全部自分の [続きを読む]
  • [心地よい関係と、ほどよい距離]
  • 昨日の記事を書いた後の行動は、、10月1日に待ち受けるコーラスオンステージにむけて ヴォイスヒーラーであり、英語講師でもあるコーラスメンバーSuzuさんから「Dancing Queen」の英語指導をしていただくためにカラオケボックスへと。 午前も午後もSUVACOメンバーと。私にとってコーラスSUVACOの仲間との関係はとても理想的。 心地よくいられて、それは適度な距離感をお互いに持てるからで。冷たいわけではなく(むしろ暑苦しい) [続きを読む]
  • [頭の整理は一人じゃできぬ]
  • 現在 活動内容の見直し時期にきまして、自分だけではなんともモヤモヤする部分があったので、客観的に私を見てくれる人にアドバイス願おうかなと。 そこで私が「この人」と決めたのが元コーラスSUVACOメンバーで、一緒にコスプレ&コーラスもやり踊る事務管理であり、元銀行員スペシャリスト事務管理西村ゆかりさん どこか私と同じ「質」を持つ人とわかっていたし、間違いなく楽しい人なので、「会いたいな」という個人的願望もあ [続きを読む]
  • [毎回ハードルが上がるもの、それは、、]
  • コーラスは体力勝負と、主宰者も書いておりますがその通りです。10月1日はコーラスSUVACO三度目のオンステージなにげに毎回ハードルが高くなっています💦2014年3月 Yoshuホール2015年11月 リーガロイヤルなんだかんだで二度もその機会をいただきまして次回が三度目になります。だんだん曲数が増え、そしてやることが増え今回はパート別れの「メモリー」だけではなく手話うたに英語詞に振付まで!都合3曲になります。もう [続きを読む]
  • [夏至〜昼の長さは]
  • 2017年の夏至、6月21日一年で一番昼が長い日ですが、、関西は昨夜遅くから雨が降り始め暑すぎた昨日の熱気を少し持ち去っていったようです。昼間の長さを味わうお天気ではありませんでしたが、ともあれ節目の日ですね。七十二候も今日から乃東枯(なつかれくさかるる)乃東とは何のこと?といえば、この写真の花 靭草(うつぼぐさ)田んぼの畔などでよくみられる花です。夏至のころ、この花だけが枯れて見えるところから乃東枯( [続きを読む]