ケン さん プロフィール

  •  
ケンさん: モトザレワールド20XX
ハンドル名ケン さん
ブログタイトルモトザレワールド20XX
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/minaminokuni55/
サイト紹介文熱血サーフィンブログ!! 田舎のポイントで繰り広げられるオヤジ達のドタバタ・サーフィンライフ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/10/20 08:33

ケン さんのブログ記事

  • 権利
  • 2月11日(土) AM11時・・・カリスマポイント前で 腕組みをしながら佇む2人の男が居た。目の前の正面ビーチでは ヘッドオーバーのダンパー波が「バッコ〜〜ン! バッコ〜〜ン!!」と鬼のように炸裂していた。しかし そんな危険な波でも 今が旬のエリートサーファー達は ここぞとばかりに切り刻んでいたのである。しばらく無言で見つめていた2人・・・カリちゃんがボソッと呟いた。 「ケンさん! 入らないんスか??」 [続きを読む]
  • 2月
  • 本日から2月・・・先月は一度も海に入りませんでした。NALU君が『膝の上から降りたくない!!』と駄々をこねることが多くて・・・一か月以上もサーフィンをしなかったなんて 特別な理由が無い限り ここ10年ぐらいで初めてかもしれません。(勝手に 一月に一回は入らないとサーファーじゃないと思っていたもので・・・)これで俺も 晴れて「ナンチャッテ・サーファー」の仲間入りです!!ぶひょ!今年で俺も60歳!!今までは  [続きを読む]
  • ヤバい???
  • 1月22日(日) 朝8時・・・嫁さんもデン子も出かけてしまい 朝からNALU君と留守番をしていた俺・・・ソファに座り NALU君を膝に乗せ テレビを見ていたのであった。1時間ほど 一歩も動かず・・・NALU 「ご主人様! この状態は ちょっとヤバくないですか???」俺 「何?? どこがヤバイの???」NALU 「いや・・・ ご主人様は さっきから1ミリも動いてないスよ!! 絶対に体に悪いスよ!!」俺 「そうかな・・  [続きを読む]
  • え〜〜と・・・ 明けましておめでとうございます。
  • 明けましておめでとうございます。年末年始はハワイで過ごしていまして 昨日帰って来ました。時差が辛いです。嘘です。 ぶひょ!!本当は ずっと 家族とNALU君とで家に籠っていました。旅行と言えば 来月から ミー子、デン子、奥様が 別々に海外に行くらしいのでいろいろと大変です。でも俺は 誰からも声がかかりません。冷たいヤツ等です。もしかして声がかかった時のために とりあえずパスポートだけは取っておこうと思 [続きを読む]
  • 請求書
  • 昼になり 飯を食べに自宅に戻った俺・・・ついでに 玄関前のポストの郵便物をチェックしたのであった。すると 封筒やはがきに混じって ガスの請求書が入っていた。「どれどれ 今月のガス代はいくらだったんだ??」と 何気なく請求額を見てみた。「んっ!?」 異変を感じた俺・・・え〜〜と・・・ 995万5千・・・「ハハハハハハ・・・ まさか?? もう一度良く見てみよう」「995万5千8百5十5円」そのまま10秒ほど固まっ [続きを読む]
  • 銀座の恋の物語 2
  • 銀座の居酒屋で始まった同窓会・・・大手材料メーカー役員のK野から「馴染みのクラブに連れて行ってやるよ!」という誘いを受けた俺・・・何しろ『世界の銀座』ですから・・・、茨城から出て来た田舎者にとっては 天にも昇る気持ちだったのであった。居酒屋の後にミシュランの焼き鳥屋に行って・・・  ↓こんなものを食べたことも うわの空・・・ (たぶん 美味しかった!???)  ↓時計が11時を回る頃、ついに同窓会は [続きを読む]
  • 銀座の恋の物語 1
  • 22日(火)、午後6時半・・・朝の震度5の地震で止まったヘタレなJR常磐線に見切りをつけて 高速バスで銀座にやって来た俺・・・30分遅れで 待ち合わせの居酒屋に辿り着いたのだった。この日は高校の同窓会・・・昔 我々茨城の県北地方は集団就職(!?)で 東京に就職した仲間が多いため 地元と東京で交互に同窓会を開くのが通例なのである。ぶひょ!今回は 銀座4丁目の商業ビルの中にある洒落た居酒屋さんが集合場所であっ [続きを読む]
  • ケリー その6
  • この話は 昭和のバブルが真っ盛りの1980年代後半の話です。 ぶひょ!・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆カウンター奥の席に腰かけたスーさんと呼ばれるオヤジ・・・すかさずチーママらしき女性とヒソヒソ話を始めたのであった。アケミママは 彼の姿を目で追い 緊張の表情を一瞬見せたが すぐに元の話に戻った。ママ 「私 宝石が好きで・・・ 中でもダイヤが一番好きだわ!! フフフフ・・・」俺  [続きを読む]
  • パワースポット
  • 最近お疲れ気味の俺・・・そんな体にパワーを充満させようと 日本最強のパワースポットのひとつと名高い地元の御岩神社に行くことになったのであった。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆宇宙飛行士たちが見た「光の柱」 (『パワースポット全国情報NET!!』 様より抜粋) かつて、アポロ14号の宇宙飛行士エドガーミッチェル氏が宇宙から地球を眺めた時に地球上で1か所だけものすごく光っている場所が [続きを読む]
  • ケリー その5
  • ママの昔の話を避ける空気を感じ 当たり障りのない話題に変えた俺・・・「アハハハ オホホ!!」と うわべのだけの話が続いた。そのバカ話をしている間中も、俺はずっと彼女のピアスが気になっていたのである。両耳につけられたダイヤモンドのピアス・・・どうみても片方で1カラット以上は有る。ダウンライトの灯りにキラキラ輝き その眩しさからも かなり高価なダイヤに思えた。(例の疑惑の件もあるし 探りを入れてみよう [続きを読む]
  • ケリー その4
  • この話は 約30年前のバブル全盛期の頃の話です。後輩のK村の隣にマリちゃん、俺の脇にはアケミママという形でボックス席に座った4人・・・少し厚目の化粧のためか 派手な真っ赤なドレスがよく似合っていた。彼女から漂ってくる匂いにウットリしながら 「噂通りの綺麗なママですね!!」とお世辞を言ってみた。ママ 「あら ヤダ 誰がそんなこと言ってるんでしょ!!」俺 「みんな言ってますよ!! こんな田舎にはもったいな [続きを読む]
  • オーダーフェア
  • 10月23日(日)、AM9時半・・・北東の風が強いためか、近所の風力発電のプロペラが 「これでもか!!」とばかりにクルクルと回っていた。「たぶん ダメだろうな!」という絶望感を抱きながら カリスマポイントへ車を走らす俺・・・途中のブーメランパンツ男の別荘の周りには工事用の目隠しシートが張り巡らされ なにやら秘密基地を改造しているらしかった。「ヤバッ」そのうち セーラームーンとブルファイターに告げ口しとこ [続きを読む]
  • ケリー その3
  • スナック純・・・その店は細い路地を入ったところに有った。昭和30年代は この町も戦後の日本と時期を同じくして最盛期を迎えていたのである。そしてその頃 日本のあちこちには路面電車が走っていた。しかし その後の不況で次々と廃線になり その線路跡が 我が地元では一方通行の路地になっていたのであった。俺 「こんなゴミゴミしたところに有るんだ!?」K村 「ええ・・ 場所は悪いですが店と女の子はまあまあですよ [続きを読む]
  • ケリー その2
  • デパートの宝飾品売り場で働いていたK村・・・そんな彼と 久しぶりに飲み屋さんで顔を合わせた俺だった。「先輩! ピアスって片耳ずつ作れるって知ってましたか??」K村の問いかけに 一瞬 何を言ってるのか分からなかった俺・・・当時(30年ほど前)は 今のように 片耳ピアスなどしてる人は見当たらず、当然 ピアスもセットで売られていた。K村 「ピアスって 片耳ずつオーダー出来るんですよ!! っていうか 高級品 [続きを読む]
  • 第115回 KEN'Sロングボードクラシック (盛り土杯)
  • 10月9日(日)・・・8月からずっとウェイティング中だった『KEN'Sロングボードクラシック』が開催された。カリスマポイントでは たまたま防波堤工事をしており、その盛り土の真ん前にテントを張ることになったため、「盛り土杯」という通称が付いた。また 肝心のコンディションは面ツル・腹胸だったが あいにくの豪雨の中のヒート開始となった。最初はどうなるかと思ったが お昼前には雨も上がり 午後からは絶好のBBQ日和 [続きを読む]
  • ケリー
  • 時は昭和後半のバブル時代・・・世の中は かつてない好景気に沸いていた。町工場のバカ息子だった俺は 世の同業者と同じように 毎日飲み歩いていたのであった。その日 2軒目の馴染みの店に顔を出すと 高校、大学ともに後輩のK村が仲間と飲んでいた。(こいつ なかなかのイケメン君で 仕事は デパートの宝石売り場の責任者をしていた。当時の景気を肌で感じていた職業であろう)K村 「あっ!? 先輩 久しぶりです。 何 [続きを読む]
  • 洗礼
  • 或る日の昼下がり・・・サーフィンを終えた俺とカリちゃんは 「あ〜でもない こうでもない」と混迷する世界情勢について話し込んでいた。しばらくして 一通り結論が出ると 俺は突然話題を変えた。俺 「え〜〜と・・・ ずっと考えてたんだけど そろそろ俺 クリスチャンになろうかと思うんだ!!」カリ 「はっ!? ケンさんがクリスチャン??? 何言ってるんスか???」俺 「だから クリスチャンの洗礼を受けようかと [続きを読む]
  • 新ブーメラン物語 その3 NPO法人
  • 謎の別荘に現れたセーラームーン(奥様)と 巨大な戦闘犬ブルファイター(NALU君)・・・2メートルを超える筋肉質のNALU君が 部屋の隅で身構えていたジョッパー3人組を一睨みし、牙を剥いて「ガウ〜〜ッ!!」と吠えたのであった。すると彼らは 「シュー シュー シュー・・・」と奇声を発し 降りて来た螺旋階段を慌てて駆け上がって消えてしまった。セーラー奥様 「フフフフフ・・・ 口ほどにもないヤツ等ね!! それでも [続きを読む]
  • 頑張らない! 無理しない!!
  • 久しぶりの投書箱への投稿です。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆【 お名前 】:slider【 年 齢 】:42 歳【 性 別 】:男性【 相談内容 】:宜しくお願い致します。早速質問致します。15年ぶりに海に入ってみました。かつて道具を揃えて挑み挫折しましたが、今回は良い教師の指導(友人)のおかげで、何度も板に立つ事が出来、楽しかったです。この友人曰く、「冬の練習で来年のサーフィンの楽しさが [続きを読む]
  • 新ブーメラン物語 その2 ジョッパー
  • 奥様とNALU君が変身し 謎の別荘を目指していた頃、その別荘では・・・俺 「ハニヲ オヘニ ノマヘタンラ??(何を俺に飲ませたんだ??)」薬で口が麻痺してる俺・・・アケミ 「フフフ・・・ まだ元気なようね!! それなら教えてあげる。 その赤い飲み物は体中の筋肉の力を奪う薬よ!! 」俺 「ヒハラガ ハイハナフナルクフリ???(力が入らなくなる薬???) ハンノハメニ???(何のために???)」スー 「ハ [続きを読む]
  • 新ブーメラン物語 その1 ヤツ等登場!!
  • アケミちゃんに勧められるままに 怪しい真っ赤なカクテルを飲み干した俺・・・意識が遠ざかる中 螺旋階段を降りて来る男達の姿を見たのだった。(えっ!? 2階に誰か居たの?? もしかして これってヤバいかも!??? 俺 どうにかされちゃうの?? 助けて〜〜!! NALU君〜〜!!)一方 そんなことになっているとは知らない小波野家では・・・リビングで 奥様、デン子、NALU君が いつものようにテレビを見ながら楽し [続きを読む]
  • ブーメラン物語 おさらい3
  • おかしな展開になって来たこの物語・・・最近 このブログを読み始めた方のためにも もう少し おさらいにお付き合いください!!あっ!?  好きな方(!?)は ここでお願いします!!   ↓にほんブログ村・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆スーさんの別荘の入口まで辿り着いた俺とアケミちゃん・・・奥の駐車場には 場違いな古ぼけたクリーム色のパジェロが ポツンと佇んでいたのであった [続きを読む]
  • ブーメラン物語 おさらい2
  • 「ブーメラン物語」 おさらい その2久しぶりに読んでみたけど 内容を全然覚えていませんでした。ついに認知症来たか!?今回も長いので 早めの をしていただけると・・・ぶひょ!  ↓にほんブログ村・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆防波堤のそばでオネエチャンに話しかけていると どこからか怨念のこもった視線が注がれているのに気付いた俺・・・その刺すような視線は コンクリートの塀 [続きを読む]
  • ブーメラン物語 近日公開
  • 近日再開予定の『ブーメラン物語』!!スーさん アケミちゃんコンビに薬を盛られ ピンチに陥った俺・・・薄れゆく記憶の中で 螺旋階段から 降りて来る怪しい男たち・・・というところで長期間の中断に入りました。今 読み返してみると 辻褄が合わないことも多々有って 冷や汗タラタラ・・・まあ・・ 適当に読み流してください。ブヒョヒョヒョヒョ・・・・とりあえず 間が空いてしまったので もう一度おさらい その1! [続きを読む]
  • ウェイティング
  • ロングボードの祭典 KEN'Sクラシック開催前日の午前10時・・・ポイントチェックを兼ねて カリスマポイントに顔を出してみた。波は胸肩のダンパー!!北東の風も吹き 面はボコボコであった。(こりゃ 明日は期待出来ないな!!)背後のショップ方向から 何やら怪しげな気配を感じて振り返る俺・・・すると 店の前のベンチシートには カリちゃんを始め 数人のローカルの重鎮たちが座っていたのであった。みんなKEN'Sクラシッ [続きを読む]