Bakarasche さん プロフィール

  •  
Bakarascheさん: ジャポニカ練習帳
ハンドル名Bakarasche さん
ブログタイトルジャポニカ練習帳
ブログURLhttp://bakarasche.blog81.fc2.com/
サイト紹介文ジャズギターの練習記録、エフェクターやアンプの自作、修理、ライプレポート、音楽理論の考察なんかも。
自由文PRS SEの改造記事や、Voxのアンプキットの改造
エフェクターの製作記事等。
ギターの練習記録の中には、色々なギタリストの
研究記事もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/10/21 21:05

Bakarasche さんのブログ記事

  • 1曲クーポンで悩む
  • iTunes Storeのような音楽配信サービスが始まってから、ちょっとした懸賞で1曲ダウンロードの権利を貰うことが結構有る。せっかくダウンロードしても、気に入れば収録アルバム単位で欲しくなって、なんか、勿体無い気持ち(=貧乏性)になっちゃう。今回、たまたま貰った1曲ダウンロードクーポンの使い道で悩んだのです。これまで選んでいたのは、自由にレコードが買えなかった学生時代に、アルバムを買うほどではなかったけど、 [続きを読む]
  • 東京ハンドクラフトギターフェス2017
  • 先週になってしまいましたが、今年も東京ハンドクラフトギターフェスに行ってきました。相変わらずの盛況でしたが、ブースに依って混み具合が結構違うような印象です。なんというか、見て欲しい意識を全く感じないブースというか、エリアが有るんですよ。色々、大人の事情で参加せざるを得なかったのかもしれませんが、、前回くらいから、ウクレレ関連が少し縮小して、その分ソリッド系が増えたかな。ただ所謂ジャズ系のアーチトッ [続きを読む]
  • '17 Golden Weekの日々
  • Golden Weekも明日で終わり。長期連休が終わるときって、本当に寂しいです。明日、サザエさんを観たら泣いてしまうかもしれません。今年は、山形の実家に帰って温泉に行きました。やっぱり蔵王温泉は良いですね。硫黄のキツさがたまりません。後は自宅でグタグダしてました。以前紹介した"Neutrikの変わり種プラグ Timbre"が届いたので、これでシールドケーブルを作ってみました。ブラグにトーンセレクトのロータリスイッチが付い [続きを読む]
  • Hristo Vitchev & Wever lago at Motion Blue Yokohama, Apr. 4 2017
  • FacebookでJazz系の情報を漁っていたとき、Hristo Vitchevというギタリストを見つけた。ブルガリア出身らしいが、自身のFacebookではexercise系の動画をアップロードしていて、これがまた、なんというか凄かった。今回、Weber lagoというブラジル系のピアニストとDuoで来日するということで、マネジメントをしているAMSA Recordsがその動画を纏めてくれたのがコレ。まぁ、今時の若手は皆とんでもなく上手いんだけど、、、というこ [続きを読む]
  • 模倣されるスタイル
  • 渋谷陽一の言葉に、”スタイルは偉大だ、模倣できるからね。”というのが有った。曲自体を模倣してしまうと、パクリというか著作権的にアウトだけど、スタイルを模倣する分にはOKなんだよね。ジャンルというのがその最たるもので、例えばロックンロールスタイルなんて、演者には、もう模倣という概念、意識すら無いよね。模倣されるスタイルを個人で持ってしまう人たちも存在する。ベースなんかだと、Jacoがそうだ。Allan Holdswor [続きを読む]
  • カナル型イヤフォンいやいや園のお話
  • 音楽を聴く時間のうち、半分くらいはiPod+イヤフォンを使っている。今イヤフォンのほとんどがカナル型と呼ばれる耳栓タイプなんだけど、正直、これが苦手なんだよね。装着時に鼓膜に気圧がかかる感じが嫌だ。しばらくすると、耳の中が痒くなるのが嫌だ。ケーブル等のタッチノイズが大きいのが嫌だ。周りの音が何も聞こえなくなるのが嫌だ。いやいや園かお前は。(いや、昔そういう児童文学が有ったんですよ。)まぁ、仕方が無いん [続きを読む]
  • Looperで遊ぶ。 tc electronic DITTO
  • ジャズのギターって正直ちょっと微妙な立ち位置なんで、ピアノとか、サックスとかと違って、”君たちだけでやってね。あ、ピアノが無い店のときは呼ぶからさ。"的な、扱いだよなぁ。この頃人前で演奏する機会が増えたのだが、(私にしてはですけど。)ほとんどが、Guitar Duo(+α)なわけだ。ということで、Guitar Duoの練習をするのだ。これまでは、POD HDのLooper機能を使っていたけど、如何せん録音時間が短い(48秒)。良く有る1 [続きを読む]
  • Caipi
  • 一人で多重録音という情報があったんで、ある程度予想してたんだけど。ギター以外の楽器がダイナミクスに欠けたデモテープ的ニュアンス。Pat MethenyのOrchestrionのときに感じた印象と同じ。打ち込みではないんだけど、なんかのっぺりして(特にベース)はっきり言えば、ギター以外は他の人がやったほうが良かったなぁ。クラプトンはどうかと思うけど。Star of Jupiterの圧倒的なカタルシスを求めてはいけないのかな。あれは、高 [続きを読む]
  • Neutrikの変わり種プラグ Timbre
  • 先日、サウンドハウスが見慣れないプラグの取扱い開始をアナウンスしていた。どうも、ロータリースイッチが内蔵されていて、これでトーンが可変出来るらしい。調べると、製品自体は数年前から有るらしく、日本ではまだ流通していない模様。画像をリンクできるのが、Amazon.comのアフィリエイトだけなんだけど、とりあえず貼ってみた。NeutrikのWebにあるインストラクションマニュアルをみると、モールドされたスイッチ部から配線が [続きを読む]
  • 運指のポジションを考える その2
  • 前回は、KurtのBb7のフレーズの運指を考えたのだが、今度は、その前のB7でのフレーズについてです。B7ではB7(9,11)のアルペジオを、前半B7、後半Aに分けて弾いている。フレーズとその運指はこんな感じ。2段目がJazzLifeの譜例。途中でポジションチェンジが入るからちょっと弾きにくいんだけど、なんというか勢いみたいなものは出るんだよね。運指的には、F#m7-Aみたいな進行を想定してしまうから、僕にとっては、B7のフレーズとし [続きを読む]
  • 運指のポジションを考える
  • 年も明けたんで、(いやいや、遅ればせながらの書き込みなんですが、、)昨年のJazz Lifeを電子化しながら面白そうな記事を探してみた。何というか実に薄い雑誌となってしまって、少々不安なのですのが、再読してみると結構面白い記事があり、惰性で読むのはイカンナァと反省。そんな中で、ギタリストのモンク・アプローチという記事があって、Steve Khan、Wolfgang Muthspiel等、総勢8名のギタリストの譜例が載っています。各人 [続きを読む]
  • '16 今年の一枚
  • 大晦日です。音楽関係の超個人的ベストを考えながら、この記事を書くと年の瀬だなぁと思うのです。まずはベストライブ。今年はあまり面白いライブが無かったです。地球に落ちてきた男 Kurt Rosenwinkel Trio At Cotton Clubいつも素晴らしい演奏をしてくれるKurt Rosenwinkelなんだけど、今回は指が縺れるような感じで、何というか調子悪そうだなぁというライブでした。逆にBassのDario Deiddaは、音もソロも良くて、今後ともフォ [続きを読む]
  • '16 今年買って良かったモノ "本&ハードウエア"
  • いつの間にか今年も年の瀬である。毎年12月になると、その年の物欲の纏めをブログに書き散らすのが恒例なのですが、このところ物欲がどうもわかないんだよね。今年はほとんど何も買っていないような気がする。いつもなら、本とハードウエアで分けて記事にするんだけど、そういう訳で今年は纏めてしまいます。まずハードウエア。今年一番興味を持ったのが、KORGとノリタケ伊勢電子が共同開発した"Nutube"。所謂蛍光管を利用した次世 [続きを読む]
  • 役に立った教則本
  • ジャズをやってみようと思ったとき、所謂ジャズギターの教則本を買ってみた。書いてあることを練習したり、フレーズを覚えたりしたんだけど、なんというか、ジャズが弾けるようにはならなかった。覚えたフレーズ、ソロが頭から弾けるだけ。例えば、マイナスワン上でアドリブはとれない。ましてやセッションなんか絶対無理。結局、ロックギターを始めたときと同じことをするのが一番効果的だった。良いなぁと思ったソロを片っ端から [続きを読む]
  • acoustic science 楽器フェアの戦利品を試す
  • 今月の頭にあった楽器フェア。今年も行ってきました。まぁ面白かったんですが、なんか目玉っぽいモノがなくて、所謂アウトレットもちょっと期待はずれでした。個人的には一番興味があったのは、Positive Gridのモデリングアンプ Bias Head。真空管アンプを自分で設計する感覚で面白いんだけど、目新しさはないかなぁ。それだったら、MarshallのAstoriaシリーズのほうが、やっぱり王道的ないい音でした。(クリーントーンはジャズで [続きを読む]
  • クロスオーバー・ギタリスト裏列伝
  • お目当てのFurther Notice@Buzzy Feitonは、Full MoonのLive盤バージョンだった。ま、オリジナルバージョンはコピー済みだから良いんだけど、Live盤音悪いんだよね。 クロスオーバー・ギタリスト列伝(リットーミュージック・ムック) 【10P01Oct16】価格:2376円(税込、送料無料) (2016/10/29時点)収録ギタリストは以下の通り。 ◎パット・メセニー ◎リー・リトナー ◎ラリー・カールトン ◎アル・ディ・メオラ ◎マイク・ [続きを読む]
  • 秋のライブ 横浜ジャズプロムナード
  • 毎年秋のライブイベントである横浜ジャズプロムナード。主催側とお店の関係とか、実際のジャズファン拡大の効果とか、まぁ、色々有りそうなんですが、今年も観に行きました。やっぱりギターを中心に観るので、今回の目的は井上陽介Quartetの荻原亮さんです。ヨコハマNEWSハーバー 10/8 井上陽介 b, 堀秀彰 pf, 江藤良人 dr, 荻原亮 g1. Good Time2. Feel Like Making Love3. Black Orpheus4. Here, There And Everywhere5. Tell M [続きを読む]
  • プログレギターの魔術師
  • 高橋さんのジャズギター関連長期連載が終了してから、Guitar Magazineの購入を止めてしまった。1980年の12月創刊号から、2016年1月号まで多分全号購入したと思う。まぁ、後半は惰性というか、それこそ奨学金返却的な購入動機だったような気もするが、それでも、たまに面白い連載記事があったんだよね。今回、楽しみしていた連載記事を纏めて単行本化したものが出る。プログレ・ギターの魔術師たち/Wizards of Progressive Rock Gu [続きを読む]
  • 実験くん Nutubeでギターを弾いてみる。
  • 先日、Make Faireで先行販売されたKORGの新世代真空管"Nutube"ですが、ボチボチ音を出した人たちのレビューがネットに出てくるようになりました。私も、会場販売していたヘッドフォンアンプのキットを購入して、実際に音を聴いてみました。この辺りの簡単な記事はこちらになります。夏休みの工作 スピーカとACケーブルとNutubeヘッドフォンアンプは、固定バイアス(正バイアス!)の12V駆動のNutube増幅回路の前後に、FETによるソ [続きを読む]
  • ウクレレキット製作中 -13 "完成”
  • 8月も終わりで、暦の上では夏から秋に移っているらしい。長かったウクレレ製作記事も、この辺りで纏めとするのだ。前回、塗装も終えたので作業としてはペグを取り付けて弦を張るだけ。キットの付属のペグは、はっきり言ってチューニングの安定度や精度は心許ない感じ。所謂摩擦を使ってチューニング位置を固定するタイプなんで、本当に楽器として使うつもりなら、Gotohとかのちゃんとしたペグにした方が良い。ま、私は作るのが目 [続きを読む]
  • 夏休みの工作 スピーカとACケーブルとNutube
  • 毎日リオ五輪のメダルラッシュに興奮ですが、皆様如何がお過ごしでしょうか。お盆休みが取れて嬉しいのですが、エアコンが壊れたので暑いです。さて、まとまった休みが取れると、何か作りたくなるのですが、今回は色々貯まっていたネタがあるんで、日替わりで製作三昧でした。まずは毎年恒例のスピーカ付録付きのStereo誌8月号です。もうスピーカは要らないと思っていたのですが、メタルコーンが聴いてみたくて購入です。stereo ( [続きを読む]
  • Spider Valveのメンテ Line6はvintegeにならない
  • 今所有しているアンプは、Line6のSpider Valveと、ZT ampのClub。物欲は止まらじ Spider Valve物欲は止まらじ 小型ギターアンプ "The Club購入" Spider Valveは、メインアンプがBogner設計の真空管アンプで、惚れ込んだ末に、それまで持っていたアンプを全部売っぱらって購入した。ただ、小さい店のライブだとちょっと持ち運びが大変なんで、Clubを購入した。(いや、たまたまライブが続いた時期があったんだよね、、)どちらも [続きを読む]
  • 地球に落ちてきた男 Kurt Rosenwinkel Trio At Cotton Club
  • 木星人シリーズから、久し振りのスタンダード回帰となった今回のライブでした。個人的には、オリジナルを演ってくれる方が嬉しいのですが、たまには地球人の生活に戻りたいのでしょう。ただ、観客数はこれまでで最大かもしれません。皆はスタンダード演るのを待ってたんですかね。もしかしたら、Eric Revisから急遽変更されたDario Deidda目当てのファンも多かったのかな。私は良く知らないのですが、エレベでのジャズベース界の第 [続きを読む]
  • ウクレレキット製作中 -12 "木工仕上げ”編
  • 自宅外装の改装中です。これがまた大変で、毎日職人さんが来るんで落ち着かない。図らずも、人前でギターの練習をやることなる。基礎練習で支えるのも恥ずかしいんだよね。そういえば、昔部活の合宿の朝、チューバの音階練習で目を覚ましたことがある。キツい。ドレミファ、、ソ、ソ、ファ、ソ、ソ、ソ、、”ラ、行けよ!"である。そういう訳で、職人さんにご迷惑をお掛けしないように、基礎練習は止めてブログの更新をするのだ。 [続きを読む]
  • Peter Bernsteinの後で鉄面皮が笑う。Larry Goldings Trio at the Cotton Club
  • "世界で一番音が良いジャズギタリストは、Peter Bernsteinに決定しました。"なんていう通達が回ってきたとしても、なんとなく納得してしまう音でした。(どこが通達出すのか知らんけどもね。)これまで何度か来日していますが、初めてライブを見ることが出来ました。一応、Larry Goldingsがリーダー的なポジションで、MCも彼がとっていました。とは言っても、こちらのお目当ては勿論Peter Bernsteinです。個人的には、このオルガン [続きを読む]