あすか さん プロフィール

  •  
あすかさん: ひとりで生きてるんとちゃいます
ハンドル名あすか さん
ブログタイトルひとりで生きてるんとちゃいます
ブログURLhttps://ameblo.jp/aska27/
サイト紹介文サルコーマ(肉腫)の患者家族。がん全般の情報もあります。
自由文がんのうち、約2%が非上皮性の「肉腫」です。難治性稀少がんである肉腫の情報を整理しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/10/22 08:47

あすか さんのブログ記事

  • 和歌山県がん対策推進条例 より
  • 和歌山県がすごいのは、七位(ななみ)一体と示していることであります。他の都道府県も見習ってほしいと思う事です。------------------------------(七位一体の取組)第3条 がん対策は、関係する者が一致協力しなければ、成果を上げることができないという困難な課題であることに鑑み、行政機関、県議会、県民、保健医療関係者、教育関係者、事業者及び報道関係者の七つの主体が一体となって、緊密な連携のもとにがん対策に取り [続きを読む]
  • 死因別分類表を見て、平成27年分
  • 厚生労働省が発表するデータで平成27年に人口10万人当たりで何人死ぬのか?の数字があります。人口20万の町ならこの倍、人口5万の町ならこの半分と考えられます。例えば、悪性新生物では多い順番から、気管,気管支及び肺、胃、結腸、膵、肝及び肝内胆管ですので、もし呼ぶとするならば、これが5大がんになるはずです。(呼んでも仕方ないのですけど)数字の大きなものが大きな対策を施されることで、効果があるとするな [続きを読む]
  • 確率 1/2 で がんになる とすれば・・
  • 2017年現在、日本人の二人に一人はがんになり、3人に一人はがんで亡くなると言われています。罹患の確率は 50% ということです。で、家族の中でひとりががんになった場合、残りの家族はどうなるのかというお話です。夫婦で片方ががんになったら、残った一人は、血縁の関係はないけれども、同じような食生活を過ごしてきたわけで、確率的なことだけで言うと、どうなるんでしょう?日本人が仮に1億2000万人いるとすれ [続きを読む]
  • 持ち込みおにぎりを表示なしで販売していいのか?
  • 食品表示基準(平成二十七年三月二十日内閣府令第十号)というのがあります。根本は食品表示法 (平成二十五年法律第七十号)第四条第一項 で決まっている表示です。まだ数年前に出てきた法律ですね。この第1条に食品関連事業者等が、加工食品、生鮮食品又は添加物を販売する場合について適用する。ただし、加工食品又は生鮮食品を設備を設けて飲食させる場合には、第四十条の規定を除き、適用しない。という表現があります。4 [続きを読む]
  • 臨床腫瘍学会2017@神戸
  • 内科的なお話が多いがん治療の学会。 今年は、平日の開催で、行きにくいうえに、土曜日がガッツリ予定があって、午後にある市民公開講座にも行けません。最新の治療のお話も出ると思いますので、行かれた皆さん。教えてください。患者家族と支援者は、PAPというプログラムで、製薬会社からの支援を除外して参加できます。http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/koukokukisei/index.htmlにあ [続きを読む]
  • 地域のイベント
  • 肉腫と関係あるようなないような。。。大阪府門真市は、北河内2次医療圏の町。 がん診療拠点病院は「ありません」人口12万ほどですので、毎年、新規のがん患者は おおむね 1000人が 見込まれます。すぐに入院手術になる人もいるでしょうし、厳しい状況で見つかる方もいるでしょうし、さまざまかもしれませんが、「新規」に診断されたがん患者は精神的にも大きなダメージを受けていることがあります。そこで、病院の外に(そも [続きを読む]
  • アメンバーの申請に関して
  • このブログを検索なりで見つけて、アメンバー申請していただける方は、何らかの事情があると思っています。  ややこしい話をすべての方に開示しないための措置なんですが、メッセージもなく、自らのブログもないのに申請してくださる方がいます。プロフィールにそれなりの事が書いてあったり、ブログがあったりしますと判断できますが、アメーバのページが真っ白で、いきなりこられますと、セキュリテイ上の問題から、申請は削 [続きを読む]
  • 無料低額診療事業
  • http://www.pref.osaka.lg.jp/houjin/muryoteigaku/ 保険証がなくても、外国籍でも 無料または定額で診療を受けることができる事業があります。大阪府では、リンク先のページに医療機関が掲載されています。全ての市町村に医療機関があるわけではありません。 例えば、門真市には2か所ありますが、守口にはありません。詳しくは、各都道府県のページなどで検索してください。 [続きを読む]
  • 大阪国際がんセンター 開院 2017/3/27
  • いよいよ、本日より 大阪国際がんセンターが 外来診療を始めます。ところで、運営しているのは 地方独立行政法人 大阪府立病院機構 であります。(病院の建物そのものは、PFIなりで運営されているのかもしれませんが・・)で、病院の名前は 大阪国際がんセンター であります。英語名称がOsaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseasesと表記されています。これは、がん と 心臓血管に関連する病気のため [続きを読む]
  • アメンバー申請について
  • この記事は公開で書きます。ややこしい事情のある記事は、アメンバー限定で書いています、これは、基本的に、患者さんと医療関係者だけにしか理解していただけないだろうことが多いからです。で、申請してくる方へのお願いです。ご自身のブログで、プロフィールや、記事をお書きいただくか、申請時にメッセージいただけないと、どのような方か理解できませんので、基本的に承認しないようにしております。直接あった方が本名で登 [続きを読む]
  • 免疫チェックポイント阻害剤
  • 免疫チェックポイント阻害剤肉腫学会でも当然話題になりました、免疫チェックポイント阻害剤軟部腫瘍を対象にP2(2相)で臨床試験が走っている模様のニボルマブ(商品名オプジーボ)が、ある意味一番早くに承認される可能性がありますが薬価の問題で、えらいことになるかもしれません。患者本人負担は高額医療費の関係で少ないものの、半額になっても何千万の単位が見えてきます。これ以外では、イピリルマブ(商品名:ヤーボイ [続きを読む]
  • トラップ????
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%88にあるように、吉野ゆりえさんは 2016年7月30日に後腹膜平滑筋肉腫のため死去、48歳。ということで、日本にサルコーマセンターを設立する会はもはや動ける状態ではないだろうという想定ができるが、ホームページのURLのリンクを整理しようとしたら、結構厳しいトラップが作られていそうだとわかった。URLは  http://www.japan-scp.net/ であるけ [続きを読む]
  • 横浜市のがん撲滅キャンペーン
  • 撲滅できるならいいんですけれどもね。。。ポスターが話題になっているようです。アグネスと山田邦子と木久扇師匠。だれが何とは言いませんが・・・さて、明日でmofestaのエントリーが締め切り。前立腺がん支援ですね。大阪城で走ります。個人的には、髭つけて、運営支援側で現場へ入ります。12月は、肉腫学会。 京都で、2年目?3年目?  前泊してフル出場します。学会で総会で学術集会です。 [続きを読む]
  • 明日から 癌治療学会2016
  • 学会 です。 学術集会ということになります。まいどいっているんですが、癌治療学会の 癌腫だけを指しているかのような日本語表記は変えて欲しいなと思うところです。 癌腫と肉腫で がん だと思っています。固形悪性腫瘍。それに、造血器腫瘍が入って 悪性腫瘍全体。名前変えるのは大変だとは思いますが・・今年は、市民公開講座でいろいろあって、患者会サイドの意見表明に真摯に対応いただいた学会でありました。それで [続きを読む]
  • 2016年の がん罹患者 は 年間101万人ほどだと予測
  • http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/short_pred.htmlによれば、2016年の がん罹患者 は 年間101万人ほどだと予測されている。ついに、100万を超えたということであります。既にがん患者である人もありましょうし(2次がん)、今年の間に亡くなる方もいるのでしょうけれども、100万人の ニューカマー が いるわけであります。日本の人口は1億2700万人ほどですので、10万人あたりで言えば780人ほ [続きを読む]
  • がん検診の 受診者数
  • がん検診の 受診者数が 平成9年の老人保健事業報告によると、胃、子宮、乳房、肺、大腸の5つのがん検診で年間約2,300万人(延べ)が受診し、2万人余のがん患者が発見されている。発見できる率は 2300万分の2万 とすれば0.08% 残りの2998万人は(大腸がん検査などは負担が少ないとは言えても)負担だけがあることになります。また、年間100万人の新規がん罹患者のうち、検診で発見されるのが、上記の2万人だ [続きを読む]