こだわりの旅のFSC さん プロフィール

  •  
こだわりの旅のFSCさん: 今日も旅する!! 世界辺境旅行探検隊
ハンドル名こだわりの旅のFSC さん
ブログタイトル今日も旅する!! 世界辺境旅行探検隊
ブログURLhttp://www.fivestar-club.jp/blog/traveler/
サイト紹介文世界の辺境旅行をメインに扱う海外専門旅行会社・ファイブスタークラブのスタッフ旅行記です。
自由文ファイブスタークラブのスタッフは皆が旅好き。世界の国々を140ヶ国巡ったスタッフ、350回以上の渡航暦を持つスタッフ、ツアーコースを10,000コース以上作ったスタッフ、毎日、中国語をしゃべらないと気がすまないほどの中国大好きスタッフ、日本旅行作家協会会員でガイドブックやエッセイを出版したスタッフなどなど…そんなスタッフ達が実際に旅した旅行記録のスタッフブログを存分にお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/10/23 12:18

こだわりの旅のFSC さんのブログ記事

  • 南アジア2700kmを南北に大縦断!インド・モルディブ周遊紀行
  • 今回はインドとモルディブ、場所は近いが、なんとなく両極端にあるような2ヶ国を旅する機会をいただいた。インドは2回目だったが、どの都市も初めて行くところばかり。久しぶりにあのクラクションが永遠に鳴り響いていて(もはや、俺ここ通るぜ!的な意味のクラクション?)あの混沌のインドを久しぶりに感じられるのもどきどきわくわくした。そしてモルディブ。テレビや雑誌で水上コテージを見て、留学先ホームステイ先のパパマ [続きを読む]
  • 未知なる南太平洋の島国を巡る〜フィジー〜トンガ〜サモア〜
  • 今回は出張でトンガ・サモア・フィジーの南太平洋の島国を訪問する機会を頂きました。さてはて出張に指名された国々は個人的にイメージも出来ないような未知なる国です。恥ずかしながら出張前の手配の段階から空港名、都市の名前が、入り交って「?」マークが連発でした。インターネットを調べても観光の情報がほとんどなく、先入観もなく真っ白な状態で出発しました。南太平洋の島国への玄関口は、フィジーのナンディ。大韓航空を [続きを読む]
  • 赤ちゃんとアジアの旅 〜微笑みの国 タイ周遊紀行
  • 今回は1歳と6か月の娘とタイを周遊してきました。<はだしのリゾート ソネバキリ>バンコクからセスナ機で約60分。カンボジア国境付近にあるクッド島。その美しい自然に囲まれた島に唯一あるホテルがソネバキリです。「ソネバリゾート」の合い言葉は「No News, No Shoes」。ここでは靴を脱ぎ捨てて、スタッフも宿泊客も素足ですごします。部屋にはテレビはありますが、DVDしか見れません。(Wi-Fiはリゾート内どこでも繋がります。) [続きを読む]
  • あれ、ここ地球だよね?奇跡の絶景ウユニ塩湖へ
  • 塩湖をひた走るワゴン あれは確か私がまだ高校生の頃だっただろうか。ピンクのワゴンに乗って若者たちが世界を旅しながら、恋人を探すという人気番組があった。当時その番組にハマっていた私。かわるがわるワゴンの中で繰り広げられる恋愛模様と一緒に、ブラウン管越しに海外を楽しんでいた、まだ海外旅行なんて行ったことのない私。ある時、その番組のオープニングでこんなものを目にした。ピンクのワゴンが、永遠に続くのかと思 [続きを読む]
  • 【驚きがいっぱい!列車でめぐる北インド周遊の旅】
  • ついに来た、来てしまった、インド。いつか来たいとは思っていたが、ついに叶ってしまった!!全日空の直行便に乗り約10時間。往路はスターウォーズ仕様の機材のため、旅立ちのBGMはスターウォーズのテーマ曲で華々しいスタートになった!が、しかし全く目的地のイメージに合っていない。R2D2のエプロンをしたCAさんが可愛かったなあ…この時はまだインドで様々な出会いがあり、まだ見ぬ体験するなんて想像もつかなかっただろう [続きを読む]
  • 1000?走破 イタリア田舎巡りの旅
  • 霧に包まれたコンピアーノ村「2回目のイタリア」のコンセプトの基に造られた、エミーレーツ航空とパーパスジャパン主催の研修旅行に行ってきた。ローマ、フィレンツェ、ベネチア等の王道のコースはすでに行ってしまった人に対して、もう一度イタリアに行きたくなるコース、内容を考えるのが目的だ。はたしてその目論見は果たせたのでしょうか。 ドバイ経由でローマに夕刻到着。とは言え、ローマには泊まらず45?離れた夏は避暑地 [続きを読む]