おねえさん さん プロフィール

  •  
おねえさんさん: おねえさん、眠いの
ハンドル名おねえさん さん
ブログタイトルおねえさん、眠いの
ブログURLhttp://yaplog.jp/hakenz/
サイト紹介文派遣や転職、副業の新しいニュースや情報をお届け。節約やおすすめの本も紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2009/10/25 18:11

おねえさん さんのブログ記事

  • 芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)ある大店の家が生活のために色々な物を売り、とうとう娘の雛人形も売らなければならなくなりました。大店の娘の雛人形ですから、それはそれは素晴らしいものなのですが、背に腹は代えられません・・・。横浜にいるアメリカ人に売ることにしたのです。娘はというと、特にその雛人形に愛着があるわけではなかったのですが、いざ、手放すとなると、何だか惜しいような気がしてくるのです。今まで毎年 [続きを読む]
  • ちょびリッチ 6回め換金
  • 【ちょびリッチ】の換金、6回めになりました。1000ポイント=500円換金した後も、アンケートがまだまだ残っていて必死になって回答している状態です今年は順調だから毎月換金できそうだと考えていましたが、そうなってくれたらうれしいなぁ。12回で6000円。交通費の半分はまかなえるし、食費の足しにはなるでしょうね。ちょっぴりでも侮れません。がんばろっポイントを貯めて、お小遣いを稼ごう!〜ちょびリッチ〜マクロミル   [続きを読む]
  • 地虫鳴く
  • 地虫鳴く―新選組裏表録 (集英社文庫)同じ木内さんの新撰組の本「新選組 幕末の青嵐」では、誰でも知っている新撰組メンバー、近藤勇、土方歳三、沖田総司、永倉新八、斎藤一、藤堂平助などなどがひとつひとつの出来事をひとりの隊士の視線から見る話でした。でも、この本の主人公は、阿部十郎。誰?誰?浅野薫。尾形俊太郎。え、誰?え、誰?新撰組に関するストーリーは、主だった隊士が出てくるの多いですが、というか、当然、と [続きを読む]
  • 和風プレートで涼しげに
  • 夏になると、和風なものがちょっと懐かしかったりして。それで、見つけました。ちょっと和風なもの。まず、金彩BOXベース正真正銘、日本製。信楽焼です。長四角のどっしりとしたものですが、金彩でラインを付けています。お花を活けると、そのラインがちょうどリボンみたいに見えます。可愛い小さな枝や花を挿すだけだから簡単。斜めに活けるのって自分では思いつかないけど、マネしてみたいですね。こちらも信楽焼の陶器の丸プ [続きを読む]
  • 1日を台無しにする「5つの行動」とは?
  • 今日は朝から何だかやる気がしない・・・。今日はあんまりいいことなかったなぁ・・・。そんな日がありませんか?私はよくあります!って威張ることではないけど、1日を台無しにしているものは何か?コラムに出ていましたので、ちょっとだけご紹介しますね。1.昨日のことを引きずっているなぜ、昨日のことを引きずるかというと、今日も昨日の続きだから。昨日は昨日。今日は全く新しい日なのよ、なんて単純なことではないからで [続きを読む]
  • 「桃太郎」と「猿蟹合戦」
  • 芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)アハハハハハハーーーー!!読み終わったら、まず笑います。思わず笑っちゃいます。この桃太郎は、もちろん皆さんがよく知っている桃太郎のことです。でもですねぇ、日本昔話の裏がこんなだったら!だいたい、赤ちゃんが入るくらいの桃って不思議でしょ。そもそも、この世の桃じゃなかったんだって。でね、なぜ桃太郎が鬼が島に鬼退治に行ったかとか、黍団子をひとつずつあげたのではなかったこと [続きを読む]
  • ハクメイとミコチ
  • ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)身長9cmのハクメイとミコチたち。森の中の動物たち。漫画です。ジャムを作ったりハーブティを作ったり、石鹸を作ったり、ちゃんと包丁も砥いだりして、自給自足なのかと思ったら、町へまとめ買い広場にたくさんの生き物たちが集まり、食べて歌って踊って、けんかも(?)時々!描写がリアルな感じもあれば、ファンタジーな感じもあって独特な世界観があります。すっごく気に入っているのは [続きを読む]
  • 「おぎん」と「おしの」
  • 芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)「おぎん」と「おしの」は、どちらもキリスト教系のお話。おぎんは敬虔なクリスチャンで義両親もろとも磔にされるのですが、亡くなった実の両親のことを思い、教えを捨てることにし、義両親のほうは、共に死ぬのであって、決して教えのために命を捨てるのではない、と。3人とも家族への思いより勝るものはありませんでした。おしのは、武士の夫を戦で亡くし、息子が重病になったところ、キリスト [続きを読む]
  • 退位後お住まいを京都市が誘致検討中
  • 天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受けて、京都市長が、退位後のお住まいや退位に関連する宮中行事を京都に誘致できるかどうかについて検討を始めているというニュースを読みました。退位された後は、京都でゆっくりされたらどうですか?という主旨だと思うのですが、今の京都市長、なかなかのやり手かもしれません。そう思ったのは、小澤征爾氏が病気療養から復活して京都でコンサートを開いたときのこと。東京には来ても関 [続きを読む]
  • 朝比奈隆の軌跡 オン・スクリーン・コンサート
  • スクリーンコンサートは初めてです。たぶん、朝比奈氏の指揮も初めて。名前の通り、過去のコンサートの映像をスクリーンで観賞するものです。シンフォニー・ホール創立35年を迎えてさまざまな企画のコンサートが目白押しですが、そもそも、関西でクラシックに貢献したのが朝比奈隆氏。あぁ、聴きに行かなかったなんて・・・。戦後、あまりにも悲惨な姿をさらした日本の焦土を平和な音楽で満たそうとして創設されたのが関西交響楽団 [続きを読む]
  • 芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)犬にも後悔という気持ちがあるのだろうか。真っ白な犬「白」の大親友・真っ黒な犬「黒」が犬殺しに捕まってしまいました。でも、白は恐怖で動けなくなり、親友の黒を助けるどころか、怖くて怖くて必死になって逃げて、つまり親友を見殺しにしてしまうのです家に帰ると、白は真っ黒な犬になっていて、家の人から追い出されてしまいます。白が真っ黒になったのは、黒を見捨てた罪だからでしょうか? [続きを読む]
  • 三つの宝
  • 芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)三つの宝とは、・着たら見えなくなる透明マントル・ひとっ飛び千里走れる長靴・鉄でも切れる剣これさえあれば怖いものなし!どんなものでも手に入るし、頂点に立てる!ある王女をめぐって2人の王子と王様が争うのですが、こんなにスゴイ宝が三つもあっても、結局、人間の心が通わないといけない、というお話。こんな善人がいれば、世の中は平和だろうなぁ。透明マントルは欲しいな。見えなくて、 [続きを読む]
  • 六の宮の姫君
  • 芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)六の宮の姫君はある男とお付き合いをしますが、その男が仕事で遠くへ行くので、5年待ってくれ、と言います。男性の「待ってくれ」は要注意です。こちらは待っていても、当の本人は新しい生活をちゃんと確立しちゃっているんですから。5年はとうに過ぎてしまいました。すっかり忘れていたけれど、京に戻ってくると懐かしくなり、急に六の宮の姫君のことを思い出して探すのです。でも、彼女は男が [続きを読む]
  • 夏に活躍!トップス4枚
  • 梅雨入りしましたが、その先に待っている夏に向けて、トップス4枚をチェックしてみました。ちょっと変わり種のアシンメトリーネック ブラウス細いストライプで清涼感があり、夏らしいですよね女性らしいフォームにもなっています。すっきり着れるし、遊び心もいっぱい!シンプルなものばかりじゃなくて、こんな1枚があったら楽しいかも。ガウチョ・ワイドパンツ・スカートなど、今年のトレンドボトムとも相性ぴったりです。レー [続きを読む]
  • 仙人
  • 芥川龍之介全集〈5〉 (ちくま文庫)わずか7ページの話です。面白い!寓話みたいな話。ある男が医者のところへ「仙人になりたいから雇ってくれ」と言ってきました。まぁ、そんなことを言われたら、誰でも戸惑います。しかし、医者の妻は、20年間お給料もなしで、言われるとおりに働くことを条件に雇いました。つまり、ただ働きです。おかしな男だと思ったのでしょうね。これ幸いにと、こき使ったのでした。20年後、仙人になる方法を [続きを読む]
  • マクロミル 5回め換金
  • 今年5回めのマクロミルの換金をしました。1000ポイント=1000円ちょっとお休みしていたときもあったんですが、あまり前のめりにならず、気ままにやっていたところ、いきなり200ポイントくらい加算されて、あれ、本アンケート何件かやったかなぁ?と思っていたら、1000ポイントまで貯まっていました。500ポイントから換金できますが、一応、1000ポイントまで待ちます。アンケートに答えた後も、ポイントゲットできるゲームもありま [続きを読む]
  • 存在感のある陶器の花瓶と傘立て
  • 花瓶といっても、たっくさんありますよね。シンプルなものは飽きがこなくて、どんな花にも合います。が、ちょっと飽きちゃったなぁ、ということも。ギギLivingってアジアン系の雑貨がメインですが、フレンチシャビーなものも置いていたりするんで、時々チェックしています。それが、フレンチシャビーの陶器のベース幅28×奥行23×高さ33.5(cm)なので、けっこう大きい!どっしりと存在感がありますが、白がベースで丸いフォルムな [続きを読む]
  • 6月は電気代節約月間
  • もう半年ですか・・・。いかん、いかん!いつものクセが出てしまった・・・。関西は蒸し暑いからねぇ。沖縄出身の人が関西で夏バテしたんだって関西って亜熱帯よりすごいんだ。そんなところで、蒸し暑い蒸し暑いと言いながら、何十年も住んでいる私ってすごいかも交通費は10,000円。もう、どこにも行きません。気候の良い5月ですら行かないんですから、ムシムシ6月に出かけるはずがありません。お見舞いとコンサートに1回行きま [続きを読む]
  • 5月の節約月間結果発表
  • 暑っいですね〜初夏のはずの5月に入って、まもなく夏日が続きました。さて、今年もしつこい交通費。4月に行けなかったから5月には行く!と豪語していましたが、結局、京都へ行っていません。ちょっと悩んでいましてね・・・。去年の今ごろも精神的に参っていたし、この季節って多いのだろうか・・・。その代わりと言ってはなんですが、通院とコンサート2回行きましたので、そこそこ交通費はかかりました。目標:15,000円結果: [続きを読む]
  • フィンランド・タンペレ・フィルコンサート
  • どうしても「フィンランディア」が聴きたくて。ヴァイオリン協奏曲と交響曲も入った贅沢なプログラムでした。オール・シベリウスです。交響詩「フィンランディア」ヴァイオリン協奏曲 二短調交響曲 第2番 二長調フィンランドというと北欧の国としか知らず、行ったこともないんですが、スウェーデンとロシアに挟まれた細長い国。ロシアの圧政から独立しようとするチェコに似た歴史を持っています。シベリウス自身も、ロシア革命時 [続きを読む]
  • 軽やかなプリーツスカートで散歩や旅行を♪
  • ガウチョが出て以来、長いボトムが流行っていますね。今年の夏は、軽やかなプリーツのマキシスカート!近所でも、けっこう見かけます。ワッシャープリーツ マキシスカート風にはらんだスカートが優しく揺れて可愛いこのワッシャープリーツのマキシスカートは、コットン100%。ポリエステルの蒸し暑さがなく、夏には最適。薄いけど、共生地の裏地がついているので安心!家で手洗いできて、そのまま干すだけ。旅行に持って行くには [続きを読む]
  • エルネ 2回め商品券に交換
  • 今年2回め、エルネで商品券に交換しました。1100ポイント=1000円分ゲームの数はすっごくたくさん増えたんですが、ポイント数が減ってしまい、今までと同じようにしていると、日数がかかるようになりました。とはいっても、あまり時間をかけるわけにはいかないので、今まで通りのゲームとアンケートなどにしています。あ、ゲームはひとつ面白いのがあったので、最近やってます。それは「ふるふるパニック」。上から落ちてくる虫た [続きを読む]
  • シャーロック・ホームズの回想
  • シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)ワトソン君がこれまでのシャーロック・ホームズが活躍した事件のいくつかを回想したもの。最後の事件もあります。なんか、シャーロック・ホームズって小説の人物なのに、実在していた人物じゃないかって錯覚してしまう時があります。それは、最後の事件があるから。こういう小説なら、ずっと続きそうな気がしますが、最後がある、となると、え〜、終わら [続きを読む]
  • 藪の中
  • 芥川龍之介全集〈4〉 (ちくま文庫)「真相は藪の中」というけれど、この話から来ているのかしら?ある男性が藪の中で殺されます。彼の死体を発見した人、目撃者、そして関係者たちの証言を聞きます。第一発見者や目撃者たちの証言はともかくとして、事件現場にいた関係者の3人の証言が、全くと言っていいほど違うのです。一面から見るものも、別の面から見ると、全く違うものに見える。ということはよくある話ですが、「俺が殺した [続きを読む]
  • 千住真理子ヴァイオリンコンサート
  • 土曜日に、千住真理子さんのヴァイオリンコンサートに行ってきました。前は「バッハの無伴奏パルティータ」を聴きに行きましたが、今回のテーマは、「春風のメロディ」トーク&リサイタルです。春ですからね。ちょっと暑いけど。春にちなんだ曲が勢揃い!!曲目のことや、ご自身が持っているストラディヴァリの「デュランティ」の由来など、「五嶋みどり&オズガー・アイディン デュオ・リサイタル」のときもそうでしたが、とって [続きを読む]