Iridium17 さん プロフィール

  •  
Iridium17さん: 自作スピーカーと計測 冬うさぎの晴耕雨読な日々
ハンドル名Iridium17 さん
ブログタイトル自作スピーカーと計測 冬うさぎの晴耕雨読な日々
ブログURLhttp://iridium17.blog96.fc2.com/
サイト紹介文自作スピーカーと計測に関するブログです。アンプの自作やホームシアター構築も計画中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2009/10/25 22:18

Iridium17 さんのブログ記事

  • 校了、そして入稿!
  • ようやく校了となり、Daredevils36さんが印刷所に入稿してくれました。やれやれ...こちらに本の目次を置いていますので、購入検討中の方はどうぞご覧下さい。こちらに技術書典2のサークルリストがあります。わがSK Audioは『か−22』ですが、完全に浮いていますね...まあ、ここまで来ると個性と言えなくもないと開き直るしか(以下略)(つづく) [続きを読む]
  • ホームページ全面リニューアル
  • ホームページを全面リニューアルしました。http://iridium17.web.fc2.com/従来のコンテンツに加えて、今書いている本のサポートページとPARC Audio Projectのページを加えました。PARC Audio Projectのページはまだ工事中ですが、鑑賞会当日のプレゼンテーションファイルがダウンロードできるようになっています。いずれ3年間の顛末を記事にまとめる予定です。『自作スピーカー 測定・Xover設計法 マスターブック』は技術書典2 [続きを読む]
  • SEAS Excel Projectページ移動のお知らせ
  • プロバイダ変更に伴い、現在SEAS Excel Projectのページがアクセス出来なくなっています。この機会にホームページを全面リニューアルすることにしました。従来のコンテンツに加えて、今書いている本のサポートページや、PARC Audio2ウェイの製作記事なども加える予定です。リニューアルオープンは4月の予定です。(つづく) [続きを読む]
  • 冬うさぎのうさぎ小屋プロジェクト(その6)
  • 部屋にはまだカーテンも付けていない状態ですが、まずは初期値ということで残響時間を解析してみました。それぞれの周波数帯での減衰曲線を見てみましょう。まず62.5Hz。 なにやら周期的な強弱が現れています。定在波ですかね。このデータから求めた残響時間はおそらく正確ではないでしょう。125Hz250Hz500Hz1kHz2kHz4kHz8kHzまとめがこちら。62.5Hzを除くと、意外にも低音の残響時間が短いです。壁の剛性が低いせいですかね。だ [続きを読む]
  • 冬うさぎのうさぎ小屋プロジェクト(その5)
  • ARTAを使って部屋の残響時間を測定してみました。ARTAの残響時間測定方法は、まず室内のインパルス応答を測定し、それをシュレーダー積分して得られるエネルギー減衰カーブ(残響波形)から求めるのだそうです。こちらが測定風景。本来、残響測定には無指向性スピーカーを使うそうですが、スピーカーはいつものSEASを両ch駆動しました。マイクは真上を向けて、カプセル高さは床から1mとしました。まず普通の手順でインパルス応答を [続きを読む]
  • 冬うさぎのうさぎ小屋プロジェクト(その4)
  • ARTAのDual channel modeを使ってリスニングポジションの周波数特性を測定してみました。こちらが左Chのみ駆動した場合。やはり聴感通り50〜60Hzにピークがあります。62Hzは部屋の短辺方向の定在波ですかね。また100〜200Hzに落ち込みがあり、これらの結果、低音がボコボコした鳴り方になるのでしょう。こちらは右Chのみ駆動した場合。実は部屋の右奥にドアがある都合で今はスピーカーが非対称な置き方になっています。そのせいか [続きを読む]
  • ALTEC 416-8AシステムのNear field測定(エピローグ)
  • 今回の416-8AのオーナーとなったKさんはマルチスリット型のいわゆるオンケン型エンクロージャを使用されていたそうです。私も最近、別の場所でオンケン型を聞く機会がありましたが、正直言ってあまり良い印象がありません。まあ私の主観はさておき、一般的には ポートを絞る → 低音のダンピングが良くなる → 切れの良い低音が得られるという期待が込められているようですが、これを裏付けるデータや理論にはお目にかかった [続きを読む]
  • ALTEC 416-8AシステムのNear field測定(その2)
  • ポートとドライバのNear fieldレスポンス(.FRDファイル)をSpeaker workshopにインポートしてKeeleの方法で合成するとバスレフの周波数特性が得られます。それがこんな感じ。ただし、こうして得られたデータは2π空間での特性なので、バッフル回折の影響は含まれていません。そこでバッフル回折計算ソフト"Edge"を使ってこのエンクロージャのバッフル回折特性を求めます。これを先のデータに掛け合わせてやると4π空間での周波数 [続きを読む]
  • ALTEC 416-8AシステムのNear field測定(その1)
  • 先月末にT/S Parameterを測定したALTEC 416-8Aですが、Sさん製作のエンクロージャが完成したので、依頼元のKさん宅でNear field測定を行いました。測定はARTAを使って行い、解析はSpeaker workshopにデータをインポートして行いました。こちらがNear field測定風景。エンクロージャはサイドがラウンド仕上げされています。昔のDIATONE 2S-305みたいです。Kさんは以前はマルチスリット型のポートを持ったエンクロージャ(いわゆるオ [続きを読む]
  • まさかのネット難民
  • 昨日引越ししました。うちのあたりは難視聴地域なのでケーブルテレビを利用しており、ネットも電話もケーブルテレビの回線を利用していました。ネットの移設は1ヶ月以上前に手続きを済ませて、転居先の玄関先まで回線が来ていることも確認していたのですが、引越し当日の作業で、自宅内のどこかで回線が切断されていることが判明。ケーブルテレビの移設は絶望的となりました。とほほ。急遽、ソフトバンク光を契約したものの、工事 [続きを読む]
  • 冬うさぎのうさぎ小屋プロジェクト(プロローグ)
  • 来週、引っ越しをします。実は秋以降、DACの製作もブログの更新も超低空飛行を続けていたのは転居準備に忙しかったせいなのです。引っ越すと言っても今の住まいのごく近くなのですが、今までのマンション暮らしから中古の一戸建てということで住環境は大きく変わりそうです。なかでもオーディオ環境は6畳の小さな部屋ながらオーディオ専用ルームを持てることになりました。こちらがこの部屋。屋根の北側斜線そのままの傾斜天井に [続きを読む]
  • ALTEC 416-8AのT/Sパラメータ測定(その3)
  • 実測したALTEC 416-8AのT/Sパラメータでを使ってWinISDを走らせた結果がこちら。エンクロージャ容積は250L、ポートチューニング周波数が37Hzと出ました。-3dB落ちが43Hzぐらい。ところで、最新のLIMPにはLSE Optimizationというオプションが追加されています。LSEはLeast Square Estimationつまり最小自乗法のことですかね。また高域のインピーダンス上昇のモデルがいくつか追加されています。これも最近まで知らなかったのですが [続きを読む]
  • ALTEC 416-8AのT/Sパラメータ測定(その2)
  • 測定はLIMPを使って、Sさん宅で行いました。なお今回はFsとQtsだけで、Vasは測定していません。製造後45年経ったユニットですが、エッジの傷みもなく非常に良い状態です。これがJBLのウレタンエッジだったら完全に朽ち果てているところです。測定に先立って20Hzで15分ほどコーンを振っておきました。こちらがSさん特製のT/Sパラメータ測定用マウント治具。左端に写っている紙袋は重量バランスをとるためのお米です。こちらがシリ [続きを読む]
  • ALTEC 416-8AのT/Sパラメータ測定(その1)
  • ひょんなことからALTEC 416-8AのT/Sパラメータを測定することになりました。416-8Aといえば、あのVoice of the TheaterことALTEC A-7に使用された伝説のウーファーです。ある方がSさんにエンクロージャの製作を依頼されたのですが、アメリカのGPAというアルテックの復刻版を製造している会社から416-8Bの新品を購入して使う予定だったところが、GPAが倒産して入手不可能となり、お手持ちの416-8Aを使うことなった次第。私はSさんか [続きを読む]
  • LTspiceによるツィータの過渡応答解析(その3)
  • 以前、SEASのシステムでツィータのインピーダンスピークを補正したところ、すごくつまらない音になったので5分でやめてしまった経験があります。そこで、インピーダンスピークを補正したときの電流波形どうなるのか計算してみました。LCRの値はSEAS T25CF001に合わせてあり、実際に試作したときの値です。立ち上がり・立ち下がりは悪くないのですが、平坦部が妙ですね。たぶん2度とツィータのインピーダンス補正は使わないと思う [続きを読む]
  • LTspiceによるツィータの過渡応答解析(その2)
  • 次にツィータにアッテネータを入れたときの電流波形を計算してみました。まずは抵抗1本のみのアッテネータの場合です。減衰量は-12dBと多めですが、うちなんかウーファーのW15CY001の能率が元々低い上、バッフルステップ補正をがっつりかけているので、ツィータは-14dBぐらい絞っています。緑が駆動電圧の波形、赤がツィータに流れる電流波形、ピンクがツィータに加わる電圧波形です。電流波形の立ち上がりの遅れは解消されており [続きを読む]