kenmac さん プロフィール

  •  
kenmacさん: KEN商品研究所
ハンドル名kenmac さん
ブログタイトルKEN商品研究所
ブログURLhttp://kendesign.seesaa.net
サイト紹介文陶磁器デザイン。planning&design。KEN商品研究所。バスケットボール。めし碗グランプリ展。
自由文波佐見町在住。デザインの仕事のかたらわ地元中学校のバスケットボールのコーチや、まちおこしイベントのめし碗グランプリ展の事務局などをしています。日々の日記からはじまり、波佐見のこと、やきもののこと、デザインのことなどを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 335日(平均2.1回/週) - 参加 2009/10/26 02:58

kenmac さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2014 めし碗グランプリ展 入選
  • 優秀賞作品 (BEST PRIZE)鉄赤 碗  島田 猛 (東京都江戸川区)NEO・KARAKUSA碗  豊田 泰光 (長崎県波佐見町)福良雀  出口 郁子 (兵庫県姫路市)鉄絵 めし碗  坪内 孝典 (茨城県つくば市)白いレース文様  坂田 文代 (長崎県東彼杵郡)青巻梅紋 飯碗  蘆 眞珠 (佐賀県嬉野市)指描き碗  荒山 浩文 (兵庫県篠山市)呉須絵唐草紋マット茶碗  秋元 智香 (茨城県笠間市)タッタラッタ ペ [続きを読む]
  • 2014 めし碗グランプリ展 受賞結果
  • 2014 めし碗グランプリ展 受賞結果(スポンサー賞)株式会社 やまやコミュニケーションズ スポンサー賞彫り・T・Kanna 武村 博昭 長崎県波佐見町JA全農ながさき スポンサー賞和モダン 濱田 ゆかり 長崎県波佐見町波佐見町農業振興会鬼木棚田協議会 スポンサー賞どんぐりコロコロ 朝倉 潔 千葉県長崎空港ビルディング 株式会社 スポンサー賞遊魚の碗 香川 清美 兵庫県 [続きを読む]
  • 2014 めし碗グランプリ展 受賞作品
  • 2014 めし碗グランプリ展 受賞作品(結果発表)審査員特別賞工藤 良建 審査員長特別賞 JUDGE'S SPECIAL AWARD 2014千の線 川澄 健司 奈良県中島 誠之助 審査員長特別賞 JUDGE'S SPECIAL AWARD 2014ふっくら碗 伴野 孝雄 岐阜県浅井 悦子 審査員長特別賞 JUDGE'S SPECIAL AWARD 2014彫紋銀彩飯碗 安藤 良輔 愛知県山夲 信 審査員長特別賞 JUDGE'S SPECIAL AWARD 2014うつ.. [続きを読む]
  • 2014 めし碗グランプリ展 受賞作
  • グランプリ大賞GRAND PRIX 2014「春へ…」  山田 一夫   愛知県磁器の鋳込み成形。割型の割れたところのラインを上手く利用してデザインされ、口の部分の微妙な歪みが作品の中に自然な流れが作品を活かしている。見込みの銀彩がよりこの形状を引き立てておりセンスの良い作品。2014磁器部門優秀賞PORCELAIN SECTION HIGHT AWARD 2014「ブルーウェイブライスボール」  加藤 眞也  愛知県ダミで表現してある紋様が茶碗の [続きを読む]
  • バスケットボール指導に関わるすべてのコーチの方々に
  • バスケットボール指導に関わるすべてのコーチの方々に是非最後まで読んでいただきたいと思います2104年10月27日現在、FIBA(国際バスケットボール連盟)がJBA(日本バスケットボール協会)へ要求を出している問題国際大会への出場資格停止の可能性なども報じられている話はトップリーグの統一問題に集中している今日も会議のために五反田にあるJBAオフィスへ出向くとビルの出口には大勢の記者が集まって関係者が出てくるのを待ち伏 [続きを読む]
  • 全ては日々の練習の中に
  • 全ては日々の練習の中に「自分たちのやりたいプレイ」がある「相手は当然それをやらせないように守る」そうなると「やりたいプレイを相手の対応以上の量と質でやりきる」か「やりたいプレイに対応した相手の弱みを探してつくしかない」そしたら「相手はそれにも対応して守りを固めてくる……」ってなっていくゲームの中で幾度となくそういった表裏の戦いが繰り広げられていくそれがバスケットボール成果が出てないのに同じことを繰 [続きを読む]
  • 決断するのが不安な時…
  • 昨日は、ミニバスケの練習試合を観戦しました。県下でも、トップクラスのスーパー小学生チーム(女子チーム)技術・テクニック・メンタル・・・どれをとっても超ハイレベルな小学生…練習試合をする前から、子供達は練習や相手との試合を観て諦めムード・・・「かなわない」と思い込んでいる・・・。試合でも、「大事な」一戦だとか、「負けられない」試合だとか、「重要な」局面だ、などとコーチも選手達も認知、意味付けしていま [続きを読む]
  • KEN PROFILE.
  • 1979年 ‘79陶磁器デザインコンペティション学生部門・佳作1980年 佐賀県立有田工業高等学校 デザイン科卒重山陶器株式会社 デザイン室入社1985年 ‘85長崎デザイン陶磁展・日本経済新聞社賞1989年 波佐見町生涯教育シンボルマーク公募・最優秀賞‘89長崎デザイン陶磁展・入賞1990年 ‘28九州クラフトデザイン展・入選‘90陶磁器デザインフォーラム瀬戸・入選1991年 九州山口陶磁展・産業陶磁器部門・日 [続きを読む]
  • 似て非なるもの
  • 「個としての成果がよく出るプレイヤー」「個としての成果が出にくいプレイヤー」「個としての成果が出ないプレイヤー」その差を産み出す元はなんだろうなぁ…その違いを見つけ出し、「個の成果」を「チームの成果」に結びつけるのがコーチの「マネジメント」部分の最大の仕事なんだよな違いを産み出す元には「一度指摘されたことを、1週間でも2週間でも常に意識をしながらやる」とか「他人が指導されたことを、自分のことにもあ [続きを読む]
  • 平成26年度 長崎県中学校総体バスケットボール大会
  • 県中総体が終わりました。波佐見43ー90北諫早に初戦敗退。3年生 3人を中心に県大会に挑み3年生の夏が終わりました。毎回思う事。指導者として「全力で悔いのないコーチングができたのだろうか?!」今年のチームは、「やらされる・考えない・自ら行動しない」何度も何度も指摘しても最後まで変わる事がなかった。まだまだ、県ベスト4の道のりは遠い……。新チームが明日からスタートする。2年生 7人 1年生 10人「 [続きを読む]
  • やらされるチーム
  • 先週は県大会調整のため、土日練習試合を行った。5日(土)西海学園高校にて、光海中、西海学園高校6日(日)佐賀・相知中にて、国見・小城・川副・鬼塚・白石・相知中現チームは自分たちの基準が低いチームだったが、普段の練習から自律的で「考えること」を目指すチームを目標にやってきた。お互いに励まし合い、声を掛け合い、どうやったらやれるかを考えるチームを目指した。少しづつできるチームになっていると思っていた。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …