チャムサラン さん プロフィール

  •  
チャムサランさん: 聖和
ハンドル名チャムサラン さん
ブログタイトル聖和
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sachikolee1129
サイト紹介文文鮮明先生のみ言の中から毎日一言ずつと、最新の訓読会のみ言を載せています。
自由文お父様のみ言によって自分の心を正していけたらと思い何人かではじめた、毎日のみ言です。よければ共に、みじかいみ言ですが、一日一日をみ言によって自分の信仰生活を正してみてはいかがですか?
あとは、訓読会の最新のみ言をあげれるように努力しています。韓国の教会のホームペイジの内容を日本語に訳したものですが…是非参考にしてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2009/10/26 23:43

チャムサラン さんのブログ記事

  • 責任分担、蕩減復帰、血統
  • 皆さんの心に残すべき事は、神様の心がそうであるように責任分担、蕩減復帰というものが残らなければなりません。他のものはありません。本然の基準をどのように探すかというのです。蕩減復帰、その次は血統、真の愛を中心とした血統!それを知らなければなりません。責任分担、蕩減復帰、血統、この三つです。蕩減復帰が易しいですか。血統をひっくり返して合わせなければなりません。接ぎ木しなければなりません。完全にサタン世 [続きを読む]
  • 心身を統一する事が責任分担の完成
  • 地上と天上を統一し心身を統一する事が責任分担の完成です。縦的な神様と横的な真の父母が一つだというのです。そこに統一された愛、天と地上を連結する愛、体と心が一つになった愛、男性と女性が一つになった愛が問題です。統一された愛の基盤を築くことができ、そこで初めて天の愛と天の生命と天の血統が連結される事ができ、その横的な拡大が八方に展開される事により王権ができるのです。内容は簡単です。(218-124.1991.07.14. [続きを読む]
  • 神様をより愛し、人類をより愛する
  • 責任分担がどれほど重要かをみな知らずに生きてきました。蕩減復帰とは何か。責任分担を完成できる自由な環境をつくるためのものです。サタンが侵犯するのでサタンを防御しなければならないからです。サタンを防御するにはどうしなければならないのか。サタンよりも神様をより愛し、人類をより愛さなければなりません。サタンは神様を憎み人類を憎みますが、私たちは「神様をより愛し、人類をより愛する」と言わなければなりません [続きを読む]
  • 神様に対しお父さんと言えなければなりません
  • 責任分担を完成しなければなりません。責任という内容を喪失してしまったその世界に生きれなかった事が恨です。血統転換という怨痛なこの悲運の運命を負った堕落の後孫になった事が呆れるような悲痛な事実です。これを抜け出すためには全力を尽くして責任を全て成した息子の姿、娘の姿として立ち、神様に対して躊躇せずお父さんと言えなければなりません。 (197-115. 1990.01.07. 神様の考えと私)にほんブログ村 哲学・思想ブログ [続きを読む]
  • 尋ねずに行動したので問題が起きたのです
  • アダムとエバが彼らが堕落する前に神様に先ず尋ねたならば堕落しなかったでしょう。「天使長があれこれ言いますがどうしますか」と尋ねなければなりませんでした。そうしていたら神様が答えたはずです。この尋ねてみる事が責任分担の五パーセントです。尋ねてみる事は自由です。しかし尋ねずに横的関係を結んでしまったのです。それが問題です。尋ねずに行動したので問題が起きたのです。常にそうです。皆さんは自分の責任分担五パ [続きを読む]
  • 愛に一致すれば二人の主人を願いません
  • 堕落した人間世界で一番必要とするものは、堕落圏を乗り越えた真の父母です。私たちの原理で言えば、責任分担を完成したその圏内を越えた人だというのです。間接主管圏内から直接主管圏内に入った人です。直接主管圏とは何か。愛に一致した世界です。こうなれば他の主人が生じる事ができません。絶対的です。愛にぴったり一致すれば二人の主人を願いません。神様も他の主人を願わず、人間も他の主人を願わないというのです。連結さ [続きを読む]
  • 責任分担を完成した愛の実体
  • 責任分担を完成することによって間接主管圏と直接主管圏が連結され、地上天国と天上天国が連結されるのであって、それがなければすべて無効です。ですから私たちは責任分担を完成した愛の実体、愛の化身となって神様を愛し、全宇宙を愛し、自分の家庭を愛さなければなりません。そのような人だけが天国に入るのです。それが天国に入る公式です。 (149-318. 1986.12.21. 理想的家庭教会)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 [続きを読む]
  • 神様と世界と国の運勢に拍子を合わせる
  • 父母は死んでも天道は残していかなければなりません。その家庭は何のためにあるのか。自分の子女のためにあるとしても先ず神様のためになり、国のためにならなければなりません。これは結局は自分の子女のための道なのです。そうしてこそ神様の運と世界の運と共にあり、国の運と共にする事ができるからです。そうして祝福を受けて生まれた貴い子女たちが苦労をしてもその子女たちに拍子を合わせるのではなく、神様と世界と国の運勢 [続きを読む]
  • 公的な日を思慕する心
  • 公的な日を思慕する心をもたなければなりません。このように伝統を立ててこそ、子孫たちの生活の伝統を立てる事ができるのです。公的な日は天が喜ぶ中で全ての事を互いに一緒に分け合って楽しく過ごさなければなりません。(92-252.1977.04.18.歴史的真の父母の日)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ(文字を ) [続きを読む]
  • 光り輝く愛を見るためです
  • 皆さんが生まれる時、母親の腹中から出る時どんなに大変だったかという事を覚えていますか。神様はなぜ子供を産む時このように産むようにされたのでしょうか。ただ簡単に、話すように簡単に、おいしい食べ物を食べるように簡単に、香水の香りが漂うように簡単に、ただ嬉しくて口を開け「ははは」と子供を産めるようにしたらどんなに良いでしょうか。なぜそのように産ませずに汗を流して死ぬ生きるという限界で産むようにしましたか [続きを読む]
  • 品物を積んでおいて腐らせれば罰を受けるというのです
  • 時間さえあれば訓読会をしなければなりません。一人でも、会長室にいても訓読会、一日に何時間でもどこを読んだか記録しておき、ポケットにはみ言集を入れておきいつも訓読会をしなければなりません。訓読という言葉をもう一度書いてみてください。(み言という意味の)言偏にこのように書く、これは何。「川」です。「み言」が「川」の横に行くと何ですか。神様のみ言が真っ直ぐな小川に出会ったのです。これを見ると蘇生、長成、完 [続きを読む]
  • 天が先生を通して語られたみ言
  • 先生のみ言は先生が語ったのではありません。先生が語ったのではないというのです。天が先生を通して語られたみ言です。そのみ言は皆さんがいつどこで聞いても心が動くようになっています。心が感動して体一帯に革命的な変化が起こるというのです。そのような力があるのです。(289-295. 1998.2.1. 真の愛の実を備えよう)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ(文字を ) [続きを読む]
  • 互いに犠牲になる時光を発します
  • ろうそくはそれ自体が犠牲となって光を発します。このように神様を中心として人類が一つになるためには、犠牲にならなければならないという事を象徴しています。火がつく所はろうそくでもなく芯でもありません。ろうそくと芯が合わさって火がつき光を発します。同様に主体と対象である夫婦が互いに犠牲になる時、光を発するという事を象徴します。そこにはサタンが存在する事ができません。(132-104.1984.5.20. 愛天日) にほんブ [続きを読む]
  • 天法に引っ掛かる言葉
  • 皆さんは心にない言葉を語るなと言うのです。絶対に語ってはいけません。引っ掛かるのです。天法に引っ掛かるというのです。(91-97.1977.01.30.言葉と行動)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ(文字を ) [続きを読む]
  • 常に健康な表情が必要です
  • 健康が第一です。いくら具合が悪くても、風邪を引いても健康な気持ちを…。自分の表情を見て他の人が何も分からないという表情が必要なのです。ちょっと風邪を引いても具合の悪い表情をし、ちょっと大変でも大変だという表情をしますが、そうするなというのです。男性が心配しても何で心配するのかと言いながら慰める事のできる、常に健康な表情が必要です。(131-283.1984.05.04.主体思想と経済)にほんブログ村 哲学・思想ブログ [続きを読む]
  • 骨髄からわき出てくる愛
  • 子供に対する父母の愛はそのまま生活的な因縁だけで通じる愛ではなくて、骨髄からわき出てくる愛なのです。忘れるに忘れられず、切るに切れない愛の心を父母はもっているのです。それで生命の余力が残っている限り父母は子供を愛するのです。子供と生命の因縁が結ばれている事を感じる時、父母においては子供を愛する心が自然的にわき出るのです。あの子は私の息子なので愛するという意識的な心が先に立って愛するのではなく、その [続きを読む]
  • 兄弟同士が為に生きる事を願います
  • 父母の心は自分のための心よりも兄弟同士がもっと為に生きる事を願います。父母の面倒を見られなくても「お母さん、ちょっと待って。弟を愛して来るから」と言えば、「この子はこれからの社会のためになる子だ」と言うのです。そうでしょう。(78-41.1975.05.01.侍る生活)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ(文字を ) [続きを読む]
  • 骨の中から染み出る愛の心をもって子供のために生きる時
  • 父母が生活が難しく心ゆくまで物質的な恵沢を持てなければ、骨の中から染み出る愛の心をもって子供のために生きる時に子供が父母に借りをつくるのです。それで孝子は貧乏な人の家庭から多く出るのです。父母がそのような伝統を残したのでその子供が借りをつくるまいと努力し、そうなる時父母も生きがいを感じます。 (祝福と理想家庭-1041)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ(文字を ) [続きを読む]
  • 神様が惨めになる
  • 祝福家庭が子供を抱き愛し方を知っているなら、その娘息子が何のために生まれたのかということを心に刻まなければなりません。神様ゆえに生まれたという事を知らなければなりません。神様という因縁を通して生まれました。夫が貴く妻が貴くて秘密に何か話すとしても、その相手が自分同士で出会った相手ではありません。公的な天道を前において出会った人だというのです。神様が介在して出会った人です。そのような自分たちが惨めに [続きを読む]
  • 先生の苦労は無駄になってしまいます
  • 夫が帰ってきて夕御飯も食べず話もしないでいびきをかいて寝てしまうなら、そのいびきを聞きながらそれ以上の泣き声が自分の心からわき上がる女性にならなければなりません。その様な家庭を見るのが先生の所願です。もしそれが見れなければ、先生の苦労は無駄になってしまいます。神様の六千年の犠牲は無駄な犠牲になってしまうのです。皆さんはそれを知らなければなりません。 (35-192. 1970.10.13. 神様と共に歩んできた道)にほ [続きを読む]
  • 私の父親は一番だ、神様の次だ
  • 父親は友達の中の友達にならなければなりません。自分友達よりもの父親が現れたら、友達を捨てて父親に走って行かなければなりません。そして師匠の中の師匠にならなければなりません。ですからできれば「私の父親は大統領よりも素晴らしい。一番だ。神様の次だ。」この様に考えなければなりません。「どんな友達とも換えられない父親だ。どんな師匠を与えられても換える事のできない父親だ。私が愛する妻を捨てたとしても父親は捨 [続きを読む]
  • 犠牲精神の下でのみ功績が残ったのです
  • 歴史的な伝統として残る実績とは何でしょうか。犠牲精神による、為に生きた実績のみが今日の世界に残ってきました。その様な人たちが聖人として、歴史的な偉人として、または忠臣として残ってきました。そのような犠牲精神の下でのみ功績が残ったのです。ですから犠牲になる事は功績を残すためのものだという事を知らなければなりません。(82-239.1976.01.31.統一式)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ(文字を ) [続きを読む]
  • 永遠に出られない監獄
  • 地獄という所は一度はまったら抜け出すことのできない所です。それでも皆さんは自分の母親や父親そして親戚が地獄に行くという事を実感できません。何とかなるだろう、と思っているのです。しかし愛する父母が本当に地獄に行くと思ってください。この世の監獄に入るといっても泣きわめいて、どんな事をしてでも引っ張り出そうとするのが人情なのに、まして天情で結ばれた息子娘、自分の父母と親戚、兄弟と姉妹全てが永遠に出られな [続きを読む]
  • 恩恵基準の高い人を中心として共に祈祷
  • できれば恩恵基準の高い人を中心として共に祈祷しなさいというのです。そうするとその人によって恩恵を受けるのです。もし夫が自分より恩恵の基準が高く信仰生活も模範的ならばその夫によって恩恵を受けるようになるのです。そのように恩恵を受けるようになれば夫が世の中に二人といない美男子に見えるというのです。また夫が妻を通して恩恵を受けるようになればその妻がこれ以上の美人はいないというのです。世の中の女性の中で一 [続きを読む]
  • 愛を中心とした公的な父母
  • 皆さんは愛を中心とした公的な夫婦となり、父母にならなければなりません。自分たちを中心とした私的な夫婦や父母になるなというのです。父母が天に行く道から脱線しまいと精誠の限りを尽くせば、子供は絶対に親不孝ができません。(27-88.1969.11.26.家庭生活の重要性)にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ(文字を ) [続きを読む]