葉月七生 さん プロフィール

  •  
葉月七生さん: てのひらに愛
ハンドル名葉月七生 さん
ブログタイトルてのひらに愛
ブログURLhttp://blog2.hazuki.sunnyday.jp/
サイト紹介文感じたことを、ふわっと書き留めておくブログ。エッセイ、時々掌編小説。映画や小説の備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/10/30 15:01

葉月七生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 最近見た映画・20170920
  • 邦画(DVD)3本 (個人的なお気に入り度☆) 【湯を沸かすほどの熱い愛】★★★★☆2016年 監督:中野量太 主演:宮沢りえ 余命を宣告された母とその娘のストーリーという前情報で、興味はありつつもなんとなく遠慮していた映画だったのだけど、ちょっと不気味な雰囲気の朱の題字と、それに対比するような宮沢りえの清々しい横顔のパッケージを、あらためて眺めながら、これは多分外れのない作品だろうな、と。その予感は鑑賞後も [続きを読む]
  • シネマの妖精
  • JUGEMテーマ:つぶやき。 生来のオタク気質というのか、一度好きになったものは、熱狂が過ぎ去ってから数年たった後にも、不意に再熱することがある。さながら厄介な熱病の如くに。盆休みの掃除の最中、うっかりと、以前熱心に見ていたTVドラマのDVDを掘り起こしてしまい、案の定、息苦しいほどに再熱中。頭の中がぐつぐつ煮えている。少し言葉にして片づけて、風を入れてやらないと大変なことになる。 若い頃の私は、思わず涙を [続きを読む]
  • 気の毒な人たち
  •   以前、友人から言われて、忘れられない言葉がある。「わたしはあなたのように、十字架を背負っては生きられない」 私の次女に先天性の障害があることについて向けられた言葉だった。 障害のある子供がいると親は苦労するなどと、県の教育委員が口にしてしまえるくらいなのだから、私がその言葉に傷ついたとしても、彼女を責めることなど出来ない。罪は無知にこそある。彼女は多分一生分からないだろうし、想像してみるこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …