たった一度の人生 さん プロフィール

  •  
たった一度の人生さん: 統一教会にて
ハンドル名たった一度の人生 さん
ブログタイトル統一教会にて
ブログURLhttp://ucpeople.seesaa.net/
サイト紹介文統一教会で、人間は神様の愛の対象だということを知りました。神と人間の本当の関係が取り戻される時です。
自由文今までの人類歴史の中で、神様と人間の親子の関係が正しく持てたときがあったでしょうか。なかったと思います。そういう意味で、今までの人類歴史は間違いだらけでした。
統一教会の出現で神様と人間の真の関係が取り戻されて、人類は正常な状態に戻ることができます。仏教で無明、キリスト教で堕落と言われた、天使よりも低いこれまでの人間の立場から、本当の人間の立場に戻るときです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/11/03 14:16

たった一度の人生 さんのブログ記事

  • 「平和は力によってのみ初めて達成」というのはほんとうか?
  • 来日したペンス米副大統領が語った「平和は力によってのみ初めて達成」というのはほんとうでしょうか?私は間違っていると思います。なぜなら、この世界は力で出来たのではないからです。神様から与えられた関係性によって出来たのです。平和はもとから神によって与えられているものです。力でこの世界が出来たとするデカルトの機械論は間違っています。ですから、平和も力で達成するとする考え方は間違っています。これまでの人類 [続きを読む]
  • 今の神様のご心情、霊界に行かれた真のお父様のご心情
  • 最近ずっと、神様のご心情を尋ね求めていました。すると、先日、夢を見ました。ある大切にしていた物が見当たらなくて、近くにいた人に「どこにやったの?」と言いながら、泣いている夢でした。私は、これが今の神様のご心情であり、霊界に行かれた真のお父様のご心情であることを悟りました。ご子女様方が真のお母様と一つになっていない今の状況は、私たちにとって呆然と立ち尽くすような状況ですが、私たち以上に、真のお父様が [続きを読む]
  • 「統一コリアへのビジョン」を読んで
  • 今回顯進様が開催されたフィリピン・マニラのGPC大会に参加された方々の感想文を、dream ajuが送ってきてくださいました。顯進様は現在、教会から距離をおいて活動していらっしゃるのですが、感想文の中に、顯進様が出版された「統一コリアへのビジョン」という本に顯進様の活動の方向性が詳しく書いてある、とありましたので、一度買って読んでみることにしました。統一コリアへのビジョン | ヒョンジン・プレストン・ムン |本 [続きを読む]
  • 独り子になるには、相対がいなければならない
  • 以下の解説を聴きますと、真のお父様のみ言と真のお母様のみ言にはまったく矛盾がなく、神様の摂理もとてもよくわかります。私は、今朝、これを拝聴させていただき、とても感動いたしました。「再臨主」血統的背景と独り子の使命 - YouTube訓教経(上)復帰の主流一九六八年十一月十七日韓国前本部教会 『文鮮明先生み言選集第二十一巻』「堕落によって人類は、偽りの父母の血統をもって生まれました。ですから救い主が出てこなけ [続きを読む]
  • 世界をつかむために
  • 今日の混乱した世界をつかむためには、どこかに原理を適用しなければなりません。どこかに原理が適用できれば、そこから世界をつかむことが出来、世界の間違いを是正することが出来、世界を転換することが出来ると思います。今まで手付かずだった経済社会のどこかに原理を適用することができるでしょうか。統一原理の基本である二性性相の相対的関係を、経済社会のどこかに適用できるでしょうか。経済社会の基本単位である売買関係 [続きを読む]
  • 「真のお父様は原罪があって生まれ、真のお母様は原罪なく生まれた。」に思う
  • 最近、「真のお父様は原罪があって生まれ、真のお母様は原罪なく生まれた。」と真のお母様が元老食口に語られた、として、食口の間で噂され、動揺が広がっているようです。私も、このみ言を真のお母様が語っているのを映像で見たとかではないですが、このみ言に堪えられず分派に行ってしまった元老食口の方がいらっしゃることなどから、もしかしたら、お母様がそのように語られたのかもしれない、と思っています。真のお母様を格上 [続きを読む]
  • いわゆる宗教と家庭連合(統一教会)の違い
  • 最近、ある宗教団体に、あるタレントが出家するということで、話題が沸騰していますが、これを見ながら、つくづく、いわゆる宗教と我々家庭連合(旧統一教会)との違いを感じさせられます。それは、「個人の救い」と「個人どうしの関係性の救い」の違いです。いわゆる宗教は個人の救いです。その人の心が癒されたり、その人の人格が完成段階に至る、その人が神に近づく、ということだと思います。これに対して、家庭連合(統一教会 [続きを読む]
  • 国家復帰・世界復帰
  • Vision2020の目標は国家復帰・世界復帰ということが言われます。では、この国家復帰とはいったいいかなることを指しているのでしょうか?国家元首を初めとする国家の指導者が伝道されたら国家復帰と言えるのでしょうか。しかし、国家元首をはじめ国の指導者はいつか代わってしまいます。これでは永遠なものになりません。そもそも、復帰とは誰が復帰するという意味なのでしょうか。原理講論にはこうあります。「復帰摂理 [続きを読む]
  • 統一経済学塾
  • 天一NETにコミュニティ「統一経済学塾」を新規作成いたしました。天一NET(仮) - シック・統一教会員専用のSNS統一経済学塾教会内部が3つに分かれてしまったような状況にありますが、いつの時代も我々統一食口の拠りどころは真のお父様のみ言です。人類救済は、真のお父様が地上に残してくださった統一原理のみ言によって、実現可能な時代を迎えました。統一原理のみ言は、神様が天地を創造された原理を教えてくださっていま [続きを読む]
  • 今現在思っていることを少々述べてみようと思います。
  • 最近、警備の仕事に就きました。警備の仕事は、24時間勤務を終えて迎えた日を「明け」と言って、明けの日は朝帰宅した後一日フリーなので、色々と自由が利く、とても都合のよい仕事だと思います。しかし、勤めた会社の賃金は法定最低賃金なので、世の中で一番下の仕事だと言えなくもないでしょう。東大まで出た私が、世の中の最低賃金で働くことになったのですから、どうしてこうなったのかを考えてみざるを得ません。それで今現 [続きを読む]
  • 「祝福家庭の皆様へ」と題するS夫人のメッセージを読ませていただきました
  • 「祝福家庭の皆様へ」と題するS夫人のメッセージを読ませていただきました。「ありゃー」と言う内容でしたが、私は、S夫人を真っ向から批判したりはしません。お母様が「独生女(独り娘)」でいらっしゃるというのは、堕落したエバの立場を蕩減復帰し、真のエバの立場を勝利したということを意味しています。ご子女様の母としてどうかという前に、神様の前に真のエバであるかということがまず重要なので、「独生女(独り娘)」が [続きを読む]
  • 統一経済論においては、国家財政と国民福祉は、軸が一致し両立します。
  • 現在の社会においては、国家の財政と国民の社会福祉が両立しません。国民の社会福祉を豊かにしようとすれば、国がお金を出さなければならないからです。ここでは、国家財政の軸と国民の福祉の軸が一致していないので、両立出来ません。しかし、統一経済論においては、この両者の軸が一致し、両者は両立します。統一経済論が原理的であるがゆえに全体目的と個体目的が両立するのだと思います。(今の社会は原理的でないがゆえに、全 [続きを読む]
  • 神と富とに兼ね仕えることのできない社会を、改革する
  • 2000年前、イエス様は、「あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない」とおっしゃいました。「だれも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない。  それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のから [続きを読む]
  • 神様の願いを果たしうる貨幣制度
  • 地獄の沙汰も金次第と言われるほど、人間にとってお金は重要なものです。お金によって貧富の差が生じ、夢のような人生を送る人もいれば、幸せを一度も感じられずに死んでいく人もいます。神様はすべての人を愛しておられ、すべての人に幸せになってもらいたいと願っていらっしゃいます。そして、この神様の願いを実現するものの一つが実はお金である、と私は思います。私は、神様の願いを果たしうる貨幣制度を考えてみました。すべ [続きを読む]
  • 「米大統領トランプ氏」に思う
  • 次期アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が選ばれました。私は、異色のトランプ氏の当選に、新しい時代の到来を感じています。昨日の読売新聞の1面見出しは「米大統領トランプ氏 既存政治批判し逆転 公職・軍経験なし」でした。既存の支配層である金融界や大手新聞その他知識人は、こぞってトランプ氏を批判しているようですが、既存の政治が決して正しく良好な方向へ行っているわけではありません。9.11の同時多発テロに [続きを読む]
  • 家庭連合は、国家を超えた団体と言えるか
  • 家庭連合は、国家を超えた団体と言えるでしょうか。再臨のメシヤであられる真のご父母様は明らかに国家を超えたお方です。真のお母様は、10月4日に語られた「天地人真の父母様招請日本指導者特別集会」のみ言でも、「あらゆる国、特に大国と言われる国々は、全体のことを考えるより、自国の利益ばかりを優先して考えます。過去のイギリスがそうであり、過去のヨーロッパの多くの国々がそうであったようにです。」と語られました [続きを読む]
  • 天地人真の父母様招請日本指導者特別集会でのみ言
  • 光言社 ポータルサイトで真のお母様が10月4日に語られた、天地人真の父母様招請日本指導者特別集会でのみ言を拝聴いたしました。光言社 ポータルサイト - U-ONE TV家庭連合の旗を高く掲げ、天一国に向かって総進軍しよう!少し前に、メーリングリストで流れてきた文章では読んでいたのですが、今回、映像を見させていただいて、真のお母様のご心情を肌で感じさせていただきました。文章で読んだときは、お母様が、あたかも、真 [続きを読む]
  • 真のお父様が主体であり、真のお母様が対象である、という格位は永遠に変わりません
  • 真のお父様と真のお母様は、二性性相の相対的関係にあって価値的には同等の存在です。しかし、真のお父様が主体であり、真のお母様が対象である、という格位は永遠に変わりません。10月4日の日本指導者特別集会において、真のお母様は、「すでに独り娘が誕生していたから、天はお父様を守らざるを得なかった。」「お父様は再臨のメシヤとして蕩減の道を乗り越えて独り娘に出あって真の父母の位置に立った。」というようなみ言を [続きを読む]
  • 共生共栄共義主義の英語表記
  • Vision2020に向かって、神様の夢、真のご父母様の夢、人類の願いを実現していきましょうという、真のご父母様のみ言をいただいている私たちですが、具体的に言えば、これは「共生共栄共義主義社会」の実現を意味していると思います。原理講論にも「再臨主は、共生共栄共義主義の地上天国理想をもって降臨される方である」と書かれており、天一国憲法にも「天一国の基本理念は共生共栄共義主義である」と書かれていますから、我々は [続きを読む]