ナンとキーマ さん プロフィール

  •  
ナンとキーマさん: 桃林窯器こぼれ話
ハンドル名ナンとキーマ さん
ブログタイトル桃林窯器こぼれ話
ブログURLhttp://touringama.exblog.jp/
サイト紹介文九州の山里で作陶するナン、キーマ。それに猫のピッキー、クンが住む桃林窯の日々の暮らしを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/11/03 20:56

ナンとキーマ さんのブログ記事

  • 巨大風車
  • たまに見かけることのある風力発電の風車を、いつか近くで見てみたいと思っていた。休みの水曜日、唐津市肥前町にある風車を見に出かけた。風車が真近に見える道沿いから脇道にそれ、ほどなく風車の真下にたどり着いた。近くで見ると驚くほど巨大だ!発電の仕組みは扇風機の逆で、受けた風で羽根を回しその力で発電するという単純な仕組みだ。単純だからこんなに巨大にできるのかもしれない。遠くで見るとゆっ... [続きを読む]
  • ぎぎが浜海水浴場
  • 何年振りかに無性に海水浴に行きたくなった。 キーマは紫外線が怖くて行けないので誘わずに一人で行くことにし、海の家もシャワーもないそれでいてきれいな浜をネットで探してみた。意外に近いところに数年前に閉鎖された「ぎぎが浜海水浴場」という場所があり、明日そこに行くことに・・・ 翌朝出かける準備をしていると、キーマが一緒に行ってもいいようなことを言いだした。海の家もシャワーもないところだ... [続きを読む]
  • カーブミラー君
  • 僕がカーブミラー君を見つけたのは3〜4年前だった。近所なのにめったに通ることはない道を通って秋の窯開きの看板を外して廻っていた時だった。いまよりも伸び切った立木がカーブミラーの後ろで秋風に吹かれていた。まるでカーブミラー君が走りだしたように見えて、大笑いしてしまった。 何気ない日常には、思いがけずほっこりとしてしまう瞬間に出合う。そんな出会いがしらの遭遇に気が付かない時もあるし、気分に... [続きを読む]
  • ナンの個展のご案内
  • ナンの作陶展をいたします。作品数およそ300点。最新の夏の器を展示販売いたします。どうぞ皆さま、お出かけくださいね。場所)器らくや  悠遊   〒815−0035   福岡市南区向野2−4−8   ?092−554−2220期間)17年7月8日(土)〜7月16日(日)   11:00〜19:00(最終日17:00まで)夏の薬膳カレーランチのご案内期間中、ナンの新... [続きを読む]
  • クンのキャラクター
  • 人にも性格があるように、猫にも性格がある。争いごとの嫌いなピッキーと違い、クンは縄張りを侵害してくるオス猫に果敢に立ち向かう。 お隣の川辺さんちのオス猫のサクラちゃんはどういうわけかうちの敷地がお気に入りで、うちの周りを散策するのが大好きだ。そこで、いつもクンと鉢合わせになる。 「ニャウ〜」「ワウワウ〜」とつばぜり合いが始まると喧嘩始まりだ。最初は放っておいたけど、そのうち食欲が落ち、毛が... [続きを読む]
  • かずらの取っ手
  • かずらの取っ手や花入れの持ち手を蔓にすると器の雰囲気がずいぶん変わる。蔓の編み込みは一目ごとに強く締めるので右手指への負担が大きい。熱心に蔓を巻いていると指の皮が擦りむけて轆轤をひくときに支障が出てしまうので一度にたくさんは作らないようにしている。一窯上がるごとに3〜4個の器に蔓を付けている。出来上がったものをギャラリーに飾るとすぐに売り切れてしまうのは嬉しことだが、ギャラリ... [続きを読む]
  • 春の窯開き、始まります。
  • 皆様、春の窯開きが始まります。お誘いあわせのうえ、どうぞお出かけくださいね。お待ちしていま〜す。日時)平成29年4月29日(祝)〜5月5日(祝)時間)10:00〜17:00場所)桃林窯   〒849−2305    佐賀県武雄市山内町宮野1832−1お問い合わせ)   ?0954・45・6186ブロッコリーのサラダを粉引のお皿に・・... [続きを読む]
  • 茄子のトマトソースグラタン
  • 薬膳カレーを作る時は、イタリア産のホールトマトを使う。酸味があるので、日本のトマトのように甘くならずカレーにピッタリ合うのだ。トマトはいつもちょっとだけ余る。残ったものは、きっちり使わないと食べ物に悪い気がするからカレーを作った後は必ずトマト料理になる。そんな時に、簡単でボリュームがあって茄子好きのナンが喜ぶ茄子のトマトソースグラタンを発見した。よ... [続きを読む]
  • ふきのとうの天ぷら
  • 道の駅に「ふきのとう」が売られていた。春だなぁ・・と、つくづく思う。ちょっと苦みのあるものがおいしく感じられるなんて子供の頃は思わなかった・・。天ぷらは、衣を薄〜くしてさっと油に入れる。触りたくても、さっくり上がるまで我慢してちょっと箸先でつついてみる。いい頃合いを見計らって揚げたら、お塩でシンプルにいただく。サバの煮つけは、ちょっと難... [続きを読む]
  • うちの晩御飯
  • うちの、ある日の晩御飯。ビール好きのナンは、酒の肴が欠かせない。とは言いながら‥、私も魚は大好きだ。もう20年も前に作った角皿に乗せて。ひじきは、体にいいんだって・・。大豆もたっぷり。粉引の小皿に盛り付けて。最近うちのマイブーム。四川風味の、ピリ辛麻婆豆腐。ねぎはたっぷりがキーマ流。山椒がピリピリ効いていて、あつあつご飯にピッタリ。... [続きを読む]
  • ギザ10
  • コンビニでの買い物の後ふと気が付くと、つり銭にギザ10円が混じっていた。ギザ10は集めている訳ではないけれど、見つけてしまったらもう手放せない。僕が生まれる前から長い時間をかけて人から人に渡り続け、やっとここまでたどり着いたと思うとなんだか貴重なものに思えてしまう。僕が使っている窯は大小二つあり、大に8本、小に4本のバーナーが付いている。バーナーは微妙... [続きを読む]
  • マグカップ
  • 桃林窯で人気のマグカップは、年間売り上げ一位を20年間続けているベストセラー。少し大振りで側面に2か所のくぼみをつけ、持ちやすいようにしていて、用途の広い使い勝手が人気の理由だ。ロクロで作り、半乾きの時にくぼみをつける単純な作業だがロクロ成型の難易度が高く、作る時はいつも苦労している。普通の器は右回転のロクロで作った後、少し乾かして裏返し、左回転のロクロにかけ... [続きを読む]
  • 冬のほっこり器たち・・
  • いつの間にか山は冬の装いを整えている。燃えるような紅葉も、いまはすっかり落ちてしまって春を待つ小さな芽を準備したまま、まるで冬眠に入ったようだ。うちでも、時折薪ストーブに火が入るようになった。台所に立って、今日は何にしようかな・・?と考えても献立が思い浮かばない。そんな時、決まって作るのが根菜類を使った料理だ。カブのクリームシチューやレンコンのピザ... [続きを読む]
  • 秋の窯開き、始まります。
  • 日時)11月19日(土)〜23日(祝)    10:00〜17:00参加窯元)桃林窯      水炎花・泥縄窯・いろえ工房     辻修窯・房空路・宝寿窯場所)  各窯元にて     武雄市山内町大字宮野お問合せ)桃林窯 ?0954・45・6186恒例の、黒髪山作家村秋の窯開き始まります。皆さま、誘い合わせの上ぜひ遊びに来てください... [続きを読む]
  • つりはいらないから・・
  • キーマと一緒にドラッグストアに買い物に行ったときのこと・・・店内では別行動でそれぞれに欲しいものを選んだ後にレジを済ませるとキーマがペーパータオルを買い忘れたと言う。キーマのレシートに100円の割引券が付いたのでそれを使って買うことにして、キーマには店の入り口に待ってもらうことにした。ペーパータオルを持ってレジに向かい、100円の割引券を差し出し 「これで... [続きを読む]
  • 「黒髪山のはしごバルランチ」
  • 黒髪山のふもとには10軒ほどのカフェやレストラン、キャラリーなどが点在しています。その中にははランチを提供したり、中には本格的な飲食を出すところもあります。今回そのランチができる店に呼びかけをして、10月8日(土)に一日限りの「ランチバル」を開催します。参加店6店舗に、それぞれ軽〜いランチやスイーツをご用意しますので気になっているけどまだ入ったことのない気... [続きを読む]
  • ギュウギュウヅメ
  • ありがたいことに今年は焼き物の注文が続いている。大口の注文もあったりして毎日がてんてこ舞いの忙しさだ。例年だと夏の仕事場は暑すぎて、早朝からお昼まで仕事をしたら夕方まではグダグダと過ごしていた。ところが今年の夏は朝から夕方まで、たまには深夜にも仕事をした。猛烈に暑かった8月はあまりの暑さに音を上げそうになったが、納期は待っていてはくれないのだ。仕事後のビールを... [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 夏の桃林窯は、せみ時雨の中にある。朝は、ヒグラシ、お昼はアブラゼミ、そして少し涼しくなるとツクツクホウシが鳴きだして、夕方になるとまたヒグラシが鳴き始める。外では強い日差しがさしていても、桃林窯のギャラリーはちょっと暗め。来られた人たちが、ゆっくりした時間をお過ごしいただけるよう少しだけ照明を落としている。桃林窯の薬膳カレー... [続きを読む]
  • 家電‥ 故障の連鎖
  • 薬膳カレーの案内状を印刷していた時に突然プリンターが壊れた。プリンターの表示には「トラブルが起きたので電源を抜いて修理をご依頼ください。」と出ている。驚いたことに、いまどきの家電は修理を自己申告してくる。すぐに印刷しなければいけないものがあったので修理をするか、買い替えるかを考える間もなく新しいものを買いに行った。その後、ギャラリーの湯沸かし器が不調に... [続きを読む]
  • 武雄温泉ハイツのビアガーデン
  • 商工会からお声がかかって、ビアガーデン用のビアカップを出品することになった。武雄温泉ハイツの夏の風物詩になったイベントだ。生ビルや焼酎、ソフトドリンクが飲み放題。しかもふんだんに武雄の特産品を使ったオードブルやパスタが並ぶ。そこで使ったお気に入りのビアカップが持ち帰れるというのがこのイベントの目玉なのだ。このプレゼント用のビアカップを出品し... [続きを読む]
  • ちくたくソーイング
  • 梅雨に入って、周りが静かだとなんとなくそわそわと何かを始めたくなる。本も、新聞も読み終えてもまだまだ夕方までには時間がある。ふと、納戸にしまってあるミシンを思い出した。「そうだ!!余っていた布があったな・・・?!」ミシンと布を引っ張り出したら、何かを縫ってみたくなった。いつかナンが、気に入ったTシャツがなかなか見つからないと言っていたのを思... [続きを読む]
  • リメイク
  • キーマが気に入っている泥染めのコートは素敵なレンガ色が気に入って10年くらい前に買ったものだった。コートの季節が終わり、毎年今の時期にクリーニングに出し、タンスにしまう。ところが泥染めの宿命か、クリーニングに出すたびに色が抜けてしまう・・・気に入っていたコートだったが色あせてしまっては着ることができない。ある時キーマは柿渋の染料を買ってきてお気に入りのコートを染め... [続きを読む]
  • 16年・初夏の薬膳カレーが始まりました。
  • 初夏の薬膳カレーランチが始まりました。皆さまのご予約をお待ちしています。                          御予約)0954.45.6186ハーフコース) ¥1200(当日までに御予約ください)          オードブルプレート          サラダ          薬膳カレー・ライス          ミニスイーツ   ... [続きを読む]
  • ロクロ挽き
  • 焼き物の仕事には「手練り」「轆轤挽き」「タタラ作り」などいろいろな手法がある。「轆轤」は20代の頃熱心に習ったことがあり、焼き物の会社に勤めながら波佐見の職人さんに2年、更に別の職人さんに3年,窯大では人間国宝の先生に1年間基礎から教えてもらった。轆轤の技術に自信が持てるようになったことが独立の後押しにもなっていた。ところが・・ 独立した当初は一日かけて轆轤挽きしたも... [続きを読む]
  • 5月13日より営業します。
  • 春の窯開きには、たくさんの方々にお越しいただき本当にありがとうございました。只今後片付けのため臨時休業しておりますが5月13日より営業を再開いたします。なお、初夏の薬膳カレーランチは5月20日(金)より始まります。皆さまのお越しをお待ちしています。                                   キーマ [続きを読む]