サブキャラB さん プロフィール

  •  
サブキャラBさん: ベタと王道と私
ハンドル名サブキャラB さん
ブログタイトルベタと王道と私
ブログURLhttp://beta-royalroad.seesaa.net/
サイト紹介文マンガやドラマで見られるベタ・王道・定番を集めたブログです
自由文今までに僕がドラマやマンガなどを見て集めた定番のシーンやベタなセリフを
ブログで少しずつ公開してみることにしました。

日記というよりは、読み物やネタ集としてご覧いただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/11/04 01:11

サブキャラB さんのブログ記事

  • こう見えて、お前らよりずっと年上だぞ
  • お題:『こう見えて、お前らよりずっと年上だぞ』?これは何?見た目と中身にギャップがあるキャラ設定です。種族の違いなどで「普通の」人間と身体の大きさが違ったり、特殊な方法で中身の人格が変わっている場合、見た目の若さや身体の大きさが中身と一致しなくなります。そんなキャラの実年齢を知っているキャラが、それを知らずに見た目だけで判断するキャラをたしなめるセリフです。見た目が子供のキャラを博識にするためのロ [続きを読む]
  • 受けた攻撃の威力の差をセリフで表現する
  • お題:「受けた攻撃の威力の差をセリフで表現する」?これは何?攻撃の効き具合を示すために使用される、受けた攻撃に対するリアクションのセリフです。戦闘中に相手の攻撃を受けた時、その攻撃の効き具合を示す方法として、見た目の物理的な損傷や表情などを使って表現します。これが相手にとっての額面どおりのダメージかどうかを補足する意味で、様々なリアクションのセリフを言わせることで、戦闘の駆け引きを盛り上げます。わ [続きを読む]
  • 貧乏主人公の家賃滞納
  • お題:「貧乏主人公の家賃滞納」?これは何?滞納した賃貸アパートの家賃を大家さんが取り立てに来る設定です。夢を追いかける若者や貧乏学生などの万年金欠キャラは、家賃を支払える程度の安定した収入源もなく、つい家賃を滞納しがちになります。いまどき珍しく大家さんが同じ建屋に住んでいるという設定になっていて、わざわざ大家さんが部屋まで家賃を取り立てに来ますが、居留守を使って取り立てをやりすごすという展開が毎月 [続きを読む]
  • 変に期待を持たせるより、早めに諦めさせた方が相手のためだという考え方
  • お題:「変に期待を持たせるより、早めに諦めさせた方が相手のためだという考え方」?これは何?主人公の今後の方向性を大きく左右する判断基準のひとつです。なかなか芽が出ない主人公を見かねた周囲の大人たちが、主人公には才能がないのだろうと判断し、方向転換して別の道を模索することを促します。暗に才能がないという通告をすることになるので、出来るだけ本人を傷つけないように、「君のためを思えばこそ」「他の才能があ [続きを読む]
  • 事業がトントン拍子ですぐ社長になる
  • お題:「事業がトントン拍子ですぐ社長になる」?これは何?よく1話完結のネタとして使われる、「もし急に大金持ちになったら」の前フリです。ある日に主人公が思い立った儲け話が、トントン拍子でカネを生み、あっという間に大金持ちになります。どちらかといえば金欠気味な設定の主人公に使われるネタで、大金を持ったことで急に周囲の様子が大きく変わり、態度がデカくなる傾向があります。次回から普通のストーリーに戻る前提 [続きを読む]
  • 調子に乗って先走ったキャラが、ペースを守って進むキャラに追いつかれる
  • お題:「調子に乗って先走ったキャラが、ペースを守って進むキャラに追いつかれる」?これは何?登山など長距離を移動する場面でのベタなシーンです。出来るだけ早く成果を得ようとするせっかちなキャラが、ペースを守るよう指摘する周囲の声を無視して、勝手に先走ってしまいます。こういう展開になった場合、この先行キャラが本人の意図どおり先に到着することはなく、途中でバテて後続に追いつかれるというオチが待っています。 [続きを読む]
  • 男湯と女湯が繋がっている
  • お題:「男湯と女湯が繋がっている」?これは何?ラブコメ系作品の入浴シーンで使われる設定です。男湯と女湯が壁を隔てて併設されているタイプの宿泊施設では、湯船の中など目立たない場所の一部で男湯と女湯が繋がっている場合があります。ここが大人一人が入れるほどの大きさになっていることを知った主人公達が、ヒロイン達が入っている女湯を覗く作戦を考えます。女湯への侵入経路としてだけでなく、トラブルで女湯に入ってし [続きを読む]
  • 監禁した相手から出された食事を食べない
  • お題:「監禁した相手から出された食事を食べない」?これは何?敵から与えられた食事を食べないシーンです。敵対勢力によって誘拐された主人公の仲間キャラが、監禁中に与えられた食事に手を付けず、ひたすら空腹に耐えます。何かの毒を盛られている可能性を警戒するという意味の他に、敵対勢力からの施しは受けないという、そのキャラのプライドを示す意味も持っています。長期に渡って監禁されることが想定される場合には、来た [続きを読む]
  • 罪滅ぼしのために生きるサブキャラ
  • お題:「罪滅ぼしのために生きるサブキャラ」?これは何?残りの人生を全て贖罪のために捧げるキャラの生き様です。過去に犯してしまった大罪に対する罪悪感から、その罪に対する自分なりの償い方を考え、罪の意識が消えるか自分が死ぬまで尽くすことを誓います。その真摯な姿から、それを見続けていた被害者側は既に許しているというパターンが多いですが、被害者が存命でない場合は本人が納得するまで続けることになります。元兵 [続きを読む]
  • 非常用電源
  • お題:「非常用電源」?これは何?現実世界でも利用されている、障害対策用の二次電源です。病院や電算所などのように電力供給が必須の施設では、電力会社からの通常電源が災害や事故などで供給されなくなる状況を想定して、単独で稼動可能な電源装置を備えています。有事には自動または手動で非常用電源に切り替え、必要最低限の機器にのみ電力を供給し、通常電源が復旧するまでの時間を稼ぎます。警備が厳重な施設へ侵入する作戦 [続きを読む]
  • 誰かに入れ知恵されたな
  • お題:『誰かに入れ知恵されたな』?これは何?急に賢くなった相手を警戒するセリフです。熟考して作戦を練るタイプではないキャラが、一度そのせいで痛い目を見た後、知恵をつけて再登場します。短期間でそのような思考力が身に付くわけはないので、そのキャラが有利になった方が都合がよい別の賢いキャラによって、行動が修正されたと推測します。多くの場合、入れ知恵したキャラは作品内での黒幕的な存在であり、知恵を仕込まれ [続きを読む]
  • 今年の新人はすげえな
  • お題:『今年の新人はすげえな』?これは何?主人公が入った部活や部隊の先輩のセリフです。スポーツや特技などで輝かしい経歴や天性の素質を持った主人公が、それを活かせる学校や部隊などに入り、すぐに実力の片鱗を見せ始めます。それを見た先輩や上官などが驚き、主人公に対する期待から、このセリフが出てきます。この主人公は平凡な先輩達を次々と追い抜き、新人いびりなどの困難を乗り越えながら、やがて中心人物へと成長し [続きを読む]
  • 足を凍らせて動けなくする
  • お題:「足を凍らせて動けなくする」?これは何?戦闘で使われる特殊能力の小技です。RPG風ファンタジー世界で水を操る魔法の系統では、応用技として温度も同時に操ることで、氷の魔法も扱えるようになります。これをアクション性の高い戦闘に活用する方法として、敵の足元に発生させた水を局所的に急激な温度変化で凍らせ、敵1体の動きを完全に封じる技として使います。別の似たような技として、忍者が使う「影縫い」や、高い粘着 [続きを読む]
  • タイムリープ
  • お題:「タイムリープ」?これは何?タイムスリップを使ったネタの一種です。主人公達がタイムスリップを使いたくなる一般的な動機付けとして、過去の失敗や事故を帳消しにしたい、というのがあります。この失敗や事故の帳消しに特化したストーリーとして、タイムスリップをゲームオーバー&リセットの手段として使い、期待どおりの結果になるまで何度もやり直すという展開です。タイムスリップにおける暗黙ルール「過去を変えては [続きを読む]
  • 唐突に、自分が死んだ時の話をする
  • お題:「唐突に、自分が死んだ時の話をする」?これは何?自発的な死亡フラグの一種です。これから生死を懸けた戦いに赴く主役級キャラが、恋人や家族など関係の深い周囲のキャラに、もし自分がいなくなったらどうするか尋ねます。だいたい答えのパターンは決まっていますが、その内容によって決意が変わることはなく、背負うモノの重みを感じながら戦地へと向かいます。死亡フラグ的に使うのが一般的ですが、恋人同士での愛情確認 [続きを読む]
  • 良い話と悪い話、どっちから聞きたい?
  • お題:『良い話と悪い話、どっちから聞きたい?』?これは何?報告内容が2つある場合に使われる言い回しです。斥候役の仲間などが持ち帰った調査内容を報告する場面で、仲間達にとって歓迎すべき報告とそうでない報告を同時に持っている時、このセリフでどちらを先に聞きたいか尋ねます。聞かれた側は、その場の雰囲気や情報の重要度を考慮して順番を指示します。結局はどちらも聞くことになりますが、聞く順番が仲間達の士気に影 [続きを読む]
  • ○○がなければ××を食べればいいじゃない
  • お題:『○○がなければ××を食べればいいじゃない』?これは何?キャラの高慢さを演出するセリフです。フランス王妃マリー・アントワネットが困窮の民を見て発言したとされる「パンがなければケーキ(ブリオッシュ)を食べればいいじゃない」という迷言(実際は別の人物の発言と判明)をモチーフにして、何不自由ない人生を過ごしてきたキャラが、庶民の生活苦に全く配慮できない発言をします。当然ながら○○すら入手できない状況で [続きを読む]
  • 首が取れるキャラ
  • お題:「首が取れるキャラ」?これは何?人間ではないキャラに対する特徴付けのひとつです。人型ではあるが人間ではないキャラに対する特徴付けとして、首と胴体が別のパーツとして構成されていて、いつでも脱着可能というのがあります。首の部分だけが自由に360度回転したり、何かの拍子で首がポロッと外れたり、なぜか首と胴体が離れた状態でも会話や神経伝達が可能という人智を超えた特徴を持ちます。人型ロボットやアンドロイ [続きを読む]
  • 各階の敵ボスを倒さないと最上階の最終ボスに辿り着けない
  • お題:「各階の敵ボスを倒さないと最上階の最終ボスに辿り着けない」?これは何?冒険物語のクライマックスで定番の展開です。最終的に魔王や黒幕など敵ボスを倒すことが目的の作品では、主人公vs敵勢力の総当たり戦を繰り広げるための仕組みとして、階層構造の各舞台に1人ずつ敵ボスを配置して戦わせるというシステムが多用されます。全てのキャラに見せ場を作れるだけでなく、最終戦で主人公以外のサブキャラを都合よく排除でき [続きを読む]
  • 必勝パターン
  • お題:「必勝パターン」?これは何?ゲームに設定されたルールの隙を突いた、確実に勝てる方法です。大金や自分の命などを懸けて特殊なルール付きのゲームに参加することになった主人公が、その特殊なルールに潜む規則性や抜け穴を探し出し、ゲームの進行を有利に進めます。他のゲーム参加者がその方法に気付いていない場合、主人公のみが勝率を高めることになるので、結果的に必勝パターンを編み出したことになります。ゲーム制作 [続きを読む]
  • 即興コラボ
  • お題:「即興コラボ」?これは何?初見のキャラが組んで連携するシーンです。事前に何の申し合わせも練習もしていないキャラ同士が、その場でいきなり呼吸を合わせ、見事な連携プレーを披露します。現実世界でも、ピアニストとバイオリニスト、ギタリストとベーシストとドラマーが即興で演奏するという演出が時々見られます。このキャラ達がそのまま仲間になるというパターンの他に、いったんその場は何事もなかったかのように解散 [続きを読む]
  • 格上のキャラに手の内を次々と見破られながら負ける
  • お題:「格上のキャラに手の内を次々と見破られながら負ける」?これは何?格の違いを見せつけられるシーンです。敵対するキャラとのタイマン勝負で、格上の相手から自分の戦い方の特徴を冷静に分析され、完全に手の内を明かされてしまいます。その焦りを必死に隠したとしても、そもそも実力の差がありすぎることは明白で、手の内を次々と潰されながら完壁に敗北してしまいます。この勝負によって主人公がコテンパンに敗北すること [続きを読む]