磐田のえいちゃん さん プロフィール

  •  
磐田のえいちゃんさん: 天竜川と磐田
ハンドル名磐田のえいちゃん さん
ブログタイトル天竜川と磐田
ブログURLhttp://eichan4649.hamazo.tv/
サイト紹介文磐田の地元情報  グルメ 自転車 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供510回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2009/11/08 05:12

磐田のえいちゃん さんのブログ記事

  • 竜洋富士からみる、防潮堤?(ちょこっとだけ作ったよVER.)
  • 遠州灘、津波対策で浜松市側の防潮堤は浜松市発祥、建設系大企業のポケットマネーでポンと出来ちゃったけど磐田市側は計画ではあと20年とか。とりあえず一区切りの丘ができたところ、というか竜洋富士のほうがもっと標高があるんじゃないかなぁ。これ、竜洋富士を南側からみたところ。日常的に使われメンテナンスもボチボチされており、津波避難場所としても使えるし景色も綺麗。 [続きを読む]
  • スギナの駆除 こんな感じでやっています。
  • スギナの駆除するのに、調味料で撃退出来るか?ということを先週やってみたところ、全く効果無し。塩水掛けても全く効果なしそれもそのはず、地下茎を掘り進めると、地下1メートルくらいまで達してるのです。地表で何かやっても全然ダメ!!で、一番確実な方法で土を掘り返して撃退しています。ここ1週間、空いた時間で幅1.5メートル長さ10メートルくらい掘り返ししたのだけどただひたすらに掘り進む感じですかね。とりあえず、牛 [続きを読む]
  • 4月26日タワーレコード限定リリース m.s.t.アルバム「Pianium」よりAlive
  • 昨日のライブではこの曲のピアノソロが聴けました。西野カナさん、倉木麻衣さんなどの楽曲に関わっている磐田市出身持山翔子さんと、川崎在住トランペッター島祐介さんとのduoライブでした。https://youtu.be/MubcGPceF5U来週水曜日発売のあと、来月はリリースライブで磐田・浜松にレコーディングメンバーで来ます。そして、島祐介さんが現在作成中のアルバム曲の半分に持山翔子さんがピアノ弾いているようです。   [続きを読む]
  • 人気番組「らぶらじ」無き午後の時間は・・・・
  • 4月番組改編から半月ほど経ち、新番組を見聞き(テレビ見ないので聴くだけか)、こりゃダメだ。という番組もあったりしますね。らぶらじ・・・・・10年。平日午後の聴けるときはこれを聴いてきたけど後続番組は聴いててイライラがつのる(;^^)ヘ..翌日聴いてもいちいちイライラする。仕事の合間なので耳障りが良くないと影響でるのでチューニング変えますわな。で、ここのところAM810KHz。AFNを聴いてます、英語耳に慣れようってね。 [続きを読む]
  • 調味料で作る除草剤。
  • 除草剤といえば、ラウンドアップとかあるけどモンサントの策略には乗らない。http://www.uplink.co.jp/monsanto/keyword.php映画『モンサントの不自然な食べもの』予告編https://youtu.be/PO7RmRVZs6Aいわゆる、遺伝子組み換え作物というのはモンサントとセットです。見た目は綺麗だけど、除草剤をたっぷり含んだ作物をみなさんが食べているかも知れません。除草剤は、調味料でも作れるんです。いちばん強力なのは塩。塩水を雑草に [続きを読む]
  • 駿府城跡・天守台発掘調査やってました
  • 駿府城の近くにいたので散策していると、発掘調査を公開しているということでちらっと覧てきました。静岡市の文化財課かな、ホームページがあります。http://www.shizuoka-bunkazai.jp/castle-info/駿府城の本丸は江戸時代初期につくられあっという間に無くなったらしい。そして天守台という見張りの建物が現在発掘調査していておもに石垣を掘り返して当時の様子を確認しいているそうです。当時のままに復元しようとすると相当な年 [続きを読む]
  • 昨日は、発掘作業でバテバテ
  • 雑草の中でもしつこいスギナ。いろいろ調べて除草剤を使わずに駆逐するには地下茎を駆除するしか無い!!ということでつちを掘り返し始めた。しかし、スコップが「ミシッ」というし地下茎が深くまで達してて届きにくく新たに大きめのスコップ入手して作業再開。地道な作業はエンドレスになりそうだなにしろ、隣の畑はスギナを栽培しているような畑なので(笑) [続きを読む]
  • 嵐の爪痕
  • この写真を撮ったのは午後6時過ぎ。嵐が過ぎ去って様子を見に行ったのだけど空豆が見事に風になびいちゃって横向いてますが倒れてなかったので良しとします。ビニールハウスは、損壊は無く一安心。多少横ズレするかとも思ったけど、全く痕跡無く。 [続きを読む]