Horselover-ss さん プロフィール

  •  
Horselover-ssさん: ADDICTIONS
ハンドル名Horselover-ss さん
ブログタイトルADDICTIONS
ブログURLhttp://ameblo.jp/horselover-ss/
サイト紹介文おひとりさま歴17年。仕事と競馬に翻弄され流星のように去っていく日々の中の出来事や思いを不定期に更新
自由文馬、猫、北海道、Rock, Punkをこよなく愛しています。
農業に憧れて北海道移住が夢。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/11/09 23:37

Horselover-ss さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 牛君のゲーハー録
  • 牛君の頭の天辺に巨大なハゲを見つけた日から1週間後地肌を墨で塗りつぶしたかのようにうっすら黒い毛がポヤポヤ1週間前はピンクの地肌が丸見えだったのに写真を撮られるのは嫌らしく、すぐに目線を逸らして遠ざかる遠目にはハゲは目立たず、禿げる前と変わらなかったのでホッとした。しかしハゲを見つけた週は傷を癒すために隠れていたのではないかと思う。牛君の全身の毛を刈って丸裸にしたら、傷跡があちこちにあるのかもねぇ更 [続きを読む]
  • 牛君が Σ(=°ω°=;ノ)ノ
  • 3月初旬、毎週恒例、牛君の縄張りに出かけた。いつものように飛び出してきて、ニャーニャー、スリスリお行儀よくお食事の定位置に正座ところが、頭のてっぺんに巨大なハゲがΣ(=°ω°=;ノ)ノストレスところが良く見ると切り傷っぽくもあり、縄張り争いでえぐり取られた感じだったブサ猫の仕業かかなり痛々しく見え、何となく毛づやも悪いように見えて心配にしかし、禿げているほかは食欲旺盛でいつも通りだったので見守ることに [続きを読む]
  • 露出狂
  • 大好きなピーコックブルー美しいしかし、長〜い尻尾が重たそう友達が怒ると羽を広げると言ったので、“ワン”と吠えてみたガバッ一気に扇を広げ、ワサワサと音を立てて揺らした息をのむ美しさ閉じていた時、重い尻尾に見えたのは尻尾ではなかった更にワサワサワサワサ、ユニークな音を立てて扇ぎつづけたねぇ、見て見て見てと暗闇で立ちはだかる露出狂のようなイメージもしかし美しい色、柄羨ましい彼が美しい羽根を見せつけてい [続きを読む]
  • どちらかといえば間 寛平さん似
  • 間もなく牛君と出会って12年目が終わろうとしている。よほどのことがない限り、毎週土曜日には牛君に会いに行く。いなばの焼き鰹がお気に入りとくにスープを愛おしそうにいつまでもペロペロ食後は丹念に身繕いこのところ牛君のおこぼれに与ろうとしているのか必ず姿をみせるブサ猫ある日牛君が食べ終わるのを待つように背後に座っていたブサ猫そこに若いカップルが通りかかり、「なんかあの猫、間寛平みたいだな!」ずっと 澤 [続きを読む]
  • バレタ...
  • 9月のある晴れて暑かった日知人のアパートの2階から下を見下ろすと、車の下から白い毛の生えた手が二つ。可愛らしかったのでi-Phoneを構えてシャッターを押した。顔が猫並みに音を立てなかったはずなのに気づかれた顔はいらなかったんですけど.... [続きを読む]
  • 適切ではないが違法ではない 怒る牛君
  • 東京都知事の不適切な政治資金の支出に関する弁護士調査の報告『適切ではないが違法ではない』の繰り返し違法かどうかが問題ではにゃい一般人は自分の収入で漫画や本を買う一般人は自分の収入で家族旅行費を賄う推定2200万と言われている収入がありながら政治資金を私的支出に充てるなんて違法でなくても許せにゃい国民は十分の一の収入でも税金をとられているにゃあ〜旅行もできず、本を買えない人たちもいるにゃ悪いとわかって [続きを読む]
  • ささやかな贅沢 長寿の意義
  • 3月のある日、何となく見ていたテレビ番組で宮城県のオイスターソースが紹介されていた。過去にはオイスターソースを使った料理をしたことがあったが、長年遠ざかっており、家にはオイスターソースはなかった。番組を見ていたら無性に牡蠣のオイスターソース炒めが食べたくなり、さっそく買いに。今シーズン牡蠣がスーパーに出回ったころ、昨年と同じ値段で量が10g少なかった。シーズンオフになったからか少し値段が下がって [続きを読む]
  • ひとり花見
  • 土曜日、午後2時頃家の1階は電気カーペットの温度中で快適だったが、外に出たらぽかぽか黒猫が屋根の上を占有してひとり花見散った染井吉野と入れ替わりに咲き始めた八重桜咲いてる花の数は少ないが、ぽかぽか陽気の屋根の上でこの景色を独り占めするとはズルいヤツとはいえなかなか風流なご趣味をお持ちでank" > [続きを読む]
  • 寒い中、桜が満開
  • 大晦日、大井競馬場から戻り、自宅近くのスーパーで仏壇に飾る花を買った。閉店間近だったこともあり、榊、南天、蕾だけの啓翁桜という木しかなかったこれまではたいてい菊、百合、南天とお正月用の飾り木が束になったものを買っていたのだが、そんなものはなかったので、花が咲くかどうか心配だったが啓翁桜を買ってみた。翌日の元旦はい1〜2輪開いたのみで、やはりダメかと不安になったが、時間が経つにつれ薄いピンクの花が [続きを読む]
  • 乞食鶏 - 神楽坂 縁香園
  • 神楽坂にある中華料理店 縁香園一月ほど前に初めて行ったときは5000円のコースをご馳走になった。円卓で中央に回転台があるにもかかわらず、西洋料理の様に1人前づつ料理が提供された。中華料理でそのような提供は初めてだったので、いまどきは中華もこうなのか?と驚きつつ、新鮮だった。さらにタイミングよく一品づつ出される料理は盛り付けも味も上品でどれもとても美味しく久々に感動させられて大満足でした幸運にも再びお相 [続きを読む]
  • 黒猫チェルシー 新しい扶養家族
  • いつの間にか当たり前のように見るようになったNHK連続テレビ小説現在放送中の「まれ」希の同級生だった高志が歌っていた曲がいつの間にか好きになっていた。高志役の渡辺大知は過去に見たことあったかどうか記憶にないが、よくありがちな顔でドラマの中では前半言葉を発しなかったので勝手に障害がある役なのかと思っていたある夜Music Japanでその高志が出て、まれの中で使われていた曲「涙のふたり」を歌ったバンド名、little [続きを読む]
  • ずっと憧れていた生活のはずが...
  • 大人は働き、学生は学校で勉強、保育園では子供たちがキャーキャー奇声を上げながら遊んだり泣き叫ぶ日中。ぽかぽか陽気の日、こいつは物置の上で気持ちよさそうに寝ていた。一丁前に時々寝返りを打って腹まで出して日光浴か日がな一日ゴロンゴロン日が陰って腹が減り、「そろそろ見回りに行くか」とでも考えていたのか?「カモ発見」シャッター音で気づかれた「飯の時間か?」と確認するように視線を凝らす。「働かざる者食うべ [続きを読む]
  • 時間が経つにつれ執拗な嫌がらせにさえ感じられる爆音
  • 木、金は曇って気温も31℃くらいだったらしく、その前までに比べると過ごしやすかったが、土曜日はまた太陽がギラギラ猛暑になってからなるべく日中の外出は避け、牛君に会いに行く時間も日が暮れてからになった。午後6時半ころ家を出て自転車で牛君の縄張りに向かっていたら突如爆音が響いた自転車の上で飛び上がるようにビビり、空を見上げるとついに始まったかしかし私のいた場所からもくっきり見えたのでそれは新発見だっ [続きを読む]
  • 体重は減ったのにデブショウ
  • かつて平日は昼夜ほとんど外食だったが今年に入ってからはほぼ3食家飯になった。結果余分な贅肉がいつの間にかなくなり、体重は計ってないが昨年中きつく感じていた服がゆるゆるになった。お気に入りだったのに贅肉のせいで着れなくなっていた服も着れるようになり、見た目痩せすぎな感じだが、体調は良いので気分はすっきりしかし新居の住み心地が良いため、ますます出不精になってきた久々に友人と外食マンゴのライタ確か生姜 [続きを読む]
  • 過去の記事 …