shin さん プロフィール

  •  
shinさん: +0一級建築士事務所のblog
ハンドル名shin さん
ブログタイトル+0一級建築士事務所のblog
ブログURLhttp://pluszero.exblog.jp/
サイト紹介文+0一級建築士事務所のblog
自由文+0一級建築士事務所のblog
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/11/10 20:20

shin さんのブログ記事

  • + ”王子の家” 2016/11/03
  • + 昨日の午前中は”王子の家”の現場にて基礎配筋の最終確認。  アンカーボルトの種類と位置及び高さ(埋め込み深さ)、  スリーブの位置などの確認。  3日前の配筋検査での指摘事項も是正されており、  OKを出す。  今日、  耐圧版のコンクリートを打設。  明日の午前は基礎立ち上がりの型枠組み、  午後はコンクリートの打設。  明朝型枠を現場にて確認の予定。  他の現場でもそうだが、  図面にて細かく [続きを読む]
  • + 街の中でずれながら積層する
  • + 『新建築8月号 集合住宅特集』(新建築社)に、”CASA ESPIRAL"が掲載された際の文章と断面図をUPします。  (文章のタイトルは編集の方がつけてくれました)  専門誌に寄稿した文章ゆえ、  多少専門的な内容で読みにくい?しれませんが、  ご興味のある方は是非!後々にHPにもUPします。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−街の中でずれながら積層する周囲との関係について、建 [続きを読む]
  • + 王子の家 2016/9/28
  • + 昨日の9月28日大安に、   ”王子の家”の地鎮祭が執り行なわれました。  天気が心配でしたが、  午前中は暑いくらいの好天に恵まれました。  地鎮祭後は建物の位置出しとその確認。  少し修正をお願いして、  杭工事前に再度確認する予定。  いよいよ工事が始まります。  施工していただくのはコバ建設さん。  良いお家が出来るよう頑張らなければ。.         [続きを読む]
  • + 王子の家 2016/9/27
  • + 明日は”王子の家”の地鎮祭の予定。  工事契約から約1ヶ月が経ちますが、  その間に、  杭配置図、  基礎伏図、  基礎断面図、  基礎配筋図、  各階床伏図、  軸組図、  構造用金物納まり図、  等を工務店さんへの指示用に作成。  軸組みについては、  模型も利用して再度確認。  今回は骨組みはほとんど仕上げで隠れて見えなくなりますが、  金物が施工上無理なく納まるようにすることは、   [続きを読む]
  • + ”つくばみらいの家”の天井
  • + ここ最近なぜか、  ”つくばみらいの家”の天井についての問い合わせが複数あり。  問い合わせをいただいたのは、  建築専門誌と2つの建築設計事務所。  一般の方からの問い合わせが無いのはすこし寂しい気がしますが、  ”つくばみらいの家”は専門誌でしか発表していないし、  6年前の建物なので、  仕方がない。  ”つくばみらいの家”は旗竿敷地に建つ平屋といった  採光上は不利な条件でしたが、   [続きを読む]
  • + 王子の家 0907
  • + 王子の家が、  いよいよ今月末に着工を迎えることになりました。  ご夫婦ふたりのための、  生活の場であり仕事の場でもある、  密集地に建つ木造2階建ての住宅です。  小さな住宅ですが、  平面や断面構成に工夫を凝らすことで、  2階建てとは思えない、  変化に富んだ生活空間となっています。  現在は地盤補強の杭の配置や、  基礎配筋、  金物の納まりについて、  詳細図面を作成して再検討中。 [続きを読む]
  • + 『新建築8月号 集合住宅特集』 (新建築社)
  • + ”CASA ESPIRAL (西宮BLD)"が、  『新建築8月号 集合住宅特集』(新建築社)に掲載されました。    今回も編集は藤田恵弥子さんに担当していただきました。  今回の建物の特徴が上手く伝わるよう、  ページ構成を工夫してくださいました。  写真撮影は楠瀬友将さん。  見開きの写真は特に私も気に入っています。  ありがとうございました。  是非見ていただけたらと思います。. [続きを読む]
  • + ”住まいの設計 9・10月号” (扶桑社)
  • + 今朝、  事務所に”住まいの設計”(扶桑社)が届いていた。  ”住まいの設計”の最新号は、  「自然素材」と「平屋」の2つが特集されている。  「自然素材の魅力的な生かし方」の例の中で、  ”クラスターハウス(小田原の家)”の焼杉板の外壁の写真が2枚掲載  (同誌2015年9・10月号の再掲載)されています。  それだけなのに丁寧に本を送ってくれるのはありがたいです。  また、  CASA ESPIRAL(西 [続きを読む]
  • + 『ポール・ランド、デザインの授業』
  • + 図書館で偶然見かけて試しに読んでみた本。  薄く軽い本だが内容は結構重い本。  ポール・ランドはIBMのロゴなどをデザインした人。  以下はこの本からの抜粋。  「用語を全て自分で定義するべきだね。デザインが何かを定義するんだよ」  「デザインとは関係である。形と中身の関係だ」  言っていることはとてもシンプルで力強い。  自分にとってのデザインは何なのか?  あらためて考えてみる。. [続きを読む]
  • + 西宮BLD その5
  • + 今日は事務所にて西宮BLDの図面や資料等を整理する。  現場で使用した図面だけでも300枚ほどあるだろうか。  その他、  スタディ用の図面や施工図もあるので、  それらを整理しながら当時の設計過程を思い出す。  今回の建物の設計を始めるに際して、  1Fは店舗(飲食店)で、  2F以上は共同住宅である複合用途の建物、  という大まかなプログラムはほぼ決まっていた。  それに対して、  まずは大きな外 [続きを読む]
  • + 西宮BLD その4
  • +今回は1F店舗の写真をUPします。  店舗へのアプローチ。  扉のエキスパンドメタルと枕木は、  この建物の構造壁の市松模様をモチーフにしている。  看板のロゴとマークのデザインは藤田朋子さんによるもの。  私とお施主さん、藤田さんは、  17年程前は共にバックパッカーだった。  私とふたりは、  イランとパキスタンの国境付近の村で出会った。  店名の”mapa”はスペイン語で”地図”という意味らしい。  [続きを読む]
  • + 西宮BLDについて その2
  • + 今回は2〜5F共同住宅部分の室内についての予定だったが、  その前に建物の構造について。  前回書いたように、  今回の建物では共用部分のあり方を探ることを設計のテーマとしていたので、  外部階段を建物の外周にらせん状に巻きつける、  ということが始めの方の段階で決まった。  そしていろいろと模型等で、  外部階段と建物のヴォリュームの関係をスタディする過程で、  建物の各層のヴォリューム自体も、 [続きを読む]
  • + 西宮BLDについて その1
  • + 西宮BLDの写真がまとまりつつあるので、  順次アップしていきます。  今回は外部・共用スペースについて。  西宮市内のとある駅から徒歩で1分ほどの敷地に建つ、  飲食店(1F)+共同住宅(2〜5F)の建物。    建物の立面をモチーフにしたPostBox。  道路側(西側)立面。  左側が1F飲食店(スペイン料理)へのアプローチ、  右側が2〜5F共同住宅用の外部階段へのアプローチ。  東側立面。  建物の外周にら [続きを読む]
  • + 西宮BLD 竣工しました。
  • + 一昨日、昨日は引渡し及び撮影のため西宮へ。  予定より2週間遅れましたが、  無事竣工を迎えることが出来ました。  見積もり調整に苦労し、  基本設計を始めてから竣工まで2年半程かかったゆえ、  完成出来たことには感慨深い思いがあります。    現在、  撮影をしてきた写真をPCで現像中。  上はそのうちの1枚。   [続きを読む]
  • + 西宮BLD 3/18
  • + 先週末は西宮BLDの、  民間の確認指定機関による完了検査、  および消防署による検査が行なわれる。  ともに指摘事項無しで終わる。  ここまで大変長い時間がかかったが、  まもなく完成です。 [続きを読む]
  • + 西宮BLD 3/10
  • + 昨日は西宮の現場へ。  やっと道路側の足場が外れ、  外観があらわになる。  コンクリートの箱をらせん状にずらしながら、  積み上げた構成の外観。  打放コンクリートの肌合いも、  きれいすぎず汚すぎず、  この建物の無骨な形に合っていると思う。  電線などの引き込み柱も建つ。  今回は200mm角の角パイプを転用している。  ポンプ・開閉器置場と塀の基礎もコンクリートの打設が完了。  残すは塀の [続きを読む]
  • + 西宮BLD 2/25
  • + 昨日は西宮の現場へ。  2Fと3Fの床にモルタルを打設。  今回の建物の内装は、  壁と天井は打ち放しコンクリート、  床はモルタル、  と全体的にグレーでまとめられている。  階段周りを中心に、  コンクリート打ち放しの仕上がり具合を再チェック。  仕上がり具合は特別良いわけではないが、  個人的には打ち放し補修は余り好きではないので、  補修は最小限に抑える。  表面のきれいさよりコンクリート [続きを読む]
  • + 西宮BLD 2/18
  • + 昨日は西宮の現場へ。  やっと鉄骨階段が設置され、  建物の雰囲気が出てくる。  階段のささらの形は今回の建物の構成ルールから決めている。  3階踊り場から1F建物入り口側を見下ろす。  建物の形状及び敷地条件ゆえ、  階段はいくつもの小さいピースに分割したものを、  天井に設置したフックなどを利用して搬入し、  現場で組み立てている。  4階から5階、屋上への階段。  今回は、  鉄骨階段をコン [続きを読む]
  • + ”西宮BLD” 現場検査
  • + 昨日は"西宮BLD”の現場検査。  今日5Fスラブまでのコンクリート打設が行なわれる。  W1800mmH2700mmという同じ壁による構成(型枠の転用)というルールゆえか、  工事のペースが次第に早くなってきている。  年末には躯体コンクリートがすべて打ち終わる予定。  2Fの天井型枠も外し終えており、  コンクリートの打ち上がり状態をチェックする。  構造上問題となる欠陥も無く、  まずまずの仕上がり [続きを読む]
  • + ”王子の家” 実施設計完了
  • + 今日、  ”王子の家”の実施設計が完了。  明日工務店さんに見積りをお願いする運び。  ”王子の家”は、  幅が4mに満たない私道の突き当たりにある、  東京の住宅密集地に建つ小さな住宅。  私道の延長のような吹き抜け空間を持つヴォリュームと、  生活空間である小さな部屋が詰まったヴォリュームが、  ズレながら並列する構成となっている。  動線となる階段は吹き抜けの空間にまとめ、  部屋から部屋 [続きを読む]