yuushi さん プロフィール

  •  
yuushiさん: 一望千里
ハンドル名yuushi さん  
ブログタイトル一望千里
ブログURLhttp://ameblo.jp/itibousenri
サイト紹介文田舎ぐらしを通じて、自給自足への挑戦をしながら日常の出来事を記事にしてお知らせします。
自由文妻と愛犬チャムの2人と1匹の毎日の出来事を記事にして、田舎暮らしの楽しさを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 367日(平均6.8回/週) - 参加 2009/11/10 21:16

yuushi さんのブログ記事

  • 今日の収穫とカボチャの煮物
  • 今日の収穫は万願寺トウガラシとナス、キュウリ、トマトとカボチャです。 ■万願寺トウガラシとピーマン万願寺トウガラシもピーマンも採れ過ぎて、近所や知り合いにお裾分けしているのですが、少々、持て余し気味です。万願寺トウガラシは産直で買ったものから種を採ったのですが、こんなに沢山生るとは思いませんでした。毎日のように煮浸しや、焼いて醤油をかけて食べていますが、私は焼いて食べるのが好きです。今はわけあって [続きを読む]
  • イチジクの甘露煮
  • KYさんがイチジクの甘露煮を持って来てくれました。イチジクは新地町の特産品ですが、市場に良く出回っている赤いものではなく、青イチジクと言われる種類で、生では食べることが出来ないので、甘露煮やジャムにして食べます。 ■貰ったイチジク冷凍したものと、昨日煮たという甘露煮ですが、甘過ぎるので一度に何個も食べれないので、冷凍したものはそのまま冷凍庫入りです。 ■我が家のイチジク今年3月にKYさんから苗木を [続きを読む]
  • サンマ汁とズイキの油炒め
  • 〔サンマ汁〕秋刀魚と書くだけあって、秋はサンマの美味しい時期ですが、今年は豊漁で、最安値ではないかと思いますが、、10匹650円で買って来ました。随分、安くなりましたね!サンマの汁と言えばツミレ汁が一般的ですが、今日は丸ごと使った珍しいサンマ汁を作って見ました。下処理に内臓を取り除いてブツ切りしますが、綺麗な内臓の取り方を紹介します。 (1)頭に切り込みを入れる。骨まで切っておきます。 (2)肛門の手 [続きを読む]
  • 鹿狼山の登山道整備
  • 今日は年3回の「鹿狼・山の会」の登山道整備に参加して来ました。8時集合だったので、早めに朝食を済ませて、Mさんと軽トラで集合場所に行くと既に多くの人が集まっていました。毎回、ほぼ、同じ顔ぶれですが、毎日のように登山している会員以外の方も参加して草刈組と、登山道の排水路の整備組に分かれ、2コースを行いました。 ■作業中の立て札今日は日曜日なので登山者が多く、狭い登山道では草刈機を使用しての作業は、後ろ [続きを読む]
  • ハチ退治!
  • 今日もハチの話題で恐縮ですが、切れなくなった鎌が研ぎ終わったので、小屋にしまうため中に入ると、アシナガバチが1匹飛んでいました。殺虫スプレーを持って来て噴霧しようとすると、目隠しに貼っているベニヤの裏に入ってしまったので覗き込むと大きな巣を作っていたので、巣に向けて噴霧すると苦しみもがいたアシナガバチがボタボタ巣から落ちて来ました。数匹だと思っていたら何十匹もいるではないですか・・・ビックリしまし [続きを読む]
  • クマバチとシソの実採り
  • シソの実を採りに行くと、ウドの花でクマバチが夢中で吸蜜していました。これだけカメラを近づけても全く気にする様子がありません。よほど空腹だったのでしょうか?(笑い) お陰で良い写真が撮れました。 ■夢中で吸蜜するクマバチ(メス) ■クマバチの口吻(画像は福原のページからお借りしました。)クマバチは上の画像のように、花に口吻を差し込んで蜜を吸います。このクマバチはメスですが、オスとの違いは顔が真っ黒の [続きを読む]
  • イナダのユッケ丼
  • 昨夜は2度も震度4の地震があり、驚きました。眠い目を擦って、アジア大会を見ていたので、突然の揺れに眠気もすっ飛んでしまいました。何時も途中で寝てしまうですが、お陰で最後まで見ることが出来ました。(笑い)その所為か?、今朝、ラジオを聞きながらウトウトしてしていると、突然の携帯の音にビックリ!慌てて出ると「起きてる?イナダを貰ったから取りに来て!」とHRさんに呼び出せれました。 ■貰ったイナダ午前中に [続きを読む]
  • 空飛ぶミノムシ
  • 除草剤を調合している時、不思議なものが、空中を飛んでいるので、コンデジを取り出し構えたのですが、あっちに行ったり、こっちに来たりして、なかなか捉えることが出来なく、5枚撮ったうち、ピントが合ったのは1枚だけでした。翅が無いように見えるのに、あるような飛び方なので、捕まえてやろうと手を伸べると、クモの糸らしいものが、引っ掛かって、動きが止まりました。良く見ると繭の中に頭のようなものが見え、口から糸を [続きを読む]
  • サワアザミとニホンアマガエル
  • 3年ほど前に消えてしまったと思っていたサワアザミが、元の場所から5mほど離れた草陰に2株咲いていました。花が咲いていないと、知らずに刈られてしまうため、その場所を通りがかる度に残念な思いをしていたので、発見した時には嬉しさのあまり、声が出てしまったほどです。サワアザミは大きいものは直径4cmぐらいになり、アザミの中では一番綺麗ではないかと思います。増えてくれれば良いのですが・・・ ■サワアザミサワ [続きを読む]
  • キアゲハの幼虫大発生!
  • 10日ほど前にキアゲハがジンジンの周りを良く飛んでいると書きましたが、今日、葉に沢山の幼虫が発生しているのを発見しました。枯れ掛かった葉があるので見ると、大きな幼虫がムシャムシャ食べているではありませんか、それも沢山、いるのです。早速、1匹づつ手で幼虫退治を始めましたが、しっかり茎にしがみ付いて離れないので、大変でしたが、30分ぐらいで綺麗に駆除しました。 ■キアゲハの幼虫(虫嫌いの読者の方には気 [続きを読む]
  • パラグライダーと小松菜とシュンギクの種蒔き
  • 先日買って来た小松菜とシュンギクの種を蒔くため、畝を耕していると亘理町の方向からパラグライダーが飛んで来ました。気持ち良さそうに飛んでいるので写真を撮ろうとしていると、もう1基飛んで来て松川浦の辺りでUターンして来たパラグライダーと上空ですれ違って飛んで行きました。 ■パラグライダー時々、飛んでいるのを見ますが、2基飛んでいるのを見たのが始めてです。今日は風も無いので絶好の飛行日和です。1畝に小松 [続きを読む]
  • コノシメトンボとノシメトンボ
  • 赤いトンボは皆、ナツアカネやアキアカネと思っていませんか?実は私も普段、周りを飛び回っているので、アキアカネと思って撮ったのですが、翅の先が黒褐色なのと胸部の模様でコノシメトンボだとわかりました。 ■コノシメトンボ赤トンボの仲間は12種類ほどいるそうですが、全身が真っ赤になるのはアキアカネとネキトンボと、コノシメトンボの3種類だけだそうです。特にコノシロトンボは赤トウガラシのような深い赤紅色をして [続きを読む]
  • 巨大ナメクジ
  • 鹿狼山の頂上で珍しい人に逢いました。町の○○○○に勤めているSA嬢が親子で登山していたのです。以前、登山を薦めたことがあるので、その気になったのか?と思ったのですが、、どうやら、スズメバチの状況を確認するため、仕事を兼ねての登山だったようです。これを機会に、親子で登ってくれれば良いのですが・・・二人は先に下山し、私とFKさんは登って来たSUさん夫妻と話しをしてたので、少し遅れて下山したのですが、東 [続きを読む]
  • 新サンマ
  • ペットサロンBOBに行った帰りに、スーパー○○○に寄ると魚コーナーに新サンマが、1匹98円で売られていました。最近では冷凍サンマでも120円以上、生サンマでは190円ぐらいしていたと思うので高くて買っていませんでしたが、100円切る値段は久しぶりなので、思わず買ってしまいました。サンマは安くて美味しい庶民の魚として長く親しまれて来たのですが、海水温の関係で不良が続き、漁業関係者を悩ませていました。 [続きを読む]
  • 彼岸花
  • もうすぐ、彼岸の入りですが、この時期に咲く彼岸花が南側の窪地に咲いていました。気の所為か年々、増えているような気がします。この場所を去年、草刈してミツバチの待ち受けに巣箱を置いたのですが、ミツバチが寄ってこないため断念したので、今では藪が深くなり近づくことも出来ません。 ■彼岸花(曼珠沙華)赤花の他にも白花や黄色いものもあるようですが、何といっても真っ赤な花は妖艶な美しさが魅力だと思いませんか?彼 [続きを読む]
  • ホウノキの実
  • 月日が経つのは早いものですね!もう9月半ばとなってしまいました。涼しくなって来たので、そろそろ朝食を済ませてから、ゆっくり登ろうと思っていますが、5時半に目覚めると外は明るかったので、出掛けることにしました。木々の中には早くも色付き始めているものもあり、秋の空気を感じながらの登山ですが、今日は登山道で変わったものを見つけました。 ■ホウノキの実真っ赤に熟してマムシグサにも似ていますが、これが何だか [続きを読む]
  • メロンの惨害の撤去と空芯菜の収穫
  • 暫く放置していたため、朝から畑の草取りをしていました。しゃがんでの作業なので、腰が痛くなり、飽きて来るので思うように進んでいませんが、暇つぶしのつもりで、のんびりやっています。夕方にマクワウリとメロンの残骸の撤去を始めましたが、路地栽培での果物は病気や害虫、カラスの被害など問題が多く、難しいことを思い知らされた年でしたが、自然相手のことなので諦めず、来年は苗の作り方などをもっと工夫して見ようと思っ [続きを読む]
  • ニンニクの種の植え付けと黄からし菜の種蒔き
  • ニンニクのホワイト六片の種を植えました。去年はジャンボニンニクを植えたのですが、調理用には大き過ぎて余ってしまうことがあるので、普通サイズのニンニクにしようとコメリで買って来ました。流石、青森県産だけあって3個で1000円で、ビックリ!あまり高いのでためらったほどです。 ■ニンニクの種と畝ホワイト六片といいますが、必ず六片あるわけではなく五片のものや七片のものもあったりしましたが、18個の種を植え [続きを読む]
  • スズメバチのその後
  • 群馬の山さんからコメントをいただき、先日のスズメバチはオオスズメバチだと指摘がありました。私はオオスズメバチより一回り小さかったので、キイロスズメバチだと思っていましたが、巣が小さい時の働きバチは小さく、巣が大きくなるに従って大きくなるのだそうです。早速、訂正させていただきました。それと、殺虫スプレーでは根絶することは出来なく、薬液の臭いが薄れると、また寄って来るというので、様子を見に鹿狼山に登っ [続きを読む]
  • 大根の種蒔きと白菜とキャベツの芽
  • 4日前から持病の治療のため通院していたので、秋野菜の準備が遅れていましたが、やっと大根の種を蒔くことが出来ました。 ■大根の畝5列、畝を用意しましたが、芽が出ると、カラスや野鳥に悪戯されるので、ロープを張りましたが、根きり虫にもやられるので、多めに種を蒔きました。大根は主に調理用や沢庵用に使いますが、ほかに去年、試しに作った凍み大根と大根の干し葉が子供の頃を思い出す懐かしい味だったので、今年も作ろ [続きを読む]
  • 1号巣箱の継箱
  • 昨日、やっと1号巣箱の継箱を終えました。これで、来春までもつと思うので、一先ず安心です。今回は応援が望めなかったので、1人でやるため巣箱に取っ手を取り付け、巣箱の継箱を置いて静かに持ち上げ重ねました。 ■継箱した1号巣箱画像ではわかり難いのですが、継箱を終えた後、興奮したハチが空中を乱舞し、面布に向かって襲いかかって来るもの、残った巣門に群れるものなど様々で、落ち着かず、なかなか新しい巣門に入っ [続きを読む]
  • 登山道のスズメバチ
  • 何時ものように朝、鹿狼山に登りに行くと降りて来たFKさんが、緊急通報ポイントNO7の30m手前の木にスズメバチが群がっていて刺された人がいるらしく、注意するように言われました。。 ■スズメバチがいる木登って行くとNO7の手前で降りて来たKMさんが、指した木の根元にオオスズメバチが4〜5匹、樹液を吸っているが見えました。上の画像の木は5日ほど前に記事にしたカシノナガキクイムシの被害にあっているよう [続きを読む]
  • ニラの花に集まるチョウ
  • ニラの花にいろいろなチョウが集まって来ます。チョウには臭いを感じる器官があるらしいのですが、ニラ臭いのが好きなのでしょうか?常に10匹近いチョウが群がっています。今まで、ニラの花を綺麗だと思ったことはありませんでしたが、画像をアップで見ると純白で綺麗だということに初めて気が付きました。、 ■アカタテハキタテハが群がっていると思っていましたが、中に数匹アカタテハ混じっているのに気が付き、カメラで追っ [続きを読む]
  • キカラスウリ
  • チャムの散歩に行った時にHさんの家の傍でキカラスウリが生っているのを見つけました。東北ではカラスウリとキカラスウリの2種類あるのと思うのですが、カラスウリの実は赤いのに対し、キカラスウリは黄色の実をつけます。裏山になっているのはキカラスウリばかりで、10月末ぐらいになると黄色く色付いた実が沢山なっているのを良く見かけます。 ■キカラスウリ(下の画像は2010・11月に撮影したものです。)カラスウリ [続きを読む]
  • ミツバチの継箱
  • 雨上がりに巣箱の内検をしようと、巣門を開けて見ると底板につきそうなほど巣が成長していてビックリ! 暑い日が続いていたので、内検を怠っていたのが悪かったのですが、こんなに大きくなっているとは思っても見ませんでした。1号巣箱はKSさんから貰ったもので、私の持っている巣箱より5mm大きいため、後回しにして2号巣箱からやろうと思ったのですが、一人では難しそうなので、Fさんに応援に来てもらって1段だけ継箱をし [続きを読む]