yuushi さん プロフィール

  •  
yuushiさん: 一望千里
ハンドル名yuushi さん
ブログタイトル一望千里
ブログURLhttp://ameblo.jp/itibousenri
サイト紹介文田舎ぐらしを通じて、自給自足への挑戦をしながら日常の出来事を記事にしてお知らせします。
自由文妻と愛犬チャムの2人と1匹の毎日の出来事を記事にして、田舎暮らしの楽しさを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 366日(平均6.8回/週) - 参加 2009/11/10 21:16

yuushi さんのブログ記事

  • 杉の端材と分蜂の準備
  • 森林組合のMMさんが製材した端材を持って来てくれました。端材は直ぐ必要ではなかったのですが、Hさんに作り方を教えてもらって、コウナゴ用の釜を作ろうと思っているので、その燃料にするためです。トタンを折り曲げて作るのですが、コウナゴを煮るためではなく、ワタリガニやトウモロコシなどを煮るためです。我が家はIHなので、プロパンガスに比べ火力が弱く、大きな鍋が使えないので、煮るのに時間が掛かるのです。■製材 [続きを読む]
  • 洞(ウロ)探しとケヤキの樹皮
  • 今朝も早起きしてチャムと鹿狼山へ登って来ました。山仲間の誰かが言っていましたが、どうやら私も依存性登山症候群のようです。3日も登っていないと、何故か山に登りに行きたくなるのです。特に、これからの時期はキクザキイチゲやアズマイチゲ、カタクリの花が咲き始め、木々の芽吹き始める季節は、登る度に新たな発見もあるので楽しみなのです。 ■巣穴から顔を出したばかりのムササビムササビが見られるかな?と思って登った [続きを読む]
  • 第二次新地町復興計画策定委員会
  • 第二次復興計画策定委員に任命されたので、会議に出席して来ました。復興状況の確認と第一次復興計画の見直しについて、工事現場をマイクロバスで廻り説明を受けましたが、時間がなiいため、見学場所を飛ばしたり、バスから降りて状況の確認も出来なく、会議での説明も内容が多過ぎて、かなり省略された形となり、事前に配布された資料を見ただけでは、把握しきれないものでした。 ■釣師防災緑地見学者用に用意しているパネルで説 [続きを読む]
  • やっとジャガイモの植え付け終了!
  • 今日も風が少し強かったのですが、意を決して最後の1畝のジャガイモを植え付けました。メークイン2畝とキタアカリ2畝ですが、30cm近く溝を掘り、種芋を植えるのですが、周りの家では私のように深植えしている人はいません。皆、そこそこの溝を掘り、土盛りして植えていますが、我が家は土が硬く、肥沃でないため堆肥を底に敷き、土を被せた上に種芋を30cm間隔に置き、間に化成肥料を置いて覆土しています。後は芽が成長 [続きを読む]
  • キボシアシナガバチ
  • 動物避けのネットにアシナガバチがとまっていたので、強風に耐えて良く頑張っているなと思っていましたが、良く考えると3月にしては活動時期が早過ぎるので、多分、越冬から目覚めた女王バチだと思います。(スズメバチ科のハチは女王バチだけが越冬し、働きバチは皆死んでしまいます。)セグロアシナガバチは軒下などに巣を作るので良く見ますが、この種類はキボシアシナガバチといい、あまり見かけない種類なので写真を撮りまし [続きを読む]
  • 梅の花とツバメの飛来
  • ジャガイモの植え付けをしていると、昼過ぎに強い風が吹き出し作業を中断していまいました。風速10mぐらいはあるでしょうか?外はチョットした嵐です。もう1畝で植え付けも終わるので、残りは明日やろうと思っていたのですが、ペットサロンの予約をしたそうで、午前中は出来なくなってしまいました。なかなか、思うように進みませんね・・・ ■梅の花やっと梅の花も咲き出し、春らしくなって来ましたが、折角咲いた花がこの風 [続きを読む]
  • やっと撮れたムササビ!
  • 早起きして、撮影に行った甲斐があり、やっとムササビの姿を確認することが出来ました。巣穴のある杉の木の近くまで来ると巣穴から顔を出しているのが見えたので、興奮しました。巣穴を見つけてから、5日目での対面です。ムササビの実物を見るのは初めてですが、何とも愛らしい顔をしています。 ■ムササビ群馬の山さんのコメントでは、子育てしている時に危険を感じると、何処かに引越してしまうそうなので、今後は、あま [続きを読む]
  • イノシシ
  • 今朝、メールを開くとW先生から送られて来たイノシシの画像を見てビックリ!しました。パークゴルフ場の北側に仕掛けた檻にイノシシが入っていたそうです。カメラを持っていなかったので携帯で撮ったそうですが、逃げようとして鉄格子に何度も激突して血まみれになっていたそうです。早速、登山の帰りに見に行くつもりでしたが、頂上付近でW先生と遇うと、今朝、前を通ったら処分したのか?もういなかったそうです。残念でした。 [続きを読む]
  • ジャガイモの植え付け準備
  • 昨日、SUさんからメークインの種芋を貰ったので、今年はメークイーンを植えるつもりでしたが、妻に聞くと、メークインは煮崩れしにくい芋なので、カレーやシチュー、 肉じゃがなどに良いが、フライやポテトサラダにはキタアカリの方が良いのでキタアカリも欲しいというので、物置に保存していた種芋を引っ張りだして選別し、両方、植えることにしました。 ■メークインとキタアカリの種芋量が多過ぎるかも知れませんが、余ったら [続きを読む]
  • シラウオとナメタガレイ
  • シラウオとナメタガレイを貰いました。シラウオは”春告げ魚”と呼ばれ、今が旬ですが時間が経てば透明なものが白くなり、味も落ちるので鮮度が命です。生で食べるのが一番なので、貰った時は何時も刺身か軍艦巻きにして食べます。■シラウオと軍艦巻き残ったものは掻き揚げとか吸い物にしますが、高級魚なので普通はなかなか食べることの出来ない海辺暮らしならではの食材です。関連記事はこちら↓http://ameblo.jp/itibousenri/e [続きを読む]
  • 鹿狼山の春の目覚め
  • 今朝、7時近くにFKさんから鹿狼神社の杉の木にムササビらしいのが、顔を出しているのを確認したと電話がありました。TMさんが、携帯で写真を撮ったと言っていましたが、フラッシュにビックリして引っ込んだそうです。携帯ではズームに限界があるのでハッキリしないかもしれませんが、今度遇ったら見せて貰おうと思います。まだ、リスかムササビはハッキリしていませんが、ムササビだとすれば夜行性なので、6時ごろに登ったの [続きを読む]
  • コゲラとムササビの巣?
  • 鹿狼山の頂上で休んでいたMAさんが、キツツキのドラミングは聞こえるのに姿が見えないと言っていましたが、下山中に突然、コゲラが近くの木のとまりました。今まで何度も逃げられて上手く撮れたことがなかったのですが、今日は1枚だけですが、撮れてラッキーでした。  ■コゲラコゲラは森の医者と言われ、森を守ってくれる大切な鳥なのです。キツツキの仲間が多いのは全国的に蔓延している「ナラ枯れ病」と関係があり、鹿狼山 [続きを読む]
  • 巣枠の製作
  • 2日ほど少し温かい日が続いたので、数日前から、少しずつ始めていた巣枠の製作も、明日、天板を付ければやっと終わります。今年は全部で10〜11箇所に巣箱を置くつもりなので、5個分の巣箱を作りました。畑仕事が忙しくなる前に片付けておかないと手が回らなくなってしまうのを避けるためです。 ■アク抜きした後の乾燥20日ほど水に漬けてアク抜きしてから、乾燥させていたのですが、風が強いところなので、飛ばされる心配 [続きを読む]
  • 化石発見!
  • 昨日、山桜の植樹をしている時に山の会のAGさんとSUさんが、貝の化石を発見しました。ノリ面が崩れたところに沢山あるのです。こんなところに化石があるなんて知りませんでしたが、「花木山」のオーナーのASさんは知っているのでしょうか? ■貝の化石漁師のOHさんがホッキ貝の化石だと言っていましたが、そういえば大きさも形も良く似ています。この辺は泥岩が多く、泥の中に埋まった貝がそのまま化石になったのかも [続きを読む]
  • さくらプロジェクト復興記念植樹
  • 「一般社団法人さくらプロジェクト3.11」と「NPO右近清水と桜を守る会」と「鹿狼・山の会」が合同で行った植樹会に参加して来ました。「さくらプロジェクト」による植樹は今回で3回目で、「NPO右近清水と桜を守る会」を中心に新地町のいろいろな場所に植樹して来たようですが、今回は「花木山」に50本、隆昌時、十三奉行、富倉会場に合わせて50本、合計100本を植樹します。東京から来られた「一般社団法人さくら [続きを読む]
  • コガラとヤマガラ
  • 今日の鹿狼山はうっすらと積雪が残り、やっと春らしくなって来たと思っていたのに、また、少し冬に逆戻りしたかのようです。何時も野鳥の写真を撮ろうとカメラを持って登るのですが、冬は野鳥が少なく、チャンスがあまり無いので、今日はコガラやヤマガラの姿を見ることが出来、ラッキーでした。■鹿狼神社とチャム登山道が乾いてチャムが汚れなくなったのに、また数日間は雪が融けてグチャグチャになるかも知れません。来週までに [続きを読む]
  • モズとノビルとタンポポ
  • 久しぶりに風が弱く、太陽が出ていたので、窓辺でまどろんでいましたが、庭にモズが飛んで来たので、カメラを持ち出し撮りに外に出ると、気配に気が付いたのか逃げられてしまいました。仕方がないので西側の斜面に行くと、運良く、またモずが飛んで来て枝にとまったので、良い写真が撮れました。 ■モズ(♂)モズは縄張りを持っているので、暫く待っていると戻って来ます。この時期は周りが枯れて緑が少ないため、綺麗な画像は取 [続きを読む]
  • 東日本大震災から4年
  • 今日で東日本大震災から4年が経ちました。あの日は家で妻と映画を見ていましたが、突然、防災無線の警報が鳴り、一瞬、何が起きたかわからず、立ち上がった途端に、地鳴りと共に今まで経験したことの無い強烈な揺れに襲われました。恐怖でパニックになっているチャムを連れて、妻と外に出ましたが、立っているのがやっとの状態で何分続いたかわかりませんが、兎に角、長く一端、収まりかけたと思ったら、また再び強烈に揺れ出し、 [続きを読む]
  • 大雨
  • 私は何時も9時に床に入るので知りませんでしたが、仙台で100mm近い雨量だといっていたので、新地町もそれに近い雨量だったのではないでしょうか?今朝、郵便局に行く時に、町道の田中大戸浜線が大雨で冠水寸前になっていました。この場所は地震で地盤沈下した所為で、雨が降る度に水が溜まり、中々、はけないのですが、先日、回覧で田中大戸浜線の嵩上げ工事を8月に着工して11月までに完了させると通知がありました。国道 [続きを読む]
  • 不忘山とB−29激突
  • 私が生まれる3年前の出来事ですが、明日は南蔵王の不忘山にB−29が激突した日だったのですね!今では人々の記憶も薄れ、そんなことがあったことも知らない人が多い思われますが、激突から70年年の節目を迎え、史実を風化させないため、市民団体による山麓から一望出来る「不忘平和公園」の整備計画が進んでいることをネットで知りました。 ■激突した機体と場所(画像は河北新報のオンラインニュースより借用しました。)3 [続きを読む]
  • フキノトウ
  • 残念なら今日も午後から雨になってしまいましたが、今朝、ウグイスの初鳴きを聞きました。鳴き声を聞くと春が来たと感じますね!春を告げるといえば何といってもフキノトウですが、山菜好きの私としては、この時期になるとフキノトウの芽吹きが待ち切れなく、若草色のフキノトウの葉を見つけると、何故かホッコリした気持ちになります。昨日、山桜の植樹の準備が終わってからASさんに案内してもらい、斜面で採って来たフキノトウ [続きを読む]
  • 山桜植樹の準備
  • 14日に開催する「山桜植樹」の準備のため、鹿狼山駐車場に9時に集合しました。予め、植樹する場所は重機で平にし、草刈機で周囲を綺麗にしてあるので、今日は苗木が倒れないように支える竹を採る作業です。 ■作業内容の説明参加者は30名程度で、ナタとノコギリを持って集合しましたが、今日は雨の予報だったので、「鹿狼の湯」のKGさんが昨日、1人で竹を切ってくれたそうです。 ■憩いの森竹の支柱はKGさんが用意した [続きを読む]
  • 福寿草の花
  • 今日は啓蟄だそうですが、本格的な春がそこまで来ていることが実感する陽気だったので何時もの登山から帰ってから、裏山に置いている巣箱を回収に行くとHさんの庭に福寿草が綺麗に咲いていました。 ■福寿草福寿草はキンポウゲ科の花なので、「綺麗な花には毒がある」というように、全草、毒があり致死量は0.7mg/kgで、猛毒と言っても良いぐらいのレベルです。芽が出たばかりのフキノトウと間違って食べ、中毒を起こすことがあ [続きを読む]
  • トンビの目
  • 昨夜も風が強く、ゴーゴーと家が揺れるほど吹いていましたが、今日も朝から風が強く、夕方になっても収まりません。風速10m以上あると思いますが、毎年、この時期は風に悩まされますが、4月になると穏やかになるので、もう暫くは我慢が続きます。 ■強風に耐えるトンビトンビも枝にとまって必死に耐えています。トンビは猛禽類なので、鋭いクチバシや爪をしていますが、「鵜の目、鷹の目」といいますが、目も、鋭い目つきをし [続きを読む]
  • 野生のイノシシの実態!
  • 昨日、鹿狼山に登った時に山道脇をイノシシが掘った50cmぐらいの深さの穴を見つけ、こんなに深く掘られているのは珍しいので、写真に撮って来ました。春になったためか、あちらこちらにラッセル痕があり、獣道もいたるところに見られます。放射能の所為で狩猟するする人も減っているようで、野放し状態です。このまま放置して置くと、益々、増えて登山者や麓の農家に人的被害が出ないとも限りません。 ■イノシシが掘った穴我 [続きを読む]