yuushi さん プロフィール

  •  
yuushiさん: 一望千里
ハンドル名yuushi さん  
ブログタイトル一望千里
ブログURLhttp://ameblo.jp/itibousenri
サイト紹介文田舎ぐらしを通じて、自給自足への挑戦をしながら日常の出来事を記事にしてお知らせします。
自由文妻と愛犬チャムの2人と1匹の毎日の出来事を記事にして、田舎暮らしの楽しさを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 366日(平均6.9回/週) - 参加 2009/11/10 21:16

yuushi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 竹細工の修理
  • コスモスの花も終わりましたが、竹細工のコスモスが震災で倒れて壊れたのですが、長い間放置していたので、思い切って修理しました。 ■壊れたコスモスの竹細工 ■修理完了直すのが面倒なので、そのままにしていたのですが、今日はやることも無く、材料を探して見ると、まだ物置に残っていたので直して見ました。材料さえ揃っていれば2時間ほど修理出来ますが、竹は繊維質なので、薄い板状にするとハサミを入れると割れるので神経 [続きを読む]
  • 切干大根
  • 長野の地震の被害に逢われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。また、一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。一瞬にして昨日までの生活が失われ、路頭に迷われていることと思いますが、気を強く持って頑張っていただきたいと思います。天気が良いので、雑用が済んでから大根を抜いて来て、切干大根を作って見ました。切干大根は保存食として貴重なので、カビが生えないで長期間、保存出来るか試して見ようと思ってい [続きを読む]
  • 1号巣箱の蜜絞り
  • 採蜜と継箱の時に外した1号巣箱はKSさんから貰ったものなので、サイズが少々違うのですが、勿体無いので、固定していた底板を引き出し式にして掃除がし易いように、上下開閉式の巣門を扉式に改造しました。、 ■改造した巣箱これで掃除がし易くなりました。午前中は巣箱の改造、午後からは2号巣箱の蜜絞りが終わったので保管していた1号巣箱の蜜を絞りました。最初に絞った場所が透明波板の小屋の中だったので、スキマから [続きを読む]
  • 大根干し
  • 今日はポカポカ陽気だったので、晩秋の風物詩でもある大根干しをしました。田舎ではどの家でも、この時期になると軒下に干していますが、沢庵は家によって酢やくちなしの実を入れたりして、作り方も味も少し違います。我が家の沢庵は「沢庵漬けの素」などは一切使わないので、色は少し劣りますが糠や塩、昆布、唐辛子、干した果物の皮、ザラメを入れた昔風の沢庵で、子供の頃から親しんだ味です。 ■大根干し昨年は出来が悪く、 [続きを読む]
  • ハヤトウリの味噌漬け
  • 朝、外に出て見ると霜が降りて白くなっていました。多分、初霜だと思いますが、いよいよ本格的な冬がやって来ます。今日は買出しに相馬に行ったので出来ませんでしたが、沢庵用の大根を収穫して干さなければ凍ってしまうので、少し焦っています。明日、時間があれば収穫したいと思います。収穫したまま放置していたハヤトウリも、何時までも置いておくわけにいかないので、味噌を買って来たので味噌漬けを作って見ました。■ハヤト [続きを読む]
  • カラシ菜とキクの花の天ぷらとカボチャの煮物
  • 自家製野菜で作る食事は材料費が掛からないばかりではなく、知恵を絞って美味しく食べる方法や作った野菜を無駄にしない利用方法など工夫も必要だと思っていますが、我が家の畑の野菜も少なくなったので、今夜はカラシ菜とキクの花を天ぷらにして見ました。 ■自家製野菜の天ぷらカラシ菜とキクの花だけのつもりでしたが、使い残しのニンジンとゴボウ、サツマイモを使って天ぷらにしたので多くなりました。残ったものは明日に廻る [続きを読む]
  • カマキリの生態
  • 日々、寒さが厳しくなりキクの花も盛りを過ぎようとしているので、冷凍保存を追加するため、花を摘みに行くと、オオカマキリのメスがとまっていて、触っても動きません。何度か指で触ると花の陰に隠れようと、スローモーションのように動き出しました。良く見ると産卵を終えたばかりなのでしょうか?お尻の先に白いものが残っています。カマキリは産卵で相当、体力を消耗するらしく、産卵中に死んでいまうものもいるそうです。翅も [続きを読む]
  • 最後の収穫
  • 朝晩の気温が低くなって来たので、霜が降りる前に、ハヤトウリとピーマン、万願寺トウガラシ、トマトを収穫しましたが、トマト以外は最後の収穫になります。後は小松菜と大根、ニンジンが残っているだけになってしまいました。畑仕事が無くなると暇になるので、冬場の楽しみ方を思案中ですが、何をやったら良いのか思い付きません。何か良い暇つぶしを考えなければ・・・ ■トマト、ピーマン、ハヤトウリ、万願寺トウガラシの収穫 [続きを読む]
  • 登山と芋煮会
  • 恒例の「鹿狼・山の会」の登山と芋煮会に参加して来ました。隣のMさんと一緒に車で向かうと既に大勢の人が集まっていましたが、今年の参加者は35名ぐらいだそうです。 ■出発事務局の挨拶の後、FJさんのホラ貝を合図に9時15分出発です。新しく入会した人や埼玉から遊びに来たGOさんのお孫さんなど会員以外の参加者も、芋煮を食べる前に腹を減らしておこうと元気良く出発です。 ■樹海コースの紅葉樹海コースの紅葉 [続きを読む]
  • 初めての採蜜
  • 来年、分蜂を終えてから採蜜をするつもりでいましたが、昨日、IZさんに採蜜しても分蜂は出来るので、やった方良いと強く勧められたので、思い切ってやって見ることにしました。風が強かったので、物が飛んだり、面布があおらたりで悪戦苦闘でしたが、人に頼らず何とか無事に済ませることが出来ました。 ■上蓋と1段目の切り外し巣箱の上部を軽く叩いてミツバチを追い下げて、ナイフで周りを切り外します。画像は太って見えます [続きを読む]
  • 食用菊の収穫
  • 収穫した食用菊を湯搔いて冷凍保存しました。今年の春は忙しかったので、去年の菊をそのまま放置してしまったので、花が小さいものが多いのですが、今が盛りとばかり、沢山、花を咲かせています。今日はビニール袋1つ分だけ収穫しましたが、一度に沢山摘んでも、花ビラをほぐす作業が大変です。二人で1時間ぐらい掛けてほぐしましたが、その後も処理があるので面倒ですが、保存食は野菜の採れない冬場には貴重な食材なので、腰痛 [続きを読む]
  • ハヤトウリの塩漬け
  • ハヤトウリが沢山、採れたので塩漬けにして見ました。半田山登山の時にSUさんが持って来たのを食べたら、とても美味しかったので、作り方をネットで調べて作りました。本当は醤油漬けにしたかったのですが、レシピを見ると、酢や砂糖など入れ、何度も煮汁を煮たりして面倒なので、塩漬けにしました。 ■ハヤトウリの塩漬け(ハヤトウリ3個分)皮を剥いて4等分に切り、種を取り除いてから5mmぐらいの厚さに切り、塩もみを [続きを読む]
  • ヒヨドリジョウゴ
  • 鹿狼山の落ち葉が目立って多くなって来ました。もう直ぐするとチャムが飛び跳ねないと前に進めないほど、落ち葉の吹き溜まりが出来、いよいよ、本格的な冬を迎えることになります。私の登山は草花などを楽しみながら登ることですが、その楽しみも少なくなりチョット寂しいのですが、今日は発見したヒヨドリジョウゴを紹介します。 ■ヒヨドリジョウゴの実ヒヨドリジョウゴにソックリなマルバノホロシと区別が受け難いのですが、葉 [続きを読む]
  • クリタケ
  • 登山道の脇に美味しそうなクリタケが出ていました。放射能の線量がまだ高いため、食べることは出来ないのですが、落ち葉の下に塊になって出ているのを見つけた時は、声が出るほど嬉しいキノコです。勿論、味も最高で、どんな調理にも合うのですが、私はバター醤油にタカノツメを少し入れてピリ辛炒めたものが好きです。山菜やキノコは見るだけでも楽しいものですが、原発のお陰でこの先もずっと食べられないと思うと、やっぱり残念 [続きを読む]
  • ミツバチの給餌器
  • 月に数回の日用品や食料品などの買出しの日だったので、先日、KMさんが使っていたペットボトル給餌器を真似して作って見ようとダイソーへやカインズなどを4箇所も見て歩いたのに、肝心のペットボトルのキャップを見つけることが出来ませんでした。100均で買ったと行っていましたが何処で買ったのでしょうか? ■KMさんが使っているペットボトル給餌器ペットボトルのキャップはノズルの部分を熱で曲げたように見えますが、 [続きを読む]
  • 復興産業祭
  • 毎年、恒例の復興産業祭を見に行って来ました。雲っていて気温が低いので人出が少ないのでは?と思っていましたが、駐車場場は、どこも満車で農協の駐車場で空くのをのを待ってやっと駐車出来ました。見に行った時間が昼近かった所為なのでしょうか?今までに無いほど大盛況で、大勢の人でごった返していました。 ■復興産業祭会場新地町は農業と漁業の町ですが、漁業は原発の問題で自粛しているため、宮城県産など町外の海産物 [続きを読む]
  • あれから3年8ヶ月
  • 天気が良いので、チャムと散歩に防災緑地の工事現場を見に行って来ました。現在は交通止めになっていて、立ち入ることが出来ないため、手前の盛り土の上から写真を撮って見ました。以前よりは進んでいるものの、画像でもお気づきのように、建設車両も人もあまり見えません。一体、何時になったら復興工事が完了するのでしょうか? ■防災緑地と防波堤の工事道路を挟んで両側が防災緑地で小高い堤が堤防になるようです。河川工事 [続きを読む]
  • 採蜜の見学
  • 鹿狼山の登山口を少し登ったところで、S地区の蜂仲間グループに遭遇すると、KMさんが採蜜をするので見学したらどうか?とIZさんに勧められたので、急遽、登山の時間をづらして、KMさんの自宅に行って見ました。KMさんも私と同じくまだ飼育経験が少ないので、KSさんが主導で作業を進めましたが、巣箱の種類は「縦型単箱」という形の巣箱です。今回は「縦型単箱」から重箱式に変更するやり方と「縦型単箱」の採蜜方法を見 [続きを読む]
  • 桑の木の剪定
  • 桑の木が大きくなり、枝が伸び過ぎたので、思い切って剪定して見ました。剪定といっても正しいやり方がわからないので、余分な枝を切り落し、上に伸びているものは短くつめただけです。桑の木は剪定しないと直ぐに伸びて、また元の状態に戻ってしまうので、少々切りつめても全く問題はありません。 ■桑の木の剪定桑の木には粘着物質のようなものがいるので、使った後のノコギリはオイルスプレーを噴霧しておきました。枝が伸び過 [続きを読む]
  • センダングサ
  • ミツバチの蜜源として貴重なセイタカアワダチソウも、とうとう枯れ始めました。今朝は気温が低かったのですが、気温の上昇ともにミツバチの活動も活発になり、食用菊の花に群れていたので、西側斜面のセンダングサの様子を見に行くと花が一面に咲いて、沢山のミツバチが吸蜜に夢中になっていました。 ■センダングサセンダングサの花も画像を拡大して見ると、結構、綺麗ですね・・・斜面の両側の窪地は既に種の状態になっています [続きを読む]
  • ミコシグサ
  • ゲンノショウコのことをミコシグサといいます。昔は下痢止めや胃腸薬として飲まれていたようですが、夏から秋にかけて咲き、白花の他にもピンク色のものもあるようです。種が飛んだ後の形が、神輿の屋根の飾りに似ていることから名付けられたそうですが、数年前まで我が家のドックランにも沢山生えていたのに、最近では見つけることが難しいほど少なくなってしまいました。 ■ゲンノショウコチャムを外で遊ばせている時に偶然、 [続きを読む]
  • ムベの実とリンゴケンモン
  • Mさんの畑の防風ネットから我が家の方にはみ出ているムベ(郁子)の実が真っ赤に色付いています。東北では殆ど見掛けないアケビの仲間ですが、常緑で冬でも枯れないため関東以西では生垣やグリーンカーテンにしているところもあるようです。花も綺麗で香りが良く、真っ赤に熟した実は観賞用にも良いかもしれませんね・・・ムベの関連記事はこちら↓http://ameblo.jp/itibousenri/entry-11843117723.html ■ムベの実後で謝ってお [続きを読む]
  • ドアの傾き調整
  • ある日2階のトイレのドアが斜めに傾いていることに気が付いたのですが、直し方を知らないので、そのまま数ヶ月も放置していました。しかし、トイレに行く度に気になり、あまりにも見っともないので、ヒンジの裏側を見ると、調整出来るらしいこともわったので、直して見ることに。 ■調整前画像の前後調整ネジを前側に回して、ドアの倒れを確認しながら調整し、回し過ぎたら下のヒンジ回して隙間を均一にして、固定ネジを回し、 [続きを読む]
  • チャムの誕生日
  • 今日はチャムの誕生日だったので、妻はケーキ作りに夢中でした。早いもので我が家に来てから7年になりますが、来た時はヨチヨチ歩きで、家の中でオシッコをしたり、いろんなものを齧ったりして目が離せませんでしたが、今では我が家のアイドルとして私より大事にされています。(笑い)チャムは鹿狼山が大好きで、寝る前に「明日一緒に山に行くか?」と聞くとシッポを振って膝の上に飛び乗って来て、ペロペロ頬を舐めて喜びます。 [続きを読む]
  • スミレの種とミツバチの継ぎ箱
  • 鹿狼山にはタチボノスミレやマルバスミレアケボノスミレ、エチゼンスミレなどいろいろなスミレが多く自生しているので、種の写真を撮るため探して見ましたが殆ど残っていませんでした。2週間ほど前には登山道の脇に沢山あったのですが、皆はじき飛んでしまったようです。スミレの種を初めて見る方も多いのではないかと思いますので、やっと見つけたスミレの種を紹介します。 ■マルバスミレの種定かではありませんが、他のスミレ [続きを読む]
  • 過去の記事 …