yuushi さん プロフィール

  •  
yuushiさん: 一望千里
ハンドル名yuushi さん
ブログタイトル一望千里
ブログURLhttp://ameblo.jp/itibousenri
サイト紹介文田舎ぐらしを通じて、自給自足への挑戦をしながら日常の出来事を記事にしてお知らせします。
自由文妻と愛犬チャムの2人と1匹の毎日の出来事を記事にして、田舎暮らしの楽しさを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2009/11/10 21:16

yuushi さんのブログ記事

  • トウモロコシの初収獲
  • 草取りをしていると妻がトウモロコシを採りに出て来たので、出来具合を見に行くと、実の入りも良く、虫食いも無い良い出来でした。毎年、カラスの被害や虫害にやられ、自信がありませんでしたが、やっと満足出来るものが採れました。 ■トウモロコシ品種は「あま〜いコーン」という初めて栽培したものです。カラス対策に被せたペットボトルが足りなく、20本ほど被せていませんが、今のところ被害に遭っていません。カラスが少な [続きを読む]
  • パセリとアカスジカメムシ
  • 珍しいアカスジカメムシがパセリの蕾についているのを発見しました。今までいろいろなカメムシを見ましたが、このカメムシは今年初めて現われました。ニンジンやパセリが好きなようですが、赤と黒の毒々しいストライプはまるで毒を持っている警戒色のようにも見えますが、毒はありません。しかも、カメムシは強烈な臭いがするため嫌われる虫の一つですが、アカスジカメムシは臭いを出さないそうです。本当か〜?と疑った人は臭いを [続きを読む]
  • ヤマユリ
  • 夏の盛りに咲くヤマユリの花は、花の美しさは勿論のこと上品で甘く強い香りは花の女王と呼ばれるに相応しく、花も大きいものは20cmぐらいになり、沢山の花をつけますが、最近ではイノシシの食害に遭い減っているとも言われています。そんなヤマユリが、毎朝通っている湛水場の途中に沢山咲いていました。ヤマユリの好きな方が管理しているのでしょうか?支柱を立てて倒れないように支えているのが見えます。その中に20個ほど花 [続きを読む]
  • 名水百選右近清水の水源
  • 右近清水に行くといわきナンバーの人がボトルに水を汲んでいたので、妻がいわきから来たのか尋ねると、鳴子温泉に行く途中に寄ったそうです。平成の名水百選に選ばれている所為でしょうか?他見ナンバーの車を時々見掛けます。常盤道が開通したお陰ですかね?嬉しいことです。 ■右近清水右近清水の水源は何処か?というと正直なところ不明なのですが、「右近清水と桜を守る会」の重鎮MTの話しによると蔵王の伏流水ではないか? [続きを読む]
  • 今年のイチジク
  • 今年のイチジクは順調に成長しています。去年の青イチジクは不作な上にカラスの被害であまり採れなませんでしたが、それでもジャムを作る量には充分でした。我が家では甘露煮は食べないので、ジャムを作るため栽培していますが、去年挿し木した生で食べるタイプのイチジクが、沢山収獲出来るようになったら、青イチジクは伐採して減らし、その分、生で食べるタイプのイチジクを増やそうと思っています。 ■青イチジク ■生で食べる [続きを読む]
  • サツマイモの苗採りと挿し穂
  • 毎日の暑さにまいってますが、草は物ともせず伸びて来るので草取りは欠かせません。午後は出掛ける予定があったので、それまでやれるだけやろうと頑張りましたが、まだ、1日分ぐらい残っています。 夕方、サツマイモの苗採りのため、発泡スチロールに植えていたものを切り取り3日ほど新聞紙に包んでおいたものを、畝に挿し穂しました。 ■サツマイモの苗採りと挿し穂挿し穂は全部で30本ですが、購入苗と合わせると80本になり [続きを読む]
  • 野辺の花
  • 毎朝、チャムを連れて30分ほど散策しているのですが、思わぬところに野生種ではない花が咲いているのを良く見かけます。津波で流されて漂着したり、復興工事の土砂に混じったりして運ばれたり、鳥によって運ばれたりして園芸種が野生化しているものが多いのです。繁殖力が強くないので、群生はしていませんが元は園芸種だけにハッとする美しさがあり、目を楽しませてくれますが、荒地に見捨てられたようで可哀想な気もします。 ■ [続きを読む]
  • ガマノホ
  • ガマノホといえばフランクフルトのような形をした湿地に良く生えている植物なので、ご存知の方は多いと思いますが、このガマノホには3種類あることを知っている方は少ないかもしれませんね・・・当地の休耕田にはガマとヒメガマの2種類が自生していますが、もう1種類のコガマは探していますが見られません。 ■ガマ雄花穂と雌花穂がくっ付いているのが特徴です。 ■ヒメガマ雄花穂と雌花穂が離れていて軸が見えるのが特徴で果穂 [続きを読む]
  • ササゴイの幼鳥?
  • 今朝、変わった水鳥を見つけ写真に撮りました。ゴイサギの仲間であることは姿を見ればわかるのですが、名前がわかりません。ササゴイの幼鳥ではないかと思いますが確信が持てません。何方か詳しい方がおりましたらコメントいただければ幸いです。 ■ササゴイの幼鳥?   ブログランキングに参加しています。ポチッと のご協力お願いします。 [続きを読む]
  • 泉ヶ岳(1172m)登山
  • 姫神山登山の予定で朝4時に出発したものの、途中から雨になりだし滝沢ICを降りるころには雷が鳴り出し豪雨の予兆が見えて来たので、、急遽、変更して仙台まで戻り泉ヶ岳登山に変更しました。だいぶ時間をロスをしましたが、仙台は降っていないと予想したとおり、パラパラ雨が落ちる程度で濡れるほどの雨ではなく、10時10分登山開始することが出来ました。今回の参加者は何時もの山仲間7人に相馬のTRさんと丸森のGOさん [続きを読む]
  • キュウリと万願寺トウガラシの定植
  • 地這キュウリの苗を7株負だけ定植しました。残りは成長度合いを見ながら順次植えて行くつもりです。ヨトウムシやアブラムシにやられてたので、やられた分だけ種を撒いたので、成長にバラツキがありますが、8月までに定植すれば10月まで収獲出来るので充分間に合う筈です。 ■定植した地這キュウリ暑さにやられないように寒冷紗を被せ、根張りがしっかりするまで様子を見ることにします。 ■残りの苗残りはまだこんな状態なので [続きを読む]
  • トウモロコシとマクワウリのカラス対策
  • 先日、トウモロコシの雄花を切り取ったので、カラス対策に底を切り取ったペットボットルを被せラスの被害に遭わないようにしました。少しづつ貯めていたのですが、まだ20本ほど足りません。足りない部分はネットでも被せようと思っています。 ■トウモロコシのカラス対策 マクワウリもスイカと同じように周りをネットで囲い、水糸を30cm間隔に張りました。既に小さい実が付いているのがあったので、今年はタップリ楽しむこと [続きを読む]
  • 継箱と底板の交換
  • 昨日、暑い日が続くので、底板をを夏仕様に交換するついでに中の様子を見ると、三段目の真ん中まで巣板が大きくなっていたので、継箱を何時するか悩んでいましたが、今日は曇りでミツバチの出入りが少ないので、思い切ってやることにました。 ■内検と底板の交換寒冷紗去年は暑さで巣が融けて落ちたので、そんなことにならないように寒冷紗で直射日光を遮り、通気を良くするため底板に穴を明けてネットを張ったものに交換して温度 [続きを読む]
  • ミソハギ
  • 毎日、暑いですね!朝から草刈作業を汗だくでやっていましたが、あまりの暑さに耐えかね、西側斜面を残して午前中で切り上げました。海辺は海風が吹くと涼しいのですが、風も無く蒸し暑いのには参ってしまいます。熱中症で救急搬送されたニュースが毎日、報道されているので水分を補給しながら頑張っていますが、皆様も気をつけてください。 話しが変わりますが、今朝、湛水場の土手でミソハギが咲いているのを見つけました。この [続きを読む]
  • スイカのカラス対策と落花生の定植
  • スイカが直径10cmぐらいになったので、カラス避けに防鳥ネットをで囲い、水糸を30cm間隔に張り上空からの侵入が出来ないようにしました。 ■カラス避けいろいろ試したのですが、ピンと張るとクチバシで切られるので弛むように張ると効果があります。カラスは羽を痛めることを嫌うので、侵入しようとすると羽が水糸にあたるので警戒して近寄らなくなります。ネットを吊り下げるのは細い針金を緩めに張るとグラグラして留ま [続きを読む]
  • 護衛艦すずつき一般公開・見学
  • 護衛艦「すずつき」の一般公開が相馬港第3埠頭で開催されたので、尖閣諸島を守るために派遣されていると思われる、護衛艦に興味があり、見学して来ました。 ■すずつき見学去年、豪華客船「にっぽん丸」が入港しまいたが、それに続く大型船の入港です。「すずつき」は2014年に就役した新しい護衛艦で、ソマリアに派遣されたことでも知られていますが、最近は中国海軍が尖閣諸島の海域に侵入して来ることもあり、装備などに興 [続きを読む]
  • ついに捉えたカワセミ
  • カワセミを見掛けるのに、なかなかチャンスが巡ってこなく、なかなか撮れませんでしたが、今朝、やっと捉えることが出来ました。神出鬼没で、カメラを構えた時には飛び去り、じっとしているないのです。子育ての時期になれば、餌を求めて現われる機会が多くなる筈なので、来年を楽しみにしています。 ■やっと捉えたカワセミ警戒心が強く近づこうとすると直ぐに逃げるので、画質が落ちない100倍ズームで撮影しました。最初は1羽だ [続きを読む]
  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラの花が津波で流出した屋敷跡から道路に這い出していました。このまま放置しておけば横断して反対側まで伸びてしまうので、方向を変えてやろうとしたのですが毒があることを思い出し、素手で触って大丈夫か調べてからにしようと思い直ししました。 ■ノウゼンカズラ調べて見ると花蜜に毒があるとか、毒性は少ないとか誤解だとか書いてあるものがありましたが良くわかりません。明日の朝、同じ道を通るので軍手をして [続きを読む]
  • アンコウのとも和え
  • 15Kgぐらいある大きなアンコウを貰ったので、知り合いのSさんに手伝ってもらって解体しましたが大きいので苦労しました。寒い時期ならアンコウ鍋にするので吊るし切りでやるのですが、今の時期は”アンコウのとも和え”か”酢味噌和え”ぐらいしか思いつかないので、ヌメリを取ってから、腹を割いて内臓を取り出して、頭と尻尾、ヒレを切り落し、胴体を3等分に切り分けて釜で湯搔き。半分はSさんが持って帰りました。 ■貰っ [続きを読む]
  • スイカとマクワウリ
  • やっと晴れたので、キヌサヤの残骸やネット支柱を片付けて、オクラを植え準備をしました。暫く草取りをしていなかったので、ハコベなどの雑草が絨毯のように生え、スコップで掘り起こして除草しました。明日は堆肥と苦土石灰を入れて耕し、1週間後ぐらいに定植しようと思っています。 毎年のことですが、苗が風にやられて、買い足したスイカとマクワウリも順調に成長し、蔓が伸び、花も付け始めました。 ■スイカ蔓が絡めないと風 [続きを読む]
  • テイカカズラ(定家蔓)
  • 鹿狼山を下山中に数人が上を見上げて何かをストックで指していたので、近づいて見るとテイカカズラの花でした。小高いところにある杉の木に張り付いて白い花を沢山、咲かせています。花はプロペラの形をしていて、ジャスミンに似た香りがするので、人気があり、通販や園芸店でも苗を販売しているようです。 ■テイカカズラの花名前の由来は百人一首で知られる藤原定家が後白河天皇の第3皇女に恋をし、彼女の死後に悲しみに暮れた [続きを読む]
  • イグサと唐草春菊
  • 土手を見回りしている時に珍しい植物を発見しました。皆さんはこの植物が何かご存知でしょうか?最近は湿地が少なくなったため、見掛けることが少なくなった畳表に使われているイグサという植物です。畳に使われているものは品種改良された1〜1.5mぐらい長いものですが、野生種は背丈が低いのです。イグサは国内で生産される95%が熊本産ですが現在では畳表の殆どが中国産です。 ■イグサ根が泥の中にあるので、地上から空 [続きを読む]
  • 河川愛護作業
  • 3時半頃に強い雨音で目が覚めるとかなり降っていたので、慌てて湛水場に向かうと直ぐに雨が弱まり、水位も何時もと変わらなかったので排水も35分程度で終わってしまいました。強い雨は短時間だけだったようです。6時から部落の河川愛護作業があるので、一端、家に戻ろうとも思ったのですが、控え室で仮眠を取りたり本を読んだりして時間を潰し、集合場所に向かいました。河川愛護と言っても、我が地区の担当に河川は無く主に道 [続きを読む]
  • ジャガイモの収穫
  • 今日は雲りで風が無く朝から蒸し暑い日でしたが、予定通りジャガイモを掘り起こすことにしました。品種はキタアカリとメークインの2種類です。一気に掘り起こす必要は無いのですが、面倒なことは早く済ませたい正確なので汗ダクダクになりながら半日掛かりで全部掘り起こしました。「寄る年波には勝てない」と言いますが、腰が痛く立ち上がるのが辛く、年々、畑仕事もきつくなっているのを実感します。 ■収獲したジャガイモメー [続きを読む]
  • 梅酢ジュース・梅酒作り
  • 先日も鹿狼の湯のKGさんから貰ったばかりですが、もう少し梅酢ジュースと梅酒が欲しいと言われていたので、鹿狼山登山の帰りにMK先生の家に寄り、KKさんと梅採りをして来ました。 ■梅採り品種は南高梅なので大玉です。実をそのままにして置くと熟して落下し、散らばって掃除が大変になるので採って貰った方が良いのだそうです。KKさんと二人で10kgぐらいは採ったでしょうか?かなりの量になりました。 ■作った梅酢ジ [続きを読む]