yuushi さん プロフィール

  •  
yuushiさん: 一望千里
ハンドル名yuushi さん
ブログタイトル一望千里
ブログURLhttp://ameblo.jp/itibousenri
サイト紹介文田舎ぐらしを通じて、自給自足への挑戦をしながら日常の出来事を記事にしてお知らせします。
自由文妻と愛犬チャムの2人と1匹の毎日の出来事を記事にして、田舎暮らしの楽しさを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/11/10 21:16

yuushi さんのブログ記事

  • 常磐線浜吉田⇔新地間開通
  • 念願だった常磐線の浜吉田⇔相馬間が5年9ヶ月ぶりに再開しました。これで残るは原発事故の帰還困難区域に指定されている竜田(福島県楢葉町)〜原ノ町(福島県南相馬市)間の36.6kmだけです。この区間は2019年度中には開通する予定となっています。 ■浜吉田⇔相馬間開通式寒風が吹きすさぶ中、加藤町長、内堀知事、阿部首相やJR東日本も冨田社長などの関係者の出席のもと、式典が開催されましたが、待ち望んだ町民 [続きを読む]
  • 戻って来たFGさん!
  • 鹿狼山から下山するとFGさんが駐車場の東屋に立て札を貼り付けていました。自宅でつまずいて足を骨折し、先週までギブスをしていたのですが、やっとギブスが取れ、リハビリを兼ねて、立て札を取り付けに来ていたのです。FGさんのことだから、待ちきれなくてそろそろ動き出すのでは?と噂していたばかりですが、やっぱり、じっとしていられなかったようです。 ■FGさんが作った立て札来週、登山道に立てると思いますが、町の [続きを読む]
  • シャコバサボテン
  • シャコバサボテンの花が満開です。寒さと寒暖差に弱く、昼と夜の温度差で蕾が全部落ちたり、葉が落ちたりするので、気温が低くなり始めたら玄関に入れ、花が終わってからリビングに移します。春と秋の葉摘みをしなければならないのですが、忙しくて忘れてしまったのに綺麗に咲いてくれました。 ■満開のシャコバサボテン低温に晒され、葉がパラパラ落ちてしまったこともありましたが、その度に復活して今に至っています。私が45 [続きを読む]
  • 桑の木の剪定
  • 自然に生えて7年目になる桑の木が、2年前に剪定したばかりなのに5〜6mの高さになってしまい、枝が込み入り、葉が繁りすぎて、実もあまり付かなくなったので、横に伸びた枝を残し、上に伸びた枝を切り詰めました。 ■桑の木の剪定本当は3月頃に剪定するらしいのですが、2〜3月は風が強く、毎日のように吹き荒れるので、思い切って剪定しました。これでイチジクが日陰にならず、桑の葉全体に日が当るようになって、実も採り [続きを読む]
  • 大根の干し場
  • 皮を沢庵を漬ける時に入れるため、買わなければと思っていたら、偶然、2日続けてリンゴと柿を貰ったので、買わずに済みました。果物の皮を入れる理由は風味と甘味が出すためで、沢庵には欠かせないものです。皮は早速、ネットに入れて干しました。 ■干したリンゴと柿の皮と大根去年まではテラスの下に大根を干して、夜は霜に当らないように毛布をかけ、朝に外すので面倒です。(忘れたりすると霜焼けになり、茶色くなり、見栄え [続きを読む]
  • 盗掘されたリンドウ
  • 先週、リンドウが蕾をつけているのを見つけて、花が咲くのを楽しみにしていたのですが、盗掘されてしまいました。この場所だけでなく、普段あまり通らないルートに自生していたものも無くなっていました。鹿狼山では稀少な植物で、晩秋に咲く唯一の花なのですが、これで登山道から見られるリンドウは消滅しました。山中に分け入り探せばあるかもしれませんが、探し出すのは至難の業なぐらい稀少なものだったので残念です。 ■盗掘 [続きを読む]
  • クマの木彫り
  • 1ヶ月ほど前から少しずつやっていたクマの木彫りが完成しました。今回はケヤキの角材から削り出しましたが、硬くてノコギリで切断するのが大変なので、山仲間のFGさんに頼んで切断機で切ってもらいました。骨折してギブスをしているので、機械を借りて自分でやるつもりでしたが、不自由な足でやってくれ、感謝です。 ■完成したクマ今回は黒のウルシ塗料を塗りましたが、ホームセンターを2軒見に行ったのですが、置いてません [続きを読む]
  • 沢庵用の大根
  • 先日、登山中に、TMさんが蔵王町に大根を買いに行った話しをしていました。干した大根は町内では中々、手に入らないので態々、蔵王町まで買いに行ったようです。帰ってから妻にその話しをすると、去年は12月9日に沢庵を漬けたというのです。うかつでした。沢庵を漬けることを忘れていたのです。我が家の大根は生育が遅れていて、沢庵に使えるほど採れないので慌てて産直に電話して見ると、数日前に売れ切れて入荷の予定は無い [続きを読む]
  • 顔を出したムササビ!
  • 鹿狼山の頂上の東屋でお茶を飲んでいる時に、ふと見上げるとムササビが、じっとこちらを見ていました。2週間ほど前に朝4時に登っているTMさんがヘッドランプの明かりで目が光っているのを見た!と言っていたので居るのはわかっていましたが、やっと姿を確認出来ました。最後に姿を見たのは今年の2月なので約9ヶ月ぶりになります。可愛い顔してますね! ■姿を見せたムササビ5分ほどで姿を消しましたが、感動しました。ムサ [続きを読む]
  • スパムトマトスパゲティー
  • スパムを使ってスパゲティーを作りました。作り方は自己流で、ニンニクをタップリ入れてタマネギと炒めてからスパムを入れて塩、コショウ、醤油、タカノツメで味付けしてカットトマトを入れてさっと炒めれば出来上がる簡単料理で、仕上げにパセリを刻んで乗せてみました。 ■スパムトマトスパゲティー急にスパゲティーを作ることになったので、しまい忘れていたスパムを使いましたが、スパムに限らず、ツナ缶やサケ缶は非常時や何 [続きを読む]
  • 白菜の冬越し
  • 白菜の冬越しのため、葉を包んでヒモで結んでみましたが、綺麗に包めません。妻は上手いのでやってもらうつもりでしたが、事情があって眼帯を付けているので治ったら、やり直して貰おうと思っています。 ■白菜の冬越し霜に当てて葉を柔らかくしてからやると縛りやすいらしいので、少し、早かったかもしれませんが、折角、結球したものを霜でやられては元も子もありません。最近では縛らなくても良い品種も出ているようなので、来 [続きを読む]
  • 巣箱の冬支度
  • 寒さも厳しくなって来て、ミツバチの活動も鈍くなって来たので、冬支度をしました。 ■巣箱の冬支度弱小群で、蜜の蓄えも少ないため、天気が悪く、吸蜜に出られない時は砂糖水を与えていますが、越冬するのは厳しい条件なので、巣箱の中を少しでも暖かくしてやろうと巣門を狭くして冷たい風が吹き込まないようにして巣箱の周りに発泡スチロールを貼り付け、その上からビニール袋を被せました。過保護と言われるかも知れませんが、 [続きを読む]
  • 雪虫と焼芋
  • 雪虫がふわふわと空中を漂うように飛んでいました。雪虫が現れると雪になると言われる、冬の訪れを感じる風物詩です。 ■雪虫雪の妖精とも言われる雪虫はトドノネオオワタムシというアブラムシの仲間で、トドマツの根っこの樹液を吸ってアリと共生しているらしいのですが、秋が深まると羽と綿毛出て飛び出すようです。しかし、熱に弱く、人肌でも弱って死んでしまったり、ガラスにくっつくと死んでしまう、弱い昆虫のようです。 [続きを読む]
  • 初めての放蕩鍋
  • カボチャが沢山残っているので、放蕩鍋にして見ようと思い立ち、夕食に作って見ました。放蕩は作ったことが無いので、調べて見るとそんなに難しいわけではなく、蕎麦をこねる要領でやれば出来そうだったので初挑戦です。 ■麺作り薄力粉と強力粉を半分ずつ(100gずつ)入れ、塩一つまみ加えて混ぜ合わせ水90gをすこしづつ加えながら掻き回しながらこね、水分が足りないようだったら少し足して調整します。板に打ち粉をして取 [続きを読む]
  • 霜焼けしたハヤトウリ
  • 10日ほど前に小さいものだけ残して、収獲したのですが、昨朝、霜が降りて霜焼けしてしまいました。小さいので残して置いたら10日間で大きくなり食べ頃サイズになっていたので、味噌汁の具に入れたり、豚肉と炒めて食べて見ましたが全く問題無く食べることが出来ました。 ■霜焼けしたハヤトウリ葉は完全に枯れて、実は透き通るような感じになっています。今のところみずみずしい状態なので問題無いのですが、霜焼けするという [続きを読む]
  • 鹿狼山初日の出登山の観覧場所整備
  • 今年も残り少なくなって来ましたが、新地町の恒例行事でもある”初日の出登山”の氏子会による観覧場所整備に参加して来ました。(参加者12名) 年を追うごとに初日の出参りをする登山者が多くなり、山頂部分の観覧スペースが少ないのが問題になっていましたが、斜面を三段に削り整備したことにより、場所取りをしなくても、安全に初日の出を向かえることが出来るようにしました。今までは藪で立ち入れなかったのですが、重機で [続きを読む]
  • 垣根の刈り込みと青イチジクの剪定
  • 〔三重カナメの剪定〕前からやろうと思いながら忙しさにかまけてサボっていましたが、垣根の三重カナメが伸び過ぎて醜いので刈り込みをしました。 ■三重カナメの剪定同じ大きさの苗を植えたのに生育にバラツキがあり、凸凹な場所もありますが、後、数年もすれば同じ高さに刈り込めるようになると期待しています。 〔青イチジクの剪定〕今年は裏年なのか?実の生りが悪く、あまり採れませんでしたが、ジャムを作るに充分な量は採れ [続きを読む]
  • 明け方の地震
  • 目覚めて直ぐに、突然グラグラ揺れ出して何時もより大きく、長かったので、テレビを付けると直ぐに3mの津波が来る表示が出ていてビックリ!そのうち緊急無線放送のサイレンが鳴り出し、チャムはパニック状態吠えまくり、で朝から大騒ぎです。急いで着替えをして、何時でも避難出来るよう準備しましたが、3.11の東日本大震災以来5年半ぶりの津波発生には本当に驚きました。 ■地震発生後の様子津波到着予想時間近くになると [続きを読む]
  • 鹿狼山元旦登山の準備
  • 元旦登山の人出が多くなり、初日の出を迎える人のスペースが少ないため斜面を氏子会が下刈りすることになっていたのですが、多くの人に安全に”初日の出”を見てもらえるように重機を入れて雛壇のように三段ほど平にすることになりました。本当は丸太で座れるようにしたいのですが、危険をともなうため本格的には役場がやってくれるものと思っています。今日は重機を運転するMYさんと一緒に現場を確認し、作業は25日(金)に行 [続きを読む]
  • 庄内柿
  • 相馬に買い物に行ったついでに何時も寄るーパーで庄内柿を買って来ました。限定販売のようでしたが、37個ぐらい入って1箱970円は安いのでつい買ってしまいました。 ■庄内柿庄内柿の正式名称は「平核無柿(ひらたねなしかき)」といい、明治初期にある農家が行商人から買った数本の苗木に紛れていた、平べったい角型の種の無い柿を発見したことが始りだそうです。当時、庄内地方には甘柿は存在しないため、全て渋抜きをして [続きを読む]
  • 野菜の高騰
  • 北海道を立て続けに襲った台風の影響や全国的な日照不足の所為で野菜が高騰していると報道されていますが、特に白菜、キャベツは2倍近くなっているそうで寒くなり、鍋が恋しい季節の野菜の高騰は家計に大打撃です。 ■白菜とキャベツ我が家のキャベツも残り2個ほどになり、もう直ぐ切れそうです。次のキャベツが食べられるまで後1ヶ月ほど掛かり、白菜も大きくなり天上につかえたので、防虫トンネルを取り外しましたが、やはり [続きを読む]
  • 食用菊とハヤトウリの収獲
  • 今日は小春日和で風邪も無く暖かい1日でした。風邪を引いていたので、収獲が遅れてしまいましたが、霜が降りると霜焼けで駄目になるので、小さいものを残してハヤトウリを収獲しました。ついでに食用菊の花が満開になっているので夕方摘んで花びらをむしり綺麗に洗って湯搔きました。まだ、全体の2/3しか収獲してませんが、まだ相当残っています。冷凍保存も限界があるので、山仲間の誰かに持って行ってやろうと思っています。 ■ [続きを読む]
  • 軍鶏(シャモ)の木彫り
  • だいぶ長く掛かりましたが、軍鶏の木彫りが完成しました。もっと掛かる思っていましたが、風邪を引いた所為で、室内での仕上げ作業を集中してやったので早く仕上がりました。ヒノキの丸太から削り出したのですが、300×160×90なので後で考えるとケヤキの角材から削った方が楽でした。じっくり考てからやれば良かったと反省していますが、後の祭りです。 ■軍鶏の木彫り来年の柄とは酉なので、ニワトリにしようかキジにし [続きを読む]
  • サトイモの味噌煮と肉じゃがの話し
  • 喉のイライラや咳はだいぶ落ち着いて来ましたが、まだ風邪が治りません。早く治したいのですが、アレルギー体質の私としては、じっと耐えるしかないのです。後2日もすれば良くなると思いますが、寒さも日に日に厳しくなって来たので、ハヤトウリの収獲やサツマイモの冬越しの支度、ミツバチの冬囲いなどをしなければならなく、少々、焦っています。殆ど家の中で過ごしているため、ブログもネタ切れ状態で、今日は休むつもりでした [続きを読む]
  • スーパームーンと地震/イナダ
  • 今夜は十六夜(いざよい)68年ぶりのスーパームーンだそうですが、ニュースで騒いでいるほど大きいとも思わず、感動もありませんでした。そう感じたのは私だけでしょうか?それともへそ曲がりなのでしょうか?68年ぶりといえば私が生まれた年に当りますが、それ以来の最接近だそうです。 ■十六夜(画像はズームしています。)私はそれよりスーパームーンと地震の関係が気になります。月が地球に近づくと、その引力で地球が引 [続きを読む]