ぴぴ@相模国 さん プロフィール

  •  
ぴぴ@相模国さん: 戦国の足跡を求めて
ハンドル名ぴぴ@相模国 さん
ブログタイトル戦国の足跡を求めて
ブログURLhttp://pipinohoshi.blog51.fc2.com/
サイト紹介文城や城址・戦国武将・戦国文化・合戦やエピソードなど、戦国時代に関する万の事を扱うブログです。
自由文歴史好きで戦国時代初心者の方に、
少しでも戦国時代の物事や人に
興味を持っていただけたら幸いです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/11/11 02:47

ぴぴ@相模国 さんのブログ記事

  • 今年も年末はお城EXPO!?
  • 前回が好評だったのか今年も同じ会場で同じような時期にお城EXPO2017が行われるようですただ・・・前回も開催時期がネックだったような気がしますなぜなら城郭関係の自治体や団代もこの時期は出張しにくいのとクリスマスシーズンで他のイベントと被ったり、飲食や物販関係者はその関係で忙しい・・・・など、出来れば次回以降はイベント自体は恒例行事化するのは構いませんが、時期についてはもっと調整してほしい気がしますね [続きを読む]
  • 伊豆国 長浜城 その2
  • 伊豆の長浜城の主要部は綺麗に整備され、また見晴らしも良く見学できるなかなかの城跡である特に晴れていれば沼津方面が良く見渡せるので、ここで武田と北条がお互いの動静を常に見張っていたと思うと戦国ファンとしてはわくわくするものがある上部画像の中央の見張り小屋付近(左手奥が主曲輪になる)から下記画像の船泊めあたりまで急こう配を下っていくと内浦湾に出る往時は今のヨットハーバーの風景が軍船であったことだろう駐 [続きを読む]
  • 伊豆国 長浜城 その1
  • 久々の更新になり大変申し訳ありません今回の城攻め紹介は、以前にこちらでも報告しました伊豆の長浜城になります梅雨入り前の好天、そして駿河湾奥部の内浦湾を爽やかに吹き抜ける風がとても心地よかったですこの城址は最近整備が終わったということで、以前はちょっと入りにくい感じがした城址入口付近も綺麗になり、上に上がる階段も設置(これにより以前の登城ルートは一部封鎖になっています)されました※もちろん戦国期には [続きを読む]
  • お城スタンプラリー開催中
  • 私にとって第二の故郷ともいえる大垣市とネクスコ中日本でなにやら楽しそうなことをやっているようです私にはすべて制覇するのは無理ですが、時間とお金に余裕のある方はチャレンジしてみたらいかがでしょうか? ◆期間  平成29年6月3日(土)〜11月30日(木)◆内容   21か所のお城をめぐってスタンプを集めるお城スタンプラリーを実施します。大垣城を含めた規定数のスタンプを集めた方には、参加賞ならびに踏破賞が当たります。 [続きを読む]
  • 伊豆の城攻め(興国寺城篇)
  • 6月になってようやく取れたGW休みを使って伊豆のいくつかの城を攻めてきました平日のため渋滞もそれほどではないだろうと予測し、無宿泊でそこそこの数を攻めてみようと計画し行ってみました(天気は梅雨入り前の心地よい晴れで伊豆方面には心地よい風が吹いていました)神奈川から東名高速道路を使って伊豆に入る前に久しぶりに北条早雲ゆかりの興国寺城を攻めてみようと初っ端からルート変更しましたが、大した渋滞にはまるこ [続きを読む]
  • 刀と車線からみるルールとマナー
  • 職場のカンボジア人から、なぜ日本は世界ルールに従って車など右側通行にしないのかと聞かれたことがあり、その時に私は私的な意見として長年日本人は武家が治めてきて彼らは左に刀を差して歩く関係で道でも廊下でも階段でもすれ違う人と刀がぶつからないよう左側を歩いていたことに影響されたんだよ回答した(今も昔も右利きがマジョリティであることも関係するだろうが・・・)いろんな説があるので私の意見はあくまでそのカンボ [続きを読む]
  • 映画「関ヶ原」の彼が例の大名にしか見えない私
  • 今夏公開予定の大規模戦国時代映画「関ヶ原」(原作・司馬遼太郎)キャストや予告編も公開されており、ロケーションや衣装・甲冑もなかなか良くできていてかなりマニアックな戦国ファンにも楽しみな映画であるしかーし・・・・・である岡田准一が演じる石田三成はまだ例の大河ドラマの印象が残っているせいかどうにもこうにも黒田如水にか思えない(それだけ如水役にはまっていたということではあるのだが・・・)もう少し時が経っ [続きを読む]
  • おんな城主直虎のサブタイトルのさぶい話
  • お気づきの人も多いだろうがどこかで聞いたような映画やドラマのタイトルをもじってつけているサブタイトル・・・さすがに綿毛の案(赤毛のアンのもじり)とかまでは酷い気がするもっとも内容は史実で不明な点が多いこともあって半分以上オリジナル展開のうえに若い女性向け意識なのかイケメンをそろえて幼なじみ3人ストーリーをくみ上げているあたり既存の大河ファンは気にしない実験的な大河ドラマだと私は思っているのだが・・ [続きを読む]
  • 桜の季節に又兵衛桜
  • 後藤又兵衛といえば黒田家に仕えた猛将で、黒田家を出奔したあとは豊臣家に仕え、大坂の陣では大坂城五人衆として活躍するも、夏の陣の道明寺の戦いで多勢に無勢となり討ち死にした武将として良く知られていますが、多くの有名武将に生存説があるように彼にも実は落ち延びていたとされる説があって、その落ち延びた先(いまの奈良県宇陀市)で僧侶となって一生を終えたとされていますそこには後藤家の屋敷があった場所に大きな垂れ [続きを読む]
  • わが故郷の武人の話②
  • わが故郷の武人である広田氏を語る前に重要なのは、羽生城の木戸氏が謙信によって自勢力として取り立てられ、婚姻によって在地勢力であった広田氏が木戸氏に吸収されたということです戦国時代だけでなく現代でも政略的な婚姻はありますが、成田氏と木戸氏が後に激しく対立する以前には、羽生から近いわが故郷広田にはあの有名な菅原道真の流れをくむとされる菅原氏がいて、広田(菅原)氏と木戸氏との婚姻によって(木戸)範実が生 [続きを読む]
  • わが故郷の武人の話①
  • わが故郷はこのブログでも何回かは触れたことがありますが、映画「のぼうの城」などで知られるようになった埼玉県行田市にある忍城から近い場所にあります子どもの頃は自転車で良く行きましたが、豊臣氏による小田原攻めの際の忍城の戦い、石田三成らが忍城攻めで陣をはった丸墓山古墳は何度となく遊びに行った場所です現在の市域では忍城のある行田市はわが故郷とは別の市になってしまいますが、戦国時代は武州一帯はいくつもの氏 [続きを読む]
  • 床几の武人座り
  • 最近では鉄製のものが100円ショップなどでも売られている床几という伝統的な折り畳みのイス武将たちには野戦時に帷幕内で用いられたり、鷹狩りでも利用されたりとドラマや映画でもよく見られる光景であるしかし無知な私はその床几に武人と文人の作法があることを最近になって知った次第でして何ともお恥ずかしい限りではあるが今回これを紹介させていただくよく大名や有名武将などの肖像画などでも床几に座った武将たちが描かれて [続きを読む]
  • あのCMが熊本・くまモンバージョンに・・・
  • あの有名なCMに熊本城とくまモンが登場しています(実際にTVなどで放送されるのは7日からのようです)動画はこちら↓ボスCM熊本城の修復はしばらく時間はかかりますが震災前にも負けない素晴らしい姿を見せてくれるはずです修復完了後はきっと全国、いや、海外も含めて多くの人たちが訪れるでしょうねもちろん私もそのひとりですがそういえば昨年末のお城EXPOにもくまモン来ていましたね・・・初めて見たのですが、くまモン [続きを読む]
  • おんな城主視聴の感想
  • 昨年末から年明けとばたばたしておりまして久々の更新となります大変申し訳ございませんしかしまぁ、光陰矢のごとしが年々加速していっているように思えるのは私だけでしょうか・・・もうすぐ1月が終わりということに改めて驚く次第ですさて、1月といえば大河ドラマのスタート時期にて良くも悪くも話題になることが多いのですが、前作真田丸を受けての視聴率やら直虎という人物における新説の登場やらで話題になっているようです [続きを読む]
  • お城EXPO・2016
  • 皆さま2016年も当ブログにご訪問いただきありがとうございました来年も少しずつではありますが更新して参りますので、お時間ございましたらお立ち寄りくださいますようお願い申し上げますさて、本年最後の更新となりますが、先だってお知らせいたしましたパシフィコ横浜で開催されましたお城EXPOに行ってきましたので、簡単ではありますが、その様子を報告させていただきますhttp://www.shiroexpo.jp/私は3日間開催の真ん中、24 [続きを読む]
  • タイミングバッチリ?尼崎城
  • お城EXPOの時期に合わせたような新聞記事が出ていましたねそれは尼崎城復元決定(着工)のお知らせ築城400年ということで復元計画自体は以前からありましたが、某企業の創業者のかたの金銭面での支援(私財で天守閣を建設し市に寄贈するという形のようです)が決まったようで、市側としては願ったり叶ったりというところでしょう残念ながら鉄筋コンクリート製(エレベーターつき)ではありますが、外観だけでも城好きには有難い [続きを読む]
  • 大坂城には真田丸 江戸城には真田堀
  • 大坂城の守りを担った真田丸はご存知の方は多いと思いますが、それと比べてあまりにも知名度の低い江戸城の真田堀(濠)とはいえ上智大学に在籍されていた方なら、あるいは東京四谷方面在住、勤務の方ならご存知かと思いますなぜなら今そこは上智大学のグラウンドになっているからです(東京都所有)他のランドマークで説明すると上述した上智大学や迎賓館、ホテルニューオータニなどがある江戸城外廓部分の西側にあたる部分になり [続きを読む]
  • クリスマスには城イベントへGO
  • 2016年10月22日(土)から国内初!城好き必見イベント『お城EXPO 2016』(12月23日(金・祝)〜25日(日)10:00〜18:00)のチケットが販売されていますなぜこの時期なのかは知りませんが、城好きカップルには最高のクリスマスデートになりますし、親子で城好きならクリスマスプレゼント代わり?に出かけてみても良いのではないでしょうか?場所はみなとみらい駅から徒歩で行ける「パシフィコ(横浜横浜国際平和会議場)」になりますあの [続きを読む]
  • いやーこれはちょっと悪趣味?
  • 本能寺ストーブというものをご存じだろうか?本能寺・・・いうまでもなく信長が最期を遂げた寺それとストーブが合体(昨今流行のPPAPではございませんが)したのがこれ↓もっともこれは商品化されたものではなく、佐藤ねじさんが運営するアイデア提案サイト「prototype 1000」の架空のアイテムだそううーん、面白い・・・というより個人的には悪趣味な感じがするストーブですね(苦笑) [続きを読む]
  • 慶次ゆかりの地へ またまた行ってみたくなる記事です
  • 毎日新聞2016年10月20日 地方版より 前田慶次 生活の痕跡、出土期待 屋敷跡、米沢で発掘開始「かぶき者」で知られる戦国武将、前田慶次が晩年住んだとの言い伝えが残る米沢市万世町堂森の畑で15日、「米澤前田慶次の会」(梅津幸保会長)による今年度の発掘調査が始まった。慶次の武家屋敷「無苦(むく)庵」の母屋があったとみられる場所の北側を約60平方メートル掘り起こす。梅津会長は「慶次が生活した痕跡が分かる遺物 [続きを読む]
  • 宇都宮城址での爆発事件
  • 城址のそばで起きた爆発事件(自殺)はちょっとショックでした・・・宇都宮城址には数年前に行ったとき、自殺した老人が座っていたベンチの近くを通っていたのでまさかあそこが事件現場になるとは・・・・祭りをやっていたということですのであえて人ごみで爆発して死のうと思ったのでしょうか大変迷惑な話であるとともに城跡巡りを当日していたかたがいたなら嫌な記憶が残ってしまったかと思いますね本当ただただ虚しいだけの事件 [続きを読む]
  • 自衛隊が作る城の石垣?
  • たいへんご無沙汰してしまい申し訳なく思いますこの期間、現代の城?スカイツリーに上ったりして城主気分に浸ったりしていましたさてネットで見つけたこのニュース・・・城好きにはどうみても色や形で城郭の石垣を連想してしまいますよねこれw普段からやっているのでしょうけど、いやー素晴らしい角度出典:@WANIGUNNSOU [続きを読む]
  • 武州小倉城②
  • 前回から間があいてしまったが今回は小倉城の城跡部分について紹介する↓鳥瞰図の右下部分が平時の城主居館部分である(初めての人はここから登城するのが一番わかりやすい)昨今は整備事業も進んで外来樹木などが伐採され日当たりも良くなっているのでかつて訪れた人も再訪していただきたいものであるただ、城跡の一部は崩落の危険性があり立ち入りが禁止されており、石垣も元々が崩れやすい岩だけに触ったり乗ったりすることは止 [続きを読む]
  • 武州小倉城①
  • 埼玉県ときがわ町にある小倉城(こくらではなくおぐらと読む)を今回紹介する(今回の記事の画像の一部は町のHPからのものを使用させていただいております)今ではあまり想像できないが戦国期はこの周囲は街道や水運上重要な地域で後北条氏が武蔵国において安定的な支配をするようになるまでは、争いや緊迫した状況におかれており在地土豪などの居館・城跡などが多い地域である例をあげると杉山城や松山城、青山城、中城、腰越城 [続きを読む]
  • 太閤の畜生塚
  • 大河ドラマの真田丸ももう折り返しだが、信繁の成長と共に衰えていくのが秀吉、いや豊臣政権である秀長、秀保など縁者らが次々と死に、明らかに異常とも思える老人性の癇癪(認知症でもあったといわれているが)を見せるようになった天下人秀吉の振る舞いがさらに身内に対して混乱を招いていく・・・関白秀次も今では再評価の兆しがあり、傍若無人の振る舞いをして秀吉の命により切腹させられたのではなく、聡明かつ繊細な性格が災 [続きを読む]