e-子育てコム さん プロフィール

  •  
e-子育てコムさん: 子育てを応援 e-子育て.comのスタッフブログ
ハンドル名e-子育てコム さん
ブログタイトル子育てを応援 e-子育て.comのスタッフブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/e-cosodate/
サイト紹介文子育て応援サイトe-子育て.comのスタッフのブログです。子育てや教育、幼稚園選びに役立つヒントも満載。
自由文脳科学の視点を取り入れた新しい勉強法や幼児・低学年の子どもの特徴を考慮した教育方法などの提案や実験の紹介もしています。また幼稚園など教育関係者の訪問で聞いた、興味深いお話も随時ご紹介しています。

子どもの年齢に「つ」がつく一つから九つまでの教育が大切という認識で「つの教育」を提唱始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/11/11 10:36

e-子育てコム さんのブログ記事

  • 言ったことを一度でわかる子にするには?
  • 小学校の低学年生には、少々長い問題文になると内容の理解が難しい子がいます。 そうした子に共通するのは、こちらの話を一度で理解できず、何度も何度も聞き返すことです。 「大事なことを言うから一度で覚えてご覧」と言っても、言い終わったそばから「わからない」となる。 どうしてこのようになってしまうのでしょうか。 それは、ご家庭で何度も何度も同じことを言われ続けるので、一度で覚えてしまう必要 [続きを読む]
  • 低学年で間違えやすい読み取り
  • 「セミが泣きやむと、雨」ということわざがあります。これは、通り雨を当てることわざです。 という文があり、「これ」は何をさすのかという設問をすると、多くの生徒が「通り雨」と答えます。 その理由は、「○○は□□だ」の文と同じで「これは」の次に「通り雨」という名詞があるので、「これは通り雨だ」という文と勘違いするのです。 もちろん、主語述語をちゃんと見分けられれば「これは、ことわざだ。」とい [続きを読む]
  • パソコン不調のサインを見逃すな!
  • SanDisk SSD PLUS 240GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-...9,936円Amazon パニックです! 仕事用のWin10のPCでブルースクリーンが。 レガシーWinに比べるとブルーが淡いのが特徴です。 そしてサポート用のQRコードが表示されるのです。 実は最近2回ほど同じ症状が出ました。 ほうっておくと再起動して使えたので、そのままにしておいたのです。 でもブルースクリーンが出るとい [続きを読む]
  • 小学1年生勘違いあるある
  • こんな問題がありました。 「9個のリンゴを、一人に1個ずつ配ると何人に配れるでしょうか」 問題は読んであげました。 ある子の答えは「1人」。 どうして1人と答えたのでしょうか? 問題で、「一人に〜配る」とあったので、くばられるのは1人だという解釈です。 実に小学1年生らしいではありませんか。 「君に1個、あっちの子に1個と渡していくんだよ」と説明してやっと「9人」と答えました。& [続きを読む]
  • 特別じゃない東大生
  • 少し前に週刊誌が東大合格者のアンケートを掲載していました。 どんな子が東大に入るのかという興味を持つ人が多いので、毎年この特集が組まれるのでしょう。 自分の家から東大生が出るまでは、羊もよっぽどの勉強家か、頭がものすごく切れる子が東大に入学するのだろうと思っていました。 中学受験塾の通っている支部でトップを取っているような子が、そのまま大学受験するようなイメージです。 ところが、実 [続きを読む]
  • 今年の桜はまだらに咲く?
  • 昨日は、通常の通勤経路の途中には桜並木がないので、ちょっと寄り道して敷島公園近くのアルバート亭付近の桜を眺めてから出勤。 確かに幹が太めの桜は満開ですが、細い若い桜では、全く咲いていないものも多数あります。 また、不思議な事に同じような桜が並んでいるのに、数本だけ満開でその隣はほとんど蕾ということも。 なんだか、咲き方がまだらなんですよね。 こんなことは今までになかったような気がし [続きを読む]
  • パッケージ化された体験
  • 虹色教室教室通信の奈緒美先生のブログを読んでいて、「パッケージ化された体験」という言葉に引っ掛かりました。 そうなんですよね〜。 羊が接する子どもたちが、「日曜日に○○してきたよ。」とよく話してくれるのですが、それがほとんどパッケージ化された体験なんです。 予想外のことが起こらないプリペアドされた完全な体験ってつまらなくないですか? 寺子屋の春休みは大勢の子供達がやってきて、朝の勉 [続きを読む]
  • やっぱりイメージ力が大事だよね
  • 小学生の時に、寺子屋に通ってきていた子が、志望する高校に合格したというお話を聞きました。 寺子屋でやったことが基礎になったと思っていただいて、私達も嬉しいです。 こうして結果を出している子は、 ・学習を継続した・集中力がある・イメージする力がある という共通点があります。 継続性では、あれこれ浮気するのではなく、一つの学習法を続けるということです。 集中力については、低学年 [続きを読む]
  • 小学生向けプログラミング教室をやってみた!
  • 春休みに初めての試みとして、小学生向けプログラミング教室を開いてみました。 「なでしこ」という日本語プログラミング言語を使いました。 オリジナルテキストも作りました。 こんな感じです。 第1章 プログラミング入門1. プログラムってなに?みんなが運動会をするときは、どの学年がどんな順番(じゅんばん)で何の競技(きょうぎ)をするか、決まっているでしょう?「何をどんな順番でどうするか」 [続きを読む]
  • 読解力の基礎は複文・重文にあり!
  • 私は原稿料が発生する書きものをするときには、文章推敲ツールを使って全文をチェックします。 文脈を理解できるツールではないので、誤字脱字を完璧に見つけることは難しいのですが、それよりも読みにくい箇所を指摘してくれるので、そこをリライトしています。 読みにくい部分とは、主語・述語が2組以上出てきたり、修飾・被修飾の関係が重なったりして一文が長くなったところです。 できるだけ単文で書いたほう [続きを読む]
  • お互い様の精神を子どもたちにも
  • このごろ増えてきているのが、やってもらうのが当たり前と考える大人です。 「お金を払っているのだから〜してくれて当然でしょ」という消費者意識が強いのですね。 あちこちの教室や塾で同じような話を聞きます。 でも、教育関連の場合には先達や指導者と生徒との相互作用で学ぶので、一方的にサービスを受けるのとは違います。 そこでは「お互い様」の精神が必要なのです。 してもらったら、それに応え [続きを読む]
  • 2歳児の女子トーク
  • 孫羊1号は、保育園の他の誰よりも早く話し始め語彙が豊富なので、同じクラスの園児の会話をリードしているそうです。 他の子もつられてクラス全体の口が達者になったと先生が言っていました。 それで、朝登園するとまずお互いの服装や髪型を褒め合うことから始まります。 リボンが可愛いだの、髪を結んでもらっただの。 可笑しいことに、可愛いと思えないときには、「スカートが赤いね〜」とか、事実を言うに [続きを読む]
  • 子育ての王道とは?
  • 自分の4人の子育てと、関わってきた多くの生徒たちを見て来て、子育ての王道は案外単純なものだと気がつきました。 それは簡単なことですが難しく、難しいようですが簡単なこと。 どんな教育法を選んでも構わないけれども、続けてやり遂げることです。 そろばんをやり続けた子は1級やそれ以上の段を取れます。 漢字検定を受け続けた子は、小学生の間に3級やそれ以上の級を取る子が多いです。 工作が好き [続きを読む]
  • 勉強できる子にする秘訣とは?
  • 年度末でもあり、このところ忙しくしていたのでブログも更新が滞っていました。 この週末も配偶者の親族の弔事で時間がなくなりそうなので、今のうちに書いてしまいますね。 このところ、勉強できる子と、そうでもない子との違いはどこにあるのかを、考えたり観察したりしていました。 結論は単純なものでした。 その1勉強できる子にするには、毎日勉強する子に育てましょう。 勉強好きとまではいかなく [続きを読む]
  • 対話しながらでないと理解が進まない子
  • 気温はまだ低いものの、エアコンの暖房のみで寒さを感じなくなって来たので、春が近づいているなと実感します。 さて、算数の入り組んだ問題文を自分で読んで解こうとしても、状況がどうにもつかめなくて解けない子がいます。 問題文は読めるのですが、読むことにエネルギーを取られてしまって、読み終わったときに大事なことが頭に残っていないのです。 物語文が読めないわけではないのですが、読んだ文の中でどれ [続きを読む]
  • 親が子どもに教えることのデメリット
  • ドラマ『下克上受験』第7話で、父親が子どもの成績の伸び悩みに対してイライラして怒鳴ってしまう様子が描かれていましたね。 実によく実態が描けていました。 とうとう胃潰瘍?になって倒れてしまうのは、行き過ぎ? いえいえ、「うちにもあった!」と感じる視聴者も少なくないのでは? 胃潰瘍までいかなくても、胃がキリキリ痛むくらいはありますよね。 子どもは自分の分身ではないのに、できないと自 [続きを読む]
  • 子どもの論理力を養える教材はこれだ!
  • 三段論法に代表される論理力を養う教材として、これを生徒にやらせています。最初は簡単なものから、段々と難易度があがっていき、ミステリーの謎解きのような推理が必要なものまで網羅されています。小学校中学年から取り組むと良いと思います。寺子屋では3,4年生が取り組んでいます。算数の文章問題の理解にも役立つみたいですよ。物語文だけでは養えない、論理的な読解力養成に役立ちます。(羊) 論理の特訓 甲 集合・属 [続きを読む]
  • 読解力養成に良い処方箋は?
  • お子さんの国語の読解力にお悩みの方から相談を受けて、良い問題集がないか探していました。今まではトップクラス問題集などを使っていたのですが、中学受験をしない生徒にやらせるには、難しすぎて1学年下でも少し難しいくらいですが、それをやっていました。最近になって学校よりレベルが上で、中学受験ほど難しくないレベルのものを見つけました。Z会が出しているグレードアップ問題集がそれです。これまでは中学年から取り組ん [続きを読む]
  • 創意工夫ができるドミノ倒し
  • ブロックは子どもが様々な形に組み上げるので、創意工夫をすることのできる遊びだと思います。他にもないかなと思い、ドミノ倒しを購入してみました。すると、さまざまな組み方を編み出して、階段を登ったり枝分かれしたりと、同じように創意工夫が見られます。子どもの独創性を育むのに、ブロックとはまた違う遊びだと思います。また、倒れるときに心地よい音がします。プラスチックではなく木製だからでしょうか。並べるのに時間 [続きを読む]
  • 漢字嫌いの子が喜んでやっています
  • 学校から出される漢字スキルの書き取り宿題が大嫌いな生徒たちが、競い合ってやる問題集がこれです!漢字嫌いな子に向いた問題集はないかなと思い、試しに買って与えてみたら効果てきめんだったのでご紹介します。 かんじパズル 甲(小学低学年以上)―パズルでたのしくかんじをおぼえよう (サイパー国語読解の特... Amazonまだ最初の方の、部首を組み合わせて漢字を探す問題をやっていますが、これを解くために漢字辞典の [続きを読む]
  • 語彙力≒常識
  • 国語の読解問題や算数の文章問題が苦手な子どもの中に、常識がない子がいます。常識は学習するための大切な基盤となるものです。例えば、豆腐を冷たいままで食べる料理を「冷奴」と呼ぶことを知らないと、冷奴が手間を掛けないことの象徴として書かれた文脈の理解ができません。常識と持っている語彙の数には強い相関があります。知らない言葉に出会ったらすぐに、「それどういう意味?」と聞いてくる感度の高い子どもは、常識があ [続きを読む]
  • 子供の教育も選択と集中が大事
  • 子どもは本来集中力があるものです。それなのに、勉強に集中できないという悩みを持つお父さん・お母さんが多いのはなぜでしょうか。子どもに良いというものはなんでもやらせてやろうという親心が裏目に出ているような気がするのです。子どもの適性を見極めるために、あれこれ挑戦するのはかまわないのです。でも、始めたからには途中でやめることは良くないことだと、どんどん習い事を増やす一方になってしまってませんか?先日、 [続きを読む]
  • 教科書や本のページを開けない子
  • こういうお子さんが10人に1人くらいはいます。「テキストの○ページを開いて」という指示があっても、ページを行ったり来たりしていて、なかなか目的のページが開けないのです。「もっと前の方」「後ろの方」と声をかけても、見当違いのページをめくっています。見かねた隣の子が、「ここだよ」と開いてあげます。おそらく子どもの認知タイプの弱い点が作用して、特定のページを直ちに開けないのだと思います。多くのケースでは、 [続きを読む]
  • WOWOWからdTVに乗り換えました!
  • これまでアナログBS放送の頃から、かれこれ20年くらいWOWOWを見てきましたが、最近は映画を見る本数も減り、さらにオンラインの動画配信サービスも普及してきたので契約を解除しました。放送では、見たい映画が放送される時間に予約してレコーダーに録画する必要があります。さらに、見たい映画が放送されるまで待たなくてはなりません。群馬で使っていたWiMax2+という無線のインターネット回線がやっと2年縛り期間がやってきて更 [続きを読む]
  • ゲーム脳はやっぱり怖いの!?
  • かつて『ゲーム脳の恐怖』という本がベストセラーになったことがありました。でも、その本の内容は必ずしも脳科学の世界で通説になったものではなく根拠がないものだと、後に反論されました。反対に、ゲームで認知能力の一部が高まるという研究があります。ゲームで遊んでいる子どもは視覚がすぐれ、細かい点の違いに気がつきやすいのです。また、マルチタスキング=同時に複数のことを処理する能力にも長けています。このようにゲ [続きを読む]