e-子育てコム さん プロフィール

  •  
e-子育てコムさん: 子育てを応援 e-子育て.comのスタッフブログ
ハンドル名e-子育てコム さん
ブログタイトル子育てを応援 e-子育て.comのスタッフブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/e-cosodate/
サイト紹介文子育て応援サイトe-子育て.comのスタッフのブログです。子育てや教育、幼稚園選びに役立つヒントも満載。
自由文脳科学の視点を取り入れた新しい勉強法や幼児・低学年の子どもの特徴を考慮した教育方法などの提案や実験の紹介もしています。また幼稚園など教育関係者の訪問で聞いた、興味深いお話も随時ご紹介しています。

子どもの年齢に「つ」がつく一つから九つまでの教育が大切という認識で「つの教育」を提唱始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/11/11 10:36

e-子育てコム さんのブログ記事

  • 子どもの理解力を高める育て方
  • 小学生になった時に、学校の先生の話がしっかり聞けて理解できることは、学力の基礎としてとても大事です。実はこの部分がおろそかになっているなと感じる児童が少なからずいます。こうした子は、幼稚園や保育園時代にもその兆候はあったはず。それを見逃して、放置したままでいると、おとなの話をあまり理解できない子になってしまいます。すると、実は聞いているのに「話を聞いていない」というレッテルを貼られてしまうこともあ [続きを読む]
  • なぞなぞで子どもの柔軟な思考力を伸ばす!
  • 寺子屋では毎日1題なぞなぞを出題しています。 白板になぞなぞを書いておいて、一番に正解した子にご褒美のキャンディーをあげています。 なぞなそは、ダジャレ、何かに変換、とんち、言葉遊びなど様々な要素が含まれていて、子どもの柔軟な思考力を伸ばすのに、最適な教材だと思います。 なぞなぞ本がありますが、問題を見て直ぐに答えを見るのではなくて、しばらく考えて、どうしてもわからない時に解答を見るようにしたいですね [続きを読む]
  • 勉強嫌いにさせない指導法
  • 「どんな子どもでもうまく指導することができます」とまでは言えませんが、場数を踏んでいるとある程度は、子どもの性質に合った指導ができるようにはなって来ます。 自分には難しいと感じる問題は、やりたがらないといタイプの子が毎年います。 そんな子は一緒に考えてやって、ヒントを出しすぎない程度にリードしてやると、答えまでたどりつけます。 要するに答えまでのステップを小分けして、小さなステップに分解して、小分け [続きを読む]
  • ロンドンじゃなくて中東へ!?
  • NYへ子羊2号の卒業式に行ったときは、向こうの司法試験に受かったら、秋からはロンドン、つづいてシンガポールなんて話をしていました。 ところが、その後本国の事務所から中東方面への赴任を打診されたそうです。 しかも日本への一時帰国もなしで、アメリカから直接向こうに飛んで住むようになるという話。 まさに青天の霹靂とはこのこと。 仕事としては元々国際間の案件を志望しているので、中東ではそちらの仕事が多いらしく、 [続きを読む]
  • 勉強できる子への近道は?
  • ずっと前に しっかりした子=自立した子という記事を書いたことがあります。この記事に登場する生徒ではないですが、同じように「しっかりちゃんと育ったから、この子は勉強できるんだろうな」と思わせる子がいます。そういう子は、人間的にも魅力があって、成長してもみんなから頼りにされて人の輪の中心にいそうだなと大人から見てもそう思わされます。勉強ができるようにしたいから、学習系の塾や習い事をたくさんやらせる人が多 [続きを読む]
  • 次々と適当な数を答える子ども
  • 算数の文章問題をやっていると、考えるのが面倒くさくて、「どうやってやるの〜」とか「何算?」とか、はては「30」「違うよ」「じゃあ60」「そんなに少なくないと思うけど」「600!」とクイズよろしく、当てずっぽうで答えを取っ替え引っ替え挙げる子がいます。 問題を読んであげても、状況がイメージできないので、どこから手を付けてよいかわからずに、適当な数字を言ってみてるだけなのです。 何年も前から言っていますが、イ [続きを読む]
  • 藤井四段が受けた教育
  • 将棋の藤井聡太四段が快進撃を続けていて、マスコミも世間も大注目ですね。 なにやら藤井四段が幼少期に遊んだ立体的な玩具が人気だそうです。 キュボロ (cuboro) キュボロ スタンダード [正規輸入品]34,560円Amazon キュボロ (cuboro) キュボロ ベーシス [正規輸入品]25,920円Amazon なかなか高価な玩具ですがamazonnでは2018年1月納期となっています。 おもちゃ屋さんにも在庫がないとテレビで言っていました。 こういうことっ [続きを読む]
  • ローンウルフ
  • 羊家の仔羊たちは全員が群れないタイプです。どうしてそうなったかと考えてみました母羊の教育方針がその根っこにあるのだと思います。男も女も自分が納得できる仕事を持ち、自分の食い扶持はしっかり稼ぐこと。自分は自分、周りがどう思おうと自分から合わせる必要はない。というのが羊家のモットー。だから、「みんなが持ってるから」「みんながやっているから」は羊家では通じず、それを理由に何かを買ってもらうなどと [続きを読む]
  • 10歳の壁を乗り越えないと学力は伸びない
  • これまで多くの小学生を1年生から見てきましたが、3,4年生(10歳前後)に壁があることがわかりました。ちょうど一つから九つまでの「つのつく歳」が終わるころです。脳科学的には、このころに脳の意識に関係する領域の髄鞘がほぼ完成に近づき、神経を伝わる電気信号の漏れがなくなるそうですね。運動・感覚・情動などはもっと早くに完成しています。人間らしい知的な部分が一番遅く、それが10歳前後にできるわけです。また、脳の [続きを読む]
  • 2020年を見据えて動き出している親たち
  • 初めてアメリカに行ってみて、その多様性に驚きました。国力が最盛期より弱ってきたとはいえ、まだまだアメリカの力は強い。その元となっているのが、多様な人種が混ざり合うことで生まれる相乗効果でしょう。社会が安定して同じ方向に向かっていた時には、日本のような同調性が高い国民性は大きな成果を手にすることができました。しかし、数年で世の中の仕組みがどんどん変化していく時代には、変化に適応するのに多様性が不可欠 [続きを読む]
  • UNOが遊べたら生活知が高い子ども
  • 小学校1,2年生での話です。 UNOというゲームがありますね。 場の札と同じ色か数のカードを出していくゲームですが、小学1年生で完璧にルールを理解して遊べたら、かなり生活知の高い子どもと言えます。 ・順番を守れる・色でも数でもカードを出せる・スキップやリバースのルールを理解している・残り1枚になる時に「ウノ」を宣言できる 順番を守れない子も少なくないのですが、その場合はちょっとぼーっとしている子になります。 [続きを読む]
  • 子どもの教育〜時間とお金のムダを避ける!
  • 羊が子どもだった頃に比べたら、少子化が進んで今はどの家庭も教育熱心です。 確かに、昔もソロバンや習字の習い事はありました。 他にはピアノやエレクトーン。 しかし今はこれに加えて、体操・スイミング・英語・幼児教室・英才教室・実験・サッカー・ダンス等々様々な習い事があります。 これに学習系を加えて、2〜3つ習っている子はとても多いのです。 それをはたから見ていて、本当に身になっているのだろうかと疑問です。 [続きを読む]
  • 1年生、問題文の読解力はこんなもの
  • 小学1年生がつまずきやすい文章問題があります。 これもその一つ。 <0MX03改題>  月  日(  ) ここは くらげのうみです。まいにち たくさんの くらげがあつまってきます。きょうは きのうよりも 5ひきおおいようです。 きのうの くらげは 4ひきでした。きょうの くらげは なんびきでしょうか。 「きょうは〜5ひき」と読んで、5匹と答える子が大多数。 「5匹多い」なのですが、多いはどこかへ行ってしまいま [続きを読む]
  • NYはいつも工事中
  • NYではミッドタウンにあるホテルに宿泊しました。 タイムズスクエアまで徒歩5分ぐらいですから、銀座4丁目まで徒歩5分位と同じような場所と考えてください。 しかし、周辺を歩いてみると車道も歩道も建物もあちこち工事中です。 古い建物でも補修して使う文化なので、工事中は当たり前ということのようです。 補修していない道路も日本ほどよい道ではなくて、表面がボコボコで、ハイウェイでさえ、相当揺れます。 映画で車が猛スピ [続きを読む]
  • 帰宅後、子供とのファーストコンタクトが大事
  • 以前に 『ただいま』の直後は「話したい」がいっぱい! という記事を書きました。 これは永遠に変わらないものです。 親でなくても、その日初めて会うと、「ねぇねぇ〜」と今日の出来事や怪我をしたこと、プレゼントをもらったことなど様々なことを報告してくれます。 子どものこのおしゃべりは、聞いている人に共感してもらいたいから話すのです。 だから、この時のリアクションは、「そうなんだ」「よかったね」「たのしそうだね [続きを読む]
  • 物を大事にすることを教えましょう!
  • ここ最近の子どもは共用の備品や玩具を乱暴に扱います。そのため「ザ・デストロイヤー」と呼ばれる子が毎年何人も出てきます。物があふれている時代なので、壊れたら買ってもらえるのが当たり前になっているのでしょう。今のお母さん・お父さん自身がそうした環境で育ってきたので、なかなか根が深い問題です。壊しても悪いと感じないところが、なんとも困ったことです。雨が降っていて傘がなかったら、他人の傘を持って行くことが [続きを読む]
  • コロンビア大学の卒業式
  • さて、今回のNY行きの主目的は子羊の卒業式(大学院)への列席と、その後の謝恩会(Reception)に相当するパーティ、さらに子羊の一番の仲良しであるオーストラリア人の誕生日パーティへの出席でした。他のUS大学ではどうか知りませんが、コロンビアでは式典の司会は卒業生代表がしていました。 それも一人の司会というのではなく、「私は〜で、これこれの人を紹介します」という形式でリレーされていきました。 成績優 [続きを読む]
  • NYから無事帰国しました!!
  • 出発が遅れたので、成田にも遅れて到着。 家まで車で帰宅し、夕食後に前橋まで車で戻ってきました。 13時間のフライトの後に、300kmのドライブはハードでした。 関越自動車道で、一瞬意識がなくなりそうになってびっくり。 飛行機の中で細切れに睡眠をとったので、急に睡魔が来るんですね。 特に関越はカーブもゆるいので、いつもでも運転が単調になるので、時差ボケの頭と身体には地獄のワナ?でした。& [続きを読む]
  • NYに行ってきます!
  • 子羊2号がロースクールを卒業するので、卒業式を見にNYへ行ってきます。 今日から1週間の予定です。 なかなかNYへ行く機会もないので、この際行っておこうかということになりました。 初めてのNYなのでまるっきりお上りさんです。 ゴールデンウィーク後で、早割を使ったために思ったよりも安くいけます。 現地での食費はかかりますけどね。 ホテルのWiFiは無料とありましたので、インターネットのア [続きを読む]
  • 使える英語力は”英会話”ではない!
  • 英語のエクスパートが書いた文をどこかで読みました。 タイトルの通り、使える英語は英会話じゃないんだと。 仕事で英語を使うシーンを時間別に分析すると、圧倒的に読む>書く>話すの順だったそうです。 それなのに、英語を学ばなくても子どもの将来がないと、多くの子が英語教室に通い始めています。 英語が小学校でも必修になると聞いたら、これからは日本の会社内でも英語が飛び交っているんじゃないかと [続きを読む]
  • ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜
  • NHKのドラマで『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』が気に入っています。 鎌倉で文具店を営み代書も引き受けている祖母に育てられた主人公は、祖母に反発して家を飛び出しますが、祖母がなくなったので家に帰って来たところから始まります。 店は引き払うつもりでいた彼女は、ひょんなことがきっかけで代書を引き受けることになるのです。 毎回代書の依頼者のバックグラウンドを描くヒューマンドラマです。 多 [続きを読む]
  • 子どもことば絵辞典買ってやりましょう!
  • 小学生の語彙力増強のために、クロスワードパズルを取り入れています。とろこが生活用品をはじめとして、知らない言葉が多いですよね。「おわん」「くびわ」「びいず」などヒントの絵を見ても浮かばない子が多いんです。 普通の家庭にある日用品の名前をちゃんとお子さんに教えていますか? ざる、おけ、おたま、フライ返し、すりこぎ、すり鉢、大根おろし、やかん、せんぬき、缶切り、まな板、電気釜、電気スタンド、ド [続きを読む]
  • 子どもに豊かな言語環境を与える
  • 連休中に3歳になった孫羊を見ていて思うのですが、どのような言語環境で育つかは、その子の発達に大きな影響を与えるということ。 これまでも度々国語力と言語環境について言及してきました。 3歳の孫羊が時として小学1年生を上回る言語表現を使います。 単語レベルの語彙だけではなくて、言い回しも完璧に使えるし、オノマトペを使って物事を形容するので、単なるマネではなく使えるレベルで言葉を操っています。& [続きを読む]
  • 子どものピンチは成長のチャンス
  • ラジオを聞いていたら森昌子が子育てについて語っていました。 我が子が飯を食える男にするためにどうしたら良いかという本を出版したそうです。 子どもが歩きはじめの頃に、子どもの行先の石を取り除くのではなく、凸凹がたくさんあれば「シメシメ」と思う。 というのは、石につまずいて転べば、どうしたら転ばなくて済むか学べるから。 このように一事が万事、子どもが困った状況=ピンチに陥ることは、それ [続きを読む]
  • 言ったことを一度でわかる子にするには?
  • 小学校の低学年生には、少々長い問題文になると内容の理解が難しい子がいます。 そうした子に共通するのは、こちらの話を一度で理解できず、何度も何度も聞き返すことです。 「大事なことを言うから一度で覚えてご覧」と言っても、言い終わったそばから「わからない」となる。 どうしてこのようになってしまうのでしょうか。 それは、ご家庭で何度も何度も同じことを言われ続けるので、一度で覚えてしまう必要 [続きを読む]