noncosme さん プロフィール

  •  
noncosmeさん: コスメときもの 雑記帳
ハンドル名noncosme さん
ブログタイトルコスメときもの 雑記帳
ブログURLhttp://ameblo.jp/noncosme/
サイト紹介文コスメときもの、趣味の茶道について語っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2009/11/11 22:09

noncosme さんのブログ記事

  • フランデール
  • アンチエイジングサプリ「フランデール」を飲んで3ヶ月。当初あんなに驚いたお肌の変化(頰がつるつる)ですが、3ヶ月続けたらそれはもはや「いつものお肌」。この状態に慣れてしまった…と考えるとちょっと怖いですね。いったん辞めた方が戻ってくるケースが多いそうですが、納得の効果でした。☆フランデール・10,584円(税込)/箱 ※一箱でひと月分1包に5粒、これが1日分。1ヶ月目はまとめて朝5粒、2ヶ月目は↓のように [続きを読む]
  • 三島染色補正さん
  • 神田で100年以上、手作業による染色補正を継いでらっしゃる三島染色補正店さん。店頭に出る前の染めのお直し(友禅の泣きなど)が専門ですが、三越の仕事なども長くされて、着用によるシミ汚れにも広くご対応くださいます。その4代目の方とひょんなことでお知り合いになりまして、以来お勉強させていただいています。先日、お店に伺って三島さんに「えり洗い指南」を受けてきたのですが、これが大層興味深く、楽しかった また [続きを読む]
  • 祖母の着物に八寸
  • バタバタと支度をしてお稽古へ。トップの髪をまとめるときにいつも使っている、セット用のコームを挿すのを忘れてしまったので(梳かしてないという意味ではありません)こんなことにあちゃ〜ちょっと暖かい陽気だったので軽い着物が着たくなりました。帯はできればもっと春らしい色合いのものを締めたかったなー。でもモダンなものがなくてこちらになりました。いつものコーデ(笑)お太鼓がこの帯締めお気に入りです。無彩色の帯 [続きを読む]
  • [1月のベターホーム 後藤紘一朗の懐石料理]初釜の懐石
  • 1月のベターホームは初釜の懐石でした。[向附]まぐろ山葵和え うど 胡瓜 針のり[御飯]白飯 湯炊き[汁]菱はなびら餅雑煮 京白みそ 牛蒡 辛子[煮物椀]鯛の葛叩き せり 梅人参 若布 松葉柚子[焼物]銀鱈西京焼きお向こうのきゅうりは扇面、うども飾り切り。先生のつくった花はほんとに美しいのですが、酢水にさらしても中々こんな風になりません。お菓子に花びら餅を使うときは使えないメニュー(汁のみ)ですね。この花びら [続きを読む]
  • ひな祭りのコーデ
  • 春めいてくると着たくなる着物。身丈も袖幅も短いのであまり着ないのだけど、好きな着物です。ホームパーティでみんなに褒めてもらって嬉しかったなー そろそろお被布とか、袖なしの軽いコートに変えようかと検討してましたがもう少し着物で着ることに(笑)ペーズリーと思いきやボタニカル。帯揚げはきねやのハート絞り、帯締めもきねや。帯は光悦垣に菊。何と言っても身丈149センチ。対丈で着ようと思ったけど、なん [続きを読む]
  • お雛様きもの女子会
  • お雛さまのホームパーティにお呼ばれ。どこかにピンクを使いたくなりますね。ハタ、と気がついて桜の簪を出す。危うく機会を逃すところでした。ご用意くださった散らし寿司。みんなで持ち寄ると品数が多くて楽しいですね。圧巻、鯛のアクアパッツァ。ふっくらとしてとても美味しい お代わりしてしまいました。お天気で暖かな日だったので今年初の羽織。黒地は便利ですが、今回の着物だったら木蓮の羽織の方が良かったかなー… [続きを読む]
  • 利休忌へ
  • 利休忌の装い。先日届いた英の色無地で行きました。長襦袢も慶弔両用、壺たれ地紋の白です。今のところ利休忌にしか出さないのですが、久しぶりに羽織るとたっぷりと心地よい絹の重みを感じます。同じ呉服屋さんで、これもやっぱり嫁入り支度で作ってもらった長襦袢とは異なる生地感。礼装用の長襦袢は別格なんだなと思います。なんか…裾がまっすぐ(汗)帰る頃は雨が降りそうなので、雨支度。周りの方に助けていただいて、次客を [続きを読む]
  • 柳の小紋に紬の八寸
  • 柳の小紋で研究会へ。炭点前があるとつい濃い地色の着物に手が伸びてしまいます。この日は利休忌の予習とお役決め。わたくし次客を仰せつかり、大緊張〜。お炭、お花、頑張ります(お香は聞くだけだから気楽)。帯をきつく締めると湿疹が出るので、普段は程々に締めています。そうすると、たまにこうなるのですよね帯締めが食い込む (でもあまり気にしてません笑)茶花って難しい。高校時代に華道をかじったことがあるのです [続きを読む]
  • 地紋起こしの小紋に雪輪の名古屋
  • 赤坂に行ったときのコーデ。この着物は袖丈が51センチで微妙に長いのですが、丁度袖が長めの長襦袢があったのでその組み合わせで着ています。早めに袖丈直そうと思ってたのに、この組み合わせで着れるとなると出足が鈍る予感(笑)雪輪の中に四季の花が織り出された帯を合わせました。でも雪輪の朱色がちょっと浮いてるような…。帯締めは赤系の方が良かった。肉眼で見たときは気づかないのに、写真で見ると気付く不思議。楽しい1 [続きを読む]
  • 楊柳・菊唐草綸子・7色。小物の楽しみ
  • 先日赤坂に行ったついでに、気になっていた小物専門店に寄りました。今は手広く付け帯・襦袢なども扱ってらっしゃるので楽しくて、つい長居してしまいました場所柄赤坂芸者さん御用達なので、ベンベルグの裾除けや肌襦袢の小衿から飛び絞りの帯揚げまで、すべて赤坂好みの濃いピンクも揃えていらっしゃるのが興味深く。ポリエステルの長襦袢反物も可愛いものが揃ってました。色々拝見して「いいな」と思ったのが、この幅広の楊柳の [続きを読む]
  • マキアと青木裕子さんのトークショーにて
  • コスメデコルテ white terrace supported by MAQUIA ではトークショーもありました コスメデコルテの美白美容液発売を記念して営業されているコラボカフェにてトークショーはご存知マキアの編集長(左)と元TBSアナウンサーで今はフリーになられた青木裕子さん(右)でした。青木さんは早速ホワイトロジスト ブライト エクスプレスをお使いでらして、翌日には透明感を感じられたそうです。カフェで食事を楽しみながらコスメをお試 [続きを読む]
  • ロイヤルガーデンカフェ青山にて
  • わたしも大好きなカフェでコスメデコルテの期間限定・体験型カフェ"DECORTE white terrace supported by MAQUIA"が開催されていたのでお邪魔してきました。Royal Garden Cafe 青山 にてイベント期間(2月25日〜3月3日)中の店内はDECORTE仕様です逆光で見づらいですがこちらが2月16日(木)新発売の美白美容液、「ホワイトロジスト ブライトエクスプレス」(40ml/15,000円)。2004年の初代「ホワイトロジスト」から数えて5代目で [続きを読む]
  • 月島でアンコウ鍋
  • 「アンコウ鍋食べたいね」ということで「ほていさん」にやって来ました。久びさの月島、もんじゃ焼きの美味しそうな香りが路地に充満していて気もそぞろ(笑こちらのお店、コース1本勝負なので既に決まっております。まずはお造り、これで2人前築地に近いから?すっごく美味しいです。そして噂のアンコウ鍋。ちょ、あん肝の量アンコウの皮を初めて頂きました。厚くてぷりぷり。コラーゲン鍋が出来ました お店の方が全て面倒見 [続きを読む]
  • アンチエイジングサプリ「フランデール」
  • エイジングケアサプリ「フランデール」の3ヶ月モニターをしています。飲み始めてちょうど2ヶ月がたちました(→1ヶ月終了時のレポ)。☆フランデール・31包/箱・10,584円(税込)1日1包、5粒入っています。1ヶ月目はタイミングの都合もあり、毎朝5粒一度に飲んで過ごしていました。ちょっと勿体無かったかと思い、2ヶ月目は上から朝(2粒)、昼(1粒)、就寝前(2粒)のように分けて飲むことに。ときどき2回(朝と夜)で飲んだ日 [続きを読む]
  • 摺り疋田の小紋に井澤屋の新塩瀬
  • 摺り疋田の小紋でお稽古へ。寒さが増しているので袖無双の長襦袢。お袖の裏と表で色が反転していてちょっと目を引きます。帯は井澤屋の新塩瀬。色んな柄で展開されていて、季節限定の柄(祇園祭りのとか)も可愛いです。でもポリの帯はこれだけで十分かな。胡粉が使われているのでやっぱり濡れても大丈夫、とはいきません。へなへなっとした薄い帯揚げ。本結びしてから端を帯揚げの中に入れ込んでふっくらさせています。こうすると [続きを読む]
  • イプサの隠れた名品を発見
  • IPSAのカウンターで使っていただいたアイテムがとっても良かったので、ご紹介。ちょっと太めなリップスティックのような見た目ですが、これはスティック状美容液。うるおい保湿成分が約65%配合されていて、乾燥を感じた時にファンデの上から使うことができるもの。キメ・毛穴落ちしたファンデーションも滑らかにのるので、目尻やほうれい線などのお化粧直しにも。☆ザ・タイムR デイエッセンススティック・9.5g・3,132円わたしが [続きを読む]
  • 小帽子絞りと辻ヶ花の小紋
  • お茶会へ行った時のコーデ。下にあしべ織の汗取り襦袢(暖かい)を着て、厚い衿芯の広衿の長襦袢を着ています。ここまでするとさすがにはと胸っぽく、なだらかに胸元がふっくらしますね。背中心がずれてましたね ところでお袖が丸いの分かります?おぼこく着たかったので仕立てる時に丸みをつけてもらいました。よく着る方は最初5分の丸みで仕立てておいて、すり切れてきたら徐々に丸みを大きくお直ししていくそうですが、わたしの [続きを読む]
  • 英の色無地
  • 英(はなぶさ)さんで年末にお願いしていた色無地ができあがってきました。色喪服として使えて、差し当たっては利休忌に活躍してくれそうな色目。密かに心配していた染め抜き紋も綺麗に入ってました。今度先生席持ちのお茶会があるので、その時にも着ようかな 早速重宝しそうですね湯島天満宮は梅祭りが開催されています。ここは白梅が綺麗。可愛いメジロが何羽もいたのですが…忙しく飛び交っていたので撮れませんでした薄桃 [続きを読む]
  • 茶道会館「稲荷の茶会」へ
  • 2月上旬のことですが、毎年恒例の「稲荷の茶会」が茶道会館でありました。今年は客なので気楽ですね ひたすら楽しみに伺います。震えるような寒い日なので、満を持して厚い衿芯の入った広衿・無双袖の長襦袢を出しました。こんな日にはこのくらい衿が厚くても見苦しくなく、暖かそうに見えるかと。お写真撮りませんでしたがピンクの紗綾形地紋に白と濃いピンクで紅葉の飛び絞り。という可愛らしい長襦袢なのです小帽子絞りと [続きを読む]
  • 霞取りに竹の染帯
  • 1月のお稽古着物。ちょっと面倒で襟足の髪を撫でつけなかったのでもっさりしてますしかし髪の毛多いね優しい地色の帯しか合わない着物。着る人にもよるのかな?羽織を再利用した帯揚げ(何気に重宝)に冠組の帯締め。この帯はツヤ感のない染帯で、柄に使われている色もどちらかというと深みのない色。なので合わせる着物によっては帯が負けるというか、逆に浮いてるように見えるので意外と難しい1本。でも霞取りに竹は好きな柄、お [続きを読む]
  • 水屋袴をつくっていただく
  • ブログ「ひとり 着物ひろめ隊」の波うさぎさまの感謝企画で素敵な水屋袴を送っていただきました。手づくりの水屋袴がとても嬉しいです ありがとうございましたお茶のお稽古へ行く前に早速履いてみました。初めて水屋袴を履きましたが履き方はこれで合ってるでしょうか?紐は帯の下(内側)で結ぶと安定するそうです。帰宅後、帯の上で紐を結んで履くととこんな感じでした。二部式雨コートの感覚で慣れているので結びや [続きを読む]
  • 国立劇場にて文楽「冥途の飛脚」
  • 少しポスターが写ってますが「冥途の飛脚」を見に行きました。文楽は2回目ですが(初めてはこのとき)会場に入った瞬間、太棹の三味線の音が大好きになっていることに気付きました。あの深くて奥行きのある響きがたまりません。しかしバチが大きいですね…とっても良いお席で真っ正面から堪能できました。こちらは帰宅後のお写真「冥途の飛脚」。前半のおかしみが後半の遣る瀬無さを際立たせていました。歌舞伎で封印切りを見たと [続きを読む]