noncosme さん プロフィール

  •  
noncosmeさん: コスメときもの 雑記帳
ハンドル名noncosme さん
ブログタイトルコスメときもの 雑記帳
ブログURLhttp://ameblo.jp/noncosme/
サイト紹介文コスメときもの、趣味の茶道について語っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2009/11/11 22:09

noncosme さんのブログ記事

  • 大手町落語会とカカオマーケットバイマリベル
  • 遠州木綿の着物にすくいの帯で向かった先は大手町落語会でした。さん喬さんと権太楼さんお目当。市馬さんは手堅い噺家さんで何をやってもお上手だと思うけど、品行方正な雰囲気に勝手に白けてしまうときがある。世間の常識なんざ知りませんぜ系の無頼派か、ほんとは働きたくないんですけどね、仕方なくね系の駄目男(そう見せてるだけで中身はもちろん別)、酢いも甘いも噛み分けました風の、自分にできることはこれだけなんで…と [続きを読む]
  • 遠州木綿にすくいの帯
  • 雨が降りそうなお天気だったので英か撫松庵かシルックか(…飽きたな)と考えていたところ思い出したのが遠州木綿。落語だし合いの時期だし良いのでは?むしろ今を除いたら着るときないかも〜と引っ張り出しました。遠い親戚から、叔母を経てわたしの元にきた着物。たっぷり揚げが取ってあったので身丈を伸ばしてもらいました。地厚で多分遠州木綿だと思うのだけど。畳みっぱなしでシワがくっきりあの帯揚げ使いました帯締めは渡敬 [続きを読む]
  • トーハク「茶の湯」展
  • 茶の湯展に行ってきました。平日でも混んでますね。館内にはそれほど待たずに入れましたが、中での進みはスロー。というのもじっくり見る方が多いため。1点でも「おおー!」という名品なので道理ですね かくいうわたくしもたっぷり4時間かかりました。ぐったり 図録も買った古田織部考案の茶室「燕庵」の再現。写真には写ってませんがにじり口手前に相伴席が。点前席の窓は明かりとりでしょうか?手元が明るくてたてやす [続きを読む]
  • 撫松庵の着物に紋織の博多
  • 時系列的に遡りますが、雨の降りそうな日のコーデ。今年は雨模様の日が多い…身軽に行きたかったので、撫松庵の動物小紋(植物柄の中に鳥・リス・猫。おまけに蝶も紛れ込んでいます)。後ろのお端折り見えてますね紋織の博多。渡敬の薄黄色の帯揚げに細めのオレンジ色の帯締め(きねや)でした。なんとなくすっきりコーデを意識する季節になりました。はーもう初夏か気軽な雨草履に上だけ雨コート。お茶会ラストスパートです♪ [続きを読む]
  • 気温28度。単衣を着てお稽古へ
  • 昨日は暑かったですね。雨の予報だったのに、いつの間にやら最高気温28度ビビって早々と単衣でお稽古へ行きました湿度が高かったので単衣でちょうど良かった。しかも雨の予報を引きずってシルックなのでした。「これ着よう、これが着たいな」ってなったらなるべく変えたくないですね。今が旬とばかりに柳の染帯。姉弟子さんが褒めてくださり喜ぶわたし。陽射しが眩しかったので帯揚げは無彩色でカラーレスにしてみました。地紙に牡 [続きを読む]
  • コートの振り返り
  • この冬着た羽織ものの振り返り。コートって、幾つあってもまだ欲しいような、足りてないような気がしますね。冬の入り口はツルツルさらりとした道中着をよく着ました。風が冷たく感じると総絞りを出して…寒風吹きさす日や雪の日にはファーのついたケープマントにカシミヤショールを重ねたり。ベルベットの道中着もありましたがお写真消えた…。お初の試み、ケープマントをニット帽でさらにカジュアルダウン。こちらは番外編、雨コ [続きを読む]
  • みっちりと潤うクリームリッツ「リバイバル ステム7」
  • LITSのクリームをお試ししています。以前化粧水を使わせていただいて(レポはこちら)とても良かったので楽しみにしていました。このクリームは生命エネルギーの源、幹細胞に着目してつくられたもの。「セルコスメ」のお好きな方はきっとこのクリームも好きだと思います。☆リバイバル ステム7・50g・3,500円(税別)クレームブリュレのような滑らかなクリームに黄色のカプセルが目を引きます。このカプセルは7つの植物幹細胞由来 [続きを読む]
  • 浅草でお花見ランチ
  • お花見ランチの続きです。新たに入手した笄を挿して。この笄、職人さんの名前は入ってないのですがちょっと良い雰囲気なんです(自画自賛 笑)。今度お写真単独で撮ってみようと思いつつ。浅草は一松。前回はお座敷の個室でしたが、今日はお二階の広間。汲み上げ湯葉の前菜にメインがビーフシチューという和洋折衷ランチ。ビーフシチューのお肉が…お箸でホロリ、蕩けそう 浅草は天ぷら、どじょうの他に洋食の歴史も古いんで [続きを読む]
  • 貝桶の小紋に蝶の帯でお花見ランチ
  • 今年の桜は長く楽しめましたね。貝桶の小紋でランチに行きました。趣旨はお花見なので何を着ようか考え…ピンク色と花柄は避けようと決めました(もちろん何を着たって自由です、念のため)。桜に重ねて花柄がダブるとつまらなく感じ、また桜の色と喧嘩しない着物が着たくなったのです。と言うわけでこんなコーデになりました。この小紋は青海波の地紋に金通しでチラチラと光ります。一度お茶会に着たら(お茶室には)案外派手かな [続きを読む]
  • 朧紬でお稽古へ
  • 春になると着たくなる紬でお稽古へ。お茶会前の割稽古が佳境でございます。月白色に染めてもらった帯が手持ちの着物に合わせにくいという事実…。絶対的に便利なのはやっぱり白汚し(いわゆるクリーム色)です。暖かな日だったので薄手のショール1枚で大丈夫でした。あっという間に本番です…! [続きを読む]
  • 東三季へ
  • 昨日の記事の続き。鈴本演芸場で落語の後、青山に行きました。アンティークの帯。身長があるので(といっても普通サイズ)アンティークは帯で楽しむのみ。羽織も大丈夫な方が羨ましいっ着いた先はこちら、東三季でした。リクエストしていたものがありまして寄らせて頂いた次第。呉服屋さんが苦手なのでネットで購入することが多いのですが、東三季の店長の方は素晴らしい。卓越したセンス、そして着物が大好きでらっしゃるので(こ [続きを読む]
  • 縞小紋で鈴本演芸場へ
  • 冷たい雨の降る日にお出掛けしてきました。髪失敗気味なので大きめの簪で誤魔化すの図勘違いして、気づいた時には既に独演会がスタートしていた… ので、手近にあった作り帯を急いで巻く。雨にけぶる鈴本演芸場です。はい、大好きなさん喬さんの独演会でした。すごく良いお席で前から3列目。さん喬さんDAYなところ、わたしは昼の部で堪能します。初めての鈴本演芸場は新しめの施設で小綺麗。椅子席なので着物でもラクですね&n [続きを読む]
  • 魅惑の古布
  • 美しい古布を頂きました。しなやかな薄い綸子に濡れ描きっぽい友禅と刺繍で華やかな洋花。幅が短いのでここは衽かな。ガッツリ源氏車に花の丸。全体的に丸っこくて子どもの衣装みたいな気配がします。これはバッグの内布とか、張り込みで紙入れの表地にしたら可愛いかも。これも可愛い色使いの地紙文様。嘘つきの替え袖にしたい感じだけど、長さが無いので悩み中…。こちらは十分な長さで頂いた羽裏。替え袖にする予定絞りで橘を表 [続きを読む]
  • 肥後細川庭園でお花見
  • 桜は今週末まででしょうか。葉桜混じりの桜まみれになってきました。細川のお殿様の下屋敷庭園です。お薄を頂いてひと休み。熊本の銘菓を取り寄せてらっしゃるとか。椿山荘は結婚式日和です。三重塔に八重の枝垂れ桜神田川にかかる染井吉野。目黒川より断然、神田川桜まみれ [続きを読む]
  • 井澤屋の帯に変えてリレーコーデ
  • 記事の時系列が前後しますが(途中に桜の記事を入れたから)、リレーコーデしました。1、2日後にまた着物を着るときはリレーコーデ率高いかも助六を観に行ったときはこんな感じ。同じ着物のまま、帯と小物を変えました。羽織もののことを考えずにコーデすると楽ですね。前回は羽織を黒にしたので帯をエンジにしたところ、今日は何も考えずに。メリハリがあってこの方が好みです。花咲く頃に締めたくなる蝶の帯研究会で次のお茶会の [続きを読む]
  • 東京の桜
  • 桜が満開です神田川沿いのソメイヨシノ。ここは夜桜も素敵です。道端の色変わりの八重に早くも葉桜がランチをいただいたお店では大ぶりの壺にざっくりと活けてありました。わたしはやっぱりしだれ桜 圧巻のお姿です。こちらは浅草、伝法院庭園スカイツリーとの競演です週末までもってくれたらラッキーですね [続きを読む]
  • 英の縞小紋に笹と橘のアンティークの帯
  • 買った時は随分地味だと思ったものですが、あっという間に年齢が追いつきまして()重宝している英の小紋。帯が遊べるので案外飽きませんし、目立ち過ぎないしで、雨の日によく着ています。今日はバタバタしていたので作り帯をひょい、と。でも斜めってるー。ぼかしがいかにもアンティーク。笹と橘の刺繍帯です。帯揚げは花想容、帯締めはゑり正。雨の日のお稽古でした。明るい色が恋しくなる季節です [続きを読む]
  • 助六の紫は江戸むらさき
  • 助六を観に歌舞伎座へ行ったときのコーデ。ごく小さな金蒔絵の笄を挿しました。昨年チクチクと自分でお直しした着物です。伯母は福々しくたっぷりとした人だったので身幅を入れて、裄も調整。袖は47センチと短かったので出しました。疲れたわ… もう2枚いただいたけど全然手を付けてません(笑)助六の江戸紫色の長襦袢。京紫に近いけど、ここは江戸紫ということで この帯は趣味性が感じられるのと金銀が入ってるのと… [続きを読む]
  • 助六を観に
  • もう先月のことですが…「助六」を観に行きました は〜 花道の出の語り(無言の所作なんですが、助六のそれは「語り」と称されるとのこと、確かにたっぷりとした語りでした)にうっとり。開演前は開場を待つ人の行列ができてました。熱気でムンムン しかし素敵でした…!360度色気が放たれて、会場全体が酔っていました。わたしもしっかりと。お茶の先生曰く、三世代を見て一番格好良かったのは海老蔵さんのお祖父 [続きを読む]
  • コスメデコルテ サンシェルターAG
  • コスメデコルテの日焼け止め乳液「コスメデコルテ サンシェルターAG」をお試ししています。☆コスメデコルテ サンシェルターAG (35g)・3,000円(税抜)・SPF50+/PA++++2月16日発売A波B波共に最高値のプロテクトで日焼けによるエイジングを防ぐ 白肌派の方におすすめ。口がシールドされているので安心テクスチャは割と硬めのクリームっぽい?と思いきや伸ばすとみずみずしい。フレッシュグリーンフローラルの爽やか [続きを読む]
  • DHC 薬用ホワイトニングセラム UV
  • 3月9日に発売されたDHC薬用ホワイト二ングセラムUVをお試ししています。ノンケミカル処方なのに高SPF。トラネキサム酸配合なので日焼け止めしながら美白ができるという一品☆DHC薬用ホワイト二ングセラムUV・30g・2,200円(税抜)・SPF50+/PA++++実はこの中に白いイチゴ「初恋の香り®?」のエキスも入っているそうです…!なんとホワイトストロベリーエキスにはブライトニング&エイジングケア効果があるとのこと(知らなかった! [続きを読む]
  • 「アパガードディープケア」ポーションタイプ
  • アパガードのオーラルケアをセットでお試ししています。まずは歯ブラシと歯磨き粉。☆アパガード美白歯ブラシ(先細)わたしの好きな小型ヘッドです。持ち手が太くて力の調整がしやすい。多分、今まで使った歯ブラシの中で一番の太さ(上の画像でヘッドと持ち手の大きさ・太さを比較すると分かりやすい)。そして歯みがき粉は@コスメの2016年度オーラルケア部門で1位。☆アパガードプレミオ(薬用歯みがき)・50g・830円(税抜)エ [続きを読む]
  • フランデール
  • アンチエイジングサプリ「フランデール」を飲んで3ヶ月。当初あんなに驚いたお肌の変化(頰がつるつる)ですが、3ヶ月続けたらそれはもはや「いつものお肌」。この状態に慣れてしまった…と考えるとちょっと怖いですね。いったん辞めた方が戻ってくるケースが多いそうですが、納得の効果でした。☆フランデール・10,584円(税込)/箱 ※一箱でひと月分1包に5粒、これが1日分。1ヶ月目はまとめて朝5粒、2ヶ月目は↓のように [続きを読む]
  • 三島染色補正さん
  • 神田で100年以上、手作業による染色補正を継いでらっしゃる三島染色補正店さん。店頭に出る前の染めのお直し(友禅の泣きなど)が専門ですが、三越の仕事なども長くされて、着用によるシミ汚れにも広くご対応くださいます。その4代目の方とひょんなことでお知り合いになりまして、以来お勉強させていただいています。先日、お店に伺って三島さんに「えり洗い指南」を受けてきたのですが、これが大層興味深く、楽しかった また [続きを読む]
  • 祖母の着物に八寸
  • バタバタと支度をしてお稽古へ。トップの髪をまとめるときにいつも使っている、セット用のコームを挿すのを忘れてしまったので(梳かしてないという意味ではありません)こんなことにあちゃ〜ちょっと暖かい陽気だったので軽い着物が着たくなりました。帯はできればもっと春らしい色合いのものを締めたかったなー。でもモダンなものがなくてこちらになりました。いつものコーデ(笑)お太鼓がこの帯締めお気に入りです。無彩色の帯 [続きを読む]