TOSHI さん プロフィール

  •  
TOSHIさん: 子どもの学習まとめて解決
ハンドル名TOSHI さん
ブログタイトル子どもの学習まとめて解決
ブログURLhttp://fanblogs.jp/yosiwarakyousitu/
サイト紹介文子どもの学習について、子ども自身父兄の方が持つ悩みを解決するヒントを提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/11/13 22:05

TOSHI さんのブログ記事

  • 成績中位の子の成績を上がる工夫
  • テストの点が40点かr60点くらいの子は、次のことを行えば成績が上がるはずです。1、毎日7時間は寝ること。2、朝食は必ずとること。3、夜寝る前に、その日勉強したことを見直すこと。 10分〜15分程度。4、朝起きたら、なるべくすぐに夜寝る前に学習した内容を見直すこと。5、特にできなかった問題は、解きかた、考え方を説明しながら見直すこと。(これは寝る前でなくてもいい)解きかたを覚えれば、いろいろな問題に対応でき [続きを読む]
  • 笑えるあるある『まんが育児ことわざ』
  • 塾での学習が終わり、車でお父さんお母さんが生徒を迎えに来ます。まだ小学校低学年、それよりまだ小さなお子さんを連れて見える保護者の方も何人かいらして、そのお子さんがお茶目だったりすると思わず笑顔に。でも、育児って本当は大変なんですよね、子どもがいつも大人の思った通りに行動してくれる訳ではないのですから。その育児をことわざにしたマンガが出ていました。子育ての「あるある」がいっぱい入っている漫画です。31 [続きを読む]
  • 勉強法で頭がよくならない場合もある
  • 土曜日に、「メンタルヘルスと英語朗読健康法」という講座を受けてきました。塾とは全く関係のない内容の講座のようですが、そんなことはありません。まず、ストレスによる自律神経失調症の関連性についてです。私たちがストレスを感じるとストレス反応が起こります。この反応が起こるとストレスホルモンが分泌され、血管が収縮し、血圧が上がり、血糖値も上がり、体はストレスに対し活動的になろうとします。しかしストレスが長く [続きを読む]
  • 学校の勉強ができるようになるためには・・・
  • 昨日は、学校の数学の勉強が分かるようになるためにはどうしたらいいかということを書きました。今日はどうしたら勉強ができるようになるかに触れていと思います。実は私は、静岡県の高校受験について、勉強法について講演をさせて頂いています。来月も県西部のテレビ局の番組に出て、どうしたら勉強ができるようになるか話すことtになっています。「勉強が分かる」と「勉強ができるようになる」は同じじゃないかと思っている人が [続きを読む]
  • 数学の勉強が分かるようになるためには・・・
  • 100点満点のテストで40点から60点の人で、数学ができない人は教科書を使って10分程度の予習をしましょう。授業が分かるようになります。数学が苦手な人は、普段どのように授業を受けていますか?分からないまま何となく・・・分からないからボーっとして外を見ている・・・いつの間にか眠くなってウトウト・・・予習をするとこれが防げます。学校の次の授業で学習する内容の、教科書の例題を3つくらい見ておくだけです。例題は、し [続きを読む]
  • 何のために勉強してるんだと言われたら
  • 勉強を好きな人は少ないですね。授業中やる気を見せないと、「やる気はないのか!!何のために勉強してるんだ!!」なんて怒鳴られること経験した、見たという人いませんか。やる気が出てこないのは、「何のために勉強しているのかが分からない」からで、「絶対勉強しないと困る」んだったら、一生懸命勉強しますよね。「勉強は将来自分のためになるから勉強しなさい」という先生もいるけれど、なんか説得力に欠けます。なぜなら、 [続きを読む]
  • 「やる気スイッチ」はありません
  • 「やる気スイッチ」はありません。ですから、やる気が出てきてから勉強をしようなんて思っているといつまでたっても勉強を始めることができないわけです。ただし、これは他人が入れてくれるやる気スイッチのこと。自分自身が入れるやる気スイッチは存在します。やる気がなくても勉強を始めれば、やる気は出てきます。これを専門用語で「作業興奮」と言います。やる気スイッチの正体は、この作業興奮なんです。作業を始めると、脳に [続きを読む]
  • 何のための夏期講習だったのか
  • 朋徳学院吉原教室は、学習についてそれぞれの目標を持ち、生徒と一緒に学習をしていく夏期講習です。学習についても、項目ごとに、これに何分、これに何分というように細かく時間を設定して勉強していきます。そして、なぜこのような形で勉強をするのか、このやり方だとどんな効果が出てくるのかも生徒にしっかり理解してもらいます。例えば初日には、開始前に、夏休み中の生活ルールの説明。(なぜこういう生活をすると成績が伸び [続きを読む]
  • 漫画で読む名作 『蟹工船』
  • 教科書に出てくる文学を、そのまま読むのは大変ですが漫画なら、簡単に読むことができます。日本のプロレタリア文学の代表作『蟹工船』を今回読んでみました。以下、私が朋徳学院学習ブログで紹介している内容を転記しておきます。蟹工船とは、カムチャッカ海域で蟹を取り、その蟹で缶詰を作る工場船のことです。小林多喜二は、『蟹工船』を書くにあたり綿密な調査を行ったといいます。蟹工船では、雑多な季節労働者たちが、地獄の [続きを読む]
  • 答えを見ても構わない
  • 宿題をやるとき、分からないことは答えを見てもかまいません。頭に入っていないことはいくら考えても出てこないのですから、解答を見て解きかた、考え方を覚えましょう。つまり勉強を身につけるために答えを見るのはいいんです。解答をしっかり読んで、理解することが目的だから。でも、提出するだけのため、怠けるために答えを写すのはダメです。同じ解答を見るのでも、目的が全然違いますからね!!スタディサプリ/塾平均より年 [続きを読む]
  • やる気を出させるコツ
  • 勉強をするとき、やるべき問題をカンタンそうに見せるコツがあります。これは、実際に塾で採用している方法です。その方法は、1回に見える問題の量を少なくするのです。塾では、子どもたちにプリント1ページの問題量を少なくして解かせています。全体の量は変わらないのですが、目で見える量が少ないので集中して勉強ができます。集中できるので、同じ時間内に解いた問題数はそれまで使っていたプリントの問題数よりはるかに多くな [続きを読む]
  • 受験合格は暗記が10割
  • この本のタイトルだけを見ると、暗記ばかりやらせるから読解力が無くなるんだとか、詰込みばかりじゃ学力は伸びない。こんな批判する人が出てきそうです。でも、内容をしっかり読めばそうじゃないことが分かります。「受験合格は・・・」ということですから、受験で合格するためには暗記ができなくては駄目だよということが書いてある本です。まず、インプットなしで答えをアウトプットするはできませんから、受験で合格するために [続きを読む]
  • 算数の見えない学力
  • 算数における見えない学力は、イメージ化能力と仮説思考力です。イメージ化能力は、問題を読んで頭の中でイメージして考える能力です。理解力は、知識量が土台だと考えがちですが、本当の土台はイメージする力です。説明を聞いても、文章を読んでもわからない生徒に対し、その文章の内容を図で示すと理解できることがよくあります。このことから、理解力を高めるためにはイメージしる能力を高めることが必要だと分かります。つまり [続きを読む]
  • 数学と算数
  • 日本では、小学校は算数、中学以上では数学というふうに同じ種類の学習なのに名前が変わります。算数と数学、同じようでいて実はちょっと違っています。どちらも数や量を扱うものですが、数学は論理的に成り立っていればイメージができなくても構わないもの、算数は具体的にイメージして思考するもので、数学の一部です。ですから正しい算数学習は、具体的なイメージ能力が高まるので、日常生活で役立てることができます。そしてこ [続きを読む]
  • 睡眠と学力
  • 睡眠の大切さは、以前から言われていることですが、最近また新しく分かったことが出てきました。睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠に分けられます。レムシミ民は夢を見ている状態、ノンレムは夢を見ないで脳も体も眠っている状態です。以前は、レム睡眠のときに、脳がその日に経験したことを記憶させる、脳の中で整理すると考えられていました。しかし最近の研究で、ノンレム睡眠が記憶の定着に関連が深いということが分かってきまし [続きを読む]
  • Z会の通信教育資料請求キャンペーン
  • Z会では、幼児、小学生、中学生、高校生の通信教育資料ご請求者に、期間限定で特典冊子やプレゼントをするキャンペーンを行っています。プレゼント内容は、●幼児コース特典 『わくわく学習グッズ』●小学生コース特典『国語算数チェックテスト』ほか●中学生コース特典『子どもを伸ばす 中学からの正しい学習法』ほか●高校コース特典 『Z会式 高1春からの英単語』(※高校1年生) 『苦手解決アドバイスBOOK』(※高校2年生 [続きを読む]
  • これでだいじょうぶシリーズの英語
  • 英語は、わからなくなると本当に手遅れになってしまう科目です。ですから、わからなくなる前にしっかり復習できる教材があればいいなあと思っていたら、いい本が出ていました。『これでだいじょうぶ』というシリーズです。今現在、中学1年生と2年生までの学習内容までしか出ていません。英語がちょっと分からなくなり始めそうという方は、どうぞ書店などでチェックしてみて下さい。 [続きを読む]
  • 高校受験対策関数 グラフの問題
  • 高校入試の問題で、実は関数は意外と得点できるかも。1つの大問に対し、3〜4の小問に分かれていて、そのうちの半分は簡単に解けたりするんです。グラフは苦手と敬遠しないで、挑戦してみると得点できますよ。スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料 [続きを読む]