凉 さん プロフィール

  •  
凉さん: 今日も楽しく、感謝して
ハンドル名凉 さん
ブログタイトル今日も楽しく、感謝して
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/masako_firm/
サイト紹介文俳句と写真と日々の暮らし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/11/15 12:55

凉 さんのブログ記事

  • 五月/若葉色/鉄線花/若葉/桐の花&喜寿同期会
  • 五月十日喜寿同期会開かるる      喜寿とはいえ心は今も若葉色                   写真はK君のfより        鉄線花絆は強し同期会           ぐんぐんと若葉の萌ゆる銀杏かな          ぶつぎりの銀杏若葉の逞しき           ぶつ切りにされた銀杏もしっかり芽吹いています。       [続きを読む]
  • 初夏/夏は来ぬ/今朝の夏/立夏/初夏/白詰草
  •        爽やかな初夏の光を纏ふ木々      弾みけるからくり時計や夏は来ぬ      池の鯉尾びれ跳ね上げ今朝の夏     立夏かなきゅっと心の引き締まる      窓開けて初夏の光を招き入れ      白詰草くたびれベンチで一休み    春爛漫を感じたかと思ったら、あっという間に暦の上では夏   二十四節気の「立夏」です。   艶やかな新緑が眩しく、青々とした空、陽射しにも、気温 [続きを読む]
  • 睡蓮/苗床/橡の花/著莪の花/花藤/鯉のぼり
  •     未刻過(やつすぎ)て咲きし睡蓮清らなり         未刻(午後二時)       咲いていました。一輪の真白な睡蓮      水入れを待ちて苗床青々と       仰ぎ見る空の青さよ橡の花       武蔵野の空のきらめき橡の花       豪快な大空掴み鯉のぼり      浮きたちて古木潤す著莪の花       藤棚のしだる花藤ゆらぎけり       鯉のぼり少年の夢膨らみぬ     [続きを読む]
  •  柿若葉/春送る/リラの花/若葉光/ 囀り/春の旅
  •       柿若葉ひときわ目立つさわやかさ       柿若葉少年の声良く通り      麦とろと蕎麦を啜りて春送る     行く春の日差しふつくら土匂ふ       青春の輝き遥かリラの花       口づけの遠き想い出若葉光     囀りと木々のざわめく音満ちて            英国旅だより    4月18日から25日までイギリス旅行に行って来ました。    年とともに疲れと時差ぼけ [続きを読む]
  • 若葉/睡蓮/立浪草/丁字草
  •      見上げれば若葉滴るロータリー       睡蓮の浮葉敷きつめ余白なしそよ風に漣立ちて立浪草いっせいに夕日を拝す立浪草花言葉「私の命を捧げます」 山野の道端に自生する多年草。        全草を民間では強壮・通経などに用い、中国では打ち身に用い ます      青紫の花が同じ方向に並んだ花穂の姿が、      打ち寄せる波頭に似ているということで付けられた名前だそうです。威厳無き国の大臣丁 [続きを読む]
  • 若葉/睡蓮/立浪草/丁字草
  •      見上げれば若葉滴るロータリー       睡蓮の浮葉敷きつめ余白なしそよ風や漣立ちて立浪草いっせいに夕日を拝す立浪草花言葉「私の命を捧げます」 山野の道端に自生する多年草。        全草を民間では強壮・通経などに用い、中国では打ち身に用い ます      青紫の花が同じ方向に並んだ花穂の姿が、      打ち寄せる波頭に似ているということで付けられた名前だそうです。威厳無き国の大臣丁 [続きを読む]
  • 春の土/紙風船/霞草/芍薬/山吹/つつじ
  •        壁紙の今日は主役の霞草                    いつも脇役のカスミソウ壁紙には良く似合います     春の土シャベルちいさき貸農園      紙風船突いて凹んでまた凹み       芍薬の花一輪の凛として      ほろほろと山吹散りし信濃かな      まなうらの山吹かすむ信濃かな     とりどりの色艶めかせつつじ咲く      骨折の順調に回復しているとのこと。  [続きを読む]
  • 花水木/花みずき/筍ご飯/筍煮/行く春& 翔(かける)の会
  •        花水木光の道の真っ直ぐに      武蔵野の空押し上げて花水木      蒼天の空にまばゆき花水木      園児らの声晴れやかな花みずき      ビル街の歩道爽やか花みずき      花みずき時の流れのゆるぎなし          かぐわしき筍ご飯食む夕餉         醤油味筍煮付け仏様             翔の会                 Hちゃんの母校の中学 [続きを読む]
  •  蒲公英の絮/行く春/春の鴨/銀杏の芽/耕運機
  •       蒲公英の絮小坊主そろい風を待つ        行く春を惜しみて仰ぐ碧の空          沼空間独り占めする春の鴨             春の鴨水脈曳いて近づきぬ                 陽浴びて命つなぎし銀杏の芽         躊躇なく耕運機入れスタンバイ                 骨折から1週間レントゲンを撮りに行ってきました。        回復状態は良く、骨の [続きを読む]
  • さくらしべ/花満天星/風光る/竹の秋/筍
  •        さくらしべ降る校庭の昼休み       さくら蕊降る体育館の声高し       手入れ良き庭の生垣花満天星     風光るメタセコイアの沼ほとり       枯れ色の目立つ竹林竹の秋       竹の秋姿勢崩さぬ立ち姿       治療院の帰りに竹林の写真を撮っていると        「今、筍を掘ったところなのでもっていきなよ        「米糠でなくて米をいれて茹 [続きを読む]
  • 桜散る/風光る/枝垂れ花/花人/さくら/枝垂れさくら
  •        鴨川の流れひとひら桜散る       鴨川の飛び石つたふ風光るやんごとなき御方も愛でし枝垂れ花花人の笑顔華やぐ異邦人  そぞろ歩く古都のさくらの花の下枝垂れさくら陽光浴びて輝けり     昨日は好天だったので、午後から京都御所の桜を見に行って来ました。     好きな「しだれ桜」のスポットで、御所の北側、昔近衛邸が在った所     です。     京都は、外国人の観光客や留学生も居て [続きを読む]
  • さくら吹雪/桜陰/花筏/桜舞ふ/桜雲/花びら/花の浮橋
  •       風に舞ふさくら吹雪の儚さよ                   桜陰の暗き川面も晴れやかな       沼の隅吹き寄せられて花筏       溜まり場にまだ組みかけの花筏            桜舞ふ樹の下にいる子ら笑顔        桜雲や空は青々晴れ渡り      赤レンガ塀沿いて花びら降り注ぐ 以前撮った千鳥ヶ淵      吹き寄せられ花の浮橋現るる      千鳥ヶ淵花の浮 [続きを読む]
  • 芽吹き/桜散る/桜ながし/散る桜/桜雨/葉桜/連翹
  •      メタセコイア芽吹きもやもや萌黄色      ここからは立ち入り禁止桜散る            古木のさくらをまもるためかな。       粛々と桜ながしの雨やさし             散る桜今日のひと日を大切に       桜雨降る公園の寒々と       葉桜というには早き眩しさよ      目立ちがりや枝かきわけて花連翹      ジョギングの人影見えず桜散る     今日は朝 [続きを読む]
  • 春雷/諸喝菜/清明/桜巡り/花韮/豆の花
  •                 写真はネットより借用         春雷の遠き閃光音微か         3日は夕方から雨、東京などは雷雨         当地は雷雨とはいえたいしたこともなく済みました。      不愛想なブッロック塀や諸葛菜           色の無い無いブロック塀も明るく見えます       喜多郎の曲に癒され諸葛菜         眠れぬ夜を過ごす [続きを読む]