MAX30番 さん プロフィール

  •  
MAX30番さん: 静岡 EAST MAX 監督日記
ハンドル名MAX30番 さん
ブログタイトル静岡 EAST MAX 監督日記
ブログURLhttp://eastmax.hamazo.tv/
サイト紹介文ソフトボール馬鹿の50歳! 全国制覇を目標に日々鍛錬し、2009年春季全国大会にて念願の日本一に!
自由文静岡県東部地区を拠点に小学生女子ソフトボールチーム「静岡EAST MAX SC」の三代目監督になる。
ちょい悪親父の悪戦苦闘の記録です。

監督を始めて4年、平成21年3月第2回春季全日本大会にて初の全国一になる。続く第23回全国小学生女子大会で連覇を狙うが佐世保ひまわりさんに破れ準優勝。

部員は、只今16名!全国大会へ復活の狼煙を上げる!ために奮闘中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供479回 / 365日(平均9.2回/週) - 参加 2009/11/17 02:20

MAX30番 さんのブログ記事

  • 今日は、数の論理! ひたすら打って、守りました。
  • 久々に三島の錦田グランドでの練習でした。外野が芝のソフトボール場です。最近、多少緩みかけていたMAX。4名、4名、4名+2名の少人数でのローテーションでの練習を行いました。数の練習が出来ました。その後は、マシンバッテングを5本×6回でした。① ネットティー 声出し、足上げ、集中、置きティーの4種類×20を1時間②ノック全員セカンド→1塁送球、全員ショート→セカンド送球、全員サード→1塁送球、全員ファースト→2塁送球 [続きを読む]
  • 本当に真剣に振ってる?
  • 最近のMAX…やや緩み気味。毎回叱られる4年生に、マイペースで反抗期の6年生…。昨日の練習を見ていて、マズイと直感。練習を止め、家でのバットスイングをやらしてみた。ただ、250回普通に振って貰った。チーム練習が発表会と理解しているベテラン6年生は、しっかり振れている。全体的に見回すとまあまあである。但し、振り込んで「これだけ振ったんだから打てないはずが無い。」となるまで追い込んだ素振りやティーをやってるも [続きを読む]
  • 長小交流会!
  • 毎年、お世話になっている長小交流会。何が気に入って遠征しているかというと、全て手作りであり、全て参加者達も自主的に主催者である長小シスターズさんに協力する。グランド整備も審判も全て協力。それでいて、外野フェンスも常備しているし、練習会場も仲良く使い分けるし、無茶するチームもいない。強いチームもこれからのチームも新しいチームも全て平等。そこかしこで、指導者同士で教え合ったり聞いたりする場面を見かける [続きを読む]
  • キャプテン!
  • MAXのキャプテンは、大変である。下手すれば、社会人扱い並みに扱われる。時間厳守、グランド作りの指示、練習内容の把握、練習の準備、テーマ、片づけ、雰囲気作り、気配り(選手、来訪者)、監督からの指示…。試合になれば、荷物運搬、場所取り、アップ、練習、前の試合の進捗状況の把握、試合の準備、雰囲気作り、発声、フィールディングの準備、指示…。時に理不尽な扱いをされる。キャプテンが…。キャプテンの…とやられる [続きを読む]
  • 7月は、試合が多くなります!
  • 昨日、山梨ソフトボールクラブの監督さん経由で、7月2日に長野県の永明さんとの練習試合を決めました。5月に一度対戦していますが、オーソドックな実力派の好チームです。松代ビクトリーズさんと共に長野県代表で全日本大会に出場を既に決めています。本来ならば、こちらから伺わなければならないのに有難い事です。これで7月の試合予定は、以下の通りとなりました。7月 1日(土)練習試合 vs大和ホワイトガールズ(神奈川)  [続きを読む]
  • 中日本大会…滑り込みギリギリセーフです!
  • 6月20日のお昼前に連絡が来ました。県ソ協の少年委員長から「男女共に全日本大会の第二代表の要請が来ましたので、MAXと坂少年さんの三位(優勝チームに敗れた)チームが繰り上げで中日本大会に出れるようになりました。」と一報が入りました。待ちに待った上部大会です。全日本大会ではありませんが、中日本大会に出場出来ます。これで、チームに目標が出来ます。中日本大会には、初出場であるが、確か優勝すれば、次回大会の出場 [続きを読む]
  • 昨日の自主練ナイター!
  • 昨日の自主練習ナイターは、多少練習内容を入れ替えて、体重移動を意識したのアンダースロー、サイドスロー、オーバースローに取り組みました。アンダースローは、外角低め、サイドスローは、ベルト付近、オーバースローは、内角高めへのバットスイングに繋がりますから体重移動付きのスローイングは、大事です。un31がお手本です。三遊間のサード寄りで構えて、捕球後素早く二塁ベースへ送球です。捕球者は、一塁へ転送を意識して [続きを読む]
  • 「早起きは、三文の徳」ならぬ、「早い入部は、絶対に得!」である。
  • 子供のスポーツの場合、早く始める事が絶対に得である。何の競技においてもそうであるように思う。特にチーム競技は、技術もそうであるが、友達作りや協調性、挨拶に返事といった道徳的な経験も出来る。楽しいチームも大事だが、厳しいチームもいいと思います。学校の教師への規制や近所付き合いの少なさから厳しく叱られる経験の少ない昨今、本気で叱ったり怒ったりされる経験の少ない子供達には、厳しい指導のチームも良い経験に [続きを読む]
  • 東海総体 優勝は、飛龍高! 全試合完封は、凄いですね。
  • 三重県で開催されていた高校総体、静岡県からは、飛龍と浜松市立の2校が出場していました。東海大会は、愛知、岐阜、三重、静岡ですから高校女子のレベルは、高い。勝ち上がるのは、なかなか大変な大会である。この大会、静岡県代表の飛龍も浜松市立も頑張って一回戦を突破si二日目に進んだ。準決勝で浜松市立は、愛知チャンピオンの星城高に喰らい付き2対3で惜敗。一方の飛龍高は、決勝戦まで全て完封試合、投手力の充実、守備 [続きを読む]
  • 嬉しい出来事です!
  • 昨日の今日でしたが、早速体験者が来ました。5年生の強肩の女の子です。何でもドッヂボールの経験があるらしい。5年生左腕の幼稚園時代の幼馴染みで、小学校こそ違うが中学校区は、同じですから左腕も家族も必死で勧誘です。4年生の二人も同時進行で勧誘中です。三名を一度に一本釣り作戦です。MAXのヤマ場です。正に今月は、MAXの選手募集月間です! [続きを読む]
  • MAXまつり! 楽しみな選手がいます。
  • MAXまつり!を行いました。今回は、サクラ無しのガチンコでの募集でしたので、必死でした。下は、年長さんから上は、6年生まで8名の参加でした。(集合写真は、6名) ソフトボール投げでいきなり25メートル投げた5年生、力強い4年生、二度目の参加の4年生、運動能力が高い年長さんの二人に中学でソフトボールをやりたい6年生などがいました。全員とは言わないが、せめて3名の子供達が入って欲しいものです。 [続きを読む]
  • 振らなきゃ打てないよ!
  • 久々に昨年のキャプテンと副キャプテンの打撃フォームを見た…。さほど酷く悪くなっていないので一安心も…ロングティーで10球を過ぎて乱れるスイング、ブレる下半身、上がる呼吸…。私 「最近、毎日バット振ってる?」元キャプテン「…。」元副キャプテン「…。」私 「毎日、振って打ってた子が、振らなくなれば、打てる訳ないじゃん!」当たり前である!MAXは、努力型。MAXは、ブンブン丸。手の平を見れば分かるし、たった20球 [続きを読む]
  • 私のスタンス! 厳しさと優しさのメリハリですかね?
  • 今のチームになって、昨年と同様に6年生を尊重したチーム作りをして来ましたが、どうもしっくり来ない…。頭の悪い子達ではないのだが、何かが足りない。優等生が多いのか?馬鹿になる奴がいない。キャプテンとも阿吽の呼吸にならず、ワンテンポズレる…。盛り上がらない。照れてしまうのである。そこで、先日のMAXの交流会の最終戦の前に6年生達に対して今まででないくらい本気で唾を飛ばし、入れ歯をガクガクさせる勢いで、私の [続きを読む]
  • やっぱりソフトボールは、楽しい! 奥が深いです。
  • やっぱりソフトボールは、楽しい!6年生二人でも強戸キャッツさんは、やっぱり強い!何が凄いって体も大きくはない、元気が凄いわけでもない…。投手が豪速球でもなく大物打ちが揃っているのでもない。それなのに強い!MAXが打ち負ける静岡チャンピオンのビスケッツさんの強打線すら抑えてしまう。完璧に打ち取るのである。打っているようで打たせて取っている。打球の飛ぶ所に野手がいる…。そんな感じでした。守備力は、凄まじい [続きを読む]
  • 鬼の懇親会を経て2日目の交流会です!
  • 場所を天城ドームから三島錦田小グランドに移して、女子の4チームでの交流会です。昨日の懇親会での鬼の飲み過ぎで、ヘロヘロの大人達を横目に子供達は、桃沢青少年研修センターの美味しいカレーをたらふく食べ温泉並みの大きなお風呂に入り選手同士の交流も深めて楽しい、ガチンコの勝負です。時間も長めの70分ラストバッター制ですから落ち着いて試合出来ます。お昼も一緒に食べて楽しそうでした。MAXは、強戸キャッツさんと1試 [続きを読む]
  • 第11回 MAX杯 in 天城ドーム 無事に開催出来ました。
  • 天気にも恵まれ事故も無くMAX杯、交流会を開催する事が出来ました。参加チームさんの協力と父母会、OG父兄の頑張りで無事に執り行えました。今回のテーマは、「感謝!」です。5年前の大分大会から始まった群馬の強戸キャッツさんとの交流会、毎年来て下さり本当に有難い事です。また、MAXの窮地を助けて下さったり協力して下さったりしたチェリーズさん、北浜女子さん、山梨ソフトさんに今年の静岡チャンピオンのビスケッツさんを [続きを読む]
  • 勝敗!
  • スポーツには、必ず勝敗がついて回る。勝つ者がいれば、必ず負ける者がいます。その分岐点が何か?そこが分かれば負けなくて済む。今年のMAXは、新人戦の優勝、春のナガセ杯の優勝と順風満帆でした…。但し、何かチームに欠けていた感と湧き上がるような高揚感の無さが気に掛かっていました。春の全国でチームの弱さを露呈して、精神面の強化に手を出し全日本予選を迎えました。それなりのミーティングと選手個々との面談をして弱 [続きを読む]
  • 打てなくなった…。は、人のせい? 基本に戻れ!である。
  • 時折聞く…中学生になったら打てなくなった!や高校生になったら打てなくなった!と言う方がいる。確かに指導法で小技が好きな指導者もいるし、戦法として小技で一点を取りに行く指導者もいる。しかし、である。 学校での練習は、練習では無いのである。学校での練習は、基本同じ練習をするのだから差が出る訳もなくて、本当に打ちたければ一人でバットを振ったり練習するしかない。努力すれば、時間も作れる。考えれば、練習は、 [続きを読む]
  • テーマを持って!
  • 自主練ナイターでも、時にテーマがあります。昨夜は、ゴロ捕りで前への飛び出しと捕球の際にボールを見る事がテーマでした。直ぐにチャレンジする者、なかなかやろうとして出来ない者、ボールへの恐怖心から自分に負けてしまう者、全く我関せずのおバカさん…。十人十色とは、良く言ったものです。取り組む姿勢で随分変わるものです。ロングティー! [続きを読む]
  • 道具は、大切にしましょう!
  • 昨日、あるスポーツ番組で流れた一場面…。日本のトッププロの選手が自分のプレーへの不甲斐なさからか?道具を投げつけてその道具を壊してしまう場面が流れました。競技が違うが、この行為は、大嫌いです。ましてや日本のトッププロいや世界のトッププロである。あとに続く子供達が見ています。私が言うことでは無いが、絶対に辞めて貰いたい…。この道具を作った人がいます。この道具に調整をした人がいます。彼は、どんな気持ち [続きを読む]