草野球音 さん プロフィール

  •  
草野球音さん: 草野球音備忘録
ハンドル名草野球音 さん
ブログタイトル草野球音備忘録
ブログURLhttp://tamane1203.blogspot.com/
サイト紹介文気ままな映画日誌 ときどき本・美術・野球のメモランダム。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/11/20 05:06

草野球音 さんのブログ記事

  • 大本営発表 / 役所広司「日本のいちばん長い日」
  • *大本営発表__太平洋戦争末期には不利にもかかわらず有利と、日本軍は戦況発表していたのだよね。フェイクニュースだ。当時、日本人のどくらいのパーセンテージでアメリカに勝てると思っていたかはわからないが、少なからずそういう人は存在した。今の北朝鮮はこれに近い状況ではなかろうか。フェイクも何度も繰り返せば、リアルに聞こえるかもしれない。洗脳だ。恐ろしい。そもそも戦争はしちゃダメだけどね。 × [続きを読む]
  • 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」
  • *6歳の孫のお供で「ポケモン映画」を初めて観ました。なかなかおもしろい ^_^)★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキングマサラタウンに暮らす少年サトシは、ポケモントレーナーの資格を得る10歳の誕生日を楽しみにしていたが、その誕生日の朝、寝坊をしてしまう。慌ててオーキド研究所に行ったが、残されたポケモンは人に懐こうとしないピカチュウだけだった。「キミは [続きを読む]
  • 原鉄道模型博物館 / 森田芳光「僕達急行 A列車で行こう」
  • *6歳の孫と妻と私の3人で観て参りました。原鉄道模型博物館は横浜駅東口からそごう横浜店、日産本社の方面に進み、日産本社隣の横浜三井ビルの2階にあります。徒歩5分。2012年に開館。原信太郎氏が製作所蔵した鉄道模型と鉄道コレクションが展示されています。夏休みとあって子ども連れの家族で賑わっていました。きかんしゃトーマスもジオラマで走らさせていました。鉄ちゃんと思しき親子もチラホラいました。2017/08/08観覧美博 [続きを読む]
  • 同期の桜が散った
  • *同期入社のKKさんが亡くなった。ショックで寂しい。現役時代は堅実な整理だった。私とは真逆の理論派で、40代で取締役に昇った出世頭だった。50代に転職し別会社で役員を務めていた。70歳は若いよな。すい臓癌だった。発見されにくい癌なのだよね。そういえば、敬愛するツーさんさんもすい臓がんだった。命日が近い。★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキング今年は訃報が [続きを読む]
  • 孫の感謝文
  • *下手くそな字だけど、たまらなく嬉しいぜ。じいじ おもちゃをかってくれてありがとう★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキング横浜市長選挙の投票日 2017/07/30 市職員のパパ(義息)が選挙の手伝いで留守となり、ママ(長女)と孫2人、ばあば(妻)とじいじ(私)の5人で自宅近くのそごう横浜店の玩具売り場に出向いた。「見るだけだよ」とママに強く言われている [続きを読む]
  • 枕営業 / 堤真一「俺はまだ本気出してないだけ」
  • *「プラトニック枕営業」と聞いてギョッとしました。言葉のインパクトです。女性脳科学者がTVでコメントしていました。稲田朋美氏の安倍晋三首相への態度、権力者に取り入り方を指しての表現です。先日、横向き寝の習慣をつけようと抱き枕をデパートで見ていたら、店員が早速来て説明を始めました。不謹慎にも、これって『枕営業』なんちゃって f^_^;) × × ★ブログランキング参加中。ご協力お願い [続きを読む]
  • 老いては孫に / 菅田将暉「明烏 あけがらす」
  • *洗面所で電気シェーバーを使っていたら、「それ新しいの?」「ばあばに去年買ってもらったんだ」「大事に使わなくちゃね。なんでもばあばに買ってもらっちゃダメだよ」孫はパパやママの受け売りだろうが、どっちが古希で6歳やら f^_^;) × × ★ブログランキング参加中。 ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキング菅田将暉主演の映画「明烏 あけがらす」2015年を観る。監督脚本 [続きを読む]
  • 平尾昌晃さん forever
  • *「よこはま・たそがれ」「瀬戸の花嫁」などの作曲家として知られ、歌手でも一世風靡した平尾昌晃さんが亡くなった 2017/07/21___79歳だった。3歳上の姉がミッキー・カーチスや山下敬二郎らとロカビリー三羽ガラスに熱くなり、その影響で存在を初めて知った。カバー曲「リトルダーリン」や「星は何でも知っている」小学生の高学年だった。作曲家ではヒット曲あまた。★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)mに [続きを読む]
  • α波 / 没後30年 石原裕次郎「銀座の恋の物語」
  • *絵を観てると心穏やかになる。心地よい。脳に《α波》が出ている状態ではないかな。静かな野山や海辺をそぞろ歩くのと似ている気がする。思えば、現役のころギスギスとストレスだらけの生活だった。古希を迎え、こうした癒す、寛(くつろぐ)ぐα波タイムを意識して設けたい。★「春の院展」そごう美術館(横浜駅東口・そごう横浜店6階)開催=2017年7月14日〜7月23日2017年7月20日観覧美博の館 × × [続きを読む]
  • 恋々 / 菅原文太×夏目雅子「トラック野郎 男一匹桃次郎」
  • *「地位に恋々」などと公に他人を誹謗するのはNGだ。その根拠がまた聞き伝聞では中傷となる。人の倫(みち)に外れる。そもそも、地位に拘るのって悪いことかい? 誰だって生活があるのだよ。あたしゃ大いに恋々するぞ。菅さんは前川さんに詫びを入れた方がいい。そう思うけどね。みなさん どうですか? × × ★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)mにほんブログ村人気ブログランキング菅原文 [続きを読む]
  • 6歳の時事感覚 / 渡瀬恒彦×夏目雅子「時代屋の女房」
  • *危険生物ヒアリ日本上陸のTV報道が流れた。孫二人に注意しようと思ったら、6歳の兄がすかさず3歳の弟に向かって、「Oちゃん、アリに触っちゃダメだからね。わかった?」と教えていた。先生やパパママからの影響だろう。今どきの小学1年生は結構ニュースに敏感だ。将棋の藤井聡太四段の活躍も知っていた。じいじと時事放談も近いぞ(^_^) × × ★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)mにほん [続きを読む]
  • 増上慢に鉄槌 / 大野智×石原さとみ「忍びの国」
  • *『増上慢』という言葉を連想している。安倍政権のことだ。明智光秀が織田信長の増上慢に「本能寺の変」を決起したという解釈の大河ドラマがあった。「江」だったか、うろ覚えだ。増上慢とは、仏語由来で悟りを開いてないのに、身に備わったと驕ることだそうだ。都議会選挙で自民党が惨敗した。それは、安倍政権の驕りを都民は感じ取った結果だろう。鉄槌が下った。 × ×★ブログランキング参加中。ご協力お願いし [続きを読む]
  • 没後30年 石原裕次郎「狂った果実」
  • *石原裕次郎さんの命日が今年もやって来る。1987年(昭和62年)7月17日に52歳で世を去ってから早30年が経つ。「太陽の季節」で初めて映画に出て、既存の俳優にない新鮮さが注目を浴び、主演デビュー作品となったのが「狂った果実」だった。 × × ★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキング石原裕次郎主演の「狂った果実」1956年を観る。監督:中平 [続きを読む]
  • 上田利治さん forever 1978日本シリーズ
  • *プロ野球、阪急監督としての黄金時代を築いた上田利治さんが亡くなった 2017/07/01。80歳だった。 ★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキング1978年(昭和53年)日本シリーズ。3勝3敗で迎えたヤクルト−阪急の第7戦。後楽園球場。6回に左翼線ポールの上を、大杉勝男の放った打球は消えた。フェアかファウルか微妙だったが、判定はホームランとなった。そのとき、阪 [続きを読む]
  • 藤井聡太余談 / 池松壮亮×菅田将暉「セトウツミ」
  • *将棋界の新星、藤井聡太四段のグッズ、ジグソーパズルが発売された。「大志」と自ら揮毫した扇子、クリアファイルに次ぐ第3弾。売れている。あれって作家や歌手みたいに印税収入になるのだよね、きっと。プロ棋士だから対局料もある。14歳にして……。あんな孫を持ったら、さぞや楽隠居だ。どうも、あたしゃ品性下劣でいかん、藤井余談であります f^_^;) × × ★ブログランキング参加中。 ご協力お願いします [続きを読む]
  • 安倍一強の陰り / 伊藤淳史「神様からひと言」
  • *「もり」も「かけ」も蕎麦屋じゃ最も安価と相場が決まっている。でもね、踏み倒せばつかまっちまうぜ。森友学園に加計学園。大したことじゃないとたかをくくっていたとしたら、大間違いだ。驕れる者久しからず。千丈の堤もアリの一穴から。安倍一強に陰りが見える。国政を占う都議選でどう審判が下るか。 × × ★ブログランキング参加中。ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキン [続きを読む]
  • 小林麻央さん forever / 宮沢りえ「紙の月」
  • *大往生も夭折も、悠久の時のなかでは一瞬で大差ない。だが、しかし。この夭折は限りなく切ない。訃報=小林麻央さん 34歳 歌舞伎役者市川海老蔵の妻 フリーアナウンサー 2017/06/22 「愛している」と最期の言葉を遺し旅立った、と海老蔵さんが涙ながらに語った。はてさて。私の場合、今際の際(いまわのきわ)になんと言ったらいいものやら、そろそろ思案しなくちゃ(f^_^;) × × ★ブログランキング参加中。ご [続きを読む]
  • 永野芽郁 朝ドラに / 山田孝之「鴨川ホルモー」
  • *永野芽郁(めい)が2018年春のNHK朝の連続テレビ小説の主役を務める 2017/06/20。作品は北川悦吏子オリジナル脚本の「半分、青い」で、楡野鈴愛(にれの・すずめ)というヒロインとか。永野芽郁といえばCM「UQモバイル」で深田恭子、多部未華子と3姉妹の3女を演じている。すでに売れているが、もっとブレークするよ、この娘は。・「俺物語」2015年 河合勇人監督 河原和音原作 鈴木亮平 坂口健太郎 永野芽郁 × × [続きを読む]
  • 野際陽子さん forever / 堺雅人「クヒオ大佐」
  • *知的でユーモアがあって、洗練された女性でした。お会いしたことはござんせんが…。女優の野際陽子さんが亡くなった 2017/06/13___81歳だった。ドラマ「ずっとあなたが好きだった」の息子 冬彦を溺愛する母親役が印象に残るが、「キーハンター」も忘れがたい。丹波哲郎、千葉真一、川口浩、谷隼人、大川栄子と諜報部員メンバーでした。♪あゝ きのう恋して燃えて きょうは 敵と味方の二人番組主題歌「非常のランセンス [続きを読む]
  • 横浜クルージング
  • *赤レンガ桟橋発着の「横浜クルーズ」を体験__2017/06/15:ベイブリッジ、本牧埠頭、みなとみらいをクルーザーで周遊しました。ベイエリアを海から眺めるのも一興です。「ペリー・ポイント」という地点(目印はなく、ただ海なんだけど f^_^;)がありました。黒船来航の翌年1854年(嘉永7年)再び日本を訪れたペリー提督が錨泊(びょうはく)した場所なんですね。幕府は急遽横浜村に応接所を設け、やむなく日米和親条約を結びまし [続きを読む]
  • 又吉直樹「劇場」
  • *【内容情報】(「BOOK」データベースより)__演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会ったー。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまにもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。 × × ★ブログランキング参加中 [続きを読む]
  • 司馬遼太郎展:そごう美術館
  • *司馬遼太郎は30代によく読んだ。40代は池波正太郎、50代からは藤沢周平。日本を、日本人を、日本史を独特の視点で捉えた作家でした。「竜馬がゆく」「坂の上の雲」など読み継がれる作品は数多い。あらためて読みたくなった。★ブログランキング参加中。 ご協力お願いします m(_ _)m にほんブログ村人気ブログランキング★「没後20年 司馬遼太郎展ー21世紀”未来の街角”で」そごう美術館(横浜駅東口そごう横浜店6F)開 [続きを読む]
  • ブラタモリ「名古屋編」/ 是枝裕和×福山雅治「そして父になる」
  • *ブラタモリ「名古屋編」2017/06/10NHK放送__観ましたよ、歴史的和解。タモリさんといえば、その昔名古屋いじりをネタにしていました。「エビフリャー」とか「ミャーミャー名古屋弁はうるさい」なんてテレビで公言していましたっけ。「笑っていいとも」MC出演を境に芸風をマイルドに変えてきたようです。札幌、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡の主要8都市の「魅力度」ランキングで最下位だったのが名古屋でした(20 [続きを読む]