事務のサトー さん プロフィール

  •  
事務のサトーさん: 復活!事務のサトー「人生はこれからさ編」
ハンドル名事務のサトー さん
ブログタイトル復活!事務のサトー「人生はこれからさ編」
ブログURLhttp://kyounogg.blog11.fc2.com/
サイト紹介文今にも潰れそうな会社で会長と名乗るジジィを笑い飛ばしていたら解雇され、解雇後の復活を綴っています
自由文今にも潰れそうな会社で会長と名乗るジジィ。
みんなには「ボケ老人」と呼ばれてバカにされ、
誰も相手にしてくれず犬だけが友達。

穴を掘って埋めてやるまで言われる始末。
が、ジジィの本当の可笑しさを伝えきれないうちに解雇になりました!
解雇になってあちこち放浪して、ようやく就職先が決まったけど・・・
やっぱり職場にはモンスターがいた。
今日のババァとタイトルを変えたかったけどね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/11/21 14:22

事務のサトー さんのブログ記事

  • サトーの味方
  • サトーでございます。解雇を覚悟し首の皮1枚でつながっている状態でございますが、なぜか昇給して頂いたサトーでございます。しゃちょ〜様と♀部長で取っ組み合いの親子喧嘩したのが、つい先月のことでございました。♀部長、5連休したあと普通に出社して偉そうにしていらっしゃいました。そして先日また親子の間でちょっと火花がたちました。社内にいるもの全員、身動きとれないほどの緊張感が走りましたが、しゃちょ〜様のドス [続きを読む]
  • 轍鮒の急
  • お雛祭りの日、何度目かわからないがピグモンさん裁判があった。サトーが呼ばれていた裁判だ。サトーは無断欠席した。サトー、紙切れのことばかり心配していたが、紙切れではなくもっと大切なことを忘れていた。録音したこと。当時、いや今も♀部長にあんまりな仕打ちをされたらメモをとっている。今は一人で耐えるしかない。昨年の今頃はピグモンさんと傷口を舐めあっていたのだと思う。お互いに口汚くののしられているのを心を痛 [続きを読む]
  • 激しすぎる親子喧嘩
  • ピグモンさんが定時前に出社して掃除しろというのは、時間外勤務にあたるとし訴えていらっしゃいます。サトーは30分ほど早く出社し、掃除しています。さほど苦にはなりません。家庭的、主婦っぽさをアピールしているわけではなく、就業前に清掃するのは、出社前に化粧をすると同じ程度のことなのでございます。が・・・このたび、ルールが変わりまして、就業時間10分前に出社することとなりました。先週の金曜日、就業時間約14分程 [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑳
  • 3月に裁判所に来いという内容のお手紙。「証人呼出状」がきたサトー。この日の裁判に向け、会社側も弁護士とあれこれ練習をするそうだ。しゃちょ〜様は先日行ってきた。わたくしはしゃちょ〜様にお願いしていた。裁判に出るか出ないのか。出たとしたら、どんな風に答えた方がよいのか。あれこれ相談にのってほしいと。しゃちょ〜様は弁護士さんに伝えてくれた。その結果、わたくしは原告(ピグモンさん)側の証人として呼ばれてい [続きを読む]
  • 率直なご意見を頂戴しとうございます
  • いよいよ心療内科に通いたくなったサトーでうございます。昨日、とても怒られました。サトーがどのくらい悪かったのか、コメントを頂戴したいのでございます。コメントなんか残したくないやい!そう思ってもなんとかお願いいたします。もちろん匿名でけっこうですし、こんなこと書いたらサトーさんが傷つくかもなんていうお気遣いもいりません。どうか、お願いいたします。サトーが働かせて頂いております大会社では、事務員(サト [続きを読む]
  • 激しさを増すパワハラ
  • 裁判のこととか、色々なことがあって痩せそうな思いだったので、ちょっと元気になったほうがいいなと食べていたら・・・体重が増えて慌てているサトーです!また最近、ひどく機嫌が悪いんですの。♀部長様。バカボン(♀部長の旦那、近い将来の社長)は、嫁のいいなりでしてねぇ。えぇ、えぇ、似たもの夫婦と申したらよろしいのかしら。♀部長と同じ思考です。♀部長様がお二人になったようでございます。こちらの大会社、どこか風 [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑲
  • 紙切れが戻ってきて少し安心し、もうすぐ裁判は終わるかもしれない。もう眠りを妨げるような不安は消え去るかもしれない。そんな一縷の望みをばさりと切り裂く元監査役からの知らせ。「私達、ピグモンさん側の証人として裁判に呼ばれるんですって」それを聞いたのは12月28日だった。おかげで、お正月中は独楽を回しても、凧をあげても、ずっと裁判のことが頭から離れなく楽しめなかった。裁判に呼ばれても出ないというのはダメだそ [続きを読む]
  • 巻き髪で調子にのっているサトー
  • 事務のサトーです。サトーもサトーの可愛い超大型犬の花ちゃんも元気です。最近、わたくし巻き髪にしておりましてね。フフッ、上手にクルクルッと巻かれていますのよ。はい、何をいまさら色気づいているんだよっていう声が聞こえましたよ。ちゃんと聞こえました。と、申しますのもね・・・・。話せば長い事情がありますの。サトー、ネジ会社のボケジジィに解雇され、実家に戻ったけど花ちゃんと二人で家を追い出され、泣く泣くたど [続きを読む]
  • 番外編
  • すっかり夜も更けたころ、わたしは可愛い超大型犬の花ちゃんも連れずに外に出た。暗い中、大勢の人がいてカーニバルでもはじまるかのような賑わいがあった。ふと空を見上げると、ギラッギラと輝いた星がきれいに整列して、秩序正しく、流れて行くのが見えた。北斗七星やカシオペア座が教科書に出てくるようにキチン1列に並んでいる。(まさしくこんなイメージ)その一つ一つの星が見事なまでの深紅なのだ。わたしは、寝るときには [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑱
  • 息子には、最悪のときは署名捺印してしまった紙切れは、心神喪失状態でわけがわからずに書いてしまったものであり、まったく信憑性がないことを強く主張するように言われた。パワハラだ、辞める、訴えるというようなことをピグモンさんが言ったとき、わたしも本当に辞めたいと思っていた。辞めてピグモンさんと一緒に訴えようと思った。ただ、何度も書いたように日々、いや1秒毎に揺れていた。事務所に誰もいないときはいつも言わ [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑰
  • 弁護士さんに電話したが、弁護士さんも3連休なのだろう。留守番電話に、「大会社、大林食品のサトーです。 ピグモンさんの裁判の件でお電話いたしました。 またあらためて電話いたします」と残しておいた。そして、運命の火曜日。ピグモンさんには申し訳ないが、わたしは会社を辞めることができない。無職になってもほんの僅かであれば生きていけるだろう。退職金共済から給料の1か月分か2か月分くらいの退職金も出る。貯えな [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑯
  • 紙を提出される不安でほぼ眠れず3連休初日の朝を迎えたわたしは、炊き立てご飯に納豆、大根と油揚げのお味噌汁、鮭の塩焼き。サラダに卵焼きまで作って、幸せになれる朝ごはんを食べた。美味しかった〜、日本人でよかった〜、幸せだ〜そして、爆睡した。息子が弁護士に相談に行ってくれることすら忘れて爆睡。iPhoneの着信音で慌てて飛び起き電話を見ると息子だった。お昼を過ぎていた。弁護士さんに相談した結果を淡々と説明して [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑮
  • 「何があった、泣かずに言え(怒) 犬が死んだのか?」「花ちゃんは元気だもん。じつはねピグモンさんが裁判して、 ママちゃん(サトーのこと)もパワハラあったって言ったから、 それを証拠にするって言ったから会社をクビになるうぅぅぅ」「ん?意味がわからない。 落ち着いて、ちゃんと順序立てて言って、ねっ?もう52歳だよね?」「違うぅぅぅぅぅ、まだ51歳だもん(涙)」「そんなことどうでもいいからちゃんと説明して」 [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑭
  • 万事休す 絶体絶命 万策尽きた最大のピンチ 命運が尽きるこれらの意味を分かりやすく説明します。「ピグモンさんの言う通りパワハラあったよ」的な書類に署名捺印し、それを裁判の証拠書類として提出すると言われたサトーの状況。この絶望の淵に立たされなす術なしのサトー。ピグモンさんとのやり取りのラインを載せます。ピ「大林食品側が全面否定しており、  今後は立証争いになるため、  サトーさんからの書類を提出いたし [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑬
  • 2時間に渡り拘束され尋問されたわたしは理解できた。自分が虫けら以下であること。かろうじて人間界に置いて頂いているが、その人間界でも底辺に這いつくばっていること。容姿も家柄もキャリアもまったく何も持っていないクズであることを。そして目の前にいる♀部長とバカボンのご夫婦こそが、わたしが崇拝して足元にひれ伏する方たちであることを。わたしは本当であれば生きる資格もないのに、このご立派なご夫婦のおかげで生き [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑫
  • 2時間の長い尋問の内容は、裁判所からの書類にわたしの名前が書いてあり、内容はピグモンさんの訴えとおなじことをわたしも言っていた。それは同意しているということで、通常の会社はそういうものに名前が載ると会社にいられなくなる。今後どうするつもりなのか。また、こちらの情報が全てピグモンさん側に流れているが、逐一報告していたと思ってよいか。盗撮とか盗聴をしていたか?頼まれたことはあるか?在職中からピグモンさ [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑪
  • ピグモンさんの弁護士さんから電話がきて間もないころ。今度は弁護士さんではなく、裁判所から訴状が届いた。いつもの通り、しゃちょ~様と♀部長とバカボンの3人で見ていた。その日、監査役(元愛人、現在社長夫人)が会社に来ていた。監査役が帰り支度をしているところに♀部長がやってきて別室に引きずって行った。いつもの通り、声は聞こえないが、すぐに監査役が怒って出てきた。「わたしはもうあなたたちと関わり合いになりた [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑩
  • 数日後、ピグモンさんから連絡が来た。ピグモンさんの弁護士さんがわたしとお話ししたいから、電話をしてもいいかとの内容だった。とうとうこっちも来たかという思いだった。わたしはようやく結論を出していた。この裁判の影響で辞めなければならない日が近いうちにくることを。その日が来るまでは仕事をしていようと決めていた。就職活動をするのであれば、1日も早いほうがよいだろう。それはわかっている。しかし、ピグモンさん [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑨
  • わたしは一日中揺れていた。辞めよう。いや辞めても就職先があるわけではない、我慢しよう。辞めよう。いや辞めても就職先が・・・辞めよう、我慢しよう。辞めよう、我慢しよう。24時間揺れていた。夢の中でもずっとずっとそのことに捕らわれており、ありとあらゆる状況の夢を見ては疲労困憊していた。♀部長に脅され、監査役に泣きついた翌日。監査役はわたしのことを心配して事務所にきた。社長に、弁護士からサトーさんに電話が [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑧
  • わたしは♀部長の指示を聞き吐き気がした。立場の弱いわたしに向かって、会社側の味方の人間として弁護士に返答しなければ、会社に居続けられなくなると言っているのだ。これが社長の娘、将来の社長夫人でなければ、コテンパンにやり返してやるところだ。しかし社長の娘というだけで、部長職につき、社長よりも大きな影響力を持っている♀部長だ。口答えすらできない。何かしたら、無視され、口汚くののしられ、重箱の隅をつつくよ [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑦
  • 別室で、興奮し鼻の穴が膨らんでいる♀部長はとうとうと語った。あのクソ女が会社を、いや、このアタシを訴えてきやがったあの基地外オンナは、まったくもって危険分子だったあの生意気なオンナは、新年会の席でアタシの悪口を言って、新製品の○○の売り上げが伸びていると言ったそんなことを言うなんて経理屋としてもってのほかだ朝早くきて掃除しろというのはどこの会社でもあることで、そんなことで賃金を請求されても困るこっ [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑥
  • しゃちょ〜様とピグモンさんとの会話を思い起こしていると、バカボンさんとの会話が突然、耳に飛び込んできた。「弁護士に頼むことは考えていないよ」「ですが、社長、やはりうちも強い弁護士を頼まないと」「これはわたしの問題だから」ふむふむ、しゃちょ〜様は弁護士に依頼せず、一人で裁判に立ち向かうようだ。そんな状況のときに、外出中だった♀部長が帰ってきた。そしてしゃちょ〜様とバカボンと3人で別室にこもり、大きな [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判⑤
  • 真っ赤になってピグモンさんの弁護士さんに電話したしゃちょ〜様は、あまりにも怒鳴りまくっていたものだから、「そんなに怒鳴られてはお話合いになりません。 裁判所でお会いしましょう」そう言われたそうだ。そうか、いよいよ裁判開始なんだ。でも。真っ赤になって怒っていたしゃちょ〜様。ちょっと振り返ってみましょうよ。ピグモンさんのとの過去の会話。ピグモンさんのおっしゃる通りの退職日を受け入れた日、「いろいろとう [続きを読む]
  • *みか*様、石田熊子お師匠様
  • *みか*様石田熊子お師匠様コメントありがとうございます。思い起こせばワキジュちゃんが来て、黄緑さんが退職し、そのころから、いつも波乱万丈の日々でございます。ワキジュちゃんの残していった膨大なミスを直し、整理し。給与担当者不在を埋めるように必死に仕事し、新しい方に負担をかけないよう、ありとあらゆる雑用を一人でこなし。ピグモンさんがようやく慣れたと思ったらこの騒ぎ。とても忙しいのになぜか仕事が増えていき [続きを読む]
  • 巻き込まれる裁判④
  • お昼休みのほんの少し前にしゃちょ〜様は戻ってきた。机の上にドンと置かれた弁護士事務所が印刷されている封筒を見て、「なんだ?弁護士に用事なんてあったか?」そんな独り言を言いながら開けて読んでいた。すぐにしゃちょ〜様はその弁護士事務所に電話して、大きな声で怒鳴っていた。怒りのあまり真っ赤になって受話器を叩き付け、書類をバカボンに放り投げていた。興奮しすぎると、なぜか呂律が回らなくなったり、てにをはがグ [続きを読む]