清里フクロウ さん プロフィール

  •  
清里フクロウさん: フクロウの生息する高原・清里より
ハンドル名清里フクロウ さん
ブログタイトルフクロウの生息する高原・清里より
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kiyosato_001/
サイト紹介文清里を中心に八ヶ岳南麓の風景と生き物を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/11/22 18:37

清里フクロウ さんのブログ記事

  • ヒメギフチョウの産卵
  • GW中は4ヵ所でヒメギフチョウの姿を見ることができた。しかし、繁殖地では捕虫網を持った大人たちがうろついていた。ウスバサイシンの若葉に卵を産み付けていた。幼虫はウスバサイシンの葉を食べて成長するのだ。卵は真珠のように美しい。愛好者に見つからなければいいのだけれど。ウスバサイシンの花 [続きを読む]
  • キバシリの巣作り
  • キバシリが巣材を運んできた。枯木の空洞になっている部分に巣は作られていた。主な巣材は笹の枯葉と枯枝であり、笹の枯葉を細く裂いたものを産座に使っているようだ。周囲はミズナラなどの広葉樹林で、たくさんの笹が茂っている。スギ林で営巣するキバシリは、多量のスギ皮を巣材に用い、スギ皮を細く裂いたものを産座に用いるという。環境にあわせて巣材を変えるようだ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • サンショウクイ, Ashy minivet
  • オス小枝を集めるメス。巣作り中のようだ。別の場所の別個体。ここは標高が高く、まだ緑は少ない。オスがハンノキからウメノキゴケをはがしていた。ウメノキゴケは、小鳥たちに人気のアイテムであり、サンショウクイの他、コサメビタキ、エナガ、サンコウチョウなどが巣の表面に張り付ける。巣のカモフラージュに役立つのだ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 芽吹きの季節
  • ハンノキの花キブシの花モミジの若葉タラの芽(背景に桜が咲いているのだが、ボケすぎてしまった)昨日、尾白川渓谷の神蛇滝の近くで、9歳の男児が転落して死亡する事故が起きてしまった。私も何度か行ったことがあるが、滝を見る絶景ポイントは30メートルほどの崖の上にあり、足場が悪く柵がないためとても危険である。渓谷歩きに慣れている私でもビビる場所であり、子供を連れていくなら十分注意すべきである。(崖の上から神蛇 [続きを読む]
  • キビタキの縄張り争い
  • ヤナギの木の上で2羽のキビタキ(♂)が縄張り争いしていた。膠着状態で睨みあい中。すぐ近くでメジロが食事をしていた。この後、3羽目のキビタキ(♂)が参入して大乱闘になったのだが、動きが激しすぎて撮影できなかった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ジムグリ
  • 遊歩道の上にジムグリがいた。舌をちろちろ出しながら動いていた。GWの清里周辺は行楽客があふれ、森の中の遊歩道にも歩きスマホしながら蛇行して歩く若者がいる。このあたりは、マムシやヤマカガシ(毒蛇)もいるのにねえ。にほんブログ村 [続きを読む]