わたいとや さん プロフィール

  •  
わたいとやさん: 綿と糸と畑と
ハンドル名わたいとや さん
ブログタイトル綿と糸と畑と
ブログURLhttp://wataitoya.exblog.jp/
サイト紹介文和綿栽培・糸紡ぎ・草木染中心に、その周辺と日常を記録中。無農薬・無化学肥料で育った和棉を紡いでます。
自由文和棉の成長から糸、布、衣類等になるまでを記録していく予定です。何でも自分のものは自分で作る、を目指して、その過程をブログに記録予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/11/22 22:14

わたいとや さんのブログ記事

  • さまざま
  • 見栄えよく成長している和綿の画像。他にも、枯れてたり、双葉が喰われて本葉だけになってたり、穴ぼこだらけだったり、葉っぱがねじれてたり、やっと双葉が開いたところだったり、いろんな状態のがあります。6/21の綿つむぎの会へ初参加の方には、詳細メールを送付済みです。届いていない方はメールの受信設定を変えてご連絡ください。 [続きを読む]
  • 発芽実験の後
  • 先日の浸水発芽実験のあと、発根して土に埋めたものは、双葉まで開いたのを確認できたのは8つでした。発芽後、1つ枯れ、今は7つ成長中。土から顔を出すとき、種をかぶって起き上がってきたのが多かった気がするけど…そういう傾向があるのか、それとも気のせいか??  [続きを読む]
  • 紅花復活
  • 数年前、タネが途切れてしまった紅花、昨年紅花染めのお手伝いに行った時、タネも少し分けて頂きました。20個くらいのタネを少しずつ時期をずらして播種、発芽したのは10前後。寒さの為か乾燥の為か、生き残ったのはベランダで2株、畑で2株。育ちも悪いままなので、タネ採りが期待できるのは、この一株だけかも。でも、とりあえずタネは採れそうでよかった。  [続きを読む]
  • 竹筬の組み直し
  • 先日あらたに骨董市で購入した竹筬。二つとも21〜22羽/1cm。竹の羽自体が薄めのものかと思います。ざっと温水で洗って、乾かしてから、一つだけ糸を解いて、丁寧に、羽を割らないように外し、一枚ずつ椿油をしみ込ませた布で拭きました。ホントは順番を崩さないほうがよかったみたい。まあやってしまったものは仕方ない。割れてたり、糸の跡が強く残っているものなどを外しても、800枚以上。拭くのだけで... [続きを読む]
  • 経糸の糊づけ
  • 午前の2、3時間であっという間にカラカラ。ほぐすのが間に合わないくらい。糊には、以前は片栗粉を使っていたが、最近は頂きもので余っている小麦粉。が、まだ加減が掴めず、今回も濃すぎたかなと、やり直そうと濯いで干したら丁度いいくらいになっていて。でも細めの糸だし、やっぱりもう一回やり直すかな。梅雨に入る前に。  [続きを読む]
  • 畦の綿
  • 昨年のこぼれ種か、播き間違いか判らないけど、播いた覚えの無い畝の端、畦との境から発芽して、いつの間にか一番早く成長してる。喰われたのか、歩く時に傷つけたのか、双葉もその次の葉もボロボロだけど、3・4枚目と思われる形のこの葉っぱは生命力に溢れる感じ。毎年1、2本は畦に生えてくる。歩き難いけど、抜けないんだよね〜。  [続きを読む]
  • 実験
  • タネを購入頂いた方からのお問合せがあり、浸水発芽の実験をしてみました。左が5/24 18時 折りたたんで湿らせたキッチンペーパーにタネを置いて、上から一枚でフタしました。右 5/26 14時。1つ発根。左が5/26 21時 3つ発根。右は5/27 8時 5つ発根。14時に残り1つも発根を確認。この間、室温20〜24度。発根したものはベランダの土に埋めました。埋めるとき出た根を... [続きを読む]
  • 畑がからから
  • こまめに雨が降らないのは困りもの。先週撮影のイチゴ。3月撮影のイチゴとほぼ同じ構図。実家のイチゴは花が咲いて実がなった。タネからイチゴは花は咲かなかったけど、ランナーを出してる。急にこんなに生育がよくなっちゃうなんて、どうしたんだろ(汗)。  [続きを読む]
  • 綿つむぎの会5月でした
  • 3月から参加されて、原始機を作って織っていた方の布が織り上がりました。次回は経も手紡ぎで、筬も使ってやりたいとのと。どんどんいろんなことに挑戦して、いいですね!写真を撮り忘れたのが非常に残念。こちらの画像は、ペット用スリッカーブラシでほぐされた綿。きれいで思わず撮ったけど画像だとよくわからない(汗)。次回6月は21日水曜です。詳細はこちら。  [続きを読む]
  • 4年目の綿
  • ベランダの綿、今年も新芽登場。昨年、木の大きさのわりにたくさん実をつけたことや、冬、鉢を整理したときに、根を少し崩してしまったこともあり、今年は無理かなと思っていたけど…出てきてくれたらやっぱり嬉しい。さて、あと何年、続くかな。  [続きを読む]
  • 早すぎたかな
  • 約3/4喰われた双葉。でも本葉の登場で復活するかもしれないので、抜かずに放置。既に本葉を二枚出してる株も、双葉がほんの少し喰われてる。なぜか今年は喰われてるのが目に付く。ま、そのほうが根が強くなるかも??  [続きを読む]
  • 紙糸づくりの実演
  • 「紙布制作実演会〜紙糸づくりを中心に〜」を見てきました。使用しているのは、紙糸用にすかれた楮の薄い和紙。端を残し、カッターで2〜3mmの切れ込みをいれ、揉んで(撚って)、端を処理して一本の糸に。糸車で更に撚りかけして、撚り止めをし、織り等に使うそうです(かなり省略しております(汗)。ちなみに経糸は糊付けしないとのこと。切れない糸を作るのが基本で、切れそうな時はシリコンを使うそう。... [続きを読む]
  • お知らせ
  • 今年もスピニングパーティーに出店させていただけることになりました。いつもどおり、綿工房さんと一緒です!creemaでの綿のタネ通販は、6月上旬で終了します。残った分はスピニングパーティで値下げ販売予定です。6月から綿つむぎの会は料金を変更します。詳細はHPをご覧下さい。5/22の綿つむぎの会についてお問合せいただいたhotmailのアドレスの方、何度かご連絡しているの... [続きを読む]
  • 白混じり緑のTシャツ
  • つい先日織った布で作りました。いつもどおり縫い糸も手紡ぎ・手縫い、できるだけハギレを残さないように。しかしやはり幅が半端なので、脇に足すことになり、特にこういう模様の布だと満足な出来にはならず。柔らかいし肌触りはよいし、着易くできたところは満足なんだけどね。このとき使った竹筬は約38cm幅で、糊抜き後の布は34cm巾。やっぱりハギレ少な目の洋服作りに使うには50cm巾ぐらいはないと効... [続きを読む]
  • 2016年の布2
  • こっちはカードをかけて、細めに紡いだバージョン。細めにといっても、繊維の短い赤茶の綿はそれほど細く紡げないので、それに合わせるように紡いだつもり…でも、やっぱり緑やタナ綿は細くなってしまって、織り上がりに何となく歪みが。歪みのひどい部分と試し織りの部分を使って、お財布の二代目を作りました。  [続きを読む]
  • 播種第三回
  • 4/13が畝の西側、4/24が畝の東側、今日は畝の真ん中と、一回目播種で発芽したけど枯れた場所(画像右下みたいな)に播種。和綿は半分以上発芽したけど、洋綿はまだ土の温度が足りないのか、数少ない。次回また一週間後、一回目の播種でまだ発芽していない所に追加播種。この調子で5月末頃まで追い播きしていったら、間引かないで済むし、タネを無駄にしないで済むかな。  [続きを読む]
  • 静輪代わり
  • 2月の講座で静輪というものを実際に使う場面を見て、やってみようと思っていたのを、ようやく実践。ドーナツ型の陶器などを探したけど、重さに不安があり、とりあえず五円玉でお試し。が、途中で枚数を変えて重さの調節したくなった時に不便。で、針金でこんな感じに。五円玉が簡単に抜け落ちないようにもう少し改善の余地有。  [続きを読む]
  • 篠作り
  • カードがけ約120g。ちょっと細めの経糸用。紡ぐのにどんだけかかるか…。でも、姿勢を固定して長時間できる時でないと手をつけられない地機織りと違って、紡ぐ方は数分から作業できるから、隙間時間が使える。その為に篠も作りため。  [続きを読む]
  • 播種忘れ
  • 綿の種まき。天気予報とにらめっこしつつ、畑に行ける日の都合で4/13に一回目の播種済。そのいくつかは既に発芽してました。なかには、画像のように早速何者かに喰われてしまったものも。一回目は畝の西側に播種、二回目の今日は東側。で、虫くい箇所にも追加播種する予定で、写真だけ撮って播き忘れた(汗)  [続きを読む]
  • 綿つむぎの会4月でした
  • 今日は前回から引き続き、腰機とチャルカの練習。楽しくお話しながらも、少しずつ作業に慣れていっている感じが嬉しいです。次回は5/22(月)開催の予定です。定員はあと2、3名。詳細をご確認のうえ、お申込みください。画像はベランダで発芽した和綿。播種は4/10頃。数日暑い日が続いたおかげかな。  [続きを読む]
  • 白混じりの緑綿の布
  • 一昨年までに収穫・保存していた白混じりの緑綿と、タナ綿その他のキレイでなかった部分を紡いだ糸を使用。経緯ともカードをかけていないので、いい感じにまだらになるかな〜と思っていたのだけど、、、思っていたのとは少し違う感じになりそう。  [続きを読む]
  • 桔梗と野蒜
  • 桔梗が発芽…といっていいのか、地中の根から新芽が出てきた。白い花の桔梗。紫のもあったんだけど、白に負けちゃったのかな。野蒜がいつの間にか、畑のあちこちから顔を出していて、綿の種まきに邪魔な場所のを抜きまくる。小さいのもきれいに引っこ抜けてびっくり。ずいぶん土が柔らかくなったもんだなぁ。大きいのだけ選んで、いただきます。  [続きを読む]
  • 綿の手紡ぎキット
  • 説明書を改訂しました。これまでより、字を小さくし、情報量・画像を増やしました。読みにくくなるので、字は小さくしたくなかったのですが、それより今回はこれで紡げるようになることの方を優先してみました。改訂前のキットをcreemaからご購入の方で、ご希望の方には、改訂後の説明書をPDFにしてお送りします。wataitoya@yahoo.co.jpへご連絡下さい。他でご購入の方も、ご希望の方... [続きを読む]
  • やっと終わった
  • 先月再開した薄い布、ようやく織り終わりました。といっても、あと30cmくらいは織れそうだったところ、限界の経糸が一気に増えてしまい、諦めました。残った糸は繋いで使おうかと。2年して再開した後はぐちゃぐちゃ(汗)、その前に織っていた部分はまあまあ。画像の左側が、最初の50cmくらい、緯糸に手引きの絹を使った部分で、右側は経緯とも手紡ぎの綿。画像だとよく判りませんが、絹の部分はやはり艶が... [続きを読む]