建築コンサルタント 宮崎 聡 さん プロフィール

  •  
建築コンサルタント 宮崎 聡さん: 失敗しない住まいづくり 1級建築士が伝授!
ハンドル名建築コンサルタント 宮崎 聡 さん
ブログタイトル失敗しない住まいづくり 1級建築士が伝授!
ブログURLhttps://ameblo.jp/miyazaki2001/
サイト紹介文これだけは知っておきたい住まいづくりのポイントを理解して、満足のいく住宅を手に入れましょう。
自由文『住まいづくりは楽しくなければならない』というのが私の持論です。

これだけは知ってほしい住まいづくり・リフォームのポイントを理解し、基礎となる知識を身につけて、
後悔しない住宅作りをしましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 83日(平均2.0回/週) - 参加 2009/11/24 18:18

建築コンサルタント 宮崎 聡 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • リバウンドはつきもの?
  • リバウンドはつきもの? お盆に油断して、今朝体重計に乗って3?増で焦ってるOYAJIです。 ちょっと油断するとリバウンドです。そんな理バンドとダイエットを繰り返す方も多いでしょう。何度も痩せたり肥ったりを繰り返してしまうOYAJIです。 そもそもダイエットは痩せてから維持する方がもっと大変。今までリバウンドしなかったためしがないのです。 それでも全体的に徐々に体重が下がっていれば良しとします。 リバウンドが無い [続きを読む]
  • おやつを摂って健康ダイエット
  • おやつを摂って健康ダイエット?なぜおやつで健康的にダイエットができるかというと、空腹を感じるホルモンの分泌を抑えるためです。食事の間を空けてお腹がすくとグレリンというホルモンが活発になり、脳から食べなさいサインを出します。そうすると一回の食事の量が増え、脂肪を増やしてしまいます。このおやつは小腹を満たすというのが目的ではなく、脳に満足感を与えドカ食いを防ぐものです。そこでおやつとしてたべたいのがア [続きを読む]
  • 腹式呼吸でアンチエイジングとダイエット その2
  • 腹式呼吸をするだけで内臓脂肪が減らすことができる⁉?しっかりとした腹式呼吸をすることで横隔膜が上下に動きます。この横隔膜運動が内臓の血行を良くして結果として新陳代謝が良くなるのです。横隔膜を動かさない生活が続くと横隔膜が本来あるべき位置から動いてしまい、身体の循環がとても悪くなってしまうのです。代謝もとても悪くなるので内臓脂肪も蓄まっていくという悪循環を引き起こします。わざわざ腹筋を鍛えなくても腹 [続きを読む]
  • 腹式呼吸でアンチエイジングとダイエット
  • 腹式呼吸をすることでアンチエイジングとダイエットの2つの効果を得ることができます。なんて時間短縮で一石二鳥ですね。浅くて早い胸式呼吸には、実は弊害があります。浅い呼吸をすることで交感神経を緊張させます。これによりストレスホルモンである「コルチゾール」を分泌させることになるのです。浅い呼吸を続けていると交感神経が活発になり続け、どんどんストレスが溜まってしまいます。さらにもう一つの弊害は、肺の下の方 [続きを読む]
  • とにかくお腹を凹ませる
  • とにかくお腹を凹ませたい‼?OYAJIの憧れは何と言ってもシックスパックのお腹。そこまで行かなくてもポッコリおなかはダンディじゃありませんな。一番効果的なのはやはり腹筋トレ。これがいざやるとなると面倒。しかも一回でやりすぎて次の日筋肉痛…後が続かない。この悪循環をOYAJIが克服して差し上げましょう^_^そもそも腹筋トレは毎日しなくてもいいんですよ。どの筋肉でも週に2〜3回程度でOK。筋トレしてから休息を入れない [続きを読む]
  • 夏のヘアケア
  • 夏は何かと髪は傷みやすいもの夏だからこそやらなくてはいけないケアの方法を紹介します。 1、日焼け対策紫外線による髪へのダメージを、できるだけ与えないようにすることです。 肌に日焼け止めを塗るように、髪にもUVカット機能付きのスプレーや、トリートメントをつけます。 男の人は髪の毛が少なくなるとますます紫外線が地肌にあたりますのでどんどん悪影響が増します。 髪にも使える日焼け止めスプレーなら、とても使いや [続きを読む]
  • 夏は髪が抜けやすい?
  • 紫外線や湿気、暑さは頭皮にいかにも悪そうです。夏に抜け毛が増加する原因を考えて見ましょう。1、夏の強烈な紫外線によるダメージ体の中でもっとも紫外線を浴びる頭頂部。髪の短い男性には頭髪だけではなく頭皮にも影響を及ぼします。帽子はかかせません。2、暑さによる汗や過剰皮脂の増加頭皮に汗をかいて、雑菌が繁殖しやすい状態になりことが原因として考えられます。特に、オイリータイプの人がこの傾向があります。3、海水 [続きを読む]
  • 眉間のシワの印象
  • 眉間のシワが気になるOYAJIです。昔から眉間にシワを寄せてものを見たり真剣に話しを聞くのにむずかしい顔をしてたのが原因でしょうか?最近は怒ってるとか老け顔に見られます。なんとかしなければ!まずは肌のハリを保つコラーゲンを増やします。その生成に必要なビタミンも食事でとるのが少なくなってきてます。適度なサプリで補います。眉間のシワは乾燥によって刻まれてしまうこともあるようです。あると考えられています。加 [続きを読む]
  • エイジングケア その10 オメガ3
  • オメガ3って何?と言う方のために 脂肪は、糖質、タンパク質とともに、人には欠かせない栄養素の1つです。 活動するためのエネルギー源となるのはもちろん、細胞膜やホルモン、胆汁を作る材料となります。さらには肌に潤いを与えるなどの働きがあります。 人のの健康にとってとても大切な油ですが、摂り方を間違えると、健康を損なう原因になります。 動物脂肪をたくさん摂ると肥満や動脈硬化、狭心症や心筋梗塞になりやすいといわ [続きを読む]
  • エイジングケア その9 ココロを若々しく
  • 心を若く保つことで体はどのように変化すると思いますか?実験では若さが保たれ、肌ツヤがよくなったという結果がでました。脳の働きでいろいろな作用が体全体に行き渡るようです。脳は使い続けるると老化どころか進化し続けます。ノーベル賞をとったり、芸術家や音楽家が年齢がましても新しいことを生み出したりできます。脳は使えば使うほど若さを維持することができるのです。また脳は疲れないと言われています。読書や勉強で脳 [続きを読む]
  • エイジングケア その8 紫外線を徹底的にカットする
  • 徹底的に紫外線をカットするとは 紫外線が人体に与える影響はとても大きく特に影響を受けやすいのが肌と目です。 肌の老化の原因の大半は紫外線による光老化だと言われています。 老化は、年齢ではなく「光」が重要だったのです。 紫外線はメラニン色素を蓄積させシミの原因になるだけでなく、肌表面のコラーゲンを分解してしまいます。 その結果、日焼けや、シミ、そばかす、シワ、たるみ更には皮膚がんも引き起こします。 紫外線 [続きを読む]
  • エイジングケア その7 腸内環境を整える
  • 腸は第二の脳といわれるくらい体の中でも神経細胞が集中している場所です。なのでストレスが原因で腹痛や下痢、便秘といった症状が起きます。 腸には食べ物のほかにも、細菌やウイルスなどの病原体が入ってきます。腸ではそうした病原体の侵入もくい止めます。 つまり、腸は体内にありながらも、外からの病原体の侵入を防ぐ大の免疫器官なのです。 そこで活躍するのが免疫細胞。腸には免疫細胞の6割が集まっているので、腸の免疫 [続きを読む]
  • エイジングケア その6 抗糖化食
  • 最近、抗酸化とともにいわれているのが抗糖化。酸化が錆びるとすると糖化はキャラメル化です。高温で調理した食べ物を食べ続けると褐色になってかたくなります。肌のシミは、皮膚表面が糖化し、リポフスチンという褐色成分が出る症状です。肌の弾力がなくなるのは、肌のコラーゲンが糖化して弾力を失うからです。糖化が進むと、動脈硬化、心筋梗塞などの原因になります。高温で調理するほど老化がはやまります。外食が体に悪いのは [続きを読む]
  • エイジングケア その5 高ORAC(オラック)食品
  • ORAC値(オラック値)って何?抗酸化作用の強さを数値化して表したもののことです。抗酸化作用はもうみなさんご存知ですね。 細胞の酸化でおきるシミ・シワ、内臓機能低下などの老化やトラブルを防ぐ作用です。これはベリーやフルーツ、緑黄色野菜ナッツなどに多く含まれてます。これを適度に毎日食べるのが良いです。食べ過ぎると腹痛を起こす作用があるものもありますから気をつけて。具体的なものをあげると果実100gあたりのO [続きを読む]
  • エイジングケア その4 体内時計のリセット
  • 体内時計のリセットとは生物的な1日のリズムを正常化させるということです。睡眠時のホルモンが正常に分泌されることがアンチエイジングにつながります。睡眠時に分泌される重要なホルモンは2つ。「メラトニン」と「成長ホルモン」です。メラトニンは抗酸化作用があります。体のすべての器官に対して効果があると言われています。成長ホルモンは、子供の時に身長を伸ばすだけでなく、疲労回復、体の修復さける働きがあります。この [続きを読む]
  • エイジングケアその3 ストレスをためない
  • ストレスは老化を進めます。ストレスが体を酸化させるひとつの要因です。酸化すなわち体がさびるということですね。ストレスを感じると活性酸素がつくられます。ひとつの目安が加齢臭。中年おじさんの代名詞みたいですが女性にも加齢臭ってあるのです。ストレスが多くなると加齢臭も増すのです。ストレスは脳も老化させます。老化すると脳内の神経伝達物質の流れが悪くなり脳の機能低下が起こります。脳が老化すれば体も老化してし [続きを読む]
  • エイジングケア その2 適度な運動
  • 運動することで体の中に活性酸素を発生されます。さらに活性酸素を飛躍的に増やすのは、低酸素状態が続く場合です。激しい運動をする人が短命なのがこの理由ですね。しかし、適度な運動をすることによって活性酸素を減らし代謝を正常化することができます。人間の身体には酸化還元のレドックス・ホメオスタシスという恒常性維持機能があるので、活性酸素は除去され始めます。運動することで発生した活性酸素がその維持機能がスター [続きを読む]
  • エイジングケア その1 カロリー制限
  • 老化を防ぐ方法はこれだけやればいいということではありません。いろいろな要素が絡み合っているのです。その原因と対策をおしらせしますね。今最も老化を防ぐ効果があると言われ方法がカロリー制限です。えって思いませんでした?ダイエット=アンチエイジング?動物実験ではカロリー制限をおこなった動物は老化を原因とする死亡率が、普通の動物と比べて1/3程度のだったそうです。つまりは老化による死亡が遅くなるということ [続きを読む]
  • 夏は老ける?
  • 現代社会では夏は季節の中で1番老けるそうです。ちょっとショックですよね。夏が老ける原因は3つ。1、紫外線2、冷房3、食事私は札幌に住んでいますが最近は東京より暑いなんてことがあるんですね。日差しも強くなって温暖化なのかと感じます。老ける原因の解説です。1、紫外線これはダメージが大きいですね。日焼けで肌が痛み、皮膚の劣化、老化が進みます。日焼けしないようにして、日に焼けたら直ちにケアをしなければいけません [続きを読む]
  • 髪の毛は血液の延長?
  • 緊張やストレスで現代人の血管は緊張状態で縮小され血流が滞ってしまいがち。 血液の中には髪の毛の成長、生成に欠かせない栄養素が含まれています。それが滞ってしまえば髪の毛の成長が止まってしまうのは当たり前ですね。 それはわかるけどどうしたらいいんだ?やはり十分な質のいい睡眠をとることですね。 脳が休まると緊張状態で縮小されていた毛細血管まで、良い血流になります。血流がスムーズになると、頭皮の毛乳頭までし [続きを読む]
  • 髪にもゴールデンタイムがある?
  • 人が最も成長ホルモンの分泌が行われる時間帯といわれているのが夜10時から深夜2時までの間。髪の毛が最も成長するのもその時間帯なんですね。 その時間が髪の毛のゴールデンタイムです。しかし、現代人の大人が確実にその時間に眠るのはなかなか難しいものです。 少しでもその時間に近い時間帯で規則正しく寝る習慣が必要です。眠りについてから2、3時間経って深い眠りに入った時に成長ホルモンが分泌されるので眠りの質も重要に [続きを読む]
  • ビタミンC
  • 最近は外で陽に焼けるとすごくシミができます。そこで、顔の手入れのためにビタミンC。ビタブリッドCフェイスブライトニング。少しシミも薄くなってシワものびたような?毎日の手入れが大事です。 [続きを読む]
  • 歯の全メンテナンス
  • ただいまダンディOYAJI計画では、きれいな白い歯を目指して全面的にメンテナンス中です。ただの歯医者さんではありません。口腔外科のドクター。しかも40代の美人の女性の先生。もう、とにかく全部直してくださいとお願いしました。 20年前に治療した部分とかあごの骨まで達するかという病気のあとがあったり、健全なのは10本も満たない..(泣) もう、徹底的にやってくれい!すると一度歯を抜いて修復したのち、また抜いた [続きを読む]
  • はじめに
  • こんにちは50代半ばのおじさんです。年齢とともに基礎代謝は落ち、ケアを怠るとあっという間に体重が増え、一瞬でメタボなおなかがこんにちは(汗) 身長178kg、体重78?、体脂肪率37%。最近は運動不足でどちらかというとやや肥満。 おまけに薄毛にシミやしわとアッという間にジジィです。健康でゆとりある かっこいいダンディOYAJIとは?そんなことを日々挑戦するブログです。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …