ダルマ先生@明光義塾の藤沢教室 さん プロフィール

  •  
ダルマ先生@明光義塾の藤沢教室さん: 明光義塾の藤沢教室です。
ハンドル名ダルマ先生@明光義塾の藤沢教室 さん
ブログタイトル明光義塾の藤沢教室です。
ブログURLhttps://ameblo.jp/shinnrigakunahibi/
サイト紹介文そのまんまです。
自由文日々の徒然を綴っております。ま、お気軽にどうぞ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/11/28 20:57

ダルマ先生@明光義塾の藤沢教室 さんのブログ記事

  • カッコイイ大人になった仲間たちへ捧ぐ
  • 先日、講師の結婚披露宴にて、懐かしの仲間たちに会ってきました。みんな立派な大人になっていまして、時の移ろいを実感しました。僕も大人になりました。社会には、理不尽も困難も悔しさも「なんだこりゃ」もあるでしょう。だけど、あなた達なら大丈夫。理不尽をパワーに変換して、困難を糧にして、悔しさをバネにはねて、「なんだこりゃ」を「おお素敵」に変えていく。あなた達なら、大丈夫。なんて言われなくても、そもそも大丈 [続きを読む]
  • 感動メモで変わる一日
  • 湘南台教室や藤沢教室で使っている感動メモ。教室長がその日感動したことや伝えたいことを、このメモに書いて生徒に渡します。時には保護者宛のものも。特に字が綺麗な教室長のメモは、私が見ても「おおっ」と唸ってしまいます。あのね、感動メモで一日が変わるのは、貰った方ってわけじゃなくてね、実は書いた先生の方なんだよ。私たちは君の成長がとっても嬉しいから、それを言葉にする。難しく言うと言語化する。そうするとその [続きを読む]
  • STUDY★QUEST3
  • 前回までのあらすじ: これは突然異世界に飛ばされた成績がオール3以下の中3男子が勇者になったお話。旅の仲間は、勉強の精霊スターマンと大賢者モンテスキューとクラス一の美女に似ている美少女シンシア。 この世界では【勉強力】と呼ばれる力が戦いを左右する。前回、戦う目的を見つけた勇者の勉強力は5へとアップしたのだった。さぁ、戦闘は続く!第一話と第二話は読まなくてもいいけど押せば飛ぶよ。【モンスター出現!】ツ [続きを読む]
  • 神奈川県素敵な公立高校一覧図ver2.0の完成ご報告
  • 尊敬するさくら個別@國立さんのアイディアをオマージュして、以前、「神奈川県素敵な公立高校一覧図(偏差値・雰囲気分け)」を作成しました。そちらをツイッターに載せたところ、かつてない多くの反響がありましたので、その中でありがたく頂戴した意見と、今年度の偏差値表を参考に、ver2.0を作成してみました。勉強犬まずは画像でver1.0との違いをご確認下さい。これがね、ver1.0。そして、これがver2.0。え?違いがわからない? [続きを読む]
  • 理想の勉強法〜未来の塾はこうなるんじゃないかなというお話〜
  • これは偏差値が40にも満たない僕が、塾に入って偏差値70以上の志望校に合格するまでの物語。「彼が君の相棒のロイドくんです」入塾の時、塾の先生がそう言って、一人?のロボットを僕に紹介した。そうそう、これが最初の出会いだったね。あの時の君の間抜け面は忘れられない。人工知能が搭載されたそのロボットーロイドくんーは、この塾での僕の相棒。というか、生徒。毎授業の終わりに、僕はその日塾で教わったことをロイドくんに [続きを読む]
  • 理想の勉強法〜未来の塾はこうなるんじゃないかなというお話〜
  • これは偏差値が40にも満たない僕が、塾に入って偏差値70以上の志望校に合格するまでの物語。「彼が君の相棒のロイドくんです」入塾の時、塾の先生がそう言って、一人?のロボットを僕に紹介した。そうそう、これが最初の出会いだったね。あの時の君の間抜け面は忘れられない。人工知能が搭載されたそのロボットーロイドくんーは、この塾での僕の相棒。というか、生徒。毎授業の終わりに、僕はその日塾で教わったことをロイドくんに [続きを読む]
  • 自閉症の僕が跳びはねる理由を読みました
  • 自閉症と診断された東田直樹さんが中学生の頃に書いた本、『自閉症の僕が跳びはねる理由』を読みました。海外でも、『The Reason I Jump: one boy's voice from the silence of autism』というタイトルで英訳され、評判になった話題の本です。以前TV番組でこの本に関するドキュメンタリーを見て、ずっと気になっていたのですが、実家で見つけて一気読みをしました。以下、感想です。あくまで個人的な感想ですので、御容赦下さい。 [続きを読む]
  • 夏休みの折り返しで気をつける10の勉強チェックリスト
  • 藤沢市の公立の学校は9月から始まるところが多いので、お盆は大体夏休みの真ん中!というか既に後半戦ですが、生徒の皆様はこのタイミングで一度、この夏の振り返りをしておきましょう。チェックリストを作ってみました。1つずつ確認をしてみて下さい。夏休みここまでのチェックリスト(☆はできてたらいいペース)□週に3日以上夜更かしはしていない□朝は少し遅くなる日はあるけど週に3日以上は規則的に起きることができている [続きを読む]
  • 伊坂幸太郎最新作『AX』を読みました。殺し屋から学ぶ勉強術とは
  • 最初の一話を読んだ時は、「あ、もしかしたらつまんないかも」と不覚にも思ってしまった。他の本を間に読むなど、読む気力がなかなか湧かなかった。なんとか読み進めた4話で、事態が変わった。やばい。これぞ伊坂幸太郎の真骨頂!とも言える後半戦で見事にはまった。驚愕の展開に、目が離せなくなってしまった。生意気なこと言ってすみませんでした!という気持ちで、後半は陳謝しながらあっという間に読んだ。さすが伊坂幸太郎。 [続きを読む]
  • STUDY☆QUEST2
  • 前回までのあらすじ:突然異世界に飛ばされた成績がオール3以下の中3男子が勇者になったお話。旅の仲間は、勉強の精霊スターマンと大賢者モンテスキューとクラス一の美女に似ている美少女シンシア。壮大な冒険が幕を開けた!旅に出た僕らを待っていたのは、広大な荒野だった。僕らが向かう先、このチュウイチ大陸唯一の城「ナツヤスミ城」までは約30キロの道のりらしい。ということは、僕らの歩くペースが毎分50メートルだとする [続きを読む]
  • サンクスカードで気持ちを伝えたら
  • 面と向かって言うのって、何だか恥ずかしかったりするからさ。特に普段近くにいる人に、なかなか改まって言うのってね。ありがとう。だけどその優しくて愛おしい、とっても素敵な響きは、あげたあなたも、もらった誰かも、とびきり幸せにする魔法の言葉だから。お父さん・お母さん版や、先生版なんていう風に、簡単なサンクスカードを作ってみました。ありがとうが広がれば、それだけ世界は平和になると思うな。大袈裟かな。本日も [続きを読む]
  • 卒業生したって勉強は続く!
  • 今年の冬に志望校に合格をし、教室を卒業した生徒が先日、まさかの来塾。自習で提出しなければならない課題をひたすらやってました。容姿はなんだかずいぶんと大学生っぽくなっておりましたが、課題に追われる姿はいつか見た姿そのままでした。ファイト。今時は高校を卒業しても、勉強に追われる日々は続きますからね。僕らの頃と比べても学生はだいぶ忙しいんじゃないでしょうか。みんな頑張れー!卒業したって勉強は続く!決して [続きを読む]
  • 共通の目標に向かう仲間になること
  • 塾に入るってことはさ、その塾の教室長や講師と一緒の目標を目指す仲間になるってことだよ。少しずつ信頼関係を深めていって、なんでも言い合える仲間になるのが理想だ。自分のためだけじゃなくて、「人のため」があると人は頑張れるから、折角仲間になるんだ、目一杯利用して成長しよう。塾はあくまでツール。入ったからって成績が上がるものではないから、塾というツールをあなたが使いやすいようにどんどん活用するんだ。あなた [続きを読む]
  • ちょっと早くスタートできれば、ボルトにも勝てるよ
  • 藤沢市の中学校のような2期制の学校では、夏休み明けにすぐさま期末テストが行われます。つまり、夏休みの宿題をギリギリになって終わらせるような子にとっては、宿題プラステスト勉強という過酷なスケジュールが待ち受けているのです。今日もそのことを講師が、過酷組に入りそうな生徒たちに一生懸命伝えていました。だから夏休みの宿題はお盆前には終わらそう、と。その時の一言が個人的にお気に入りだったので本日はそのご紹介 [続きを読む]
  • 本日は、お日柄もよく
  • よく晴れた日曜日のこと。江ノ島近くの、見晴らしのいいお洒落なレストランで、僕の大好きな人達が集まって、これまた僕の大好きな人達をお祝いするという、何とも素敵な会が、盛大に開かれました。源氏物語とラップが大好きで、古典の知識が半端ではなくて、その知識や独特の話術を駆使して数多くの受験生を合格へと導いてきた新郎は、お酒を飲むと少し危うくはなりますが、とっても気のいい好青年で、昔から僕よりもずっと大人で [続きを読む]
  • STUDY☆QUESTを作ってみた
  • STAR勉強法を生徒たちに落とし込むべく、決してドラクエ11に感化されているわけではありませんが、RPG風の物語を作ってみました。その名も【STUDY☆QUEST】!!安易ですね。早速お試しで第一話をご覧ください。あ、こちらメイン登場人物?のスターマンです。STUDY☆QUEST 第一話あの日、僕は西の空に一すじの流れ星を見た。「おい、起きろよ。いつまでも寝てると喰っちまうぞ」聞き慣れない誰かの声で目が覚めた。眼前には見知ら [続きを読む]
  • 英語のプリントにComic Sansが使われる理由
  • このフォント、見たことありませんか?学校の英語のプリントなどでよく使われている、「Comic Sans」というフォントです。WORDの中にも入っています。可愛らしくて僕は好きなんですが、英語圏ではあんまり評判がよくないそう。googleで「コミックサンズ」で検索しようとすると、「ダサい」という表記が目立って出てきます。中には「most hated font」の声も。有名だからこそ叩かれる、という節はありそうですが、それにしても少し [続きを読む]
  • キャンセル対応から「人手間」の大切さを学んだエピソード
  • 以前、引っ越し先の物件を探していて、ネットからいくつか内覧を申し込んだことがありました。数件から返信がありましたが、日時の関係で断りのメールを入れると、各営業マンの反応が全然違いました。一件は返信なし。一件は「かしこまりました。また何かありましたら…」的なテンプレートメールの返信。一件は返信メールはもちろん、「早めの暑中見舞い」ということで問い合わせの御礼と併せた手書きの手紙が届きました。商品が [続きを読む]
  • 人生で一番勉強した夏にしよう!
  • この夏を、自分史上最高に頑張った夏にしよう。今までがどうとか一旦忘れてさ、目の前のことに本気になろう。子どもも大人だって、たったひと夏で、大きく素晴らしく劇的に変わることができるから。誰かの本気は伝染してさ、また違う誰かの心に火を点ける。夏の太陽みたいに君が燃え上がるなら、きっと周りだって一緒に本気になってくれる。本気だから苦しい。本気だから痛い。本気だから辛い。だけど、本気だから楽しい。自分の中 [続きを読む]
  • 神奈川県公立高校入試計算表を作成中!
  • 安心の勉強犬印!高校受験生の皆さん、新しい武器ができました。なんとこの一枚の表の白い部分を入力するだけで、公立高校の合否が自動的に判定できます!(判定機能はここから右側に作成予定)昨年のデータを踏まえて、面接で差がつきやすい高校・つきにくい高校も収録!さぁ、目標と現在地把握のためのこの計算表、じゃんじゃんご活用下さい!とは言いましたがメインで使うのは秋から冬にかけてですかね。それまでにせっせとブラッ [続きを読む]
  • 世界一から学ぶ一番を持つことの大切さとハリネズミの理論
  • 「二番じゃ駄目なんですか!?」と追求をした議員が代表を辞任しましたが、今日のお話はそれとは関係のないお話。藤沢の夏祭りで、【世界一大きい金魚すくい】を見てきました。あらま、すごい。長蛇の列もできていましたね。ギネスにも認められている正真正銘の【世界一】ですから、やっぱりすごかったです。決して【一番】じゃなきゃいけないわけではないけれど、【一番】を持つと、何だかいいことがある気がする。自信にもなるし [続きを読む]