一献パパ さん プロフィール

  •  
一献パパさん: 一献パパのモノ造り日記
ハンドル名一献パパ さん
ブログタイトル一献パパのモノ造り日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/t2221yas
サイト紹介文いざかや一献のオヤジです。こちらは店の紹介ではなく全く趣味の模型造りや料理の仕込みを紹介してます。
自由文 こちらのブログではまるっきりの「店主の息抜き」として載せてます。
趣味の模型、プラモデル、木刀、仕込みなど自分の造った物ってくくりです。
今現在はデアゴスティーニ社の「安土城をつくる」をメインに作成、投稿してます。
過去のデアゴスティーニの「和風ドールズハウス、温泉旅館」や「帆船模型」なども過去の書庫にてご覧いただけます。
「料理の仕込み」については結構細かくレシピを紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/11/29 02:02

一献パパ さんのブログ記事

  • ブイヤベースソースとシーフードカレーの仕上げ!
  •  今週は前週のぶっ続け営業と、午前の仕事の疲れがどっと出ましたので、聖剣「鳳凰天舞」の製作に取り掛かる気力がないほどばててましたので、ガンプラさえも手を出さず、ひたすらのんびり「良い子」になってました。 こっち新潟は「豪雨か猛暑」のサイクルですので結構身体に来てたようです。  その代わり、先週半ばに仕込んだ「ブイヤベースソース」と「シーフードカレー」の仕上げ模様を載せておきます。  以前に定期的に貯 [続きを読む]
  • 「八角金剛棍」問題改善して完成!
  •  オリジナル武具の「八角金剛棍」、前回まででほぼ完成でしたが、最後の最後で改善点が発覚してました。  合成ウルシの接着力はかなり強いのですが、それだけでは大質量の棍を振り回した時に接続の為、埋め込んでいた長ボルトが抜けそうになってしまうって状態になりました。  確かに穴の径もギリギリにし、接着して叩きこみってほうほうでしたが、垂直に埋め込んだモノはまた垂直の負荷には耐えきれませんでした。  まあ、 [続きを読む]
  • 聖剣「鳳凰天舞」製作、木材へのライン引き!
  •  先日ようやく届いた木材に「鳳凰天舞」製作の為、目安のライン引きをしてみました。   ご存じのようにこの鳳凰天舞坡、風魔の小次郎のカオス編のラスボスの愛剣でして、他の10聖剣と趣きを異にしています、。  特にグリップ部分は独特の形状の装飾が付き、グリップ部分自体の長さも他の剣と長さ、バランスが違ってます。 以前に作った時でさえ、確か剣の刀身、グリップ、装飾の長さを決める時に、電卓打ちながら何.何セン [続きを読む]
  • 「八角金剛棍」完成寸前、そこに光栄なリクエスト!
  •  前回に「もうすぐ」って書いてましたが。もはや完成寸前になります。 猛暑すぎて暑いけどこの好天が最後の仕上げをしてくれています。  ネジ部品の装着の為、木材内部に接着としての合成うるしが内部の為、いつもの表面塗りよりは乾燥に時間がかかりますから、完全乾燥に向けて毎日干してます。  そしてグリップの方も2~3度塗り目を施して黒い部分は吸い物碗のような光沢のある黒、まさに「漆黒」の色合いを出してくれまし [続きを読む]
  • 「金剛棍」の作成具合、「もうすぐ!」 投稿3連弾!
  •  「金剛棍」と言う名のオリジナル武具、先週の定休日にてカタチへの削り、グリップの麻糸巻き、と、そこまでは進んでいましたが、棍の方はオイル仕上げの為、ひたすら手磨き、乾かし、磨きの繰り返し、で見た目の進みはあまりなかったので投稿は無かったのですが、今日少々進めました。  まずは、棍に装飾の真鍮鋲の打ちこみ、最初にイメージしたとこに付けましたが、デザイン的にもうちょっと下側にもアクセントで欲しいカンジ [続きを読む]
  • ようやく発注してた木材(鳳凰天舞用)が届きました。
  •  以前に発注してた木材がようやく届きました。 これは次回作、依頼用の材料です。 風魔の小次郎、ラスボスの伝説の十聖剣の最後の「鳳凰天舞」に化ける為の材料になります。  しかし待ちましたね、確かに材質が「タモ」「樫」みたいなマニアック、管理が大変なものとはいえ、やっぱりカット指定になると時間掛るのかな? 全長は110センチ、幅10センチのこのサイズから剣のカタチを掘り出していく作業になります。 そろそろ図面を [続きを読む]
  • ブイヤベースのフュメドポワソン作り!
  •  今日は貯まった白身魚のアラのストックを使ってブイヤベースのスープ、フュメドポワソンを仕込みました。(ベースだけだけど。)  やはり商売柄魚下ろしてばかりいるとアラが出ます。うちでは白身魚のアラだけを冷凍ストックしておき定期的にそれを仕込みます。 今日のは鯛、ヒラメ、石ダイ、ホウボウ、ハチメ、スズキ等ですね。  まずは貯まった魚のアラを水に晒してよく血合いや汚れを取り除きます。 ザル揚げして軽く塩し [続きを読む]
  • 「八角金剛棍」の進行具合Ⅱ!と更にプラスα!
  •  金剛棍の進行具合、「Ⅱ」です。 結局先端部は尖らせる事にしたのですが、ただ八角の延長線状の八角垂って状態では芸が無い!って事でイメージ膨らませて、ノコギリで切り込み入れてそこをヤスリで削り鋭いクビレを入れて、先端部がただとがってるのではなく神社仏閣建築に見られる「擬宝珠風」なデザインに削ってみました。  この形が出来るまで、雨で昨日よりはやや気温が下でしたが、猛暑ですので、紙ヤスリ終わった時はジ [続きを読む]
  • オリジナル武具「八角金剛棍」の進行具合Ⅰ!
  •  前回が7月10日の投稿でしたが、先週は新潟県は豪雨状態でしたから、のんびり武具造りなんかはしてる暇は在りませんでした、確かに自分のとこは被害はなかったですが、買い物であっちこっちに入ってますと、水があふれて冠水してるとこも町のいたるところで見られました。  前回の作業で「金剛棍」造りも棍っぽくなってたから少々油断気味でしたから、今日の定休日は雨でしたが、進めてみました、。  金曜日に突然の午前の仕 [続きを読む]
  • 今日は「銀杏」で実験料理!
  •  今週は祝日がらみですのでぶっ続け営業でした。 店開店までの間にいつもの武具造りに着手しようかと思ってましたが、結構なゲリラ振りの大雨でそれもかなわず、準備をしてましたが、4時半ごろに電話があり、「今から行くから店開けて!」って馴染みさんからの声。  これは幸先いいかと思いましたが、どうやら会社のバーベキューの帰りらしく、全く飲みも喰いも弾まない状態でしたので、ちびちび実験料理をしてました。  以前 [続きを読む]
  • オリジナル武具「八角金剛棍」の製作開始!
  •  先日まで取り組んでいた伝説の剛刀「風林火山」の製作、表面のオイル仕上げもイイカンジになりましたので先週末に依頼者に発送しました。  この依頼者さんの最後の1本のオーダーは「風魔の小次郎 聖剣戦争編」の最後のラスボス、カオス皇帝の愛剣、「鳳凰天舞」です。  この剣は複雑な装飾、ディテールが多いのでかなりの大仕事です。  材料となる木材は既に発注してるのですが、これも堅い木材を選びましたので、大雑把なカ [続きを読む]
  • 伝説の剛刀 「風林火山」製作、ようやく「オイル仕上げ」に入りました!
  •  伝説の剛刀「風林火山」の木刀作り、ようやく「オイル仕上げ」まで入りました。 前回までで紙ヤスリをかけて非常に滑らかな表面になりましたから、まずは「風林火山」っていう字の刻印 彫刻ですね。  彫刻刀で地道に彫り込んだあとにササクレを無くすと同時に「達筆」風に見えるようにハンダ鏝を筆のようになぞっていきます。  字ができましたら、焼けた部分を均す意味で真鍮ブラシで字の部分を磨きます。ここまでで「加工」 [続きを読む]
  • 伝説の剛刀「風林火山」製作、紙ヤスリ掛け終了!
  •  「風林火山」製作、今週は紙ヤスリ掛けをしました。 本当なら昨日の予定では在りましたが、朝からずっとの雨続きで断念してました。 紙ヤスリは120番からスタートしまして、400番で仕上げました。  この間までややささくれて白濁してた表面がなかなか良いツヤが出てきたのをこの画像でわかってもらえるでしょうかね。  後、紙ヤスリ掛けを頑張りますと、刀身ではなく、先端の断面、つまり木目に対して垂直な面、が良 [続きを読む]
  • 伝説の剛刀「風林火山」製作、「削り」が終了!
  •  伝説の剛刀「風林火山」製作も大詰めに入って来ました。  今日で大体のライン、デザインの決定となる「削り」が終了しました。 前回までは「肥った風林火山」状態でグリップ部分がまだまだ太く厚みが在りすぎましたので、電気カンナの微調整を覚えた自分としては0.3ミリにした刃で少しずつ成型、バランスを整えてもう一度の手カンナと木工ヤスリで均してカタチを出しました。  先端部とグリップ端はエッジを削る事でほん [続きを読む]
  • 風林火山の手カンナも少ししてみました!
  • 風林火山の製作、創作欲に勝てず、少々の手カンナ入れて見ました。依頼者さんへの報告がてら、初のスマホでの投稿してみます。ただし、まだスマホでの文字入力になれてませんので、文面はかなりの手抜きですからご了承ください。一応肥えた風林火山ですが、イメージは感じられると思います。スマホで送った後、改めてパソコンで画像をプラスしてみました。 やっぱり手で押す、っていうキーボートの入力が安心します。 [続きを読む]
  • 「風林火山」製作、電気カンナ入れました!
  •  先週断念してた「風林火山」製作の電気カンナ入れ、今日着手しました。 前回の線引きに沿って、グリップ側から、先端側からとスタートしてその直線同士が交わる中央辺りで、刀身の峰、鎬にカーブが出ます。  もう、この時点で単なる木材から「刀」ってらしさは出てきてます。 先端部のひし形は多分このままの延長線状に造られていきますが、グリップ部分のひし形はこの角を無くすように手カンナで削 [続きを読む]
  • ガンプラ 1/100「ガンダム バエル」の完成!
  •  前回まで塗装普通塗りまでしか出来てなかった1/100 「ガンダム バエル」、仕事終わりの深夜にチビチビ進行させまして木曜日位に完成しましたので投稿します。  まあ、前回までが「白白〜!」ってカンジでしたので、腰アーマー、ふくらはぎアーマー、襟アーマー、脇アーマーなんかを白ではなく「クロームシルバー」でメリハリ塗りして磨いてみました。  ソード収納ラックはダークアイアンにして、踵の [続きを読む]
  • 「風林火山」の線引き、何か違和感?
  •  昨日は「風林火山」の電気カンナ賭けを断念したモノで、出来なかった木材をずっと見てました。   そこで微妙な「違和感」を感じましたので、もう一度線引きのラインをチェックしてみました。  線引き時点での明らかなミスを発見しました。  木材のサイズは長さ110センチ、幅は11センチ、厚みは4センチで斜めカットでグリップ方面から4センチの位置から70センチの3角形を切り落とす形でグリップ部部 [続きを読む]
  • ガンプラ1/144「グレイズアイン」完成!
  •  今週の定休日は「風林火山」の電気カンナ掛けって予定でしたが、前日までの雨で店の前のスペースがびしょぬれだったのとあまりにも風が強かったので断念しました。  あの天候で電気カンナなんかかけた日には近所からの苦情が相次いだでしょう。  それに昨夜から同じ町内の近所で「お通夜」をしてましたので自粛も在りますね。 と言う訳でガンプラ製作にしました。  前週の「1/100ガンダムバ [続きを読む]
  • 「風林火山」の木材へ「線引き」!
  •  先日に伝説の剛刀「風林火山」用の木材が届きました。 ただし、作業に移るにはやはり定休日にしかできませんが、今日はその第一の作業の電気カンナ架けようの目安である「線引き」をしてみました。  まずはこのラインに沿って大まかな電気かんなをかけて「太った風林火山」まで削る予定です。  細かな微妙なカーブを出したりするのは毎回の手カンナでないと出せませんが、電気カンナっていう文明の [続きを読む]
  • 伝説の剛刀「風林火山」の材木が届きました。
  •  昨日ネットで初めて発注した「風林火山」用の材木が届きました。 現物を確認しながら直接買うって方法ではないので、いささかの不安はありましたが、邪魔になりそうな目立った節なんかも無くカンナも掛けやすそうです。  この地肌なら削った後にオイルスティンからの磨きオイル仕上げもイイカンジに仕上がりそうです。  何より梱包が丁寧で木材4面にちゃんと薄い板で箱のように包んでいてしっかり保護さ [続きを読む]
  • 久々ガンプラ、1/100 「ガンダムバエル」製作!
  •  ここんとこの投稿が「聖剣」「武具」造りが続いてましたので、久々のガンプラ造りになります。  「風林火山」造りの方は木材のショップに発注はしてるモノの25日くらいかと思ってたら、25日以降に「切り出しなどに取りかかる。」って意味だったらしく到着予定は月末らしいです。  確かに「樫」「タモ」って木材の堅さ、しかも風林火山は厚みありってものですから、容易いものじゃあないでしょうね。  以前 [続きを読む]
  • 次回作の準備、伝説の剛刀「風林火山」の図面発掘!
  •  七節棍の製作も落ち着いて、依頼者さんも出張から帰られたようですのでいよいよ明日には発送予定です。  自分の抱いていたイメージを立体化するに当たってあらゆる技法、アイディアを容認許可して下さった依頼者さんに感謝です。  それと同時に手塩に掛けた娘を嫁に出すような気分も在ります。 うちは息子たちだけなので娘を持つ父の気持はわかりませんが、こんなカンジなのでしょう。  とまあ、それはそ [続きを読む]
  • 七節棍製作、ほぼ完成!
  •  昨日今日と午前の仕事は休み貰ってました。  前日までに必要なギミック用の金属パーツは揃ってましたので、創作意欲がわきすぎまして一気に進めてしまいました。  作業的には1本棍にした時のロック機構の組み込み、装飾の真鍮製の鋲の埋め込みだけですので、ひたすら細かい作業です。  ロック機構はすんなり行きましたが、中の竹が堅いところは真鍮製の釘では弱いのかネジに力に負けてねじ切れた [続きを読む]
  • 七節棍製作Ⅶ、ギミック金属パーツ、一旦組み上げ!
  •  天気予報とは打って変わった暑い日でした。しかも「カラカラ」なんかじゃなくほどほどの湿度、「ウルシ乾き」には理想的でした。 前日までにややほつれてしまった「段差穴」部分も昨日から今日に掛けて二度塗りしても夕方には乾いてくれる状態。  まあ、溶剤の匂いが抜ける完全乾燥までは2日は懸りますが、ま、ギミックの組み込みの段取りだけは出来る位でした。  まずは鎖を固定して、尚且つ木の筒の中でスライド [続きを読む]