奥村英樹 さん プロフィール

  •  
奥村英樹さん: 戦うカウンセラー
ハンドル名奥村英樹 さん
ブログタイトル戦うカウンセラー
ブログURLhttp://ameblo.jp/mentalfitness/
サイト紹介文ボクシング、ヨガ、心理カウンセリング、アロマなど心と体の健康に関することを書いてます。
自由文プロフィール
名前:奥村英樹
生年月日:1965年10月30日
岐阜県岐阜市出身
岐阜県立長良高等学校卒業
関西大学商学部商学科卒業
日本カウンセラー学院卒業

資格
臨床心理カウンセラー
臨床心理療法士
米国催眠療法協会(AmericanBoard of Hypnotherapy)会員
社団法人 日本アロマ環境協会 アロマテラピー1級
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供526回 / 365日(平均10.1回/週) - 参加 2009/12/03 01:38

奥村英樹 さんのブログ記事

  • 疲れが取れやすい体を作ろう22
  • 笑いで疲れを解消しよう この一週間どれだけ笑いましたか?すぐに思い出せないなら、あなたには笑いが不足しています。そんな人は笑うためにどんなことができるか考えて、それを実行してみましょう。 コメディー映画や漫才のDVDを借りてきてみても良いでしょうし、家族や友達に、笑えた話を教えてもらっても良いでしょう。どうしても笑えない場合は、とりあえず笑ってみましょう。「ワハハ」と声を出しながら笑顔 [続きを読む]
  • トレーニングの種類と実践13
  • フリーウェイトトレーニング12 背面の筋肉を鍛える広背筋は背中下部を覆う大きな筋肉で背中の印象に強く影響を与えます。広背筋群を鍛えることで正しい姿勢をキープしやすくなります。 ワンハンド・ダンベル・ロウイングこの種目はダンベルを負荷として背筋を鍛える種目です。広背筋だけでなく、背筋群全体を強化することができます。 ベント・オーバー・ロウイングと比べると、ベンチを支えにする分姿勢を取り [続きを読む]
  • コミュニケーション上手への第一歩5
  • コミュニケーションの要素 コミュニケーションは言葉で行うものだと思っている方は少なくないようです。 ですから心地よいコミュニケーションを実現するために、「上手に話そう」「何を話したらいいんだ?」と言葉選びになってしまう人も多いのです。 しかしコミュニケーションを作り上げている要素は言葉だけではありません。言葉以外の要素をふんだんに使ってコミュニケーションを行っているのです。   [続きを読む]
  • 食べ物と性格2
  • 心のバランスと伝達物質 脳は「興奮させる伝達物質」と「抑制する伝達物質」とのバランスによって興奮状態が適度に保たれています。伝達物質は特定のアミノ酸から作られます。 その供給が不十分だと「興奮させる伝達物質」あるいは「抑制する伝達物質」のどちらかに不足が起きてしまいます。 脳の興奮状態が不安定になると不安、パニック、うつ病、ムードスイング(気分の激変)など心の病がになってしまいます。& [続きを読む]
  • 動的体幹トレーングの種目紹介23
  • バランスボール・バック・アーチ バランスボールを使ったバックアーチです。バランスボールの上でにうつ伏せに寝転んだ状態から、バランスボールを移動させながら腰から背中を反らせます。 通常のバックアーチより開始姿勢をリラックスさせやすく、ストレッチ効果があります。 もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ動的体幹トレーングの種目紹介23メンタルフィットネス(心のための習い事)Facebook [続きを読む]
  • 意味から考えるノンバーバル7
  • 相手を観察してなだめ行動を見つけることができれば、相手の心の中に起こった、怒り、不快、緊張などの感情に気づくことができるようになり、その気持ちが強くなる前に労うことができるようになります。 不必要なトラブルを予防することにつながりますし、ひいては相手の考えや価値観を上手に理解し、良好な人間関係を構築することにもつながります。 特定の質問や意見に対する反応に、そのような行動が現れるかをチェ [続きを読む]
  • 疲れが取れやすい体を作ろう21
  • 効果的に疲れをとる入浴 上手に疲れを解消するために湯船にシッカリつかる習慣を身につけましょう。「疲れがとれない」と嘆いている人の多くは、湯船につからずシャワーだけで済ませてしまっているようです。 夜の入浴時にゆっくり湯船につかることで副交感神経の働きが活発になります。副交感神経の働きが活発になると筋肉が弛緩して柔らかくなって血流が良くなるので、疲労物質が筋肉から流れ出して疲れがとれ [続きを読む]
  • ステージ6の2
  • ダイエットを成功させるために目標体重を見直しましょう。 目標体重を見直すために、希望体重を目標とした理由を振り返って確認することが役に立ちます。 希望体重を目標とした理由を振り返えることで、希望体重まで減量することが合理的かどうかについて考えることができます。 希望体重が合理的に決まっていない人がとても多いのです。 それについて改めて検討することで、その体重を達成することがとても [続きを読む]
  • アクティベーションスキルの基盤セルフカレッジ1
  • 人生の質を自分で決める * 「暑いなぁ」といっても涼しくならない* 「出社時間が早すぎる」といっても時間は変わらない* 「最近いいことないなぁ」と愚痴を言っても、良いことは起きません* 「嫌な奴」といっても相手は良い人にはなりません* 「上司の一言さえなければ自分の機嫌が良くなるんだ」と言っても、上司の 態度は何も変わりません* 「失敗したらどうしよう」と予測してもパフォーマンスが低下 [続きを読む]
  • 食べ物と性格1
  • 脳と心の関係 心は脳という臓器の働きで生まれます。心は脳で作られた電気信号が神経回路を通って体パーツに信号を出して動かし、その感覚を脳にフィードバックすることで感じるのです。 つまり心の不調は脳の働きの不調ともいえるのです。ですから、心の不調を考える場合、脳の働きの不調の原因を考える必要があるのです。 もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ食べ物と性格1メンタルフィットネス( [続きを読む]
  • ヨガマルマルシェ開催のお知らせ
  • 心のための習い事で「ヨガマルシェ」を開催します。 特別ヨガレッスンだけでなく 健康機器・医療機器メーカー伊藤超短波の最新体組成計を使った「体組成無料診断会」 オーナーがこだわってこだわってこだわり抜いて営業を続ける、魅力溢れるShopの出店 消防士さんによる「救急救命講習」 など魅力的な内容になっています。 もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞヨガマルシェメンタルフィット [続きを読む]
  • コミュニケーション上手への第一歩4
  • 挨拶のポイント 相手に安心・安全を感じてもらうことが目標です。挨拶を通して「敵意がないこと」「あなたを信用していること」「相手と有効な関係を作りたいこと」などを伝える意識を持ちましょう。 日本では頭を下げ目線を下にやることで相手に対して無防備な状態をつくります。 よく「コミュニケーションの基本は挨拶だ」といわれますが、それは挨拶を通して相手に「私は、あなたを傷つけるつもりはあり [続きを読む]
  • 疲れが取れやすい体を作ろう20
  • 疲れを効果的に回復させる睡眠 疲れを効果的に回復させるためには質の高い睡眠をとることが必須です。そのために枕を変えたり、ぬるめのお風呂にゆっくり入るなど、睡眠中や睡眠前に何かをして睡眠の質を高めるようとする人は少なくないでしょう。 しかし睡眠の質を高めるためには睡眠中や睡眠前だけでなく、生活習慣全般を見直す必要があります。特に光との付き合い方を考えることはとても重要です. もっと詳しく [続きを読む]
  • 自惚れと自己肯定感
  • 明確に区別できますか? セルフカレッジを強化して心をフルネスに保つためには自己肯定感を強化することが必要だということはこれまでに述べました。 時折自己肯定感を持つことと自惚れることが同じものであると感じてしまうことで、自己肯定感を強化することに抵抗を感じる人もいらっしゃるので、今回は自己肯定感を持つこととうぬぼれることの違いについて考えてみましょう。 さてどれぐらいの人が自己肯定感を [続きを読む]
  • 疲れが取れやすい体を作ろう19
  • 不眠の分類と自律神経 疲労を回復するためには十分に質の高い睡眠をとることが必要です。睡眠中に重点的に身体の修復が行われるからです。 ここでは睡眠の質を向上するために、自律神経からみた不眠の分類について考えてみたいと思います。 もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ疲れが取れやすい体を作ろう19メンタルフィットネス(心のための習い事)Facebookページも宣伝 [続きを読む]
  • 動的体幹トレーングの種目紹介22
  • プローン・ボウスリフト うつ伏せの姿勢から上半身と下半身を同時に持ち上げるトレーニングです。上半身と下肢を同時に持ち上げるので、体の中心でバランスをとる感覚も鍛えられます。 もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞ動的体幹トレーングの種目紹介22メンタルフィットネス(心のための習い事)Facebookページも宣伝 [続きを読む]
  • リラックスの準備について
  • 心がネガティブに傾きやすくなる原因の一つとして、十分にリラックスして副交感神経を優位にする時間が不足していることが挙げられます。 家に帰って横になればすぐにリラックスできると考えている人が多いことが影響しているようです。 昼間の活動モードから夕方のリラックスモードに体を切り替えるには時間が必要だということを知らない人が多いからでしょう。 もっと詳しく知りたい方は本ページへ [続きを読む]
  • ステージ6の1
  • 1.目標体重を明確にする 目標体重を決めるためには、ダイエットしたこと何を達成したいのかを具体的にして、その詳細を見直すことが重要です。 ダイエットを始める人の多くは体重の数字にとらわれて、本当に自分が目標としていること、本気で達成したいことが不明瞭で具体的でないのです。 ダイエットのための食事や生活のコントロールには精神的な負荷が伴います。ですから自分がダイエットを通して [続きを読む]
  • 疲れが取れやすい体を作ろう18
  • お酒を飲むとリラックスしてくるのですが、アルコールには興奮作用があるので、排泄反射がおさまると交感神経が刺激されて興奮してしまいます。 アルコールを飲んでから大体2〜3時間で交感神経が優位になってくるので元気になってくるのですが、その後も飲み続けると、さらに交感神経が刺激されて過剰に興奮してしまうのでストレスを感じ始めてしまいます。 さらに飲み続けると強いストレスによって血流状態が [続きを読む]
  • 意味から考えるノンバーバル6
  • なだめ行動のパターン1なだめ行動のひとつに首に触れたり撫でたりする仕草があります。女性の場合は、特に喉もとのくぼみを手で隠したり指先で触れることが多いようです。 ですから相手がこの仕草を突然し始めたら注意が必要です。相手が不快な感情をの可能性が考えられるので、話題を変えたり、場面を変えたり(お茶を入れにいくなど)、反対に隠し事を知りたい場合は、相手がその仕草をし始める直前の話題に戻ってみた [続きを読む]
  • トレーニングの種類と実践12
  • ベント・オーバー・ロウイング この種目はバーベルを負荷として背筋を鍛える種目です。広背筋を鍛える種目の代表として有名ですが、背筋群全体を強化することができます。 広背筋は背中下部を覆う大きな筋肉で背中の印象に強く影響を与えます。広背筋群を鍛えることで正しい姿勢をキープしやすくなります。 もっと詳しく知りたい方は本ページへどうぞトレーニングの種類と実践12メンタルフィットネス(心 [続きを読む]
  • コミュニケーション上手への第一歩3
  • 「人は誰でも傷つくことを怖がっていること」と「人は知らないものを怖がること」についてはこれまでにお伝えしました。 つまり人と快適に関わっていくためには、「相手に安心した心の状態を作ってもらうこと」が重要なポイントなのです。 快適なコミュニケーションには「挨拶」が必要だということは、多くの人が知っている通りです。ではなぜ快適なコミュニケーションに挨拶が必要なのでしょう?挨拶の原 [続きを読む]
  • 疲れが取れやすい体を作ろう17
  • 食べ物と疲れ 疲れた時に何かを口にして疲れを取ろうとする人は多いのではないでしょうか? 血糖値が下がったことで起こる倦怠感、集中力や気力の低下の解消、交感神経過剰が続いたことで血流が悪化して溜まった疲労物質を、血流を回復させて取り除く(何かを食べることで副交感神経を活性化される)ことにつながるからでしょう。 ただし栄養素にはそれぞれ役割があるので、疲れた時に何を食べるかでその効果が異 [続きを読む]
  • ステージ6の準備
  • 目標体重の見直し目標体重を改めて検討してみましょう。これまでの目標体重が妥当なものであるかを、これまでの取り組みを踏まえた上で再設定するのです。 サポーターと一緒に話し合って設定すると効果的です。この時、これまでのに設定されたガイドラインを守り、取り組みが順調に続いているいかも確認しましょう。 客観的に分析するために、できるだけ一人で行わないように心がけましょう。検討のために3 [続きを読む]
  • 自己肯定感とセルフカレッジ
  • こんな人多いのでは? 「こんな自分大嫌い!もっと強くなりたい」・・・そんな風に思ったことがある人も人も多いのではないでしょうか? ですが、これはとても難しいことです。自分を嫌いなままで強くなることはできないからです。強くなるためには自信が必要です。 自分に自信を持つために資格をとる、体を鍛えるなど、様々なチャレンジや努力を続けている人も多いはずです。そうやって自信をつけ、自分を好きに [続きを読む]