花梨 さん プロフィール

  •  
花梨さん: 着物の仕立て屋 花梨の日々つれづれ
ハンドル名花梨 さん
ブログタイトル着物の仕立て屋 花梨の日々つれづれ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shitateya-karin
サイト紹介文着物の仕立て屋「花梨」が、着物のあれこれ書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 328日(平均0.2回/週) - 参加 2009/12/04 00:45

花梨 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 嬉しい事
  • お久しぶりです。皆さんご機嫌いかがですか?(#^.^#)お仕事のお客様には様子見ていただいており、大変感謝しております。完全に回復とまではいきませんが、あとはぼちぼちのリハビリ生活をしてます。そんな中でちょっとうれしい事がありました。「美しいキモノ」の夏号が発売されました。昨年度、かなりの難関だったにも関わらず合格された方の中に、私のお客様の名前が・・なんか、見たことあるな顔と名前だなぁ〜と顧客名簿さらっ [続きを読む]
  • 川崎の火事
  •  先日の吉田屋の火事。びっくりするくらい亡くなった人が多かった。火回りが早かったのは、建築基準を無視して2階を3階仕様にし吹き抜けの構造だったせい。それを見ながら、「なんかこういうのって、映画になかった?」と聞くと、しばし沈黙の後、西田敏行の・・・と。安土城築城映画「火天の城」ってやつ。私は、建築の事はよく分からないので素人判断なんだけど、こういうのを聞くと怖くなる。確かに明り取りには最適だし、見栄 [続きを読む]
  • 自分で驚いた
  •  先日、郵便局の ポストがバーコード読み取り不可で返って来た。出したのは3回目で最初の2通は普通に処理してあったので意味が分からず、サイトに確認すると宛名印刷は出来ない。新規の宛名を記入しなくちゃいけなくてちょっと凹んだ。送料の2重払い・・とかで。とりあえずコピーして、また返って来ちゃかなわんと郵便局へ確認しに行ったら、またダメだった。その時、郵便局へ行く前にUSBにコピーしておいたのよ。友達んち [続きを読む]
  • 祖父の着物
  •  30年前に亡くなった祖父は意外とおしゃれさんで、夏の集まりには今にして思えば、能登上布か越後上布かは分からないが、白の蚊絣の着物を着て出かけてた。知識はなくても白の蚊絣は「高い」という印象しかなく、当時、上布なんて言葉さえも知らなかった。祖父が亡くなり形見分けで、その着物は誰に上げようか・・・という段になって着物が忽然と消えた。(笑)葬式騒ぎのバタバタで多くの親戚が出入りしていたので、30年たった今で [続きを読む]
  • 最近買った本
  • 私はネットでの情報収集より本派なので、意外と出費がかさむ。書いてある事は全部が全部正しいとは思わないが、それでも本になっている分、信憑性はかなりある。どの本もお薦め。 [続きを読む]
  • 鳥取は、通常運転です
  •  スタバのオープンが今月の23、24、25のあたりだとタクシーの運ちゃんが言ってた。それと同時に、出来たわいいが一杯のコーヒーにあれだけの金額をかけるメリットがあるのかとも。たまたま乗った運ちゃんは、海外のスタバには入った事はあるけれど国内のはないという変り者。そのような人が、コンビニでもそこそこ美味しいコーヒーが飲めるのに、何故わざわざ行くか。それを聞いて今回のスタバ進出を押したのは誰か?と言う話にな [続きを読む]
  • 肌襦袢の衿の付け直し
  •  新しい肌襦袢を購入。和裁士のくせして、こういう物は既製品を買うズボラさ。しかしまぁ、所詮既製品は既製品。知らなかった頃は、これはこういう物だとしか認識がなかったんのだけど、自分で着装するようになってからはいろいろ不都合が出来てきた。私は丸いので、抜き加減は少々大目。そのせいか肌襦袢がちょっと油断すると「こんにちは」してしまうので着るたびにモヤモヤしてて、美容ランジェリーの時は下手すりゃ2枚同じも [続きを読む]
  • 丈袋、2
  •  前回の丈袋の事で、タイミングの良い商品があった。これは、布目を無視したほうが良い生地。金線描きとはちょっと違うけど、ちょっと、盛ってあるタイプ。柄を落ち着かせたところ(右は裾で、布目を通して切った分)裾の線が真っ直ぐではないので、真っ直ぐにすると、柄の部分に布がたくなる一番上の段階で、裾を真っ直ぐにするため、布目を無視して裾の線を決める裾線をまっすぐに切らずに布目重視(一番上)で仕上げた場合、脇縫い [続きを読む]
  • 丈袋
  • なんとなく、衝動買いの日傘まっ、軽めが欲しかったから良いんだけど・・・着物の丈袋(かぶり)一度、直したにもかかわらず、また入っちゃって・・・という着物は少なくない。和裁所のよって生地の捉え方は違う。絹の特性を、縫製と同時に教えていれば、着用するたびに袋が入っちゃって・・・なんて事はなくなる。その、袋が入る要因に、布目が通ってなくガタガタというのがある。裾、揚げ、胴接ぎの部分の布目が通ってないと丈袋が [続きを読む]
  • 過去の記事 …