LINNET さん プロフィール

  •  
LINNETさん: 野鳥とのふれあい
ハンドル名LINNET さん
ブログタイトル野鳥とのふれあい
ブログURLhttp://linnettu.blogspot.jp/
サイト紹介文デジスコ.ビデスコをメインに野鳥撮影を楽しんでいます。
自由文野鳥の静止画.動画を多く掲載したいと思っておりますので、よろしかったら見に来て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/12/04 18:13

LINNET さんのブログ記事

  • ウグイス ( Japanese Bush Warbler )
  •  梅にウグイスが1番の構図なのでしょうが、残念ながら未だに撮影できていません…今回は背景のうるさい場所でしたが、ウグイスが現れてせわしく動いていたので、撮影してみました。               ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • 梅ルリビタキ ( Red-flanked Bluetail )
  •  季節限定?もので、梅の枝にルリビタキの若(♂)が来たので、撮影しました。まもなく何人かのカメラマンが集まってきて、ルリビタキのメスだとか言っていましたが、翼角部分にあきらかに青色があり、成鳥のメスよりも脇腹がきれいな橙黄をしていたので、私はルリビタキの若(♂)だと判定しましたが、如何でしょうか?                  p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku [続きを読む]
  • 梅ジョウビタキ ( Daurian Redstart )
  •  紅梅.白梅が咲き誇る中で、野鳥とのからみを撮影しようと待っていると、 ジョウビタキのメスが現れました。梅の花が咲いている場所にはなかなか移動してくれませんが、それでも辛抱して待っていると、そこそこ花の咲くp.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'; min-height: 14.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font [続きを読む]
  • トラツグミ ( Scaly Thrush )
  •  地元の近くの公園でようやくトラツグミの姿を見ることができました。一日目はまったく姿を現してくれずにいたので、翌日にもういちど同じ場所に出かけましたが、やはりいませんでした。自然相手ではこんな事もあります… しかたなく池に移動してカワセミを撮影していると鳥仲間の方がトラツグミが出ていると教えてくれたので、急いで現場に向かうとまだトラツグミがいてくれました。 既に数名のカメラマンが撮影していたので、 [続きを読む]
  • 世界で最も美しい鳥 ケツアール( quetzal)
  •  世界で最も美しい鳥と言ったらケツアールですね、再び私が南米のコスタリカに行ったわけではありません… 私の鳥仲間である友人が先日 コスタリカから帰って来ました。世界で最ケツアールを約5mの至近距離から撮影できたそうです。 素晴らしいケツアールの写真をただ埋もれさせておくのは忍びがたく、友人から掲載の許可を得ましたので、皆様にご紹介します。関東在住 S.K氏の作品です。                  [続きを読む]
  • カワセミ ( Common Kingfisher )
  •  しばらく漁港の海鳥が続きましたが、今回は今年になって初めて撮影したカワセミの写真です
    。久しぶりに近くの公園に出かけて来ました。カワセミはあちこちで不調のようで、遠方のp.p1 {ma
    rgin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12
    .0px Helvetica; min-height: 14.0px} 顔見知りである鳥仲間の顔をあちこちで見かけました。    
      [続きを読む]
  • カモメ( Common Gull )
  •  漁港で写したカモメです。水面で餌らしき物をつかんだのですが、途中で落としてしまいまし
    た。                   p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino K
    aku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; min-height: 14.0px} ↑アイコンの応援
    をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • アカエリカイツブリ ( Red-necked Grebe )
  • アカエリカイツブリです。全長は47cmほどで、普通のカイツブリ(約20cm)の2倍の大きさがあります。p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 12.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Mincho ProN'} 夏は名前の特徴でもある首の襟部分が赤茶色をしていますが、冬羽では地味な褐色をしています。                      ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • カンムリカイツブリ ( Great Crested Grebe )
  •  これも漁港で撮影したカンムリカイツブリです。カイツブリは普通小型で約25cm〜29cm位の大きさですが、このカンムリカイツブリは約56cmにもなり、カイツブリの中では最も大型の鳥で、首が長いのが特徴です。                  p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; min-height: 14.0px [続きを読む]
  • ミツユビカモメ ( Kittiwake )
  •  漁港でアビを待っている間に、偶然ミツユビカモメを見つけましたので、撮影しました。このミツユビカモメは越冬のため日本に飛来しますが、主に港等から離れた海洋上で生活するので、見かけるのが少ないように思われます。 名前の由来のミツユビは趾が3本(第1趾が小さく見えない)なので、命名されました。飛行しているときに黒い脚が見えるので、普通のカモメと見分けがつきます。                   p.p1 [続きを読む]
  • 続 アビの羽ばたき ( Red-throated Diver )
  •  アビが目の前を通過していき、先で折り返して離れた場所で再び羽ばたきをp.p1 {margin: 0.0px 0.0px
    0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragi
    no Kaku Gothic ProN'; min-height: 18.0px} したので、撮影してみました。           
            ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • アビの羽ばたき ( Red-throated Diver )
  •  港内に戻ってきたアビですが、突然すぐ近くで羽ばたきを始めたので、p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px
    0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kak
    u Gothic ProN'; min-height: 18.0px} 連続で撮影してみました。               
           ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • 帰って来たアビ ( Red-throated Diver )
  •  私にとって、今年2017年になってからの初撮りとなる野鳥は海鳥のアビです。新年にいろいろと情報を頂いていましたが、ようやく とある小さな漁港に出かけてきました。 港は漁港関係者以外は車を置けないので、駅近くの有料駐車場に止めてから機材を担いで港に向かいました。ようやく港内を双眼鏡で探すとアビはいません… たまたま通りがかったカメラマンに話しを伺うと朝方はいたけれど、見失ってしまったとのことでした…せ [続きを読む]
  • チュウヒのメス ( Asian Marsh Harrier )
  •  広大な干拓地で撮影したチュウヒのメスの写真です。チュウヒはタカの仲間でメスの方が体が大きく、オスの全長は約48cm,メスは約58cmと10cmほどオスを上回ります。チュウヒは上空で翼をV字型にして低速飛行して獲物を狙います。 オスのチュウヒも撮りたかったのですが、私がいる間は最後まで現れませんでした…                   p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothi [続きを読む]
  • クロツラヘラサギ  ( Black-faced Spoonbill ) 
  •  クロツラヘラサギはペリカン目(古典コウノトリ目)トキ科の鳥で数が少ない冬鳥です。全長は約75cm 全世界でも約2,000羽ほどしか生息していないとされる絶滅危惧種の鳥です。 以前にも何回かクロツラヘラサギを撮影していますが、今回撮影したクロツラヘラサギは若鳥のようでした。 ちょうど干拓地を移動中に、川にかかる橋を車でゆっくりと渡っていた時、2羽でいたのを見つけましたが、飛ばれてしまい、1羽はかなり遠く [続きを読む]
  • ナベヅルの編隊飛行 ( White-naped Crane )
  •  ツリスガラが出そうなポイントで暗いうちから待っていると、頭上を鶴が鳴きながら飛んで行きました。双眼鏡でよく見るとナベヅルの群れです... その後も何度か飛来したので、その度にレンズを向けながら追いかけてみました。ピーク時には多数の群れでV字型編隊を保とうとお互いに鳴き交わしながら、旋回して飛んでいきました。空気抵抗を少しでも減らしながら、長距離を飛行するために自然に身につけた知恵のようで、見ていて感 [続きを読む]
  • アシ原の中のツリスガラ ( Penduline Tit )
  •  ツリスガラはスズメ目ツリスガラ科の冬鳥で以前の九州遠征ではナベコウと同じく、見つけられませんでした。 今回はナベコウを見つけることができたなら、次にツリスガラを探そうと考えていたので、何とかナベコウを見つける事ができたので、翌日はツリスガラ探しとなりました。 広大な干拓地でナベコウを探していたときに、ツリスガラがいそうなポイントをマークしていましたので、最終日には朝からこの場所に直行して、ツリス [続きを読む]
  • ナベコウの動画 ( Black Stork )
  •  広大な干拓地を探し回って見つけたナベコウの動画です。12月下旬の九州遠征でようやく撮影
    してきました。p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px
    0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; min-height: 14.0px} ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!
    ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • ナベコウの飛翔 ( Black Stork )
  •  ナベコウの飛翔シーンです。今回ナベコウがいた場所は背景に人工物が多く写ってしまう場所
    だったので、電柱からの飛び出しを待って、飛翔シーンを撮影してきました。        
               p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {m
    argin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; min-height: 18.0px} ↑アイコン
    の応 [続きを読む]
  • ナベコウの飛び出しシーン ( Black Stork )
  •  ようやく会えたナベコウですが、農道付近を2羽で羽繕いをしたりしてくつろいでいました。そのうち1羽が突然飛び出しました。画像はその時に撮影しました。その後は電柱の上に上がってしまいました。                       p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; min-h [続きを読む]