LINNET さん プロフィール

  •  
LINNETさん: 野鳥とのふれあい
ハンドル名LINNET さん
ブログタイトル野鳥とのふれあい
ブログURLhttp://linnettu.blogspot.jp/
サイト紹介文デジスコからスタートして、カメラを通して野鳥とのふれあいを画像でご紹介していきたいと思います。
自由文野鳥の静止画.動画を多く掲載したいと思っておりますので、よろしかったら見に来て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/12/04 18:13

LINNET さんのブログ記事

  • チョウゲンボウ ( Common Kestrel )メスの飛び出し
  •  数年ぶりでチョウゲンボウを撮影しようと出かけて来ました。この場所はいつもは何組かのペアで営巣するのですが、今期は1組のカップルだけのようで寂しいかぎりでした… 今回はチョウゲンボウ メスの飛び出しが撮影出来ましたので、アップします。人工物の場所で背景は決して良くないのですが...尚 チョウゲンボウの営巣している場所の画像は撮影マナー上、省略します。                 ↑アイコンの応援 [続きを読む]
  • カモメ( Common Gull )
  •  4月の上旬 四国の巡礼で泊まったホテルで海鳥が見たくなり、早朝からカメラを持って妻と防波堤を目指して散歩をしましたが、フェリーターミナル付近にはいなくて、沖にある堤防付近にカモメが集まっていて、とても歩ける距離ではなかったので、カモメ撮影はあきらめて海沿いを歩いていると、 たまたま1羽のカモメが飛んで来たので、撮影してみました。               ↑アイコンの応援 をよろしくお願 [続きを読む]
  • 池の主は現れず…
  • 在庫からです。四国のお遍路が終わって、まずはカワセミに会いに行こうと、機材を乗せて自転車で近所の公園に出かけましたが、主のカワセミは現れません… いつも見えている常連の方に最近のカワセミ状況を伺うと、どうやら抱卵しているようで、主のカワセミはたまにしか池にこないそうです。そこでいつもは撮影しないキンクロハジロやカルガモを撮影して帰って来ました。早く次の世帯が無事に育って現れるのを期待したいと [続きを読む]
  • コガモのオス.メス ( Common Teal )
  •  四国のお遍路をしていた時に目に付いたのは、ため池の多さでした。雨が少なく、大きい河川も無いために、田畑を潤す灌漑目的に作られているようでした。 ため池には、何もいないのがほとんどでしたが、たまたま巡礼の途中で覗いたため池にコガモのオス.メスがいましたので、撮影してみました。カモ類の中では最小です。全長は約38cm                 ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログ [続きを読む]
  • 東洋のマチュピチュ
  •  四国のお遍路の途中で、観光をかねて東洋のマチュピチュと呼ばれる別子銅山跡に行って来ました。 かつては世界一の産銅量を誇り、鉱山の町として賑わった面影はありませんでしたが、208年にも渡る活動を追えて、深い山々に抱かれてひっそりと残る姿は感慨深いものがありました。 ちなみに本物のマチュピチュにも出かけたことがあるので、本物と比べればかなり厳しいものがあります? 東洋のマチュピチュと本物のマチュピチュ [続きを読む]
  • ヤイロチョウとアカショウビン ( Fairy Pitta )& ( Ruddy Kingfisher )
  •  ブログを長い間更新する事が出来ませんでしたが、実は再び四国お遍路の旅に出ていまして、ようやく八十八カ所全て巡拝して参りました。歩きお遍路さんの苦労に比べたら、車を利用してのお遍路なので、大したことはありませんでしたが、移動時間を短縮できるので、お遍路さん以外にも観光をかねて、四国のお城や金比羅さん.栗林公園等を見て参りました。 そんなわけで野鳥撮影は殆どできなかったのですが、途中とある子供向け動 [続きを読む]
  • ウグイス ( Japanese Bush Warbler )
  •  梅にウグイスが1番の構図なのでしょうが、残念ながら未だに撮影できていません…今回は背景のうるさい場所でしたが、ウグイスが現れてせわしく動いていたので、撮影してみました。               ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • 梅ルリビタキ ( Red-flanked Bluetail )
  •  季節限定?もので、梅の枝にルリビタキの若(♂)が来たので、撮影しました。まもなく何人かのカメラマンが集まってきて、ルリビタキのメスだとか言っていましたが、翼角部分にあきらかに青色があり、成鳥のメスよりも脇腹がきれいな橙黄をしていたので、私はルリビタキの若(♂)だと判定しましたが、如何でしょうか?                  p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku [続きを読む]
  • 梅ジョウビタキ ( Daurian Redstart )
  •  紅梅.白梅が咲き誇る中で、野鳥とのからみを撮影しようと待っていると、 ジョウビタキのメスが現れました。梅の花が咲いている場所にはなかなか移動してくれませんが、それでも辛抱して待っていると、そこそこ花の咲くp.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'MS PGothic'; min-height: 14.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font [続きを読む]
  • トラツグミ ( Scaly Thrush )
  •  地元の近くの公園でようやくトラツグミの姿を見ることができました。一日目はまったく姿を現してくれずにいたので、翌日にもういちど同じ場所に出かけましたが、やはりいませんでした。自然相手ではこんな事もあります… しかたなく池に移動してカワセミを撮影していると鳥仲間の方がトラツグミが出ていると教えてくれたので、急いで現場に向かうとまだトラツグミがいてくれました。 既に数名のカメラマンが撮影していたので、 [続きを読む]
  • 世界で最も美しい鳥 ケツアール( quetzal)
  •  世界で最も美しい鳥と言ったらケツアールですね、再び私が南米のコスタリカに行ったわけではありません… 私の鳥仲間である友人が先日 コスタリカから帰って来ました。世界で最ケツアールを約5mの至近距離から撮影できたそうです。 素晴らしいケツアールの写真をただ埋もれさせておくのは忍びがたく、友人から掲載の許可を得ましたので、皆様にご紹介します。関東在住 S.K氏の作品です。                  [続きを読む]
  • カワセミ ( Common Kingfisher )
  •  しばらく漁港の海鳥が続きましたが、今回は今年になって初めて撮影したカワセミの写真です
    。久しぶりに近くの公園に出かけて来ました。カワセミはあちこちで不調のようで、遠方のp.p1 {ma
    rgin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12
    .0px Helvetica; min-height: 14.0px} 顔見知りである鳥仲間の顔をあちこちで見かけました。    
      [続きを読む]
  • カモメ( Common Gull )
  •  漁港で写したカモメです。水面で餌らしき物をつかんだのですが、途中で落としてしまいまし
    た。                   p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino K
    aku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; min-height: 14.0px} ↑アイコンの応援
    をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • アカエリカイツブリ ( Red-necked Grebe )
  • アカエリカイツブリです。全長は47cmほどで、普通のカイツブリ(約20cm)の2倍の大きさがあります。p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 12.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Mincho ProN'} 夏は名前の特徴でもある首の襟部分が赤茶色をしていますが、冬羽では地味な褐色をしています。                      ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • カンムリカイツブリ ( Great Crested Grebe )
  •  これも漁港で撮影したカンムリカイツブリです。カイツブリは普通小型で約25cm〜29cm位の大きさですが、このカンムリカイツブリは約56cmにもなり、カイツブリの中では最も大型の鳥で、首が長いのが特徴です。                  p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 14.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; min-height: 14.0px [続きを読む]
  • ミツユビカモメ ( Kittiwake )
  •  漁港でアビを待っている間に、偶然ミツユビカモメを見つけましたので、撮影しました。このミツユビカモメは越冬のため日本に飛来しますが、主に港等から離れた海洋上で生活するので、見かけるのが少ないように思われます。 名前の由来のミツユビは趾が3本(第1趾が小さく見えない)なので、命名されました。飛行しているときに黒い脚が見えるので、普通のカモメと見分けがつきます。                   p.p1 [続きを読む]
  • 続 アビの羽ばたき ( Red-throated Diver )
  •  アビが目の前を通過していき、先で折り返して離れた場所で再び羽ばたきをp.p1 {margin: 0.0px 0.0px
    0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragi
    no Kaku Gothic ProN'; min-height: 18.0px} したので、撮影してみました。           
            ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • アビの羽ばたき ( Red-throated Diver )
  •  港内に戻ってきたアビですが、突然すぐ近くで羽ばたきを始めたので、p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px
    0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kak
    u Gothic ProN'; min-height: 18.0px} 連続で撮影してみました。               
           ↑アイコンの応援 をよろしくお願いします!ブログランキングに参加中 [続きを読む]
  • 帰って来たアビ ( Red-throated Diver )
  •  私にとって、今年2017年になってからの初撮りとなる野鳥は海鳥のアビです。新年にいろいろと情報を頂いていましたが、ようやく とある小さな漁港に出かけてきました。 港は漁港関係者以外は車を置けないので、駅近くの有料駐車場に止めてから機材を担いで港に向かいました。ようやく港内を双眼鏡で探すとアビはいません… たまたま通りがかったカメラマンに話しを伺うと朝方はいたけれど、見失ってしまったとのことでした…せ [続きを読む]