ワキ さん プロフィール

  •  
ワキさん: サンフランシスコの南から〜オンタリオ湖畔から第二章
ハンドル名ワキ さん
ブログタイトルサンフランシスコの南から〜オンタリオ湖畔から第二章
ブログURLhttp://toronto08.blog92.fc2.com/
サイト紹介文トロント→日本→カリフォルニア…。気がつけば二児の父。人生は釣りとビールですね。たぶん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2009/12/06 12:29

ワキ さんのブログ記事

  • ダンボール100箱超の絶望感
  • 海外引越しといえば、船便ですね。ダンボールをコンテナに積み込んで、太平洋をひと月かけてやってくるヤツです。我が家にも先日、ようやく到着しました!トロントから帰国した時は、東海岸から西海岸まで貨物列車で運んでから船で太平洋だったので二ヶ月くらいかかりましたが、サンフランシスコは太平洋岸なので一ヶ月ちょいで到着です。で、問題の引っ越し荷物ですが、その数…ダンボール109箱!………100箱を越えるダンボールが [続きを読む]
  • 帰国メモその8、小学校転校編
  • さて、ゆるゆると書いている帰国メモですが、その8は小学校転校編です。我が家には小学生の10歳児がいますが、日本の小学校に転校(編入)するために、いくつかの書類を用意しないといけません。それは、「在学証明書」と「成績証明書」。まずは「在学証明書」ですが、嫁いわく ・学校の最終日に、学校のオフィスでもらえるので、事前にオフィスに用意しておいてもらう ・ということで学校の最終日の2週間くらい前にオフィスに行 [続きを読む]
  • 帰国メモその7、車を売るのだ!
  • さて、帰国メモその7は愛車の売却です。我が家は車が2台。お父さんの愛車は、Daly City のトヨタで買ったミニバン。8人乗りのシエナ。2万マイル代で購入したのに、4年弱で8万7千マイルくらいになっていました。9万5千キロくらい走ったのか。通勤で使っていたのもあるのですが、毎週末釣り場を探して数百マイル走り回ったからなぁ。我ながら凄いな。逆に嫁のRav4は、数千マイルしかメーターが進んでおりません(笑)。こちらは子 [続きを読む]
  • 帰国メモその6、いろいろ解約編その2
  • さて、帰国解約編、今回は携帯電話(Verizon)とケーブルTV・インターネット(Comcast)です。結論から言うと、この2つの解約は想像以上に楽ちんでした。正直、契約時の面倒臭さから言って、この2つは間違いなく解約も面倒くさい(揉める)だろうなぁ、、、と思っていたのですね。そしたら、これが滅茶苦茶あっさり。Verizonまずは携帯電話(Verizon)なのですが、何があるか分からないので、携帯は出国するその瞬間まで必要です。なので [続きを読む]
  • 帰国メモその5、いろいろ解約編その1
  • さて、いざ帰国!ともなると、いろいろなモノを解約しないといけません。電気とか、インターネットとか、電話とか。銀行口座 まず気になるのは、銀行口座ですが、銀行口座は残しておくことにしました。銀行口座とクレジットカードが無いと諸々の公共料金の最後の支払いが出来ないですし、タックスリターンはまだある訳で、そこで税金の支払いや還付金もあるかもしれないし。ということで残しておきます。将来出張にでも来たら、そ [続きを読む]
  • 帰国メモその4、不用品を売るのだ!編
  • さて、リコロジーに持ち込んで廃棄したり、スリフトショップにドネーションしたり…、ではなく、今回は「不用品を売るのだ!」編です。よく帰国家族合同ガレージセールなどをやっているのも見かけますが、ソーシャル性に欠けるワキ家、ガレージセールなんてやっても声をかける知り合いもそんなにいないし、ここは一つベイエリアっぽく Craigslist を活用してみました。90年代そのままなWEBデザインの Craigslist ですが、まだまだ [続きを読む]
  • 帰国メモその3、スリフトショップ編
  • アメリカから日本への帰国を決断する前からの話ではあるのですが、嫁が突如として「あ〜ん、このパイレックス可愛い〜♪」「ちょっと!これロンガバーガーよ!」なんて、スリフトショップやアンティークフェアでのでの掘り出し物にはまってしまい、さらにカリフォルニアを毎週のようにストームが襲い、渇水で喘いでいたはずのダムは決壊、水はダダ濁りで釣りにならず…、ということで、週末はスリフトショップをパトロールすること [続きを読む]
  • 帰国メモその2、不用品の処分、ドネーション編
  • 前回はゴミの処分の記事でしたが、不用品処理の代表的な手段としては、thrift shop、thrift store と呼ばれるショップ・団体に寄付(donation)するというものがあります。北米では、Goodwill や Savers などが有名所でしょうか。不要となったけど、まだまだ使える状態にあるものを寄付すると、そこで補修したりクリーニングしたりした上で、格安で販売。Goodwillなどを運営しているのは障害のある人や公的サポートの必要な人々の就 [続きを読む]
  • 帰国メモその1、大量ゴミ捨て編
  • 帰国から数週間が経ちましたが、帰国時のメモを残しておこうと思います。まず第一弾は、不用品の処分です。海外引越しの場合、引越し屋さんが不用品を引き取ってくれるケースが多いと思いますが、引っ越し準備に入った段階で、ある程度は家やガレージの中は綺麗にしておきたいですよね。ということで…ミニバンに大量のゴミを積み込んで、向かった先は…こちら。リコロジーの処理場です。サンカルロスにある Shoreway Environmenta [続きを読む]
  • 新生活、がんばる父ちゃん
  • ということで、本帰国したワキ家ですが…2月末に一家揃って日本に帰ったものの、新居の契約もまだという状態。しかしその2日後から、日本での仕事を始める予定という、我ながらとんでもないスケジュール。新居は契約はまだといっても、1月に単身弾丸帰国して、不動産屋と仔細は詰めていたので、後は契約書に判子を押して鍵をもらうだけという状態ではあったのですが、夕方に成田について、次の日には時差ボケの中契約手続きをして [続きを読む]
  • 第二・五章の始まり?
  • えー、ということで、、、先月末に本帰国しました。しばらく日本で頑張ろうと思います。4年弱に渡る、カリフォルニア生活、仕事はどこにいっても相変わらず凄く大変でしたが、一年中釣りができるという環境のおかげで、ストレスで変な様子になっちゃうこともなく、なんとか乗り切ってこれました。もうちょっとアメリカに居たい気持ちもあったのですが、色々とあって、まぁとりあえず一回帰国しておきますか、と。物価の異常なベイ [続きを読む]
  • アルマジロウィリーのお肉たっぷりチリ
  • ちょっと用事があって、ブリッジポイントショッピングセンターに行ったついでに、久しぶりにアルマジロウィリーに行ってきました。近所でBBQがテイクアウトできる所がここしかないので、時々買ってきてもらうことはあるのですが、for here で食べていくのは久しぶり。バックリブ大好きな嫁は、バックリブとコーンブレッド。ここのコーンブレッドは美味しいです。サイドには、子供用にマック&チーズ。やっぱりお肉は骨周りの部分が [続きを読む]
  • みんなBBQが上手。
  • 先日、10歳児のお友達のお父さんが、BBQやるからさ!肉食べていってよ!と、お肉をごちそうしてくれました。前日から仕込んでいたようです。手前のスモークサーモンはWholeFoods仕込みのモノですが、奥の良い感じのミディアムレアのお肉が、お友達のお父さんの自信作。オリジナルの必殺レシピで仕込んだやつだぜ!との事でしたが、これが美味い。お肉の周りはブラックペッパーがシーズニングされていて、ピリリとスパイシー。お肉 [続きを読む]
  • 10歳児、快挙を成し遂げる!!!!
  • 10歳児の英検を受けに、ロングビーチのウェスティンまで2回も飛びましたが、先日ついに、試験結果が発表されました。結果は…………合格!おぉ、ナイス。やったね、10歳児!2級はしっかり受かってもらわないと困ると思っていたのですが、まさか準1級まで一発でゲットするとは、両親も驚きました。しかも筆記なんかは、準1級のほうが点数良いし。英検本番に備えて、問題集とか揃えて嫁が一緒に勉強していたのですが、準1級とも [続きを読む]
  • アンカーの新作IPA Liberty IPA (Anchor Brewing Company)
  • Liberty IPAさておビール様、こちらはサンフランシスコの有名ブランド、アンカースチームの新作。Liberty IPA です。昨年末ころから出回りだしたようです。アンカーには、他に Liberty Ale というビールがありますが、それを今日流行りのIPAのスタイルで焼き直したみたいな感じでしょうか。最近はアメリカ国内の政治情勢も色々とあるので、このタイミングで強さと自由の象徴である白頭鷲のラベルで、Liberty IPA という名前のビー [続きを読む]
  • フィッシャーマンズワーフのアーケードで遊ぶ
  • 先週末の話になってしまうのですが、サンマテオ地区の小学校は4連休のロングウィークエンドでした。連休だというのに、雨嵐模様でしたが、やってきたのはフィッシャーマンズワーフ。PIER39なんて久しぶりです。この日は10歳児の小学校のお友達とプレイデート。お友達一家は、数年前にイーストベイに新居を買って引っ越してしまったのですが、そのお友達は10歳児がアメリカに来て最初にできたお友達なのです。雨合羽を来て桟橋を歩 [続きを読む]
  • 母と息子は南へ、父と娘はBPSへ…
  • 先週末のロングウィークエンド、土曜日の夜に嫁と10歳児は飛行機に乗って南へ…。土曜日の夜のフライトで向かった先は、ロングビーチ。そうです、先月の英検の一次試験に首尾よく合格した10歳児の、二次試験(面接)があるのです。今回は家族全員で行くこともないだろうと、嫁と10歳児の二人で突撃。ということは…家に残されたのは、超ママっ子のシム子ちゃんと、お父さん。とにかく最近ヒステリックなアニマル娘、なにかあると「お [続きを読む]
  • ザリガニを食べるのだ!!@Crawdaddy
  • ずーっと食べてみたかったモノがあります。それは…ザリガニ。私の地方では、まっかちんとも呼ばれるアメリカザリガニ。アメリカ南部のほうでは、茹でザリガニというのはポピュラーなようで、写真をみるたびに、一度でいいからザリガニってどんな味がするのか食べてみたいと思っていたのです。子供の頃は、近所の田んぼや用水路でザリガニを取ってきて、飼っていたものです。死んでしまうと、腐りだしてとんでもない異臭を放ちだす [続きを読む]
  • MEGADETH ビール! A Tout Le Monde (Unibroue)
  • A Tout Le Mondeさておビール様。記念すべき Beer / Quebec カテゴリーの100本目は、大好きな Unibroue のこの一本。A Tout Le Monde です。A Tout Le Monde といえば、かのMEGADETHが1994年にリリースした名曲。そう、そしてこのラベル。こちらは、あのメガデスとUnibroueのコラボビールなのです。ブリューマスターと、メガデスのフロントマンの Dave Mustaine がお友達だったようで、その流れで出来たビールのようです。ずーっと [続きを読む]
  • $28.99-!! のビール Gillian (Goose Island Beer Co.)
  • Gillian最近、ベルギースタイルのビールを中心に、プレミア化というか、超高額ビールがちょいちょい見受けられるようになってきました。ちょっとしたワインのようなお値段のビール…、気になる。。これは、そんな高額ビールの中の一本。シカゴの有名ブランド Goose Island Beer の Gillian 。お値段、$28.99- なり〜。アルコール度数9.5%の金色のエール。ラベルもワインレッドだし、琥珀色のボディを想像していたのですが、予想に [続きを読む]
  • フォー、卵麺、BBQご飯@フォスターシティ
  • フォスターシティのランチ99があるマーリンコーブショッピングセンターにある、ヴェトナム料理の食堂 PHO New Saigon。以前は近所に住んでいたこともあって、よく行っていましたが、今でも「今日なに食べようか?もうなんか適当にすませちゃいたいねぇ」なんて時に、時々行きます。子供達とお父さんは、米麺より卵麺が好みなので、エビ雲呑卵麺が定番メニュー。10歳児とシム子ちゃんがシェアしてちょうどくらいの量です。お父さん [続きを読む]
  • 父と息子のラーメンDAY@Shalala Mountain View
  • クパチーノ方面に息子と出かけた帰り道、「ラーメンが食べたいよぅ」という10歳児のリクエストにこたえて、マウンテンビューでフリーウェイを途中下車。やってきたのは、ラーメン Shalala。久しぶりです。10歳児の中では、ベイエリアのラーメン屋さんの中では Shalala が一番好きなみたい。餃子をぱくついて待つこと数分、やってきました味噌ラーメン。天気は雨模様、気温はそれほど寒くはないのですが、こんな日はやっぱり味噌で [続きを読む]
  • 菜の花さんカフェで、美味しく楽しい朝食タイム
  • 先週末なのですが、ダブリン・リバモア方面に所要があり、家族で東に行くことになったので、朝ごはんはアソコに行こう!そう!カフェ・アッティラだ!ということで、サンマテオブリッジを渡り、ひと山越えて、680を北上。サンラモンの街へ。やってきました、Cafe Attila。9時過ぎにはお邪魔しますね〜なんて、菜の花さんには伝えていたのに、結局大きく出遅れて9時45分頃到着。いつものように、菜の花さんに笑顔で出迎えてもらい、 [続きを読む]
  • メンローパークのレトロなカフェ Ann's Coffee Shop
  • メンローパークのダウンタウンに、レトロというか時代を感じさせるワキ家の大好物な雰囲気を漂わせているカフェがあるんです。以前から目をつけていたのですが、先日突撃してきました。カフェの名前は、 Ann's Coffee Shop。なんとなく、小洒落たベーカリーやカフェを連想してしまう、メンローパーク、パロアルト地区にあって、家族経営系と思われる、日本で言うところの”昭和の雰囲気”を残す内装。なんとな〜く、お会計もクレジ [続きを読む]