はたたかし さん プロフィール

  •  
はたたかしさん: 弘文館進学ゼミACTメインブログ
ハンドル名はたたかし さん
ブログタイトル弘文館進学ゼミACTメインブログ
ブログURLhttp://sssya.ti-da.net
サイト紹介文沖縄県那覇市首里儀保町=塾激戦区にある大きな夢を持つ塾です。
自由文沖縄のあしたのために「塾」を通じて貢献する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供399回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2009/12/07 13:26

はたたかし さんのブログ記事

  • 生徒さんの要望
  • 家庭の事情で帰郷してしまったK先生。社会の指導がよく生徒さんから絶大な支持があった。生徒さんから夏期講習での出講のお願いがたくさんあった。社長が粘り強く?交渉して夏期合宿2期で出講をしてもらった。生徒さんに不安のある歴史分野を本質から丁寧に指導していただいた。歴史の背景を理解すると歴史が好きになる。そして成績アップに繋がる。大学受験時に日本史を選択しているレベル以上ならこういった背景の説明ができる。 [続きを読む]
  • 合宿第1期報告2
  • 中学受験と高校受験生。申し込みなし参加多数。急遽一棟借り足し。アメニティーを上げないと合宿はダメだ。うちの塾の合宿は授業は集中。休憩時間や食事時間には笑いが絶えない。9年目になる。食事もポークは焼かずに湯がいたり、主に県産品の肉を使って調理をしたりした。ミートソースも昼食用を朝から煮込んだ。肉が大きいのが特徴。生徒さんはルーが好きだからたっぷりおいしく調理。写真の黄色は豊見城産マンゴー。Nさんの親御 [続きを読む]
  • 合宿第1期報告
  • 今回の合宿の勉強時間は中3 1日目 11時間    2日目 12j時間    3日目 3時間 合計  26時間小6 1日目 10時間    2日目 11j時間    3日目 3時間合計  24時間 やればこんなにできるんだ!と実感した2泊3日でした。小学生は算数 中3生は英文法攻略、理科化学、生物分野完遂です!夜の授業(塾長)では塾長自作の「絶対暗記中学英単語」を使用して1200語の確認を徹底しました。国語専門だと思われ [続きを読む]
  • 沈んでいる成績下位者はどうなっているのか?
  • 学校前のチラシ配りなどをこの夏も塾の勧誘がきつかった。そこで感じたのは「席次」を全面的に「宣伝」している傾向が強くなっている感じがする。この問題はずっとこのブログでも扱ってきている。今回は学力と違った視点で考えてみたい。「席次」で集まってきた生徒の多くは席次が上がらないという主訴である。そこで、そういった塾は過去問に頼った対策をする。以前は「過去問」がそのまま出題されたりしたため「過去問」だけでよ [続きを読む]
  • 友人と一緒に塾へ行こうというリスクとメリット
  • 塾の勧誘方法で「友人と一緒に」というものがある。これは一見は良く感じるがデメリットをもっている。友人と一緒に塾に通うことは叱咤激励をしながらお互いにがんばれるのではないかという期待を持つ。また、塾の行きに待ち合わせをして塾へ行き、帰りは一緒に帰ることで変質者などに遭遇したときのリスクが軽減される。しかし、行き帰りにどこかに遊びにいくというリスクもある。親への報告はお互いに口裏を合わせればどうにでも [続きを読む]
  • 社長が立ち上がった。
  • 夏期講習も前半が終わりそうである。そこで習熟度に不安がある生徒さんが数名みえてきた。生徒さんのために社長が立ち上がった。これは数年ぶりである。以前に中3Aクラスというクラスがある。社長が担任。台風が来ても呼び出されるというクラスだった。習熟度テストを積み重ねて、習熟度がよくない状況のままで夏休みを終えるのはいけない。今こそ弱点克服のチャンスだということだった。昨日、社長から命を受け、ひとまず相談。 [続きを読む]
  • 急な来客
  • 「こんにちは〜」急に訪問してきたのは意外な顔だった。 中学校時代、授業態度が悪いと塾長にいつも怒られていた生徒さんだった。 彼が今どうしているのか、どこかで気になっていたので元気な顔が見れて安心した。中には怒られて恨んでいる卒業生もいるかもしれないが、怒らないでその子が勉強ができなくなるよりは良いと思っている。中学受験、昭薬高専門塾だった旧弘文館から引き継ぎリニューアルして沖縄で開校して早いもので約 [続きを読む]
  • そこで補講
  • 時間割の調整がうまくいかすに中3S(首里レベル)の国語の授業が極端にすくなくなってしまった。そこで補講をすることとなった。そこでボリュームあるように75分×3コマとした。ここでの内容は通常授業では時間をかけられない入試の漢文と古文である。いかに本質を語り古文・漢文への拒絶感じを軽減させていきたい。今夜はその教材を作成している。即席ではなく、熟考された過去のデーターベースをもとに作成。できのいいものと [続きを読む]
  • ダメダメ英語講座
  • ダメダメ英語講座が終わった。中学生がどこで躓くのかを今までの経験上わかっているのでそこを的確に補強していく。アルファベッドまではいい。その後で月、曜日名、数など膨大な暗記をするためここで躓く生徒さんもいる。この段階ならすぐに軌道に戻すことができる。次に一般動詞とbe動詞の混乱である。ここで躓くこともある。しかし、時間をかけてあげればどうにかなる。このようにいくつかの「復元ポイント」を徹底することで英 [続きを読む]
  • ダメダメ数学講座
  • ダメダメ数学講座は合宿にいかれない生徒さんを対象にした特別講座である。夏期講座で開講した。1年範囲で躓いた生徒さんと2年範囲で躓いた生徒さんを分けた。1年生では方程式の移行の箇所、図形の作図。2年生では一次関数などがが躓く穴となる。ここをベテラン講師の指導のもとで埋めていった。今後、受験に向けてこういった補強は不可欠である。 [続きを読む]
  • 苦手な理科
  • 休講日の土曜日が2回ある。当塾でもっとも勤務年数の長いH先生がこの夏に各学年に分けて理科の苦手克服を行った。説明、演習、確認という流れ。物理、化学という理科嫌いをうみやすいテーマを扱った。 [続きを読む]
  • 週末の試験対策
  • この週末から週末の試験対策がはじまる。8月中に試験のある中学を皮切りに9月まで続く。4ステップからなるシステム化された方式で万全を期す。 当塾は生徒さんを商材や宣伝に使わない意味から席次をネットや塾のウインドに貼らない。しかし、前回の試験では席次一位をはじめ上位席次が多数出ている。 満点を取れば席次は一位 定期試験は今までの先取りの総復習これが当塾の定期試験のスタンス。 過去問題に依存したり、過去問題を [続きを読む]
  • 「ダメダメ英語」教材の巻頭言
  • オリジナル教材には巻頭言がある。グローバル社会を迎えて語学の重要度が増している。どんな職業に就くとしても英語ができないといけないときがくる。30を超えて再学をするにしても頭が固くなっているので難しい。“かくいう私も予備校に入ってから英語の勉強をマトモにはじめ、22で留学を試みたときに本格的に学んだ。大学で中国語、タガログ語(フィリピン)、大学院でギリシャ語、ヘブル語、プライベートで韓国語を学んだ。残っ [続きを読む]
  • 確認事項
  • 休講日8月12〜17日です。この期間は事務手続きは一切できません。(電話対応は可能です)夏期講習の授業、中学生の特別講習はあります。自習室の開放時間は塾内LINEグループ、塾内掲示で連絡しております。自習室は4階の自習ゾーンおよび教室です。ごみ業者の手配ができませんのでゴミは各自持ち帰ってください。台風時の授業について 台風時および交通ストライキの場合の授業は以下のようになります。(台風規定より抜粋)[対象 [続きを読む]
  • 「国語文法」
  • 今回の夏期講習と期間中のレギュラー授業では国語の文法を徹底する。1 文法の概要2 品詞の全て3 技法など4〜7 演習問題 600問×38 語の識別9 文学史と知識10 古典11 漢文(薬科・興南対応バージョン)となっている。演習問題以外は1講座で一冊。着実にこなす。次回の定期試験や入試の基礎のためである。総合的な知識は知っていた損はないのだ [続きを読む]
  • 語学を学ぶ意義
  • 先日、愚息と宜野湾のスポッチャへいった。7階のフットサルのコートでよく知らない子を誘ってサッカーをしている。中國の方がいらっしゃった。日本語は全く通じない。愚息が「一緒にサッカーしましょう」とアプリを駆使して交渉。私はは静観していた。うまく交渉ができてサッカーを楽しんでいた。終わってから相手のご両親にお礼を言った。たどたどしくても中國語で話したのだが通じてびっくりしていた。そして学生時代に中國語( [続きを読む]
  • 合宿のルーツ2
  • 私が大学受験を決意したころに八十二銀行の営業が我が家に来ていた。その営業のSさんが私の発破をかけた。Sさんは東京の中規模の予備校に通って旧帝大の法学部卒である。 「おえ、受験するとなると、1日18時間はするもんだ。僕もね18時間したよ。叔母さんちに泊り込んで。できるよ。食事が30分、睡眠4時間半なら」 私はSさんのように勉強をしようと思った。当時は予備校の自習室や図書館を活用していたが18時間はできないと思っ [続きを読む]
  • 新中1クラス夏期プレ開講のお知らせ
  • お問い合わせをいただきましたみなさま。おまたせいたしました。合宿のため連絡が遅れて申し訳ありませんでした。以下のとおりで中学準備コースのプレ開講をいたします。8月4日 17:00〜18:15 (初回:英語)8月6日 20:00〜21:30 読解法(親子で参加大歓迎!)8月7〜11日、18日、21,22日 18:00〜19:30(英数国)10日間で英語は基礎の基礎、数学は小学校の復習、国語は読解法1コマ90分の拡大講座です。全講座参加で費用10000円 [続きを読む]
  • 合宿のルーツ1
  •  私が小学校4年生のときに連れて行かれた能力開発センターでは「集中トレーニング合宿」という恒例行事があった。受験学年は1週間、それ以外は3泊4日である。 期間中1日の午後の3時間だけのレク以外はずっと勉強である。テストも組み込まれていた。最終日の夜はやることもなくなってのんびりとした雰囲気になるのだが、翌日の午前中は学力判定テストがあるため緊張が伴った。 合宿で集中して勉強をしようというのは非常にいい [続きを読む]
  • 合宿
  •  合宿では2泊3日で23時間の勉強を予定している。 23時間といっても苦役ではない。楽しく、身になる内容である。耐えるとか勝つとかでもない。 最終日のビーチパーティーは今年から宿の庭で実施するガーデンパーティーとなる。 肉や野菜は自分たちで調達する。おなかいっぱい食べてもらう。そして那覇に帰る。 このメリハリが大切である。 [続きを読む]
  • 海浜清掃
  • 毎年合宿期間の最終日に海浜清掃を行っています。このきっかけは合宿のビーチパーティーのときに生徒さんが砂浜でガラス片を見つけたり、風で紙皿が飛ばされて飛んだ先に大量のゴミを発見して「掃除をしよう」となったことから毎年の備瀬崎の清掃がはじまりました。それ以来、合宿最終日に海中のサンゴ保護としての釣り針撤去、海中のゴミ拾い(干潮時)や海浜清掃を行っています。今年からは備瀬崎から恩納村名嘉真海岸に場所を移 [続きを読む]
  • 夏期講習中
  • 夏期講習のお休み期間である合宿や夏期休暇のときもテーマ別で特別講座を用意している。料金も無料から最高でも2500円というもので多くは1000円程度である。これは苦手な分野の克服となる。特に英語は躓いた箇所を明確にしてそこから徹底的にやりなおす講座を7月31日と8月4日の夜に開講する。各講座同じ内容で75分×3で中学英文法をマスターさせる。この料金は1000円である。数学、理科でも同様の内容がある。こういった講座ができ [続きを読む]
  • 開邦をめざすために 再掲載
  • 当塾の開邦専科コースでは県立入試高得点と開邦高校付加問題に対応できる実力を養成します。併せて学校の内申対策も行っています。推薦入試問題制覇です。試験対策も充分な時間を取りますので定期試験対策も万全です。推薦入試2017年度入試合格者数は9名で県内の進学塾でナンバーワンでした。一般入試も併せて16名で全員合格です。さて、2013年の6月に「開邦・那覇国を目指すために」という題で10回にわたり執筆・掲載した [続きを読む]
  • 計算力にこだわる。
  • 数学や算数でこの夏期講習は計算力にこだわる内容が多い。算数はまねることから。真似る→学ぶ。真似る→理解→マスターこんな感じで勧めている。長めの時間が取れる夏。特に中学受験生には16時半終了となっているが、実際は19時まで計算や演習に充てている。合宿の夜間から深夜は計算にこだわる。とにかくやらせるしかないのだ。 [続きを読む]
  • 夏期講習の教材
  • 夏期講習の小中学生国語は文法にこだわる。教材はオリジナル。中3Kコースの英数も全てオリジナルとなる。それは塾用教材にも市販教材にもないわかり易い説明を盛り込むためである。生徒さんの評判もよい。良い成果を期待したい。 [続きを読む]