せいしろーう さん プロフィール

  •  
せいしろーうさん: 彫刻石工せいしろーう
ハンドル名せいしろーう さん
ブログタイトル彫刻石工せいしろーう
ブログURLhttp://ameblo.jp/isc-hachi
サイト紹介文石造美術の魅力をたくさんの人に伝えたいな 仏像、狛犬、石塔、動物などを設計製作しています
自由文石を彫るって難しいと思われているけど、実は意外と楽しいかも

日本の石像美術はあまり関心をもたれていないのが現状ではないでしょうか?

ちょっと気にしてみて見ると有るんですよ身近に

日本の石文化もまんざら捨てたものじゃないんです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2009/12/08 13:49

せいしろーう さんのブログ記事

  • 今日の肴 モロッコいんげんの味噌炒め
  • 我が家の定番料理モロッコいんげんの味噌炒め。 モロッコいんげんをレンジで5分加熱してからフライパンに油を引いて焼き色が付く程度に焼き、合わせ調味料(味噌、料理酒、醤油、砂糖)を加え煮詰める。 この料理は姉から教わったもので気に入って食べています。 油と味噌との相性が良いので濃厚な味が旨い。 モロッコいんげんは普通のいんげんより味が濃い気がする。 味噌と合わせると美味しさが倍増するようだ。 焼酎と合わ [続きを読む]
  • アスパラとベーコンのポン酢パスタ
  • スーパーで北海道産のアスパラを見つけて思わず買ってしまった。 北海道のアスパラは今が旬で美味しい時期ですね。 アスパラとベーコンの相性はとても良くて良く食べる組み合わせ。 オイル系のパスタにポン酢を加えてみました。 もうこれは説明する必要がない美味しさ! 誰もが味の想像がつくはず。 ポン酢にバターが合わない訳がない。 今では1年中見かけるアスパラだが北海道産と言う事で美味しさも格別だ。 [続きを読む]
  • 懐かしの宴
  • 20年ぶりの再会 むかしむかしの懐かしい人と出会った。 今から20年も前の人と我が家で飲む機会にめぐり合った。 これも運命と感じる。 この日のために半日かけていろいろ作ってみた。 だいぶ進んでから撮ったので分かり難いがこの日のために作った数々の料理だ。 話は尽きないが次回に持ち越された。 蛸のカルッパチョとアスパラの肉巻、鰯の梅煮 皆大好評で作りがいがあった。 [続きを読む]
  • 梅尽くし
  • 今年も南高梅の収穫が始まりました。 作柄は去年の大豊作の翌年と言う事でやや良。 今年は梅干し以外にもいろいろ作ってみます。 梅ジャム 以前に一度作った事があってその時の失敗がトラウマで懲りていたのですが、今度はしっかり下調べをしてから作ってみました。 原因は茹でた後、水に晒してあくを抜く。 これが出来ていないととても不味い味になってしまいます。 早速ヨーグルトで味見! 爽やかな酸味がいいね!! これなら [続きを読む]
  • ちょっと良い店見つけました
  • 長芋の冷製この季節には嬉しい前菜だ。お造りははもが美味しかった。煮物、出汁巻き京風の薄味が私の好み。ここの大将は京都で修行されたそうです。天ぷらは塩でこう言う料理では当たり前になっているが私は天つゆ派なんだよね。ちりめん山椒が美味しかった。デザートまで付いて税込み2000円とは大満足。花翆(はなすい)幸田町の分かり難い場所にあるが予約限定でも食べに行きたい店だ。 [続きを読む]
  • 合格祈願象制作(荒ばつり)
  • 裏側 荒作りする前の段階で全体を丸める。 大きいので丸めるだけでも時間がかかるが 体力の消耗が激しく休憩を取りながら彫りすすめた。 荒作りするためにはこの作業は避けられないものなので気力で乗り切るしかないのだ。 彫りながら頭の中で荒作りのイメージを考えてみた。 荒ばつりはまだまだつづく。 [続きを読む]
  • 今日の肴 ごーやと黒豆の和え物
  • 黒豆とごーやの和え物。 中々無い組み合わせだと思う。 黒豆は煮豆を買ったもの。 ごーやは薄切りしたものを塩を振って10分置いたものを水で洗い絞る。 それを合わせ鰹節、麺つゆ、酢を加え冷蔵庫で馴染ませる。 黒豆の甘さとごーやの苦み、これが意外な融合と言える。 酢の酸味が二つを見事に馴染ませた。 こんな和え物もアリだと思う。 味覚の違いは人それぞれでこう言う味も悪くはない。 [続きを読む]
  • 合格祈願象制作(パイプ穴掘り)
  • 足元と腹の下をパイプで抜く。 今回の象は四足で立った姿をしているのでまず横から掘り石を裏返して反対側を掘る。 パイプにはダイヤモンドが付いていて水を掛けながら掘ります。 この部分をもし手で掘るとなると相当の時間と困難な作業をしなければなりません。 これで身体の輪郭が出ました。 次は荒作りにかかります。 [続きを読む]
  • 今日の肴 ジャーマンポテト
  • 新じゃがを使ってジャーマンポテトを作ってみました。 にんにくとアンチョビペーストをオリーブオイルで炒めベーコンを加えレンジで加熱した新じゃがを加えハーブソルトで味付け。 ぱぱっと作った割にはけっこう本格的な味に仕上がった。 新じゃがを使ったのでしっとりした食感がいいね! にんにくにベーコンとじゃが芋は相性がとても良い。 ビールが飲みたくなる肴だ。 [続きを読む]
  • 合格祈願象制作(切り込み)
  • 工房の機械で象の上部を切り込んだ。 高さがぎりぎりだったが何とか切る事が出来て良かった。 これがもし切る事が出来なかった事を考えると幸運だったと言える。 切り込んだ部分を外す。 上部の輪郭が現れた。 今度は左足前を切り込む。 この後鼻の下も切り込みを入れた。 切り込み部分を外すと大まかな輪郭が現れた。 次は足元をパイプで抜き腹の下の輪郭を出す。 [続きを読む]
  • 合格祈願象制作(下絵、準備)
  • 鈴木石材さんの注文で成道寺持経観音合格祈願象(仮名)を制作する事になりました。 下絵のイメージは小象の可愛らしい感じが良いと言う事でこんな形に。 鼻で持つえんぴつは別石で作り差し込む事にしました。 石は花沢石、もちろん鈴木石材産出の石で山から10トン位の原石を切り出し図面の大きさに切った石が4トン近くある。 工場に入るとさすがに大きさが良くわかる。 下絵を石に写してみた。 次は下絵の輪郭に沿って切 [続きを読む]
  • 今日の肴 焼きつくね
  • 以前に作って美味しかった焼きつくね。 鶏のハンバーグみたいなものですがあえて焼き鶏つくねと呼んでみたい。 後で気が付いたのですが中央に卵の黄身を乗せればよかった。 生姜が効いたつくねは和風のたれとも良く合う。 焼き鳥メニューの中でもつくねは外せない。 酒の肴としても間違いなく旨い! 泡盛ロックに合わせた。 [続きを読む]
  • 今日のパスタ ツナとごーやの冷製パスタ
  • 今年2回目の冷製パスタ。 今日は大根おろしにシーチキンを汁ごと入れゴーヤを塩もみして一度洗って水けを切り入れレモンを絞り塩コショウで味を調える。 パスタは表示より長めに茹で冷水でしっかりしめキッチンペーパーで水気を取り合わせる。 ゴーヤの苦さも旨みに感じる。(塩もみしてるので程よい苦さ) 全てのバランスがとても良く最後まで飽きない美味しさだ。 真夏に食べ [続きを読む]
  • 吉野家の豚丼っぽいの作ってみた
  • 以前に食べた吉野家の豚丼を再現。 北海道生まれの私には牛丼より豚丼の方が馴染みがある。 北海道の豚丼は厚切り肉にたれを付けて焼くタイプなのだが薄切り豚バラを牛丼風の味付けにするのも悪くない。 紅ショウガが無かったが生卵と七味を振ると中々良い感じ! 玉ねぎの甘さと鰹出汁にほんのり生姜風味。 記憶に残っている吉野家の豚丼っぽい味に仕上がった。 材料費が吉野家で [続きを読む]
  • 今日の肴 ジャンキーな肴
  • 誰もが知ってる魚肉ソーセージ。 これがたまに無性に食べたくなる。 私が好きな食べ方は単純に油で焼く。 そこにポン酢と七味を振る。 これだけで酒の肴になるのだ。 昔から食べなれてる安定感が何とも心地良いのだ。 魚肉ソーセージってけっこう個性があって他にはない美味しさがあると思う。 しかし、世間の評価は下衆な食べ物と言うところ。 私の中では酒の肴として [続きを読む]
  • ハチゴローのにゃん玉が大変なことに
  • 今年もハチのにゃん玉が順調に増量中だ。 ただ今テニスボール大ぐらい。 いつもはぜんぜん気にもしてないハチなのだが・・・ あっ!なんて事を 大事なにゃん玉が無残にも破壊されてしまった。 ハチの何がそうさせるのだろうか・・・・ でも大丈夫なんです。 にゃん玉は抜け毛を丸めただけなので 壊れてもまた丸めれば元通り。 [続きを読む]