SHINTA さん プロフィール

  •  
SHINTAさん: 愛の経営参謀
ハンドル名SHINTA さん
ブログタイトル愛の経営参謀
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mori152329/
サイト紹介文国の経営、企業の経営、人生の経営、世界を元気に、日本を元気に、
自由文経営の基本は、お役に立つこと、感謝、そして、研究開発、人材開発、そして、いつも感謝です。
基本は菜根譚の「徳は事業の基なり」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/12/08 14:50

SHINTA さんのブログ記事

  • 誰かのために懸命に生きる決断
  • 日本を元気にするために、応援の を ↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ] 日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その25 [続きを読む]
  • 息子よ 創造の旅を続けよう
  • 人生死ぬまで勉強、頑張りましょう!!    応援宜しくお願い致します。 ↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]ナイスの前に、これを 、お願い致します。!!里みちこさん、その189息子へ息子よ 創造の旅を続けよう外側から造られる人間でなく内側から創っていこうね 自分を考えてごらん 自分の頭で感じてごらん 心の中を [続きを読む]
  • 神仏に向き合う姿、裸の自分をさらけ出す
  • 日本ブログ村に登録、応援宜しくお願い致します。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]               このブログは経営ブログ、日本の経営をどうするか、幕末の時代、吉田松陰は何とも素敵な指導者でした。平成の吉田松陰はどこにいる、やっと見つけました。いろいろ経験されておられる町田先生、このブログは経営ブログ、日本で [続きを読む]
  • 星に涙あり 光り うるむ
  • 日本ブログ村に登録、応援お願いです。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]後藤静香 権威その259星に涙あり悲しみに心くだけ胸やぶるる思いすさめて悩みいねて眠らず身をおくに所なく足にまかせて さ迷うすでに深更おもき頭をあくれば星に涙あり光り うるむ今後の世代に是非残しておきたいものです。 ある時、図書館で「後藤静香 著作「権 [続きを読む]
  • ほどほどの欲で、正直に生きる
  • 日本を元気にするために、応援の をお願い致します。↓↓↓[https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、菜根譚、人よく菜根を咬みえば即ち百事をなすべし、このブログは経営ブログ、経営の根幹が分る菜根譚、徳は事業の基なり、事業の根底に徳を常に感じる企業、素晴らしいですね。幸福を求めるのでなく、利他 [続きを読む]
  • 情報に流されるな、TVを見るな
  • 日本を元気にするために、応援の を↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]情報に流されるな、TVを見るなTVを見るな二件の学校問題、芸能人の離婚問題、大臣の発言問題など、連日、特に民放は何をやっているのか、見たくないので、別のチャンネルにしても、同じ内容をやっている。社会の流れに感心を持つのはいいのだか、不安・不信・イライラが増すだけなのです。自分の家族に [続きを読む]
  • 純の愛は豊かな可能性を実現する
  • 日本ブログ村に参加、応援の をお願い致します↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ] 四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、               [続きを読む]
  • 日野原重明さん、ありがとうございます
  • 日本を元気にするために、応援の を ↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ] 日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その25 [続きを読む]
  • りんご どこから皮なの どこから実なの
  • 人生死ぬまで勉強、頑張りましょう!!    応援宜しくお願い致します。 ↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]ナイスの前に、これを 、お願い致します。!!里みちこさん、その188りんごどこから皮なのどこから実なのシンプルに疑問を持つ、里さんの心意気、いいですね。関西時代に2度ほどお会いした、何とも素敵なお方です。 [続きを読む]
  • 自分の殻を破る
  • 日本ブログ村に登録、応援宜しくお願い致します。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]               このブログは経営ブログ、日本の経営をどうするか、幕末の時代、吉田松陰は何とも素敵な指導者でした。平成の吉田松陰はどこにいる、やっと見つけました。いろいろ経験されておられる町田先生、このブログは経営ブログ、日本では [続きを読む]
  • 洋々たり 大空に立ちのぼる 緑のいのち
  • 日本ブログ村に登録、応援お願いです。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]後藤静香 権威その258緑のいのち樹々たちのあの生気陽にかがやくあの淡(うす)みどり大気清まるがごとし洋々たり大空に立ちのぼる緑のいのち今後の世代に是非残しておきたいものです。 ある時、図書館で「後藤静香 著作「権威」」を検索してもらうと、何と古い書庫に [続きを読む]
  • 自分の運命を信じ、正道に生きる
  • 日本を元気にするために、応援の をお願い致します。↓↓↓[https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、菜根譚、人よく菜根を咬みえば即ち百事をなすべし、このブログは経営ブログ、経営の根幹が分る菜根譚、徳は事業の基なり、事業の根底に徳を常に感じる企業、素晴らしいですね。幸福を求めるのでなく、利他 [続きを読む]
  • 偏差値一辺倒でなく、今こそ教育改革の時
  • 日本を元気にするために、応援の を↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]偏差値一辺倒でなく、今こそ教育改革の時大学は学問する所最近の大学生、約4割がほとんど本を読まない、また、一日の学習時間(授業時間は除く)は、一時間以内が約70%だそうです。せっかく大学に行っているのにもったいないことですね。頂点の東大学生数は、一万4千名ほどで、やはり、あこがれの [続きを読む]
  • 運命は贈り物
  • 日本ブログ村に参加、応援の をお願い致します↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ] 四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、               [続きを読む]
  • 身近な幸福を感じて生きる
  • 日本を元気にするために、応援の を ↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ] 日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その25 [続きを読む]
  • 母音は生きるわたしの叫び 本音は生きるわたしの羅針
  • 人生死ぬまで勉強、頑張りましょう!!    応援宜しくお願い致します。 ↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]ナイスの前に、これを 、お願い致します。!!里みちこさん、その187生きる音あーという感動いーという後悔うーという呻きえーという驚きおーという感嘆そして「ん」という沈黙母音は生きるわたしの叫び本音は生きるわ [続きを読む]
  • 無意識は豊穣の海
  • 日本ブログ村に登録、応援宜しくお願い致します。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]               このブログは経営ブログ、日本の経営をどうするか、幕末の時代、吉田松陰は何とも素敵な指導者でした。平成の吉田松陰はどこにいる、やっと見つけました。いろいろ経験されておられる町田先生、このブログは経営ブログ、日本ではま [続きを読む]
  • 道ゆくすがた さまざま
  • 日本ブログ村に登録、応援お願いです。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]後藤静香 権威その257道ゆく姿いやいやでゆくいそいそとゆくぶらぶらとゆくすたすたとゆくついてゆく率いてゆく道ゆくすがたさまざま今後の世代に是非残しておきたいものです。 ある時、図書館で「後藤静香 著作「権威」」を検索してもらうと、何と古い書庫に入っている [続きを読む]
  • 自然体の法則、利他の心はブーメラン
  • 日本を元気にするために、応援の をお願い致します。↓↓↓[https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、菜根譚、人よく菜根を咬みえば即ち百事をなすべし、このブログは経営ブログ、経営の根幹が分る菜根譚、徳は事業の基なり、事業の根底に徳を常に感じる企業、素晴らしいですね。幸福を求めるのでなく、利他 [続きを読む]
  • 日本を強くするために、正規社員制度に転換せよ
  • 日本を元気にするために、応援の を↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]日本を強くするために、正規社員制度に転換せよ前回は、年金問題をとりあげましたが、非正規社員が4割の時代、少子高齢化で日本のモノづくりの基本が危ない。真摯に、考えませんか、このままでは、日本が益々弱くなっていきます。 国別を調べてみても、残念ながら、どの国も年々非正規雇用とか、派遣 [続きを読む]
  • 決して戦争を起こしてはならない、決して忘れてはならない
  • 日本ブログ村に参加、応援の をお願い致します↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ] 四季のある日本、日本に生まれて感謝です。世界中で最も多く読まれている本、そのベスト10に入る、その題名は「夜と霧」、フランクル氏との出会い、何とも素晴らしいです。強制収容所の劣悪な環境で生き延びたフランクル氏、               [続きを読む]
  • 問題解決能力を身につけよう
  • 日本を元気にするために、応援の を ↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ] 日本に生まれて本当に良かった、四季のある日本、 このコーナーはネット寺子屋、日野原重明先生、日野原先生の人生、医療現場での長年の御経験、人は誰にも寿命があります。だからこそ、生きている時を大切に、そして、感謝して生きる。生かされている、何とも素晴らしいです。日野原先生、その25 [続きを読む]
  • 深い祈り
  • 日本ブログ村に登録、応援宜しくお願い致します。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]               このブログは経営ブログ、日本の経営をどうするか、幕末の時代、吉田松陰は何とも素敵な指導者でした。平成の吉田松陰はどこにいる、やっと見つけました。いろいろ経験されておられる町田先生、このブログは経営ブログ、日本ではまだ [続きを読む]
  • 繁みの中をゆけば えならぬ香りす
  • 日本ブログ村に登録、応援お願いです。↓↓↓ [https://management.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村 経営ブログ]後藤静香 権威その256繁み繁みの中をゆけばえならぬ香りす草の香か花の香かほたるの香か繁みの中をゆけばわが胸おどる葉かげもる光の中に紅一点つばきの花今後の世代に是非残しておきたいものです。 ある時、図書館で「後藤静香 著作「権威」」を検索してもらうと、何と古 [続きを読む]