はるちゃん さん プロフィール

  •  
はるちゃんさん: 中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
ハンドル名はるちゃん さん
ブログタイトル中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sagiyama_nagoya/
サイト紹介文AAS名古屋代表鷺山はるこのブログ。中小企業診断士2次受験ノウハウを惜しみなく掲載中!
自由文中小企業診断士試験の合格を目指す方は必見です。

診断士2次受験専門校AAS名古屋の代表 鷺山はるこ(中小企業診断士)が、合格の秘訣や学習のヒントを語り、受験生を応援しています。

ブログタイトルの「Si. Eccolo!」とは「はい、ここにあります。」という意味です。
学習に行き詰まった時や、モチベーションの維持にお悩みの方が、ここに来ればヒントが見つかります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/12/09 16:32

はるちゃん さんのブログ記事

  • 残り27日だ!同じ景色を見に行こう!
  • 合宿にご参加のみなさん!二日間の長丁場、よく頑張った!思うようにトレーニングの成果が出ず、落ち込んだ皆さんもあるだろう。だが大丈夫だ。まだひと月ある。さて、そんな皆さんへエールを送りたい。私の今、一番お気に入りの曲だ。菅田将暉の「見たこともない景色」テレビCMで見たことがあるかもしれない。聞けば、闘志が湧く。Youtubeでも聞くことができる。是非一度聞いてみいてほしい。【フル歌詞付き】もある。サッカー [続きを読む]
  • 残り28日だ!今日は体力を試す日だ
  • 合格指南合宿を受講中のみなさん!昨夜までの集中特訓でさすがにクタクタで朝を迎えられたことと思う。この疲労感がハンパない時がチャンスだ。本試験でも午後の科目になると眠気と疲労でしんどくなってくる。そんな中でも、集中しなければ、例えば、財務あたりでつまらん単位ミスをしたりするのだ。だから、合宿二日目の今日こそ、本試験での疲労感を想定した演習を行ってほしい。ところで、中小企業診断士になる人には・ピンチを [続きを読む]
  • 残り29日だ!いよいよ合宿開始
  • 今日から合宿だ。お申込みいただいた皆さん!お会いできるのを楽しみにしている。さて、毎年、合宿になると伺うようにしている。「皆さんの合宿での課題、目標は何ですか?」と。何の目的もなく、効果は上げられない。これも、毎度の言い方だが、目的が明確でないから私も痩せられない。これと一緒だ。ともかく!なんらかのゴールを決めて、臨んでほしい。さて、ゴールを決めて臨んだら、その後は、目標と現実とのギャップを分析す [続きを読む]
  • 残り30日だ!合否の分かれ目
  • 合格する人とそうでない人はどこに違いがあるのだろう。合否の分かれ目はどこか?実は、頭の中で事例企業のイメージが湧くかどうかにある。絵が浮かぶ、だ。絵が浮かばない人は、全員ではないが、事例問題をテクニックで解こうとする傾向がある。生きた、生の企業の感じがしないのだろう。紙の上の処理方法にこだわっているのだ。さて、どちらが通りやすいかは歴然だ。前者の「絵が浮かぶ人」だ。この話は、これまでも幾度か語って [続きを読む]
  • 残り31日だ!合格指南合宿で学ぶこと
  • 明後日から、名古屋恒例、「合格指南合宿」が始まる。(あと少しだけ残席あり、ご希望の方は急いでお申込みを)一般的な模試や演習講座と圧倒的に異なる点は、解き方や理論、合格のコツを講師陣から直接教われることだ。二日間、朝から夜まで勉強するが、その日にやった事例問題はその日の内に講師がすぐ近くで添削して、順位もつけてお返しする。このスピード感も人気だ。さて、この合宿では、テクニックよりも本質論を学んで帰っ [続きを読む]
  • 残り32日だ!抽象的でも通る(うかる)場合
  • 昨日は、抽象的な答案は通りにくい、つまり合格しにくいと書いた。実は、もう少し付け加えておきたいことがある。抽象的でも合格できる答案がある。それは・解答に使っている理論、知識が全くもって正しくて・事例企業の状況やストーリーにピッタシ!の 使い方の場合だ。このような解答を書くには、かなりのレベルが必要だ。1次知識もしっかりと理解し、経営理論を実によく理解していて読解力もかなり高く、設問の的も外さないし [続きを読む]
  • 残り33日だ!通りにくい抽象的解答
  • 抽象的な解答は一般論に見えて〇をもらいにくい。言い換えれば、合格しにくい。みんなも「具体性不足!」と採点コメントをもらったことがあるのではないか?なぜ具体性が不足するとダメなのか。例えば、日常生活で考えてみる。奥さんに美味しいごはんを作ってほしい、と思っているご主人の場合を考える。単に「美味しいご飯を作ってください。」というだけでは、意味がわからない。「はあ?!あたしのが不味いってわけ?!」とキレ [続きを読む]
  • 残り34日だ!ターゲットを肌で感じる時
  • 先日、いつもの整形外科に行った時だ。普段なら、座る場所もないくらいにお年寄りが溢れているのに、えらく空いていた。何事か?すわ、北の国から何か飛んでくる???だからお年寄りは全てシェルターの中?と思うくらいにガラガラだったのだ。あまりに不思議に思って、先生に聞いてみた。「普段は満員なのに、今日はなぜ空いてるんでしょう?」すると先生は「昨日、大雨だったでしょう? おかげで今日は畑の土が柔らかくなってる [続きを読む]
  • 残り35日だ!組織は社長の愛を感じよ
  • 今日は、組織事例を読む際のちょっとしたコツをお話ししたい。「組織で70点以上取るための〜〜」で好評を博した奥田講師に教わったことだ。・組織事例に出てくる社長さんにはいつも 従業員への愛がある。例えば、H27年度の組織事例でもこんな言葉があった。経営危機に陥った際の話だ。「約40名の従業員を路頭に迷わせずに済んだのは」この言葉から、従業員の雇用を守ることをとても大事に考えていることがわかるのだ。またH28年 [続きを読む]
  • 残り36日だ!今日から診断士だ!
  • 2次試験に合格するために、今日から中小企業診断士になってほしい。「???」と不思議に思った方もあろう。中小企業診断士としての心意気で過ごしてほしいのだ。そのメリットは、本番で、事例問題に取り組む際俯瞰できるし、客観的に冷静に取り組めるようになることだ。目線が高くなる。では「中小企業診断士」となるには、何をすればいいか?・人の話をよく聞き、全て受け入れる。・受け入れたら、なぜそう言うのか?  相手の [続きを読む]
  • 残り37日だ!神様には頼むな
  • 毎年この時期になると「合格祈願に行くな」という話をすることにしている。神頼みをしたい気持ちはわかる。だが、しきりに神頼みをする諸君の中には頼むだけで、勉強がおろそかになる人たちがいるのだ。頼んだから、運よく合格できるかも・・・となぜか潜在意識の中で錯覚する気がするのだ。錯覚すると、気は緩む。間違いなく緩む。神風が吹くと信じる。昔、うちの卒業生たちの合言葉があった、「神風は吹かない!」『試験はあまり [続きを読む]
  • 残り38日だ!マーケの鉄則!
  • 先日、名古屋校の模擬試験を受けた皆さん。その中でもターゲットを書き忘れた皆さんへ。今日はマーケで落ちないためのお話しをしたい。マーケティング事例で守るべきは5つ!・ターゲットを「標的顧客」として絞り込むこと。・絞り込んだターゲットのニーズを デモ+ジオ+サイコで抑えること・マーケティングミックス(機能別レイヤー)は 常にターゲットと一貫性を取って書くこと。・マーケティング目標(売上、利益、シェア) [続きを読む]
  • 残り39日だ!自己責任という辛い言葉
  • 「試験の結果は自己責任」そんな言葉をよく聞くだろう。だが、自分で言って回る人は少ないと思う。なかなか辛い言葉だ。試験も人生も、結局は自己責任で取った行動の結果でしかない。人のせいにしても仕方ない。神様のなさることに何一つ無駄が無いように、自分で蒔いた種は必ず自分に、なんらかのかたちで戻るのだ。こんな話をすると、ネガティブなイメージばかり沸くかもしれない。特に好き放題生きてきた私なんぞは、その典型だ [続きを読む]
  • 残り40日だ!解答の書き方、形式
  • 2次試験の解答は診断報告書の報告書文とほぼ同じだ。・視点(知識の論点)を明確に・短文、因果でわかりやすく・具体的に書く必要がある。初心者の皆さんの中には、自分の表現で自らしく書く方があるが、それはNG!あくまでも公的な文章だ。採点者が見るものだから固い表現で書く。例えば、前向きなポジティブ話題では〜〜〜により、○○を向上する。〜〜〜を〇〇することで▽▽を活かす。〜〜〜によって、〇〇を獲得する。向上 [続きを読む]
  • 残り41日だ!初心に戻れ!!
  • 要約練習を実施中の皆さん!初心を忘れていないか?!気が付けば、背景にも主張文にも印をつけなくなったり、「与件に忠実に!」といつも口を酸っぱくして言われているのに、好き放題言葉を丸めたり。人間、一事が万事。要約練習でやることは事例問題でもやるのよ。常に謙虚さを忘れず、筆者の気持ちを大切にすることが事例問題では社長の思いを汲むことにつながるんだね。一事が万事!穢れない読み方ができたあの頃に戻るのだ!先 [続きを読む]
  • 残り42日だ!飽きたらタイマー活用を。
  • 直前期だというのに、「集中力を欠いて勉強に身が入らない。」というお悩み相談が来る。疲れても集中力は途切れるから、やる気だけの問題ではないかもしれないが・・。とはいえ、時間を無駄にしたくないこの時期だ。気合を入れて勉強したい。そこで皆さんへアドバイス。既に実施中の方もあろうが、タイマーを活用して勉強していただきたい。時間制限を設けるのだ。事例を解く場合も全工程を80分でなく70分でやるとか、工程別の時間 [続きを読む]
  • 残り43日だ!はじめの40分で最低限やるべきこと
  • 2次本試験の対応時間は1科目80分だ。解答の文章を書くのに、書くだけでも40分はかかる。よって、中身を決めるのに残りは40分ということだ。ところで40分というと、TV番組の「水戸黄門」でもまだ印籠が出て来ない時間帯だ。敵の悪事も佳境に入り、危機感が高まる時間帯だ。もうこれで終わりか!そう思う頃だ。この5分後頃に、黄門様は印籠とともに登場だ。この短い時間で、解答骨子、それが無理でも解答の方向性までは決めておか [続きを読む]
  • 残り44日だ!多面的に解答できない
  • 解答用紙が100字の文字数であれば解答する論点はほぼ2つだ。理由は、次の2つ。・日本語の特徴面 読みやすい文章は40字〜60字と言われているので、 100字であれば2文書けると判断できるから。・中小企業診断士の特徴面 診断士には常に多面的な視点を要求されるので、 解答も字数が100字ともなれば、多面的な内容を要求されていると 想定できるため。さて、このように中小企業診断士試験では多面的解答を求められることが多 [続きを読む]
  • 残り45日だ!見えない自分
  • 珍しく古い写真の整理をしていた。今時はみな、画像ファイルで保存するのだろうが、どうも私は手に取ってじっくり見たいタイプなのだ。おかげで昔の海外旅行の写真も、ごちゃまんとたまっている。10年ひと昔とはいかないまでも、6〜7年でも人はかなり変わる。太ったり痩せたり、表情が輝いたり曇ったり、その時の疲労感まで映す写真は、時に目を覆いたくなるけれど、やっぱり捨てられない。自分はなにひとつ変わっていないと思う [続きを読む]
  • 残り46日だ!思いがけないところに原因
  • 私は長らく膝を痛めている。ある医者で膝の軟骨がすり減っています、と薬と注射漬けにされた。それでもちっとも良くならないので別の医者に行ったら、軟骨はすり減ってませんよ。半月板損傷です・・・、と。そこでの治療は少しずつ功を奏してきたと思っていたのだが・・、また痛みがかなりひどくなって違和感をその医者に訴えた。そうして視点を変えて診断してもらったのだ。するとどうだ。水が溜まって炎症を起こしていたのだ。水 [続きを読む]
  • 残り47日だ!合格答案のコンセプト
  • 2次試験に取り組む際、最も重要なことは「問われたことに問われたように答えること。」だ。よく聞く言葉だろう。実はこれは我が恩師、Nまっち先生からそれこそ遥か昔、私が受験生だった頃に教えていただいた言葉だ。あれ以来、代々、語り継いで、気がつけば20年近く経とうとしている。さてこの「問われたことに問われたように答える」とはどういうことか?「長年」設問分解練習をやってきた皆さんでも、曖昧になっている可能性が [続きを読む]
  • 残り48日だ!当たり前が合格
  • 2次試験を勉強したての頃はこ思う。「2次試験の解答には難しいことを書くに違いない。」私も最初はそう思った。まだ30代の頃、初めて診断士試験なるものを受験しようと思い立った時だ。まずはどんな試験か知ろうと書店に走り、誤って2次試験の過去問題集を買ってしまった。それを目にしたときの衝撃は忘れない。目に飛び込んできたのは「アフリカのダイアモンド鉱山の年間産出量」の折れ線グラフだった。事例企業は宝石屋さん。 [続きを読む]
  • 残り49日だ!2次準備の前に
  • 今年、初めて2次試験を受ける皆さんの中にはどう勉強すればよいのか迷う方も多いだろう。1次は暗記でマークシートが中心、2次は応用で筆記が中心、と試験内容がガラッと変わる。対応に困る人がいれば、面白いと感じている人もいるだろう。そうなのだ、2次試験は実務のペーパー版だからだ。とはいえ、初心者向けの簡易版だから、殆どの答えとヒントが与件に書いてある。あとはこれを、設問ごとに、必要な情報を取捨選択して拾い [続きを読む]
  • カウントダウン開始!残り50日だ!
  • さて、今年もカウントダウンの時期がやってきた。カウントダウンは私のブログの恒例行事だが、賛否両論ある。「緊張感が高まるからいい!」「ドキドキが増すからやめてほしい。」など色々な声があるのだが、やはりここは逞しく、カウントダウンの追い込みにもマケズ、勉強していってほしいのだ。ところで講師陣からこんな声も聞く。模試や合宿の添削で「直前なんだからあまりショックを与えてもいけない、少し優し目に添削しては? [続きを読む]
  • 残席8名となりました!
  • あと10日ほどなので、とりあえずご連絡しておこうと思う。AAS名古屋が関西で初めて開催する特別講座「組織で70点以上獲得する方法」が残席8名となった。滅多にない講座なので(まして関西で)ご希望の方はお早めにお申し込みいただきたい。→http://www.aas-clover.com/nagoya/jirei1de70osaka.htmlまた、これまた毎年好評の講座「中小企業白書 事例10番勝負」のお申込みは明日までだ。販売教材もあるが、会場で、それも時間制 [続きを読む]