ろいやー さん プロフィール

  •  
ろいやーさん: 弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ハンドル名ろいやー さん
ブログタイトル弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/law-yuhara/
サイト紹介文弁護士になって感じたことを綴っていきます(注意!!本ブログは弁護士湯原の個人的見解に過ぎません)
自由文2001年に大阪で弁護士登録し、以来、大阪弁護士会所属の弁護士として活動しています。
法律に関する情報や日々の出来事、その他私個人の経験談等を記載していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/12/11 10:23

ろいやー さんのブログ記事

  • 労働問題は我慢の連続
  • いわゆる企業法務の分野を取り扱っていると、必ず労働問題に関する相談が入ってきます。私の場合、経営者側で相談を受けることが圧倒的に多いのですが、どうしても法律を知っているだけに、「あれはダメ、これはダメ」と言ってしまいがちです。口には出さないものの、おそらく経営者は「誰の味方なんや!」と内心思っているんだろうな…と予想はしているのですが、?を言うわけにはいきませんので如何ともしがたいところがあります [続きを読む]
  • 契約書が先にあるわけではない!
  • ときどきあるのですが、「××の取引を開始することになったので、××契約書を作ってください」というご依頼があります。あるいは「今度商談に行くので契約書を作ってください」というご依頼もあります。たしかに契約書を作成して、書面に残しておこう!という考えそれ自体は間違っていません。ただ、契約書とは、本来、双方の合意した内容を書面化したものですので、契約書作成に当たっては先にどういった取引を行うのかその内容 [続きを読む]
  • 事業者間の競争?
  • 過払い問題のときも、サラ金・消費者問題を熱心に取り扱う弁護士と、過払い金の請求をビジネスと割り切る(?)弁護士との間でいろいろと言い合いがあったようなのですが、今回は残業代問題でも火種がくすぶり始めているようです。 ◆ヤマト問題で“カタカナ系”弁護士事務所が狙う! オイシイ「未払い残業代請求」とは…なお、この記事を見て、以前から噂話で聞いている、高速のPA等で労働者向けに残業代請求の依頼を促すポスタ [続きを読む]
  • 28度
  • あんまり根拠なかったんだ。。。 ◆環境副大臣、クールビズ室温「28度は不快」ちなみに、当事務所内では28度設定にしていますが、事務所内にいる限りは夏場でも快適です。しかし、28度設定にしているといわれている裁判所内では、非常に暑く感じることが多く、不快といえば不快です。エアコンをつけていても温度設定によっては熱中症になることは耳にする話です。本当に28度という数字が一人歩きしているだけにすぎないというので [続きを読む]
  • こんな日時に電話応答があると期待されてもなぁ
  • 連休前に突然右足に激痛がはしり、結果的にGWは寝て過ごすだけとなってしまったため、休日出勤は行わずじまいとなってしまいました。今日から通常業務に戻ったわけですが、まず最初に行ったのは、連休中の電話履歴チェックです。そうすると、どういうわけか連休中日の深夜帯に着信履歴がありました。連休中に限ったわけではないのですが、こんな時間帯に電話をして応答があると思っているのでしょうか…毎回見るたびに不思議に思い [続きを読む]
  • 思い込みはコワイ
  • 事務所内のPCを使い始めて3年が経過し、またwindows7の保守期間の終わりも見えてきたことから思い切ってPCを全て買い換えました。ただ、実はPC自体は3月にすでに購入していたのですが、いろいろと忙しすぎて、ネットワーク等の設定はGW前半の土曜日に、一人で黙々と作業していました…(メーラーの設定や、マイクロソフトのライセンス認証、セキュリティソフトのインストールなどかなり手間取りました。なんだか年々無駄に複雑な作 [続きを読む]
  • 和訳契約書はムズカシイ…
  • 経済のグローバル化が言われて久しいですが、当方のクライアント様においても徐々に日本国外との取引が増えてきています。残念ながら私の実力不足のため、英文契約書をそのままリーガルチェックすることができないため、和訳した契約書にてチェックを行うのですが、この”和訳”が非常に曲者です。日本語して成立していない文章も見かけますが、どう考えてもこの単語を置くのはおかしいという内容もちらほら見かけます。私は、大学 [続きを読む]
  • 掛け声倒れで終わるのでは?
  • プレミアムフライデーという、月末のくそ忙しいときにどうやって実施するんだ?という疑問が解消されないまま、ほぼ消滅しかけている施策があるように思うのですが、今度は「テレワーク」の呼びかけが始まるんだそうです。 ◆7月24日はテレワーク、狙いは東京五輪開催時の混雑解消官庁や大企業などテレワークをそもそも導入できるだけの余裕のある企業であればともかく、この施策は中小企業ではかなり難しいのではないかと思う [続きを読む]
  • やっぱり動き早いなぁ
  • ユナイテッド航空機から引きずり出された乗客の様子は、いろいろと衝撃的でしたが、早速、被害者は訴訟の準備に入っているそうです。 ◆ユナイテッド航空機から引きずり出された乗客「鼻骨折、前歯2本折れていた」弁護士が明かす受任した弁護士は、事件直後に被害者の元にかけつけて受任したんでしょうか。よくアンビュランスチェイサーの話は聞きますが、本当に発生しているのか是非とも情報が欲しいところです。そういえば、と [続きを読む]
  • あ〜やっぱり改正しちゃうのか。。。
  • いまだに改正の必要性が分からないのですが、改正法として制定されるのであれば、その改正法に基づいて実務運用するしかないので、つべこべ言わずに勉強しますが、何だかなぁ。。。 ◆民法改正案、12日に採決=衆院法務委去年まで、クライアント向けに毎月発行している小冊子において、改正民法の概要を解説する記事を1年以上作成していたので、ある程度のところまでは理解しているつもりなのですが、結局改正法によって、実務 [続きを読む]
  • うちだけではなかったんだ…(時計が進む現象)
  • 今朝7時前に事務所について、PCを立ち上げ、週末に受信していたメールを一通り返信し、さて今何時くらいかなと思ったとき、PCの時計が8時30分を指していて、「???」とビックリし、思わずスマホと時報電話で確認をしてしまいました。なんでこんなことが起こったのか原因は全く分からないものの、とりあえずPCの時計を直し、今のところ、正確な時間を刻んでいます。どうやら他のPCでもこの現象が生じていたみたいです。 ◆「PCの [続きを読む]
  • 商売敵は弁護士会?
  • 私自身は知らなかったのですが、大阪弁護士会が主催している法律相談事業について、いわゆるリスティング広告を行っているんだそうです。その広告の運営者(いわゆる中の人)である弁護士のツイッターでの発言が個々の弁護士による営業妨害であるとして一部の弁護士より異論が出ているそうです。弁護士会が行っている法律相談事業は閑古鳥が鳴いているという話はよく聞きますので、利用を促進するために広告を打つこと自体は、まぁ [続きを読む]
  • 昔はベンチャー、今はフリーランス?
  • 本当にどうでもいい話なのですが、たまたま中小企業庁が公表した ◆フリーランス必見!! 知って得するツール集というパンフレットを見る機会に接しました。パラッと見た限りなのですが、10年近く前に”ベンチャー”という言葉がはやったときに出していた内容とほとんど変わりが無いのでは…というのが正直な感想でした。もちろん起業支援は今後も必要だと思うのですが、ベンチャーとかフリーランスとか、時代と共に色々な言葉が生 [続きを読む]
  • ブーイングも大歓声も無し
  • 昨日は仕事中であっても途中経過が気になっていた人が多かったのではないかと思われるWBCですが、選手たちが帰国したことが報じられています。 ◆侍ジャパンが帰国、300人以上が整然出迎え ブーイングも大歓声もなしブーイングが無かったというのは、まぁ何というかホッとしたというのが個人的感覚なのですが、大歓声も無かったというのが、やや引っ掛かりがあります。これって無言の圧力なんでしょうか…。逆にこれって選手 [続きを読む]
  • 仕事の限界。。。
  • もともと能力が足りないとか、時間が無いとか、仕事を滞留しているとか…といった原因で限界を感じる時はもちろんあるのですが、この時期は  花粉症で仕事の限界を感じます。高校生のときに花粉症用の飲み薬で見事に当たってしまい、それ以来花粉症用の薬は怖くて飲めない状態なんですよね…。このため、涙と鼻水は出っ放し、くしゃみは一度始まると3回くらいしないことには止まらないという状況に陥っています。集中力を維持す [続きを読む]
  • 以前は毎日やっていたのに、今となっては忘れている。
  • 法律相談において、画像を見てもらいながら話を進めた方が良いと思い、サポートが切れているXPマシンを使おうと、会議室に配置してみました。(もちろん、ネットには繋がず、スタンドアローンです)しばらくほったらかしだったので、果たして動くのかなと心配だったのですが普通に起動し一安心と思っていたのもつかの間、PWの入力画面が…。5回打ち込みましたが、全て失敗です。2年くらい前まで毎日使っていたのに、PWを思い出す [続きを読む]
  • 代理人として受任した認識が無い場面はある?
  • 世間一般の認識とはずれてしまうこと承知なのですが、代理人として弁護士名が記載されているけどその弁護士は受任した記憶が全くない!という場面は弁護士業界では結構あったりします。典型的なのは、複数名の弁護士が所属している法律事務所の場合、依頼者から実際に話を聞いて手続きを進めていく担当弁護士は1〜2名であるものの、対外的に提出する書面上には所属している全弁護士名が記載されていることが結構あったりします。こ [続きを読む]
  • うまく利用できないかな
  • いわゆるIT化により、人間の働く場所が失われるという話は最近よく耳にする話ですが、我が法曹界もその例外ではないようです。 ◆リクルート、人工知能による弁護士・法務の一部業務の自動化サービスを提供するLegalogic Ltd.への出資を実施おそらくこういった話は業界的には歓迎されない話だと思います。ただ、止めることができないのも事実ですので、個人的にはこういった人工知能に乗っかったうえで、今の仕事に活用できないか [続きを読む]
  • 何だかよく分からない
  • 私は東京都民ではないので、あまり関心が無いのですが、職業柄、このようなタイトルがついてしまうとどうしても関心を持ってしまいます。 ◆石原元知事が発言訂正 小池氏に訴訟検討もこの記事だけからは、何を請求原因とし、どういった裁判を行うのかよく分かりません。穿った見方なのかもしれませんが、「訴訟するぞ!」とアピールすることで圧力をかけているのかなぁ…とも思ったりしていますが、果たして。。。◆弁護士湯原伸 [続きを読む]
  • 無言切り
  • 当事務所で運営しているWEBでは、・電話による無料相談は取り扱っていないことを明記しているのですが、あまり読んでもらえていないようで、1日1件は必ず電話での無料相談を要求してくる方がいます。電話での無料相談を受付けていないことを説明すれば、たいていは納得していただいて電話応答を終えることができるのですが、ときどき「ちょっと聞きたいだけ」とかいって粘る人がいたり(私はこういった方は逆に意地でも回答しない [続きを読む]
  • とある昼下がり
  • 今日は裁判所へ出頭するため近鉄電車を利用しました。行も帰りも聞きなれない言葉があちこちで聞こえてきましたが(団体の観光客がそこまで大声出さなくても聞こえるやろ!と思うくらい大声でした(笑))天気が良く暖かいせいもあり、すぐに睡魔が訪れ…変に言葉の意味が分かってしまうと、聞き耳を立ててしまい寝られないこともありますが、分からないと全く気になりませんね(苦笑)。なお、暖かい日が続くということはそろそろ [続きを読む]
  • あらためて反省(初心にかえる)
  • 今月は、極端に仕事が集中する時間帯と、極端に何もない時間帯に二分されており、極端に仕事が集中する時間帯はややてんぱっています。ちょうど、この集中する時間帯にかかってきたクライアントからの電話応答の際、どうも私の受け答えが冷たかったらしく、後日クライアントより「何か気に障ることでもいいました?」と問い合わせを受けてしまいました。そのクライアントさんは、ノリと勢い(?)で対応する私のやり方が好きなよう [続きを読む]
  • 就職の機会差別?
  • 司法改革の申し子ともいえる法律事務所が、東京弁護士会の就職説明会に参加できなかったとして訴訟を行っていたようです。 ◆○○法律事務所が敗訴 東京地裁、就職説明会拒否は「合理的」(※○○はあえて伏せています。配信報道は実名です…)弁護士会の就職説明会は、法律事務所であれば誰でも参加できるわけではなく、一定の参加基準があるんでしょうか?初めて知りました。ちなみに、上記法律事務所は、昨年の大阪弁護士会の [続きを読む]
  • 民事控訴審から受任する?
  • この前、知人より地裁の判決に不服があるので、控訴審から依頼したいという人がいるのだが引き受けてもらえるだろうか…というご相談を受けました。よくあるパターンとして、一審をいわゆる本人訴訟で対処したため、今度は専門家に依頼したいというものがあり、こういった場合は、内容を精査したうえで受任したことは何度か経験しています。しかし、一審に弁護士が付いていた場合はかなり慎重になってしまうなぁ…というのが私の正 [続きを読む]