chobi さん プロフィール

  •  
chobiさん: あっさり塩味
ハンドル名chobi さん
ブログタイトルあっさり塩味
ブログURLhttp://blueorange.sugo-roku.com
サイト紹介文カメを中心に、我が家の動物達の話。トウブハコガメ、クロヤマガメ、色変スライダー、アカアシガメetc
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/12/11 11:22

chobi さんのブログ記事

  • 隠し持った図太さ
  • フロリダアカハラ、久しぶりに見たら剥がれた箇所はだいぶ塞がっているが、まだ一部傷付いてる。現時点で調子を崩している様子はないので、自然治癒するとは思うが。 こっちがちょっと動いたら殆どの個体がドボンする中で、反応が鈍い奴ら。 カロライナクーター、意外と逃げない。ここに移した当初は憶病だったが、1〜2年かけて環境に慣れると図太い一面を見せ始めた。思い返すとフロリダアカハラもそんな感じだった。PseudemysはT [続きを読む]
  • そろそろ10年選手
  • アルゼンチンクジャクガメもぼちぼち動き始めた。窓越しに日光浴。 2008年秋に飼い始めて、その時点で少し育ってたから、丁度9歳くらいか。2008年なんてついこの間のように思えるが、着実に歳を重ねてるね。カメも飼主も。 [続きを読む]
  • 年を追う毎に増す貫禄
  • 昨日の大雨でまた気温が下がってしまったが、今日は再び快晴。 昨秋で20歳になった非純血キバラガメ。大学受験直前に買ったのがついこの間の事みたい(白目)。 17〜18歳のアカミミガメ雄。大学時代に買ったのがついこの間の(以下略)老成個体が人の目に魅力的に映るのって、カメの不思議なところだと思う。大概の動物は、一生で一番美しい瞬間を切り取ろうと思ったら、ほぼ確実に若い頃だろうから。 [続きを読む]
  • 元気印
  • なかなか春らしさが訪れなかったが、ここ何日かでだいぶ気温が上がりつつある。屋外組も活動し始めた。 冬が明けると、真っ先に寄って来るクサガメ。毎年、元気な様子が見えるとホッとする。 [続きを読む]
  • リアルタイムで追う作品が打ち切られた時の絶望感
  • 最近面白く読んだ漫画。 『白衣さんとロボ(1)』(柴 竹書房)『おおきなのっぽの、(1)』(柴 講談社)最近知った作家さんで、現在この2作を同時に連載中。おおきな〜は身長170cmの小学4年生を中心に回る日常系。子供心の書き方が巧い。白衣さん〜の方は人間とロボットの同居生活という非日常な設定で、その日常を綴る不思議なコメディ。いずれの作品も作者の好みなのか、キャラの造形以外は色々と昭和テイスト。絵も昔の少年誌っ [続きを読む]
  • さいたま養殖魚まつり 2017 春
  • 日曜日、今年も行って来た。さいたま養殖魚まつり。前日に殆ど眠れず、眠いのを我慢してまで行こうか迷ったが、とりあえず行った。どうしても我慢出来なかったら引き返すつもりで。途中で仮眠を少し取って、着いたのは13時半を過ぎた頃。流石にもう客も魚も少なくなっていた。 やっぱり頑張って早く来た方が良かったか。しかし、眠気を我慢して来た甲斐があり過ぎる結果が後に待っていた。 柳出目金かと思ったら、何か違う。販売 [続きを読む]
  • 狂えますか?
  • 某アクアショップに行ったら、数ヶ月前に大量入荷していたモンキヨコクビのベビーがかなり減っていた。最初の頃は30匹以上いたのが10匹以下に。20匹以上売れた訳だ。御存知の通り、モンキはかなりの大型種。数年間はともかくとして、最終的には90cm水槽でも手狭になる(加えて冬場の加温も必要)。90cmより大きな水容器を自宅に設置する人間は、魚や爬虫類に興味無い人達からすれば狂気の沙汰に映ると思う。そんなある意味狂った人 [続きを読む]
  • 新創刊の本は大抵2号か3号で止まる
  • ルナティックドラゴンvol.1を古本屋でゲット。vol.2は増刷もされてるのに、vol.1は発行部数が少ない上に増刷もされておらず、なかなか見かけない。個人的に初めて見た。内容的に増刷するには都合の悪い理由でもあるんですかね。 今となっては古臭さを感じる部分もあるが、面白い1冊。 [続きを読む]
  • 喜びも束の間
  • ダイソーで丁度良いケースが買えた。さあ飾ろうと箱を開けたら、爪が1本折れてた。ある程度大きいフィギュアは、持ち運びに気を遣わないと駄目だな。同じものを購入したい方は、あらかじめ自前で緩衝材でも用意しといた方が良いかなと・・・。 ま、飾る分には問題ナッシングよね。 [続きを読む]
  • 10万円単位で悩む人達、数千円で悩む私
  • 基本的に見るだけのつもりでいたが、思わず買っちゃった戦利品。 一般に流通するワニのフィギュアって、何を参考にしたのか曖昧で、何ワニなのかさっぱり判らないものが多い。そんな捻くれた私の目に飛び込んで来たこれ。ワニのフィギュアで、生まれて初めて『欲しい!』と思えた。 一目でコビトカイマンと判る造形。これだけ丁寧に作られていながら、値段的も良心的。ちょっと悩んだが、閉場間際に結局買っちゃった。カッコ良 [続きを読む]
  • 混沌、それ以外に何を言えばいいの?って感じ
  • 人生39年目、生まれて初めてホビーの祭典・ワンダーフェスティバルに行って来た。名前だけは以前から知っていたが、私の仕事は土日休みに当たらない事が多く、週末に開催されるイベントに行ける事自体が少ない。しかし、今年から勤務シフトが毎週土日休みとなり(今の職場では初めて、個人的に12年ぶり)、週末に出掛け易くなった。再び勤務シフトが変わる事もあり得るし、今のシフトが続く内に色んな場所に出掛けてみようと思って [続きを読む]
  • 第48回全日本総合錦鯉品評会
  • 全日本総合錦鯉品評会を見に、平和島まで行って来た。錦鯉を良く解ってない人間が、自分の感性を頼りにレポート。 迫力モノの三色がいっぱいで眼福。 品種は「丹頂」となっていた。この色彩でも丹頂扱いなのね。 少し変わった色彩の写り物。凄く良い。 会場で緋写は割と見るが、赤べっ甲は少ない(少なくともこれまで自分が何度か訪れた中では見た記憶がない)。緋写ばかり見た後だと新鮮。 非常に整った模様のドイツ三色。 [続きを読む]
  • 雌雄差もイメージに大きく関わるから
  • 我が家のキバラマルガメ6匹の中で最も我の強かったオスだが、個体間の力関係が変わったようで、最近は他の個体に押しのけられている。昨秋にヒーターを入れた頃から、餌を食べるところを1度も見ていない。外傷は見当たらない。何があったのかね。 単独飼育に切り替えたところ、すぐに餌を食べ始めて一安心。ただ、以前は速攻で完食してたのに、今は食べ残したり、目の前に餌があっても無視してしばらく後に食べたりと、やけにムラ [続きを読む]
  • 2016年正月からもう1年経ったの?
  • 明けましておめでとうございます。年末年始は普段見ないテレビを両親兄弟と一緒に見て過ごすのが、ここ数年の我が家のお約束。紅白はイエモンがカッコ良かった。若い頃の私は(世代的にドンピシャなのに)イエモンの良さがイマイチ解らなかったが、再結成を機に目覚めて、昔の曲をあれこれ聴いてます。ちょっとした事でモチベーションが上がったり、下がったり、ブレブレのカメ人生も何時の間にか30年。私の性格上、ふとカメへの情 [続きを読む]
  • 2016年もあとわずか
  • 今年は、例年に比べてショップに足を運ぶ機会が減った。ここ10年ほど、休日は毎週のように首都圏の爬虫類ショップやアクアショップを回っていたが、最近は家でyoutubeを見ながらダラダラと過ごしてしまったり、出掛けても近場で済ませてしまいがち。一番の理由は歳のせいだが、近年は通販禁止に加えてイベントの多様化が進み、普段から積極的にショップに行く意味合いが薄れてしまった。たまにイベントに行けば、下手に店を回るよ [続きを読む]
  • 本能に目覚め始めた?
  • 一気に冷え込んでカメ達も冬眠モード。 少し気温が上がった日に水換えしたら、アルゼンチンクジャクガメのオスがメスに乗っかる素振りを見せた(カメラを用意する前に止めてしまったが)。今年の秋以降、これまでになくメスの周りをうろつく事が多い気がする。 [続きを読む]
  • 懐かしい画像
  • 熱心にトウブベビーを育てていた頃の画像。アメハコはそれなりに高温(28〜32度くらい?)をキープしないと、成長のスイッチが入らない。 エミートは超熱いので、その真下にタッパを置くのは厳禁。 たまにこうやって強制乾燥。 [続きを読む]
  • さいたま養殖魚まつり 2016 秋
  • 去る11月3日、また今年も加須に行って来た。春と秋の恒例、さいたま養殖魚まつり。 看板の文字がヨレヨレに見えるのは画質が悪いからじゃなくて、本当にヨレヨレの字だった。訳アリで急遽作ったのかしら。 自分で掬って買えるものは争奪戦。昼過ぎまでは近くで見るのも一苦労。 平賀和金は何時見ても凄い。思わずシャッターを切ってしまう。 良い更紗の血筋を維持していらっしゃるのだろう。オランダや琉金も凄く綺麗。 ク [続きを読む]
  • 貝をあげるなら小さ目のを
  • 何でこんなに気温が低い日ばかりなの?特に温帯産の種は来年に影響しそうで怖い。 普段あまり紹介しないハナナガドロガメ。5匹(CBメス3、WCメス1、WCオス1)を、長いものはかれこれ10年飼ってるが、産卵すらしていない。繁殖を狙うなら通年無加温は厳しいのかな。単に飼うだけなら、相当に容易な部類。ハナナガ特有の食べ方なのかどうか知らないが、この小さな頭で何とか頬張れるような大き目の巻貝を与えると、噛み砕く事もせず [続きを読む]
  • 頭が小さくてもいいじゃない
  • 今年に入って、WCクサガメの大型個体が大量に流通している。欲しがるのが人情だと思うし、入手する事は否定しない。手間暇と金をかけて、なるべく長く飼ってあげて欲しい。巨頭化したクサガメが魅力的なのは理解出来る。私も欲しい。しかし、結局これまで飼った事がない。入手する機会があっても、結局飼わない道を選んでしまう。単に私が臆病なだけかもしれないが。飼育下で、クサガメの頭を野生個体並に巨大化させるのは、ハッキ [続きを読む]