chobi さん プロフィール

  •  
chobiさん: あっさり塩味
ハンドル名chobi さん
ブログタイトルあっさり塩味
ブログURLhttp://blueorange.sugo-roku.com
サイト紹介文カメを中心に、我が家の動物達の話。トウブハコガメ、クロヤマガメ、色変スライダー、アカアシガメetc
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/12/11 11:22

chobi さんのブログ記事

  • 浮気相手を探しています
  • 昨年の東レプで購入したビルマヤマガメ(仮)の近況。甲羅が苔だらけで見苦しかったので、撮影用に少し綺麗にした。 購入当初13cm、現在16cm。クロヤマガメならではの図太さはまだ隠したままだが、流石に1年以上経ってだいぶ馴れ、食欲も昨年より上がった。飼育開始当初からホオアカドロガメと同居させているが、ホオアカ冬眠中はハコヨコ達の雑居水槽に移していた為、少し伸び悩んだ。冬場もこいつメインの飼育で早く大きくした [続きを読む]
  • 合掌
  • クリーパー78号購入。リチャード・ゴリス氏が亡くなった事を知った。高田栄一氏や千石正一氏らと共に、日本の爬虫類飼育黎明期を語る上で欠かせない人物。ネットのない時代に、知的欲求を満たす為に図書館で探した爬虫類関連の書籍には、ほぼ高田氏、千石氏、ゴリス氏の名前があった。爬虫類が忌み嫌われていた時代に、愛玩動物としての魅力を見出し、普及に努めた氏の功績は多大なものがある。氏の文章で思い出すのは、やっぱり『 [続きを読む]
  • 想定外の冷夏
  • ここ1週間で部屋のエアコン付けたのが1回。盆の時期にこの涼しさでは・・・。サイズアップを狙いたい個体がいるのに台無しだよ。肌の調子が悪い時には有難い涼しさだが、やはり夏はそれなりに暑くなって貰わないと。 [続きを読む]
  • あの日々を取り戻せ
  • 今年は都合が付かずJRSはなし。さて、カメと関係ない話で申し訳ないのですが。3年前から大分落ち着いていたアトピーですが、昨年から少しずつ調子を崩し始め、ここ1〜2ヶ月で一気に悪化。自分の中で最悪が10とすると現在8〜9くらいのレベルです。昔よりも食事に気を遣うようにはなりましたが、一方で甘いものが止められない悪い癖が自分にはあります。人一倍食事に気を遣っているにもかかわらずこのザマという事は、糖分の採り過ぎ [続きを読む]
  • 小遣いを切り詰めてALとFMを何とか買ってた
  • 本棚を見ていて、ふと思い出して手に取ったアクアライフ1993年11月号、故・千石正一氏の連載『Reptiles&Amphibians Gallery』より。 こんなに判り易いフロリダドロガメのカラー写真が、全国の書店で流通する月刊雑誌に、24年前には既に紹介されていた(私が知らないだけで、写真自体は更に古くて、使い回した可能性も?)。同じページにミシシッピドロガメの写真もあり、特徴も比較して覚え易い。当時ないしそれ以前からこの趣味 [続きを読む]
  • 在り、居る
  • 2008年6月に転職し、今の職場で丸9年。同時期に一緒に期間社員から正社員に登用された人達の中には、ここ2〜3年でポツリポツリと退職者が。良い転職先がない限りは素直にここで働いておけば・・・と個人的には思うのだが、辞める人の気持ちも勿論解る。短い人生で、良い環境に巡り会うのは本当に難しい。 21年目のキバラガメ♂。我が家の環境は彼にとって理想的ではないかもしれないが、輸入されて来る途方もない数のベビーから20 [続きを読む]
  • 違うよ。全然違うよ。
  • アメリカヌマガメは前年からの古い甲羅が剥け、今の時期が一番綺麗。 テネシークーター4態。背甲の模様は乱雑な個体もいれば、ほぼ同じ方向に流れる個体まで様々。意外と甲羅の形にも個体差があり、ペニンスラークーター程ではないが山なりになる個体もいれば、カロライナ並に平べったい個体も。 カロライナクーター2態。カロライナは模様が乱雑な個体が多いように思う。甲羅は軒並み平べったい。この形とオレンジの模様とが相 [続きを読む]
  • まだいたんだなぁ・・・
  • うちの庭にニホントカゲがいた。カナヘビはちょくちょく見掛けるが、ニホントカゲは初めて見た。というか、我が家の周りに何もなかった私の幼少期と違い、今は壁を隔ててすぐに道路があり、周りは住宅街と化している。地面のアスファルト率も当時とは比べ物にならない。こんな環境にニホントカゲなどいる訳がないとずっと思っていたが、まさかの遭遇に目を疑った。我が家の周りはここ数年で出来た小綺麗な建売住宅ばかりで、カナヘ [続きを読む]
  • 東京レプタイルズワールド2017
  • 日曜日、行って来た。運悪く(短時間ではあるが)休日出勤に当たってしまい、家を出るのが遅くなった。着いたのは14時ちょっと前で、この時間ならすぐ入場出来るだろうと思ってたら、まだ当日券を買うのにかなりの行列。やはり東京の熱気は一味違うな。会場内ではあちこちでアルゼンチンクジャクガメのベビーが見られたが、軒並みクォリティ高かった。あと最近まとまって入荷しているハナナガドロガメもかなり綺麗な個体が多い。こ [続きを読む]
  • 目を引くのはやはり大型種
  • 取扱業の更新絡みで視察に来た保健所の人が一番びっくりしていたのはインドシナオオスッポン。まあ、我が家のカメの大半は20cm足らずだし、他の水槽はアオコで中が見えなかったりするから、水槽の横から見えるこの個体は目に付くと思う。 しかし、飼主的にはもう少しサイズアップしたい。30cm足らずで止まるようじゃ・・・。 [続きを読む]
  • 何度でも撮りたくなる
  • 動物取扱業の更新が今月末に控えていて、先週から書類作り。今日は保健所の視察があり、無事に終わった。これでまた5年は大丈夫。 天気が良いと、つい撮影したくなるフロリダレッドベリー。何でこんなに綺麗なんだろうと何時も思う。例年春先に調子を崩しがちだが、今年の春は室内に取り込む事なく済んだ。早く傷が塞がって欲しい。 最近はめっきり輸入されなくなってしまった。流通量が増えれば遺棄も増えるだろうし、品薄なく [続きを読む]
  • とにもかくにも甘かった
  • 金魚が全滅した。養殖魚まつりで購入した和金3尾を導入後、どうも水質が安定しない。連日、普段以上に気を遣ってたのに、日を追う毎に水が濁って行く。今年の春は例年より昼夜の温度差が激しい気がしているが、それが追い打ちをかけた?6〜7年飼って来た更紗和金、個人的に最もタフな金魚だと思っている庄内金魚までもが立て続けに死に、新規導入の和金もポツリポツリと。結局2週間足らずの内に全滅。今まで金魚の新規導入で大きな [続きを読む]
  • 良いカメだが基本的に語る事がない
  • クリイロがノコヘリのオスにやられてしまい、しばらく前から隔離中。ノコヘリのオスが年々荒くなり、最近他個体が被害を受けがち。ノコヘリは繁殖させる予定もないので、手放す事も考えている。 左が隔離直後、右が約1ヶ月後。少しずつ塞がってる。 先々週、突然ケース内が真っ白に。想定外の産卵(&破壊)。3日間連続でポツリポツリ産み、計7〜8個くらい?クリイロのオスはいないのでどのみち孵化は無理だが、今後どうしようか [続きを読む]
  • 隠し持った図太さ
  • フロリダアカハラ、久しぶりに見たら剥がれた箇所はだいぶ塞がっているが、まだ一部傷付いてる。現時点で調子を崩している様子はないので、自然治癒するとは思うが。 こっちがちょっと動いたら殆どの個体がドボンする中で、反応が鈍い奴ら。 カロライナクーター、意外と逃げない。ここに移した当初は憶病だったが、1〜2年かけて環境に慣れると図太い一面を見せ始めた。思い返すとフロリダアカハラもそんな感じだった。PseudemysはT [続きを読む]
  • そろそろ10年選手
  • アルゼンチンクジャクガメもぼちぼち動き始めた。窓越しに日光浴。 2008年秋に飼い始めて、その時点で少し育ってたから、丁度9歳くらいか。2008年なんてついこの間のように思えるが、着実に歳を重ねてるね。カメも飼主も。 [続きを読む]
  • 年を追う毎に増す貫禄
  • 昨日の大雨でまた気温が下がってしまったが、今日は再び快晴。 昨秋で20歳になった非純血キバラガメ。大学受験直前に買ったのがついこの間の事みたい(白目)。 17〜18歳のアカミミガメ雄。大学時代に買ったのがついこの間の(以下略)老成個体が人の目に魅力的に映るのって、カメの不思議なところだと思う。大概の動物は、一生で一番美しい瞬間を切り取ろうと思ったら、ほぼ確実に若い頃だろうから。 [続きを読む]
  • 元気印
  • なかなか春らしさが訪れなかったが、ここ何日かでだいぶ気温が上がりつつある。屋外組も活動し始めた。 冬が明けると、真っ先に寄って来るクサガメ。毎年、元気な様子が見えるとホッとする。 [続きを読む]
  • リアルタイムで追う作品が打ち切られた時の絶望感
  • 最近面白く読んだ漫画。 『白衣さんとロボ(1)』(柴 竹書房)『おおきなのっぽの、(1)』(柴 講談社)最近知った作家さんで、現在この2作を同時に連載中。おおきな〜は身長170cmの小学4年生を中心に回る日常系。子供心の書き方が巧い。白衣さん〜の方は人間とロボットの同居生活という非日常な設定で、その日常を綴る不思議なコメディ。いずれの作品も作者の好みなのか、キャラの造形以外は色々と昭和テイスト。絵も昔の少年誌っ [続きを読む]
  • さいたま養殖魚まつり 2017 春
  • 日曜日、今年も行って来た。さいたま養殖魚まつり。前日に殆ど眠れず、眠いのを我慢してまで行こうか迷ったが、とりあえず行った。どうしても我慢出来なかったら引き返すつもりで。途中で仮眠を少し取って、着いたのは13時半を過ぎた頃。流石にもう客も魚も少なくなっていた。 やっぱり頑張って早く来た方が良かったか。しかし、眠気を我慢して来た甲斐があり過ぎる結果が後に待っていた。 柳出目金かと思ったら、何か違う。販売 [続きを読む]
  • 狂えますか?
  • 某アクアショップに行ったら、数ヶ月前に大量入荷していたモンキヨコクビのベビーがかなり減っていた。最初の頃は30匹以上いたのが10匹以下に。20匹以上売れた訳だ。御存知の通り、モンキはかなりの大型種。数年間はともかくとして、最終的には90cm水槽でも手狭になる(加えて冬場の加温も必要)。90cmより大きな水容器を自宅に設置する人間は、魚や爬虫類に興味無い人達からすれば狂気の沙汰に映ると思う。そんなある意味狂った人 [続きを読む]
  • 新創刊の本は大抵2号か3号で止まる
  • ルナティックドラゴンvol.1を古本屋でゲット。vol.2は増刷もされてるのに、vol.1は発行部数が少ない上に増刷もされておらず、なかなか見かけない。個人的に初めて見た。内容的に増刷するには都合の悪い理由でもあるんですかね。 今となっては古臭さを感じる部分もあるが、面白い1冊。 [続きを読む]
  • 喜びも束の間
  • ダイソーで丁度良いケースが買えた。さあ飾ろうと箱を開けたら、爪が1本折れてた。ある程度大きいフィギュアは、持ち運びに気を遣わないと駄目だな。同じものを購入したい方は、あらかじめ自前で緩衝材でも用意しといた方が良いかなと・・・。 ま、飾る分には問題ナッシングよね。 [続きを読む]
  • 10万円単位で悩む人達、数千円で悩む私
  • 基本的に見るだけのつもりでいたが、思わず買っちゃった戦利品。 一般に流通するワニのフィギュアって、何を参考にしたのか曖昧で、何ワニなのかさっぱり判らないものが多い。そんな捻くれた私の目に飛び込んで来たこれ。ワニのフィギュアで、生まれて初めて『欲しい!』と思えた。 一目でコビトカイマンと判る造形。これだけ丁寧に作られていながら、値段的も良心的。ちょっと悩んだが、閉場間際に結局買っちゃった。カッコ良 [続きを読む]