uruka爺さん さん プロフィール

  •  
uruka爺さんさん: うるか爺さんの鮎釣りライフ
ハンドル名uruka爺さん さん
ブログタイトルうるか爺さんの鮎釣りライフ
ブログURLhttp://ameblo.jp/uruka-1212/
サイト紹介文鮎釣りを中心としたブログで、鮎釣りに関する薀蓄や釣り日記を主に記載。時には病気、医療関係も。
自由文鮎釣りでセカンドライフを楽しんでいます。
今では常識とされているような「名人」の理論に敢て逆説的に挑戦するような文章も記載しています。
決して否定しているのではなく、「別の視点から考えてみる」ということに挑戦したものです。
また、様々なアイデアも記載していく予定です。読者様のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/12/12 11:06

uruka爺さん さんのブログ記事

  • 「曳舟のオートターン機能」
  • 曳舟は2個持っており、いずれもオートターン機能を持っていたり、機能強化の 鉛を貼りつけたりしていますが・・・。 何度使用してもオートターン機能で助かった記憶が御座いません。 チャラセなどでは何度もひっくり返るので、ロープを持って元に戻したりする行動を 一日何度も実施しなければなりません。 オートターン機能の有用性に疑問を持ち始めました。 そもそも、発売前のオートターン証明実験のような流れでは、曳舟はひっ [続きを読む]
  • 「下付けイト接続部の編みつけ」
  • 下付けイトの接続部の編みつけはいろいろ変遷してきた。 最初はナイロン0.2号の2重や0.15号の3重などで作成していた。 ナイロンの方が滑りにくいからである。 しかし、ナイロンでは最後の結びコブ部の強度が落ちる気がした。 そこで、次にPEコンタクトという滑りやすいPEに滑りにくい表面処理をしたものを 使用・・・現在に至る。 ただ、このPEコンタクトにも欠点があり、髭出し部の塗装が剥げて強度が弱くなるのである。 [続きを読む]
  • 「50匹以上釣れたのに・・」
  • ここのところの安曇川広瀬はチビ鮎ワンサカ!です。 昨シーズンの1日平均釣果が30.9匹だったのに、今シーズンは24匹前後です。 原因は、昨シーズン安曇川広瀬でチビ鮎を沢山釣ったのをカウントしているからです。 初めて行ったパラダイス川でコンスタントに30匹以上釣れたのも大きかった。 今シーズンはどこの川もパッとしませんが、それでもある程度の釣果は確保できており、 とくに「釣れていない」という印象は無い。 ここ3回 [続きを読む]
  • 「曳舟ストッパーが竿にコンコン当たる」
  • 曳舟ストッパーはD社の卵型の小型を使用していますが、最近気になることが・・。 移動時に曳舟を引き寄せたりした時など、時々ストッパーが竿の下部にコンコンと 当たります。 気付いた時(数回)はイカリ状に広げている状態だったので、もしかしてイカリ状に 広げていると当たりやすいのかも知れません。 繰り返しているとダメージが蓄積するかも知れないので、次回から使うのを止めてみよう かとも考えています。 そもそも、あ [続きを読む]
  • 「鮎釣りと腰痛」
  • 腰痛や肩凝りには、なり難いうるか爺さんでしたが、最近腰痛が気になりだしました。 どうも、移動を頻繁にすることと関係がありそうです。 オトリを弱らせないようにと、なるべく多く水を入れたオトリ缶を担いで車と川を往復 していると、どうしても肩や腰や背中に負担が掛かります。 最近釣り場移動を頻繁に繰り返すようになったことが、腰を傷めた原因です。 重い荷物を常に同じ方の肩で担ぐようにすると腰椎がずれやすくなりま [続きを読む]
  • 「胸やけ(逆流性食道炎)のその後」
  • 1年半ほど前のブログで、ある療法の採用で胸やけ(逆流性食道炎)症状がピタリと 治まったと報告しています。 その方法とは 1、食前の野菜サラダ(野菜+米油(あるいはオリーブ油)+ポン酢) 2、胃腸の動きを活発にする薬・・・例:モサプリドクエン酸塩 3、プロトンポンプ阻害薬(胃酸分泌抑制)・・・例:ラベプラゾールNa錠 胃腸の動きを活発にする薬剤と胃酸分泌抑制薬は一見薬効が相反するように思えて、 普通、医者 [続きを読む]
  • 「初めてウグイをオトリにして鮎を掛けた!」
  • 今回の釣行で、ウグイをオトリに使ってみました。 オトリ用の鮎は曳舟には沢山入っていたので、ウグイをオトリにする必要性は全くなかった のですが、モノは試しということでやってみました。 以前にもウグイにハナカンを通したことはありましたが、鮎と違って、ウグイは泳ぎが 弱くて、底に沈んでくれないし、泳いでくれないので、すぐに使用を止めた記憶があります。 今回も、遊び半分でハナカンを通して、送り出したのですが、 [続きを読む]
  • 「漁協の情報に騙された!?」
  • 安曇川広瀬に釣行したが、3連休後で相当釣り荒れており、いつもなら絶対に良型鮎が 何匹かは掛かるポイントで、全く掛かりません。 これでは本日は期待できないと思い、日本海側の某河川の漁協に水状況を聞くと 増水はしているが、ささ濁りで(このささ濁りという表現が曲者)、釣れるよという返事。 1時間かけて移動して川を見ると増水で入川口が泥だらけで滑って危険だった。 これでは無理と判断して引っ返す際に漁協に立ち寄っ [続きを読む]
  • 「鮎ベストの傷みやすい個所が傷んでいないぞ!?」
  • 今までいくつも鮎ベストを買い替えて来ていたが、いつもすぐに傷む個所があった。 ポケット裏のこの部分である。↑ 新品を購入して数回使用でこの部分(メッシュ生地)がベルトに擦れて、毛羽立って きます。 ところが写真のベストはもう3シーズン目に入るというのに、全く傷んでいません! この部分が傷みやすいことをすっかり忘れていましたが、本日ふと思い出して 見てみたところ、全く擦れ傷がありません。 流石にメーカー [続きを読む]
  • 「鮎掛けバリのインプレ」
  • 私のメインの掛けバリはD社の「スピード」です。 これをメインにしたきっかけは「O社の一角」にあります。 たまたまこの一角という針を使った時に、不格好な針なのに(笑い)掛かりが早くて バレが少ないという印象を持ちました。 ところがこの針の先端部の傷みの早さといったら・・常に針先に気を使っていないと すぐに掛かりが悪くなったりバレたりします。 これと似た形で、掛かりが早くてバレにくい針は無いかと探して、見 [続きを読む]
  • 「電動歯ブラシによってこんなに違うの!?」
  • 十年以上前から電動歯ブラシを愛用しているuruka爺さんです。 手で磨くより随分綺麗に磨けます。 それでも、歯医者に行って歯石掃除や磨きをしてもらっても、数日後には歯に色素が 沈着し、歯石も生じてきます。 半年ほど前に歯医者に行った後思い切って電動歯ブラシを替えてみました。 それまではB社の丸い歯ブラシで回転運動する歯ブラシでした。 これでも最初は良く磨けて、感動モノでした。 しかし、上記通り、すぐに歯石は [続きを読む]
  • 「チビ鮎わんさかの安曇川広瀬」
  • 危惧していた状況になってきました。 チャラセであろうが荒瀬であろうが超チビ鮎(手指程度の大きさ)がわんさかと居て、 良型鮎が掛かる前にそれらが掛かって、オトリ鮎がヘロヘロになります。 チビ鮎でも何とかオトリになりそうな鮎だと、それなりに楽しめますが、ほとんどは オトリにならない超おチビちゃんです。 それでも近隣の釣り場の状況が悪いせいか、釣り人もわんさか押し寄せます。 「オトリにならないチビ鮎のオンパ [続きを読む]
  • 「アーマードを荒瀬で使ってみると」
  • 荒瀬釣りでは高比重の複合メタルをメインに使用しているうるか爺さんですが、 今回、試しに比重の軽いアーマードの0.08号を使ってみました。 昨年の安曇川広瀬の解禁日にアーマード0.06号を使用して荒瀬でも好釣果を 上げていた上手な釣り師を見て、気になっていたのです。 あんな荒瀬や急流では軽いアーマードではオトリが浮かされて流れに入って行かない のではと思っていたのですが・・・。 取りあえず、まずは実行してみてか [続きを読む]
  • 「複合メタル メタブリッドのインプレ」
  • G社の複合メタルメタブリッド0.06号高比重というラインを初めて使ったので そのインプレです。 先日の提灯釣りで使用したのですが、まず最初に釣れた良型ヤマメを取り込んだ際に ポケットから針ケースが落ち、そのシッテロープの螺旋部分に絡みました。 最初っからこれかよ! がっかりして絡みを解こうとしたが複雑に絡んでなかなか解けません。 苦労してやっと解いたら、やはり、パーマ状になっていました。 ラインはパーマ状に [続きを読む]
  • 「竿の節落ちはどうして生じるの?」
  • アユ竿以外では経験ないのですが、竿の節落ちって不愉快ですね。 節落ちし易い竿というのがあり、また、同じ節で節落ちすることが多いようです。 固着は滑り止めシートで解除することが出来るようになりましたが、節落ちは 注意して竿を伸ばしていても防げません。 購入したばかりの竿が一度でも節落ちしたり、節落ちしそうになったりすると、もう駄目です。 今後どうなるかが推測されるので、すぐに処分したくなります。 我慢し [続きを読む]
  • 「逆針購入で失敗」
  • D社のハリス止め一体型逆針の徳用を購入しました。 2号と3号です。 写真上が2号で下が3号ですがハリス止め部分は2号の方が太そうですぞ!? この商品「試し切り・検品済み」と記載されております。 本当でしょうか? 大いに疑問を感じています。 2号のハリス止めに0.8号のフロロを通してみました。 ラインの両端を持って思いっきり引っ張らないと入りません。 3号の方は逆に1.5号ハリスでもスポスポで止まりません。 これのど [続きを読む]
  • 「ドライタイツからウエットタイツへの衣替え」
  • 毎年ドライタイツからウエットタイツへの切り替え時期に悩みます。 先日の釣行では雨天だったことも有り、一応両方を用意して行きました。 まずはウエットタイツを履いてみて、寒くて震えるようならドライタイツに戻そうと いう考えでした。 しかし、ウエットタイツで全く寒くありません。 7月初旬から中旬に差しかかる頃ですが、もう全面的にウエットタイツに切り替えて 良さそうです。 正直、年中ドライタイツでもそんなに暑く [続きを読む]
  • 「G社鮎シャツKOKAGEのインプレ」
  • 炎天下で今年購入したG社のKOKAGEと称する鮎シャツを着てみました。 袖部の色が黒色なので、直射日光が当たると、通常は痛くなるほど暑いのですが、 確かに、宣伝文句通りの効果がありました。 メーカーの宣伝文句は鵜呑みにできないので、何でも自分で確認したい性分です。 今回の鮎シャツは確かに「熱線防止効果」がありそうでした。 むしろドライタイツの黒色部分が熱くて痛いほどでした。 タイツの上から白色のベストを着用 [続きを読む]
  • 「再度曳き舟ストッパーを作成する羽目に」
  • 先日砂利ガードを紛失した際に、実は同時に曳舟ストッパー網も紛失していたようで 昨日曳舟を積み込むまで気づきませんでした。 昨日は昨日でベストに入れていた竿袋をどこかで紛失するし・・・。 最近は色々な釣り具の紛失が相次いでいます。 気を付けているつもりなんですが、どうもボケが始まっているようです。 さて、悔やんでいても仕方がないので、早速対応します。 このあたりの切り替えは早い! 砂利ガードは既に発注し [続きを読む]
  • 「ハリ研ぎが上手く出来ない理由かも?」
  • 小型で携帯に便利な砥石を購入しましたが、どうもうまく研げません。 研ぎ方を映像でアップしているユーチューブを見て練習してみたが、それでも 「爪に吸い付くように刺さる」状態にはなりません。 当方手先は割合器用な方なんですが、どうも針研ぎだけは上手くできません。 ふと思いつきました。 これは砥石や砥ぎ方の問題ではなくて、針形状にあるかも知れないと・・・。 愛用のD社の掛けバリ D−MAX XP という針は [続きを読む]
  • 「5mm径のハナカンの販売が少なくなった」
  • 各メーカーの鮎釣りカタログを見渡しても、5mm径のハナカンが記載されていません。 D社の新製品などは5.5mm径のハナカンさえ発売していなくて、最小が6mmと なっております。 最近多いチビ鮎には5.5mm径のハナカンでさえ大きすぎて「可哀想」に思えます。 そこで、ネットやオークションで見かけたら買っておくことにしました。 1昨年までは5mmはもう使うことは無いので、在庫分は廃棄しようとさえ考えてい [続きを読む]
  • 「砂利ガードの片方を紛失」
  •  砂利ガードの片方を紛失 。 随分前にも一度砂利ガードを流失したことがありましたが、最近の砂利ガードは マジックテープの性能が良くなっているせいか、釣っている最中に外れたり流失 したりすることは無くなりました。 そういって、安心していたところ、陸上で服を着換えた後、車に仕舞う際に落としたようです。 レッグカバーを切って応用できないかと試してみましたが、締りが悪くてだめ。 仕方がないので、ショップに発注す [続きを読む]
  • 「使えなくなった瞬間接着剤を再度使えるようにする」
  • 2gの瞬間接着剤を最後まで使い切ることはめったになくて、ほとんどが途中で 固まって使えなくなる。 なるべく使える期間を長くするため、仕舞う前に上部口にティッシュを当てて下方向に トントンと打ち付けて、接着剤成分を下に降ろす作業をしておく。 こうしておくと接着剤の出口付近が固まらずに長く使えた。 そういった作業をしていても半分も使わないうちに出口部分が固まって瞬間接着剤が 出難くなる。 最初は針状のモノを [続きを読む]
  • 「なんと尺鮎ならぬ尺イワナが・・」
  • 渓流釣りで尺ヤマメは今まで2匹釣っていますが、イワナの尺オーバーはまだ釣ったことが なかった。 それが、何と今回のアユ釣行で釣れたのです! クーラーに氷を入れて持ち帰ったのでいくらか縮んでいる筈ですが、それでも 30.5cm有りましたぞ! 今回に関しては、外道っちゃー外道なんですがね・・・。 某川の急瀬で掛かって、ブッシュの下に入り込んだり、下へ下ったり、上へ登ったり 引っ張りまわされました。 掛かって [続きを読む]
  • 「今年は釣果目標を設定するかな・・?」
  • 釣果目標を設定すると目標が出来ていいという考えと、否定的な考えと両方あって 昨年までは釣果目標を決めていなかった。 昨シーズンは釣行日数32日で988匹と1000匹には若干不足まで数を伸ばすことができた。 1日平均30.9匹は、今までの鮎釣り人生の中でも最高の釣果ペースである。 一方今シーズンの途中経過は釣行日数22日で513匹・・・一日平均23.3匹である。 昨シーズンは安曇川の解禁日に100匹以上釣ったなどということがあっ [続きを読む]