キジ親爺 さん プロフィール

  •  
キジ親爺さん: 北さんのデジカメ散歩ビユアー
ハンドル名キジ親爺 さん
ブログタイトル北さんのデジカメ散歩ビユアー
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/tokoro_kita2454
サイト紹介文古希を迎えブログを立ち上げ、散歩道の里山の移り変わりとキジの生態を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/12/12 13:05

キジ親爺 さんのブログ記事

  • 山里に咲く
  • 最盛期を過ぎてしまった梅の花でしたがまだ十分楽しめました。畑の中になぜか大きな岩?塚なのか小さな祠もあり手入れがされていたら絵になったのに。 [続きを読む]
  • 常福院高水山
  • 青梅成木街道を名栗湖方面へ、青梅市の端れ飯能市との境界近くの山里へ。本来高水山山頂の常福音院不動堂で行われる「ささら獅子舞」が林道崩壊のため、麓の常福院で4.8〜9に行われるので駐車スペースがあるかどんなところか?下見に行ってきました。現地は成木街道から横へこの先行き止まりの子どもが3人位で高齢者ばかりで空き家もあるという10数軒の集落でしたが、まだ梅の花が咲いている静かな山里でした。あちこち石仏 [続きを読む]
  • 里山さんぽ
  • つくし誰の子すぎなの子、畑の天敵すぎな、根が強く秩父の芝桜も手をやいているようです。でもつくしは春を告げる野の山野草として土の中からかわいらしい頭を出しています。民家のすぐそばこの場では初めてきじとの出会い。タヌキと遭遇、15年ちかく散歩している散歩道、近くに幼稚園もありこんな近くにいるとは驚きました。犬かと思いましたが?まさかタヌキと出会えるなんてびっくりでした。こちらに気づきにらめっこ。きびす [続きを読む]
  • 散歩道の花たち
  • やっと春の暖かさになったようですが今日は昨日より風が冷たく寒さを感じる散歩道でしたが、春の花たちが華やいでいました。モクレンは明日にも開花しそうですお寺の庭のカタクリも開花しましたつくしも顔を出し始めました [続きを読む]
  • 久喜市育毛堀川の河津桜
  • 埼玉東の端久喜市に350本の河津桜が見ごろだというので行ってみました。一般道でのんびりと試算で時間でしたが渋滞で2時間30分、秩父路と違い市街地16号線は大型車ばかり、高齢者運転も疲れます。残念ながら見ごろを過ぎていたようです、また両岸とも住宅街のため撮りにくい。 [続きを読む]
  • 里山は春の装い
  • まだ寒い日が続いていますが散歩道の里山は日に日に春の装い。先日行った越生では小さなパックに6個くらい入り250円でした。だれも採る人がいません。早くも桃の花が開花 [続きを読む]
  • 梅の里・越生
  • 越生梅林を避けて川向こうの対岸の梅の里へ。過去には梅干し、梅の里で栄えたこの集落も生産者の高齢化と後継ぎの問題、梅の木も老木となり手入れも大変、いつまで梅が町を支えてくれるか悩んでいるそうです。この梅林の中を散策できるようにいま遊歩道を整備中です。 [続きを読む]
  • 狭山市・奥富のひなまつり
  • 早くも春3月、狭山奥富の広福寺に由緒ある梅を見に行ったら、ひなまつりののぼりがたくさんはた目いていた。奥富ふれあい館というところでたくさんのおひなさまが飾られていました。3月3日までなので先にご紹介します。他所では見られなかった竹取物語のような感じのかわいい変わりビナがありました。 [続きを読む]
  • 坂戸市・すみよし河津桜
  • 河津桜がどの程度咲いているか様子見にすみよしに里へ。今年は雨が降らず春一番から3番と大風と砂嵐の影響で花びらが吹き飛んでしまい、HP2分咲の感じはなくきれいな咲き具合ではありませんでした。まだ期間前ということで駐車場は無料でした。 [続きを読む]
  • 里山に咲く紅梅
  • 暖かいと思いちょっと薄着になり散歩に出たが、散歩道は思いのほか寒かった。大きな紅梅が目についたので近くに行くと意外と花びらが汚く、梅は遠くで見ていたほうがきれいなのかも。 [続きを読む]
  • 府中郷土の森の梅林
  • 昨日穏やかな日差しのもと満開の梅林を期待して初めて郷土の森の梅林へ。夜半からの春2番が思いのほか強く吹き荒れる中、園内は自分を含めてハイカー、写真を撮る人後期高齢者とおぼしき方たちばかり。梅の香りはいいが写真にするのは難しい。 [続きを読む]
  • 春一番の散歩道
  • 春がきたような散歩道、春一番が吹くとは思えない。ラジオのニュースでは強風でアクアラインが通行止めになっていると、のどかだった散歩道も昼近くになり強風が吹き荒れ乾いた畑の砂塵を舞い上げ、景色が砂埃に包まれ薄茶色に変わりました。あちこち梅も5分咲?ふきのとうも日増しに芽吹きが進んでいます突如飛び出したコジュケイの子どもたち帰り道春一番が砂塵を舞い上げ茶色の世界 [続きを読む]