和佳 さん プロフィール

  •  
和佳さん: PHOTO BLO 和佳
ハンドル名和佳 さん
ブログタイトルPHOTO BLO 和佳
ブログURLhttp://wadanoko.blogspot.com/
サイト紹介文長野県南部から歩いた足跡を写真とともに送ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/12/13 13:44

和佳 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 東京帝国ホテル
  • 縁あって椿山荘から東京帝国ホテルへ。まんざらここも縁の無い場所ではないが、入ってみるのは初めて。ロビーに大きなバラのオブジェ?これ全て生花で出来ている。シャンデリアと相まってこれだけで”帝国”に恥じない雰囲気を醸し出している。我々庶民がそうそう行く場所ではないが、全てのものがそれなりに高価な場所だ。ここも生涯の記憶の場所となった。 [続きを読む]
  • 椿山荘
  • 本日は椿山荘へ。息子の前会社行事や、娘の大学の謝恩会など何故か縁のある椿山荘。今日はここで顔合わせがあった。ロービーの様子。外はこの都心において緑多く水も流れ離れの庵ではそれぞれが家族だけで過ごすことが出来る。狸が住んでいるらしいが、狸が珍しいのではなくすんでいることが珍しい。生涯の思い出の場所となった。 [続きを読む]
  • 江口だんご本店
  • 知る人ぞ知る有名な団子屋さん。息子の嫁さんのお気に入りらしい。何というか通過交通の多い幹線沿いのどちらかというと寂しい農村地域にこの店がある。だけど、平日というのに多くの人たちがやってくる。…場所では無い、味だ。 昼食はここで妻と栗おこわ。旨かった。甘味も食べなければなので少々遠慮したが、旧家を移築したと思われる建物は品があって落ち着いて食事が出来る。 入り口の通りはこんな感じ。15年ほど前 [続きを読む]
  • 山本五十六記念館
  • ご無沙汰しました、半年ぶりのアップです。極めて私的ではありますが、家事、PC環境の不具合等あって久しく更新が出来ませんでした。PCは長年愛用したDELLのVOSTRO400が寿命、替わりにmauseのSSDタイプを新規に購入しました。家の中の片付けもあって、息子の部屋を片付けてPC部屋にして利用しております。さて、このめまぐるしかった半年の間にとうとう私もおじーさんににってしまいました。10月31日に息子の息子、つまり初 [続きを読む]
  • 2016 美里の桜
  • 中川村美里地区、よく見る写真の風景です。この日も多くの人たちがやって来ていました。西丸尾の桜の通り道、時としてこちらもマイクロが路駐でがんばっています。四季を通して絵になる風景ですが、実際に生活をしておられる方がいますから古い昔からこの風景が続いているのだと思います。日本の風景らしい風景。 [続きを読む]
  • 2016 西丸尾の桜
  • 相変わらずすごい人が来ていました。昨年からはマイクロバスを仕立てて団体でやってくる。○○先生と撮る桜ツアーなどと書いてあります。相変わらず見事な桜です、色、樹形、…見事。あいにく空が青くないのが残念ですが毎年楽しませてくれる桜です。満開前の見頃、ベストでした。 [続きを読む]
  • 2016 西岸寺 伊那三女の桜
  • 伊那三女の桜、言われある桜だが意外に知られていない。このお寺は参道がきっちりと整理され、山道を登って古くは人々が訪れていたと思われる。樹形は古いこともあって高くは無いが、相応の幹の太さとそのひねり具合を備えている。個人的感覚では地味な桜ではあるが、必見と思われる。 [続きを読む]
  • 2016 氏乗りの桜
  • 先週は色づき程度の状況だったが、今週行ってみればそれ相応の状況になっている。いわゆる見頃という状況だ。まだこれから樹形とすれば花の広がりによって大きくなるだろうが、それは満開。色合い、見頃とすればまさに見頃の状況だ。今年はスイセンが遅いのか、桜が早いのか?スイセンとの友咲きは見られなかった。 [続きを読む]
  • 2016 遠山郷 和田の御柱
  •  数えで7年に1度の御柱。過疎化が進む村部ではその引き手がいなくて困っている。前回と比べると随分と人は減ってしまったものの、それでも大通りいっぱいに広がる人の群れは、御射山祭りでは味わえなくなった人混みを形成し、賑わいを見せていた。私の記憶が正しければ、そもそも、御柱祭りは遙か昔、坂上田村麻呂が蝦夷征伐に向かう願掛けから始まる。諏訪大社に参拝後蝦夷征伐に向かい、その結果が良かったことから7年に [続きを読む]
  • 2016 薬師堂の桜
  • 身近な薬師堂の枝垂れ桜。東京に気を取られまだまだ飯田はと思っていたが、帰ってみれば飯田も真っ盛りになっていた。ちょっと不意を突かれたような飯田の桜、来週あたりが定点桜のピークとなるか。 [続きを読む]
  • 佐久平駅
  •  佐久平駅を見た。その前に佐久平は大変寒いところだった、飯田の1ヶ月前を走っている感じがした。佐久平は新たな市街地形成の目的で、周辺の整備、イオンモールの誘致と市街地開発の毛色が強い。浅間口側はマンションが建ち並び都心への住宅供給地化しており、少し離れても通勤が可能で駅周辺のP&R駐車場は満車の状況らしい。かがやきは停まらないが、あさま、はくたかで1時間20分ほど。残念なのは、コンコースを浅間口に移 [続きを読む]
  • 七久保の御柱
  •  こちらは七久保の御柱、花の里いいじま(道の駅で設置されている。)4月の2日が御柱祭のようだ。歳をとってくると御柱祭りがやってくるサイクルを短く感じて仕方がない。さらに気がつけば今年はうるう年。何ともこのサイクルは歳をとることの早さを知らせてくれる。と、七久保の御柱、私には生まれ育った里の御柱に比べると少々短い気がするが、子供の頃のインパクトが強く、小さい体で見た大きな柱がイメージで仕方がないのか [続きを読む]
  • 2016 宝剣岳 〜 千丈、間ノ岳
  • 昨年の年末から、仕事と義父の葬儀に追われ慌ただしい時間を過ごしていた。ここ4年ほどそのほとんどが仕事中心でカメラを構える機会を失っていたが、今年はフットワーク良く動きたいと思っている。3連休の時間的余裕が身体的にも精神的にも気分を和らげ、妻と久しぶりに足を伸ばして光前寺へ初参りに出かけた。ごらんの千畳敷カール、生活の中で南アルプスを見て今年の雪の少なさに残念さを覚えているが、千畳敷を見る限りは、積 [続きを読む]
  • 2015 初冬
  •  いよいよ紅葉も里に下りてきた。我が家の庭の状況だ。しだれ紅葉の繊細な葉が赤くなり出し、追いかけている緑との差が激しい。今年は例年よりも選定を早めに行ったので、少々勘違いしている傾向はあるが、外気が下がればちゃんと葉を落とすらしい。こちらは家の西側にある牡丹。牡丹と言えば冬の花であるが、家の陰になっているため外気は平均低い。だから相応の時期になれば花をつけるが、つぼみがたくさんついている中で先 [続きを読む]
  • 2015 大鹿クラフトまつり
  •  大鹿クラフトまつり、今年で2回目だそうだ。大西公園の一帯は秋晴れの太陽に恵まれ暖かく、広場はクラフト系独特の空気に包まれていた。紅葉の山々と南アルプス=赤石山脈の主峰「赤石岳」をバックに何とも自然に恵まれた情景だった。 主峰赤石、右から百間平、上って赤石山頂、縦走して小赤石、隠れている向こうに荒川三山が並ぶ。南アルプスなどという単語が当たり前になってしまったが、山脈の名を飾る主峰に間違い [続きを読む]
  • 大宮駅
  •  こちら埼玉県の大宮駅。大宮は大宮市と思い込んでいたが、さいたま市大宮区らしい。人口114,000人、日少し前の飯田市と同じくらいだ。しかしながらその年齢層は圧倒的に若く、駅前などは朝から音楽が流れた都会である。近代高架駅で、駅前同ラオを含め2階に合わせた歩道橋が巡っていて、そのほとんどが2階で真あることになる。新幹線乗り入れ、まあ、大都会の駅。車は1階層部分ですんでいるので、歩行をするにはすべて2階 [続きを読む]
  • 黒部渓谷鉄道 宇奈月駅
  • これは8月6日の画像、北陸新幹線黒部駅から車で15分ほどで富山地方鉄道から渓谷鉄道への乗り換え駅「宇奈月」に着く。この日は夏休みのせいもあってか、下界の黒部では想像もつかない人がこの渓谷にうじゃうじゃしていた。新黒部駅でも前回訪れたときよりは多くの人が乗降していたが、この谷の奥にこんなに多くの人がいるとは思いもよらなかった。渓谷とは言うものの、特別涼しいわけではなく、汗だくになっての宇奈月駅だった。黒 [続きを読む]
  • 中部国際空港 〜セントレア
  •  セントレアのデッキは炎天下くそ暑く、常時流れる汗にしてやられた。こちら先般宮崎行きに利用した、ANA DHC8-Q400。ボンバルディアだ。今世にプロペラ機と思ったが、以外に乗り心地は良く、個人的には気に入っている。こちらは離陸時、どことなく首の長い白鳥あたりが飛び立つ姿に似ている。翼下のエンジン部分に車輪が格納されるため、やたらとエンジン部分がでかい。しかしながら個人的には良くできた飛行機だと思う、航 [続きを読む]
  • B787
  • セントレア。中部国際空港。セントレア自体を探索に出かけたのだが、セントレアは観光スポット。駐車場は臨時でシャトルバスで移動、最も私が知らないだけで常識的に起こっていることなのだろうが?さて、駐車場へつくとすぐに787が停まっているのが見えた。確か787はやたらと出会えないはずと思いながらも、発着のことだったのか?デッキからの勇姿の一枚。ぱっと見思っているよりも小さく見える。が、そのカラーリングとともに最 [続きを読む]
  • 最古の現役駅舎?武豊線 亀崎駅
  • JR東海社長によると最古の現役駅舎といわれる、武豊線 亀崎駅。さて、どんなものか?ネット上で見る限りは、飯田線旧平岡駅を思い出させる画像であったが、現物はあっさりとしたごらんの状況。だが、切り妻の屋根の質素さは歴史を感じさせる。その古さには諸説あって、火災に遭ったがそれが駅舎までなのか?駅長宿舎だったのか?が、最古といわれればそう言うことが一番よいと思う。駅舎看板もご覧の通りだが、むしろ「JR」と言う [続きを読む]
  • 九州宮崎 日向市駅
  • はるばる九州は宮崎、日豊本線の日向市駅 。木造鉄骨のハイブリッド形式、耳川の杉の集成材を使った曲線美の屋根が特徴です。個人的にはバイオリンの胴体部分の構造に似ているように感じましたが。連続高架事業の代表選手と言っても過言では無いほど有名な駅です。 夜間になるとライトアップ。これでも控えめということでしたが、十分その中身を映し出しています。外壁は透明のおそらくガラス。隙間が空いていてそれが台 [続きを読む]
  • 北陸行 No3 黒部宇奈月駅
  • 北陸行第3弾、黒部宇奈月駅。黒部渓谷の入り口、富山地方鉄道に乗り換え終点が宇奈月駅、そこから黒部渓谷鉄道に乗り換えれば、あの黒部へ、鹿島槍の裏側へ回り込む。まさに黒部渓谷の玄関口になる。あっさりとした駅舎、言い換えれば割り切った玄関だ。地鉄は隣接し余裕を持って乗り換えられるだろう。駅舎を出てすぐにミュージアムがあり黒部の一通りが学べる。こちらは駅前にあるモニュメント、デザインは黒部ダムをイメージし [続きを読む]
  • 北陸行 No2 富山駅
  •  北陸第2弾、富山駅。話題、関連グッズのめちゃくちゃ多いE7系かがやきが入ってきたところ。 高架駅特有の構造で通りいっぺんの構造だが、橋脚部分は東西アルミ、南北和紙を挟み込んだガラスで覆われている。地場産業を生かした装飾、地域性を表している。ホームに設けられている柱、木の枝をイメージしたデザインで、昼間は明かり取りからのトップライトで、夜間はライトアップされて、駅舎外から見ると柱が強調され白 [続きを読む]
  • 過去の記事 …