YumiBooks さん プロフィール

  •  
YumiBooksさん: YumiBooks ブログ
ハンドル名YumiBooks さん
ブログタイトルYumiBooks ブログ
ブログURLhttp://www.yumibooks.com/blog/
サイト紹介文フランスと日本の往来早15年。YumiBooks代表 三浦ゆみのブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/12/15 02:47

YumiBooks さんのブログ記事

  • エネルギーを有難う!(皆に感謝)みなさんも是非
  • フランス大統領選で当選したエマニュエル・マクロン氏(39)が今日14日、第5共和政の第8代大統領に就任した。オランド前大統領に迎えられてエリゼ宮(大統領府)に入っていく姿は幾分緊張しているようにも見えたが、無事就任挨拶を済ませ、いよいよ新大統領としてのスタートが切られた。早速明日はドイツを訪問して、メルケル首相と会談する事になっているようだ。所で、私はマクロン氏、妻、ブレーン達を追った番組を見た後、とても [続きを読む]
  • こんなクリニック絶対行かない!
  • フランス大統領選、決選投票を2日後に控え、何となく落ち着かない私だが、マリーヌ・ルペンが選ばれない事を強く信じているので、今日は”有り得ないクリニック(開業医)”の話をしたい。日本とフランス他海外をを行ったり来たりしていると、日本に居る間に必ず済ませておかなけらばならない要件が多くある。その中の一つが体のチェックだ。歯の治療やお手入れに始まって、特定健診や血液検査、万が一どこか痛かったり具合が悪かっ [続きを読む]
  • 知らなかった!「徳を積む為」? 納得いかないな〜
  • 今回の旅行は、シェムリアプは初めてという息子(と言ってもかなり大人)と一緒だったので、私はガイド役をかって出た。アンコール国立美術館へ行ったある日の事だ。美術館は、滞在中のホテルから歩いて行ける距離にあったので、どうせならばと、綺麗に整備されていて気持ちの良い、カンボジア王家の別荘前の公園を通って行く事に。後で分かる事になるのだが、この公園の一画に、”プレアンチェック・プレオンチョム”というお堂があ [続きを読む]
  • 笑顔が見たいから値段交渉はほどほどが良い…..
  • ”これから、遺跡巡りでの情報や女性達の事、値段交渉で感じた事等、続いてアップしますね!”と書いてから、3週間が経った。私の ”ね!” は案外当てにならない。さて、何から書こう。賄賂の次だから、”値段交渉で感じた事”にしようかな。オールドマーケットやナイトマーケットで買い物をする時には、売り手と値段交渉をしてから、つまり、”値切って買う!”というのが、周知の事実となっている。私達日本人は、”値切る”とい [続きを読む]
  • シェムリアップ-その2″$10の賄賂”
  • 青年が”入国でお金が必用”と思い込んでいたのは、もしかして”この事かも?””続きは次回….” で終わっていたので、今回はその続きをお話ししたい。それは、”$10の賄賂”……….4年前とはすっかり変わっていた事の一番目が、シェムリアップの空港だった。入国審査のカウンターはあの頃確か4つぐらいだったと思うのだが、今は15くらい??に増えていた。だがそれにも拘わらず、次々と押し寄せる入国待ちの外国人達で、全てのカウ [続きを読む]
  • とても共感した、良い映画だった
  • 久しぶりに心に響く良い映画を見た。役者さん達の演技力が光った。そしてこの映画が実話に基づいたものであった事とフランスならではと思わせる場面も多く有り、日本との違いも理解できた。その映画は、…………フランス語のタイトルは “La dernière leçon”日本語のタイトルは”92歳のパリジェンヌ”フランスでは2015年に、日本では2016年に公開されている。映画の原案は、リオネル・ジョスパン元フランス首相の妹であるノエル [続きを読む]
  • この会見を見て初めて知った真実!そして人生への学び!
  • 2016年の今年も、残すところあと一日となった。あっという間の一年と言うけれど、364日の間には、皆、人それぞれ色々な事が起こったと思う。天災、テロや事件、事故、世界中には、今まだ癒されぬ悲しみと共に過ごされている方々がいらっしゃるかと思うと、年末年始は静かに過ごしたいと思うようになった。そんな折、友人と会話していると、彼女から”中村哲医師”の名前を聞いた。恥ずかしい事に私は、”ペシャワール会代表”の中 [続きを読む]
  • 日本人のレビュー(口コミ)が、一番信頼できまする‼
  • 今年ももうあと残す所半月となってしまった。あっという間の一年と言うが、私にとって今年はいつもの年より長く感じた。大学時代からの親友が、勤続35周年と言う事も有って、1週間の休みが何の気兼ねもなく(笑 ここが肝心!如何にも日本らしい)とれるというので、”ならば私が日本にいるうちに、二人でどこか近場へ行こうか”と言う事になった。4泊5日、どこへ行ったでしょうか?……….台湾でした。”計画は全てあなたに任せるか [続きを読む]
  • 又予想は外れた、ほら、国民は変化を求めている
  • 沖縄の話の続きの前に(早くしないと忘れそうだけど)私自身整理したいというか、気になる事があるので、今日はその話を。昨日、現フランス大統領のフランソワ・オランド氏(François Hollande)が、”来年春に行われる大統領選挙に出馬しない”意向を表明した。(皆ホッとしたに違いない!….失礼)先週の27日に行われた、中道右派野党・共和党の候補を決める予備選の決選投票では、フランソワ・フィヨン元首相が、アラン・ジュ [続きを読む]
  • リピート確実!沖縄(那覇)お勧めホテル
  • 政治の話題を離れて、久しぶりに旅行記をアップできて嬉しい。急遽決まった沖縄行き。初めての訪問に、11月と言えども、私の頭の中は”サンゴ礁の海”とひらひらと泳ぐ、鮮やかな色の”熱帯魚”のイメージが勝手に広がっていた。“期待を胸にいざ行かん!”………..飛行機は福岡から那覇直行便があるLCC、Peachで。福岡空港国内線のビル内は工事中らしく、とてもごみごみしていたが、LCC利用が今回で2度目の私は、いつもと勝手が違 [続きを読む]
  • パリはどこへ向かうのかな?
  • フランスTV2を見ていたら、観光客減少に悩むパリに”明るい日差しが見えた”(もう減少はない!みたいな)リポートが流れた。つい先日まで、中国や日本、アメリカからの観光客が激減し、セーヌ川クルーズの代名詞的な存在である、「バトー・ムッシュ」もガラガラの状態、観光バスの乗客もいつもの3分の1と言っていたのに、どした??まず先日まで言われていた観光客減少の深刻さだが………、ボートやバスがガラガラ状態というだけ [続きを読む]
  • ”2016年ノーベル文学賞「ボブ・ディラン」受賞”にブラボー‼!
  • スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長が、2016年のノーベル文学賞者を「ボブ・ディラン!」と発表した時、会場に集まっていた記者団が一瞬息を飲んだ後、”ウォ〜”と言って拍手をした。この様子は世界中に流されたと思うが、この記者団の驚きを見て、”やっぱり驚いたわね〜”といった感じで、ちょっと得意げにも見えた彼女の表情が、私はとても印象的だった。ところで、文学賞の候補と言えば、村上春樹氏。2006年に [続きを読む]
  • こんな男捨てたい‼ 1時間しゃべり続けたフランス人男性3人
  • 日本では、長い間、男性は寡黙が美徳とされてきた。私の世代、父親は一家の柱であり、日頃は多くを語らず、ここぞと言う時におもむろに口を開く。だからこそ、………….その言葉には重みがった。寡黙で硬派。役者に例えれば、昨年亡くなった高倉健や渡哲也といったところか。女性の中には、寡黙な男性よりおしゃべりな人の方が好きという人もいるだろう。好き好きだから、それはそれで良いのだ。全くどうでもいいことだが、私はチ [続きを読む]
  • 信じられない態度と8月最後の週末
  • 8月も残す所後4日となり、フランスの長期ヴァカンスも終わろうとしている。3週間〜5週間休んだ後に仕事を再開するのは、結構大変では?と思ってしまう。今、”Radio Swiss Jazz”を聞きながら書いているので、曲に聞き入ってしまい筆が(タイプが)なかなかすすまない………日曜日は大抵”Radio Swiss Classic”を聞く事が多いが、此方の方は「これは…ちょっと….」とボリュームを下げたりする事があるのに対して、“Radio Swis [続きを読む]
  • Venezia、ヴェニスへの旅はこうして始まった
  • 毎年同じことの繰り返しなのだが、8月に入った途端、イエールの街は、車の渋滞が増し、アパートはというと、早朝からテニスボールを打ち返す音が響き、甘やかし過ぎの赤ん坊は、祖母なら我儘が通る事に味をしめ、5分おきにウソ泣きを繰り返す。ここは普段、鳥の鳴き声しか聞こえないと言っていい程、静かな所なので、突然始まる喧騒を、なかなか受け入れる事ができず、今年も又逃げ出した。行先は、ニースから飛行機で1時間程で行 [続きを読む]
  • 素晴らしい日本をここで見た(その4−日本を探して)
  • これまでヨーロッパの各都市の美術館を訪ねて、展示してある日本の芸術作品を見て、”すごい!”と、展示物に見入ったのは今回が初めてでした。個人の収集による美術館と言う事で、どんなセンスを持ってらっしゃったんだろうかと興味津々であり、又、大好きなルネ・ラリックの作品が数多くあると言う事を知って行ってみる事にしました。その美術館の名前は、…………..Calouste Gulbenkian (カールスト・グルベンキアン) 美術館で [続きを読む]
  • 見落としがちなホテル内のレストラン(その3−これ真似てみて!)
  • 旅行先での楽しみの一つに食事がありますよね。ランチやディナー。滞在日数が限られているので、美味しい食事で尚且つ予算に見合えば嬉しいですね!アドバイザーなどの口コミを参考にして、人気のあるレストランなら予め予約したり…。ホテル内に3星レストランがあるような5つ星ホテルは別として、(例えば、パリの”Le Bristol”に泊まれば、ほぼ”Epicure”でディナーですが、それは例外として)普通なら、食事は出来れば”外で”と [続きを読む]
  • どの街の観光にも応用できる(その2−街を知る)
  • リスボンの空港に到着してまず最初にした事は、到着ロビー階にあるvodafone ショップでSIMカードを購入した事です。“リスボンの人って皆こんななの?”と、早くも”ここへきて正解だった”と思わせる程、男女二人のスタッフは親切かつ有能な方々でした。英語もバッチリでSIMカードの入れ替えからテストまで、すべてやってくれました。親切〜!実はこれが大正解……………….すぐに役立つ事となります。出口を出たすぐ前中央に、Ae [続きを読む]