三鷹の隠居 さん プロフィール

  •  
三鷹の隠居さん: Kodomoのこと
ハンドル名三鷹の隠居 さん
ブログタイトルKodomoのこと
ブログURLhttp://ibg-kodomo.blogspot.com/
サイト紹介文現在の日本の子供教育に関してビジネスコンサルタントの視点から様々な意見を提示し議論したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/12/15 10:30

三鷹の隠居 さんのブログ記事

  • 時間に敏感になる
  • 4時間ですぞ。キュウリとナスの浅漬けは。4時間あれば、かなり色んなことができます。生のナスとキュウリがちょうどいい浅漬けの漬物に変身する時間です。アウトプットは無理でも、インプット、特に命題(仮説)を持っている限りにおいては、様々な情報を収集することができます。連続しなくても、一日のうちから何もしていない時間を集めると4時間になったりします。最近、日本人は時間に対して随分と鈍感になったと感じます。他 [続きを読む]
  • 今年も8月15日に考えた
  • 今日も朝から雨、、、、日本は海外資産が潤沢にあるから将来的にも利子で食べていけるいう経済学者がいますね。でもそれは大きな間違いだと思います。資産は簡単に負債に転ずるのです。「カネ」や「モノ」に対してだけではなく、人は、自分の地位や仕事や権利をいったん保有すると、なかなかそこから離れたり、手放したりできません。自分の仕事やこれまで習得したスキルについても同じことが言えます。新しいことに変えるのは、今 [続きを読む]
  • 亀の手
  • 一人の良い女、一人の良い友人、一個の良い想い出、一冊の良い書物  ギルバート・チェスタトン(イギリスの作家)35年間会わなかった友人と今年の春から頻繁にコミュニケーションしています。良い友人がいるというのは人生を豊かにします。週末に「亀の手」を獲ってきたといって、冷凍にしてお土産に持たせてくれました。35、6年前、2人でよく釣りに行きました。釣れない時に友人は「亀の手」を獲っていました。しかし、私は [続きを読む]
  • 明石海峡
  • 昨日の明石海峡 〜 四国側より明石を望む蛸壺やはかなき夢を夏の月  松尾芭蕉夏の月が淡く照らすこの海の底、夜が明ければとらえられる身の上とも知らない蛸が、蛸壺の中で短夜(みじかよ)のむなしい夢を結んでいることだろう。夏休みに入り、賑わっているサービスエリアにいると、はかなき夢を感じる暇もない喧噪です。*** [続きを読む]
  • お日様、出てこい!
  • 家の中で待機中の梅梅漬けは3日の土用干しを経て、梅干としての自覚が芽生えてくるのです。リーダー不在とか、リーダーの育成ということが盛んに言われていますね。 でも、リーダーなんて勉強したり育成したりするものではありありません。キャリアが進むにつれて、本人が自覚していくものだと思います。要するに、本人の心構えの問題です。*** [続きを読む]
  • グレコギターの近況
  • 修理に出していたグレコギターが戻ってきました。電気系統の部品交換とネックのそりを調整してもらいました。このギターが戻ってきたら、最初に弾く曲は決まっていました。Led Zeppelin のデビューアルバムの一曲目 『Good Times Bad Times』(1969年)。最初に聞いた時の Jimmy Page のギターは衝撃的でした。YouTube には弾き方を指南する video がいっぱい up されています。半世紀がたって、Led Zeppelin も更に身近に感じるよ [続きを読む]
  • チャーリーの近況
  • 私の求めるレベルは非常に低いのですが、チャーリーにはウチで暮らしていく上で、最低限のルールは守って欲しいと思いつつ4年半が経ってしまいました。溺愛しているのではないのですが、どうしても甘やかせてしまいます。ついに、ドッグ・トレーニングに行ってきました。チャーリーの問題は、以下の通りです。隙あらばタオルや靴下をくわえて「ウゥ〜」と威嚇していうことをきかない。散歩中、すれ違う犬に吠えかかる。チャイムや [続きを読む]
  • (続)つけまつける号の近況
  • 純正マフラーが見つかったので交換しました。マフラーというのは車の一番後ろに顔を出しているパイプの部分だけのイメージですが、つけまつける号のエンジンはフロントですので、マフラーは実際エンジンに達するくらいの長さがあります。外に出ている部分(写真)はサイレンサー(消音装置)と言われる部分で、エンジンに達する部分はエキゾーストパイプといいます。今回交換したのはエキゾーストパイプの途中までです。つけまつけ [続きを読む]
  • つけまつける号の近況
  • つけまつける号のタイヤ交換に行ってきました。フロント・グリルに付いているクッション用のゴムも交換が必要です。ディーラーではやってくれないので、自分でやるしかないか?すり減っているタイヤ。 車の走行性能はある程度タイヤで決まります。 マフラーに穴が。日本の車検というのもいい加減なものです。見過ごしたわけですからね。幸い純正のマフラーが見つかったので、この週末に交換です。*** [続きを読む]
  • イネの成長
  • 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。若い時は謙虚でなくてもいいのですよ。自己主張していっぱいいっぱい痛い目にあって下さい。      後方は奈良の若草山 [続きを読む]
  • 減点主義はいかんぞ!
  • 自宅で焼いた150点のピザです 「減点主義(negative reinforcement)」か「加点主義(positive reinforcement)」かというのは非常に重要な問題です。日本では100点という満点があり、どんなに優れた解答をしても100点以上は評価されず150点なんてないのです。学校の試験では100点満点を目指します。つまり、間違ったりミスがあると100点から減点していく減点主義です。これでは、そつなく抜け目なく行動しリスクを避けるようにな [続きを読む]
  • 達磨さん
  • 達磨大師は禅の開祖とされるインドの仏教僧和顔愛語(わげんあいご)って言葉があります。和やかな顔でいつでも微笑みを絶やさない。優しい言葉を、適切な場面で話すことを言います。笑顔がいいリーダーに人はついていくものです。政治家だって同じ。どんどん人相が悪くなっていく政治家っていっぱいいますよね?(野党も与党も同じ)。その人の生き方が年を重ねるごとに表に出てくるのでしょう。教養のある政治家がいなくなった。 [続きを読む]
  • 1975年製のグレコ・ギター
  • 1975年マツモク製のグレコ SG330 です。先日、骨董品屋で見つけました。かなり汚れていたので、分解してシンナーで拭いたり、錆除去クリームを塗ったりして、外見だけはキレイになりました。マツモクとは松本市にあった松本木工という、もともとはシンガーミシンのキャビネットを作っていた会社です。70年代はグレコやアリアのギターも製造していました。当時のカタログを見ると、33,000円で売られていたものです。ピックガードは [続きを読む]
  • 37年前のレイバン
  • 35年ぶりに四国に行ったり、その当時の仲間が訪ねて来てくれたりと、自分のこれまでの人生を回顧する日々が続いています。37年前の6月に徳島鳴門のダイエーで購入したレイバンのサングラスを屋根裏部屋で見つけました(上の写真)。当時、月給が税込み10万円、レイバンのアビエーター・クラシックは12,000円でした。「最初のボーナスでレイバンを買う!」と決めていたのです。将来がどうなるか分からない。しかし、自分はここにい [続きを読む]
  • 働き方改革
  • 循環的変化 〜 今年も梅干の季節がやってきました「働き方改革」の議論には大いに疑問を感じます。日本の議論(経産省とかメディア、有識者・知識人と言われる人たち)では、ダイバーシティというカタカナ語を使いながら、男と女とか日本人と非日本人だと分類し、それらが混ざり合うことが進歩的で新しい働き方とする傾向にあるように思います。確かに、そういったこともあるでしょう。しかし、本質は、積極性のある前向きの人(主 [続きを読む]
  • 日本は第四の波に乗れるか?
  • アルビン・トフラー 『第三の波』 1980年アルビン・トフラーが『第三の波』を書いたのは1980年でした。トフラーは、現代文明が、第一の波(農業革命),第二の波(産業革命)に続く第三の波(情報革命)のうねりのなかにあるといったのです。私が『第三の波』を読んだのは、徳島にいた1981年か1982年です。恐らく当時の私は本の内容をほとんど理解することなく、ただ単に解ったような気になっていたのでしょう。35年後の今、再度読 [続きを読む]
  • 発心の地 〜 阿波鳴門
  • 鳴門市撫養川ほぼ35年ぶりに阿波鳴門に行って来ました。社会人になった最初の3年間は阿波徳島で過ごしました。つまり、私にとっての「here’s how it all started」です。四国八十八ヶ所を巡ることによって煩悩が消え願いがかなうと言われています。八十八ヶ所の阿波(1〜23番)は発心の道場と言われ、土佐は修行の道場、伊予に入って理を知り(菩提の道場)、讃岐で諸願成就です(涅槃の道場)。発心とは仏教に帰依しようとする心 [続きを読む]
  • 町のお巡りさん
  • 早朝の散歩をしていると、近くのマンションの前で若い女性が倒れていました。人が倒れているという状況って、ただ事じゃないわけです。あなたならどうするでしょう? 一目散にかけ寄るか、それともシカトするか。声をかけました。しっかりした反応はないのですが意識はあるようでした。うつむいているので表情はわからないのですが、酔いつぶれているようにも見えます。こちらは善意のつもりでも、「女性の敵」として大騒ぎになる [続きを読む]
  • サザエでBBQ
  • 連休最後はベランダでバーベキュー1881年(明治14年)、福沢諭吉46歳。外交政策論である『時事小言』を発表しました。「俚話(りわ)に、青螺(さざえ)が殻中に収縮して愉快安堵なりと思ひ、其安心の最中に、忽ち殻外の喧嘩異常なるを聞き、窃(ひそ)かに頭を伸ばして四方を窺(うかが)へば、豈(あに)図らんや、身は既に其殻と共に魚市の俎上(まな板)に在りと云ふことあり、国は人民の殻なり。其維持保護を忘却して [続きを読む]
  • 理想と現実 〜 ミートボール・ヒーロー
  • 過去に何度かブログに載せましたが、またまたミートボール・ヒーローの登場です。NYのロングアイランドのウィリス・アベニュー(Willis Ave.)に La Parma というイタリアンレストランがありました。仕事でロングアイランドに行くとほぼ毎回ここでランチとなります。ここのミートボールが絶品で、最後に食べたのはもう10年以上前になります。以来、何とか1ミリでも近づくことができないかと作り続けているわけです。 La Parma [続きを読む]
  • ハッピーアワー
  • 今夜のハッピーアワーはシューマイ シュウマイも家で作ると旨い! ハッピーアワーは、会社の同僚や友人と仕事帰りにリラックスして一杯やる時間のことです。マンハッタンだと、グランドセントラル駅やペンステーションから郊外の自宅に帰る電車の時間まで、5時頃から7時頃までの時間、駅の近くのパブでの立ち飲みが一般的です。時間に敏感なニューヨーカーは長居はせず、1〜2杯飲んだら足早に駅に駆け込みます。私はというと、 [続きを読む]
  • 麻辣茄子(マーラー・チエズ)
  • 麻辣の料理をもう一品。麻辣茄子(マーラー・チエズ)です。日本ではナスのピリ辛炒めと呼ばれているものです。中国では魚香茄子といったほうが通りがいいかもしれません。麻辣 = 花椒と唐辛子によるビリ辛の味付け。 茄子 = ナス。*** [続きを読む]
  • 那須高原のシイタケ
  • 那須産の巨大シイタケでポークステーキ那須まで先輩の様子を見に行き、東山道伊王野(とうさんどう いおうの)の道の駅で野菜山菜を手に入れました。 原発事故後の除染の関係からこのあたりではタケノコは売られていませんでした。空の青さと飛行機雲、田植えの準備をする田畑の緑の中で複雑な気持ちになりました、、。*** [続きを読む]