こましゃん さん プロフィール

  •  
こましゃんさん: 私目線。
ハンドル名こましゃん さん
ブログタイトル私目線。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ahbon
サイト紹介文デジタル一眼レフで撮った写真のブログです。街の風景や、道端の草花、空、猫、水鳥、etc.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供408回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2009/12/15 13:48

こましゃん さんのブログ記事

  • ハマナデシコ**キアゲハ
  • 6月20日撮影 市川市 万葉植物園「ハマナデシコ」を撮っているところへ飛んで来たのはキアゲハさん。花から花へと目まぐるしく飛び回っては吸蜜しています。長いストローでチューチュー。そこへもう1頭、仲間が飛んで来たのかと思ったら、これはキアゲハではなく、ナミアゲハ(夏型オス)。上にいるのがナミアゲハです。前翅の表に黒く塗りつぶしたところがあるのがキアゲハの特徴。ナミアゲハはその部分に縞の模様があります。そ [続きを読む]
  • 人見知りなアジサイ達
  • 葉っぱの間から顔を出し、「もう咲いていいですか?」と言いたげなアジサイ。6月9日撮影です。アジサイは日陰で見る色が美しい。木漏れ日のアジサイはこう見えて、実は青大将と仲良しなんです。こちらは参道でひっそり咲いているかわいいアジサイ。まだ若い木だからかもしれませんが、とても小さい花です。この時はひとかたまりで5センチぐらいでしたが、見るたびに少しずつ大きくなっています。↑は4日後の13日に撮影。微妙に開花 [続きを読む]
  • 新入り猫さん?
  • 6月13日撮影 中山法華経寺祖師堂のまわりでうろうろしているのは見慣れぬネコさん。立ち止まって境内を見回しています。たまたま散歩途中に立ち寄ったこの日限りのネコさんかと思ったのだけど、↑の写真はそれから6日後。法華堂の前でお昼寝していました。くつろいでいる様子は、ずっと前からここに居たネコさんのよう。居ついてしまったのかな? OM-D E-M5 + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 [続きを読む]
  • ハスは無くともヒツジグサ
  • 6月19日撮影 中山法華経寺 遅れているだけなのか、それとも不作なのか、ハスがまだいくらも咲いていない龍王池ですが、ヒツジグサは順調に開花が進み、梅雨時とは思えぬ日差しの中、ぴっかぴっかに光っています。目の前を通過して木の下にもぐった黒いアゲハは「クロアゲハ」にしては尾状突起が長いような。「オナガアゲハ」でしょうか?どこかにぶら下がっているのか、妙な姿勢でゆらゆら揺れていました。黒いアゲハは日向が苦 [続きを読む]
  • あらこーんなところに半夏生!
  • 6月18日撮影 市川市内 JRの高架下に「ハンゲショウ(半夏生)」を発見!葉が白くなっていない時には、何だかわからないただの雑草だと見過ごしていましたが、本当に夏至の頃に咲くのですね。だいぶ傷みが出ている中で、一番きれいなところを撮ったのですが、一昨日の雨風に打たれていったんは横倒しに。でもきょうは見事復活していました!ハンゲショウはドクダミ科ハンゲショウ属。↑はやはり高架下で咲いていた花ですが、「 [続きを読む]
  • 子猫ちゃんは興味津々
  • 6月18日撮影最近、駅の近くで、ネコさんが道を横切るところをたびたび見かけていたのだけど、この日はちょうど駐車場へ入って行くところを目撃。体の大きさからすると、まだ一歳未満でしょうか。車の陰から珍しいものでも見るようにじっとこちらを見つめています。首に革紐を巻いているので、飼い猫さんですね。奥へ向ってそろりそろりと歩いて行く子猫ちゃん。ためらうような足取りが変だなと思ったら、あれっ、駐車場の隅にもう [続きを読む]
  • 暗い穴の記録
  • 赤信号で立ち止まったら、目の前に吸い込まれそうな暗い穴。ビルの解体現場です。撮ったのは2月の初旬。春にはすっかり片付いて、今は駐車場になっていますが、はて、このビルは何の建物だったのか?いつも前を通っていたのに、思い出せず、Googleストリートビューで確認すると、見覚えのある景色が現れました。長年降りたままだったシャッターの上に中華料理店の看板。そして当然ながら側面の壁に穴はない。画像撮影日が2017年の1 [続きを読む]
  • コシアキトンボ*池のアジサイ
  • 6月9日撮影 龍王池 腰がペンキを塗ったように真っ白な「コシアキトンボ」。いつもきびきびとした動きでパトロールしているのに、珍しくじっと留まっていました。しばらくすると飛び上がるのですが、すぐ同じ葉に戻り、行ったり来たりの繰り返し。人の気配にも無頓着。羽化してあまり時間が経っていないオスかなとも思いましたが、未成熟なオスは腰の色が薄黄色のはず。単にパトロールに疲れて休憩していただけなのでしょうか。池 [続きを読む]
  • 黒いパンジー*ゲウム*セルバチコ!
  • 6月7日撮影 ニッケ鎮守の杜 曇天の暗い花壇で見た謎の花々。1枚目は黒いパンジーでしょうか??暗いので黒く見えているのかと目を凝らして見てしまいました。ものすごく濃い紫かもしれないけど。黒い花って人をだましているような不思議な雰囲気があります。2枚目はパンジーの横で一輪だけ咲いていた真紅の花。花径は3センチぐらい。調べてみたら、バラ科ダイコンソウ属の「ゲウム(別名ダイコンソウ)」でした。バラ科とは思 [続きを読む]
  • ティーツリーの花
  • 6月10日撮影 ニッケ鎮守の杜フトモモ科コバノブラシノキ属の「ティーツリー」とクマバチ。昨年よりさらに木が大きくなって、花が撮りにくい位置に、、、。同じフトモモ科でも、ブラシノキは赤いからまだ見やすいですが、ティーツリーは白くもしゃもしゃしていて、構造が分かりにくい花です。白いものがオシベで、先端がピンクに色付いた管状のものがメシベなのでしょうか。さっぱりわかりません。↑は6月7日撮影。曇りの日でした [続きを読む]
  • ニンニクの花
  • 6月7日撮影 ニッケ鎮守の杜花壇のあちこちに巨大な葱坊主のような茎が伸びていて、何かと思ったら、「ニンニク」の花でした!↑は蕾というか、花序が苞に包まれている状態ですね。同じユリ科の「アガパンサス」のつぼみによく似ています。左の花は頭に苞を残して、帽子を被っているみたい。茎の長さは1メートル以上。お店で売られている「ニンニクの芽」はこの花茎を切ったものだそうですが、ここまで育った茎も食べられるのでし [続きを読む]
  • 中山法華経寺のハス*八大龍王堂の青大将
  • 6月16日撮影 中山法華経寺龍王池のハスがたった一輪ですが、開花していました!昨年が14日、一昨年が12日頃。今年はちょっと遅いかもしれません。今はまだ水面ぎりぎりの葉が多く、高さが足りません。遠方から見に来られた方ががっかりされていましたが、見ごろは7月上旬になると思います。トンボは5月の下旬から「コシアキトンボ」や「ギンヤンマ」が飛び回っていましたが、きょうは今年初めて「オオシオカラトンボ(オス)」を [続きを読む]
  • 梅雨寒の日に、くるりん。
  • 6月13日撮影 久々に清華園のくるりん登場。しばらく見かけないので元気かなあと思っていたところでした。誰もいないので退屈していたのか、にゃーにゃー言いながら足元へやって来たり、細い草に鼻をこすり付けたり、ベンチで爪とぎをしたり、大きなあくびをしたり、眠いのかな?いや、そうでもない。急におめめパッチリ。向こうからやって来たおじさんの様子をうかがっています。曇りの日はつまらなくて、何か刺激がほしい?ご飯 [続きを読む]
  • 日没前〜早朝の富士山、、、。
  • 6月2日撮影 七里ヶ浜 国道134号を歩きながら振り返ってパチリ。18時21分なので日の入り前。まだ空は明るいですが、地上はすっかり影の中。↑は翌朝、ビルズの前で待っている間に、ちょっと道に出てパチリ。そうそう、初日は最後に鶴岡八幡宮を訪れたのでした。北鎌倉を歩き回って疲れていたので、石段を上るのが辛かったです。左端に、7年前に倒れた大銀杏の切り株が写っています。そしてこれはお土産に買った円覚寺の海苔の佃煮 [続きを読む]
  • 江の島の猫
  • 6月3日撮影 江の島 江の島の高台?で爆睡していたネコさん。日向で暑くないのでしょうか。近くでお喋りしている声にも気付かないようで、ぴくりともせず、気持ち良さそうに寝ていました。首輪をしているので、島で飼われているのでしょうね。↑は頭上を低空で通過したトンビ。海岸の大きな岩にはイソヒヨドリ(オス)が留まっていましたが、遠すぎたので写真はなし。薄雲が広がり始めた相模湾上空。富士山にも雲が掛かっています [続きを読む]
  • ビルズで朝食を
  • 6月3日撮影 七里ヶ浜鎌倉は家から1時間半ほどで行けるところなので、いつもは日帰りなのですが、「ビルズで朝食を食べよう」という友人の提案で、七里ヶ浜のホテルに一泊しました。↑の写真は、有名な「リコッタパンケーキ」。写真では隠れてしまっているけどパンケーキの向こうにバナナがあります。リコッタパンケーキ、美味しいのですが、、、3枚は私には多すぎました。残してしまってゴメンナサイ。ビルズと言ったらパンケーキ [続きを読む]
  • シモツケソウ*ユキノシタ*テイカカズラ?*アスチルベ?
  • 6月2日撮影 北鎌倉北鎌倉で撮ったその他いろいろ。1枚目は円覚寺の「シモツケソウ」。「シモツケ」と同じバラ科ですがシモツケソウは多年草。シモツケは落葉低木です。小さな花のひとつひとつはシモツケに似ていますが、木と草ではやはり雰囲気が違います。↑は同じく円覚寺の「ユキノシタ」。薄暗い斜面でたくさん咲いていましたが歩きながら急いで撮ったらピンボケでした。日が当たっている花をパパッと撮って、先を歩いている [続きを読む]
  • 明月院のアジサイ*ハナショウブ*ナツロウバイ
  • 6月2日撮影 鎌倉 明月院 青いアジサイはまだちらほら咲き始めたところでしたが、奥の方で珍しい品種が咲いていたので撮ってみました。萼の縁が赤紫色の可愛いアジサイです。1枚目の写真は最初に見つけた一輪ですが、少し離れたところにたくさん咲いていました。「ジャパーニュミカコ」という品種かもしれません。ヤマアジサイとガクアジサイの交配種のようです。本堂裏手のお庭では花菖蒲がちょうど見ごろ。こちらの庭に入るに [続きを読む]
  • 東慶寺のシャクナゲ*八重のドクダミ*ダイミョウセセリ
  • 6月2日撮影 北鎌倉木陰で暗かったですが、東慶寺のシャクナゲ。こちらは木漏れ日が当たっていた八重のドクダミと、休憩中の「ダイミョウセセリ」。みなさん、八重のドクダミを珍しがって足を止めていましたが、私が気になったのはダイミョウセセリの方。ダイミョウセセリには関東型と関西型がありますが、当然ながら、これは関東型。しばらく日向ぼっこしていました。蝶で撮れたのはこれだけですが、どこでだったか、モンキアゲハ [続きを読む]
  • 東慶寺の「イワガラミ」
  • 6月2日撮影 北鎌倉東慶寺で特別公開されている「イワガラミ(岩絡み)」です。名前の通り、本堂裏の岩崖一面にからみつくように蔓を伸ばし白い花をたくさん付けています。本堂の廊下から眺める人たちの間から、「アジサイみたい」という声が上がっていましたが、それもそのはず。アジサイ科イワガラミ属です。装飾花は卵型またはハート型の白い萼片1枚だけ。両性花はまだ蕾の状態でした。白い萼片には脈があり、葉のようにも見え [続きを読む]
  • 北鎌倉の「イワタバコ」
  • 6月2日撮影 円覚寺 アジサイには少し早い時期の鎌倉で、珍しい花を見ることができました。イワタバコ科イワタバコ属の「イワタバコ(岩煙草)」。別名「イワヂシャ(岩萵苣)」。崖下の川のほとりや、岩壁で咲いていました。1、5センチぐらいの星形の花です。名前の由来は葉の形がタバコに似ているから。大きな葉ですが、若葉は山菜として食べられるそうです。1〜3枚目は円覚寺で撮ったものですが、4枚目からは東慶寺のイワタバ [続きを読む]
  • タチアオイ*セッカニワゼキショウ*エゴノキ
  • 5月24日撮影 市川市内 橋のたもとで咲いていた「タチアオイ」。1枚目と2枚目では花の中心にあるシベの様子が違います。タチアオイは雄性先熟で、1枚目は雄期の花。中心に見えるのはオシベで多数の葯が花粉を付けています。2枚目は中心からヒゲが伸びていますが、これはあとから出てきたメシベの柱頭。タチアオイは梅雨入りの頃に開花して、てっぺんまで咲くと梅雨が明けると言われていますが、例年、梅雨入りのだいぶ前に開花し [続きを読む]
  • 雨の日はしみじみと花巡り
  • 5月25日撮影しとしとと雨が降る日は、ひときわ色濃く見える花の色。1枚目はバラ科シモツケ属の「シモツケ」。2枚目はキク科の「オオキンケイギク」でしょうか。後ろの紫色はシラン。3枚目はフウロソウ科の「ローズゼラニウム」。ここにもシランが顔を出しています。この「ガクアジサイ」はこれから色付くのでしょうか?参道の「カシワバアジサイ」は下から順番に、だいぶ開花が進んできました。 OM-D E-M5 + LUMIX G VARIO 14-140 [続きを読む]
  • 梅雨入り前の雨の日に。
  • 5月25日撮影 中山法華経寺龍王池 降りしきる雨の中、池の縁ではピンクのアジサイが咲き始めました。池の中ではハスの葉がようやく水面に頭を出し、雨の雫を転がしています。浴衣の柄にしたいような花菖蒲。緑鮮やかな葉の上でじっと休んでいるのはナガサキアゲハ。この翅では晴れの日でも大変でしょうに、雨だとますます体力を消耗してしまいますね、、、。黒い雲が影を落としている暗くて静かな龍王池でした。 OM-D E-M5 + LUM [続きを読む]
  • センダン(栴檀)にアオスジアゲハ
  • 5月24日撮影 真間川側道満開のセンダンを見上げて撮りあぐねているところへ登場したのはアオスジアゲハ。慌ててシャッターを切りました。センダン(栴檀)はセンダン科センダン属。紫色の筒はオシベの花糸が合体したものだそうです。確かに、よく見ると縦に線が入っています。メシベは筒の中。中心にぼんやりと見えているものでしょうか。久々にアオスジアゲハの青い足が撮れました。これだけ花があるのだから、しばらく留まって [続きを読む]